GALLERIA ZA7R-R36Ttop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA7R-R36T」の詳細レビューをまとめている。RTX 3060 Ti×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。RTX 3060 Ti搭載モデルの中ではコスパが高いが、ゲーミングPC全体で見るとおすすめできるわけではない。今となってはゲーミング性能の物足りなさがあるRyzen 7 3700Xを搭載していることと上位モデルであるRTX 3070搭載モデルとの価格差が小さいことが要因だ。

GALLERIA ZA7R-R36Tのスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7R-R36T
価格Windows 10 / 139,980円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★★☆☆8.3

>>GALLERIA ZA7R-R36Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA9C-R37の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiは、Tensor世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。60番台ながら前世代のRTX 2080 SUPERを超える高いゲーミング性能を持っている。WQHD環境やFULL HD環境で高リフレッシュレートモニターを活かすことができる。RTX 2060 SUPERからの買い替えでも性能差を体感できるはずだ。レイトレーシング性能にも余裕が生まれている。Ryzen 7 3700Xとの組み合わせはギリギリなところだろう。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinounew

Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドのハイパフォーマンスCPUだ。2019年7月7日に発売されて長らくトップクラスの人気を誇るCPUとして君臨していた。Intel第10世代CPUの登場や第4世代Ryzenシリーズの登場で存在感は薄れている。

価格自体は底値になっていて購入しやすい。Ryzen 7 3700Xの後継モデル自体も登場しておらずもうしばらくは現行モデルに近い立ち位置になっているだろう。RTX 3060 Tiに合わせるモデルとしてはやや性能で物足りなさがある。

総合性能

GALLERIA ZA7R-R36Tseinou

GALLERIA ZA7R-R36Tは、Ryzen 7 3700XとRTX 3060 Tiを搭載しているゲーミングPCだ。RTX 3060 Ti自体は非常に幅広い対応力を持ち、FF14を4Kでプレイすることもできる。Ryzen 7 3700XはフルHDよりも高解像度に適正があるので、RTX 3060 Tiの性能を活かしやすい。

その一方で、CPU自体のゲーム性能は控えめである。数値以上にCPUがボトルネックとなる場面が多い。タイトルによってはCore i5を下回るほどパフォーマンスが下がる。この不安定さはRyzenシリーズに最適化されたゲームでも確認できる。Apex Legendsでは144Hzの要求スペックをクリアしていても快適性にはムラがある。

少し余裕を持った設定でCPU負荷を下げておくに越したことはない。フォートナイトのように要求スペックの低いタイトルでは特に問題はない。Ryzen 3000シリーズは総じて解像度が高くなるほど安定する。RTX 3060 Tiの性能を考えるとWQHDを基準にしたプレイスタイルに適している。

>>GALLERIA ZA7R-R36Tを購入<<

GALLERIA ZA7R-R36Tの特徴&強み

キャンペーンモデルを上回る評価

GALLERIA ZA7R-R36Tは、RTX 3060 Ti×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。2021年1月2日に登場したGALLERIA XA7R-R36T謹賀新年モデルに近い価格設定になっている。他のラインナップからみて、139,980円という価格設定はキャンペーンのはずだ。しばらくすると価格は元に戻るか値上げする可能性が高い。現在の価格でのみ非常に優秀なコストパフォーマンスを発揮する。

謹賀新年モデルに比べて、チップセットがB550からX570へアップグレードされている。そして価格は3,000円ほど安い。まさかキャンペーンモデル終了と同時期に上位互換と言えるモデルが登場するとは思わなかった。キャンペーンが適用されているだけあって、GALLERIA ZA7R-R36Tは非常に強力なコストパフォーマンスを持っている。最近のドスパラには見られなかったドスパラらしさを活かしたモデルだ。

GALLERIA ZA7R-R36Tに適用されたキャンペーンは、過去のモデルから考えて珍しいものだ。GALLERIAは低価格のRシリーズ、コストパフォーマンスのXシリーズ、性能重視のZシリーズ、最上位のUシリーズの4つに分かれている。この中で、最も優遇されているのはXシリーズだ。過去強力なモデルが登場し、人気を博したのは全てXシリーズである。今回のキャンペーンはZシリーズに適用され、Xシリーズを圧倒している。

同GPU搭載の下位モデルが上位モデルを超える、並ぶ現象はドスパラでは珍しくない。しかし、同GPU搭載の上位モデルが下位モデルを引き離すというのは覚えている限りで2例程度だ。小さなことかもしれないが、キャンペーンの内容と対象モデルに変化がある。もしかすると、これまでにないようなキャンペーンが登場するかもしれない。最近お得さが薄れているドスパラにとっては大きな転換になっていると言える。

評価はよくてもおすすめ度は低い

今RTX 3060 Ti搭載モデルに勢いはない。多くのショップで取り扱いモデル数が減少している。今後登場するであろうRTX 3060やRTX 3060 Ultraの影響があるのだろう。GALLERIA ZA7R-R36TがRTX 3060 Ti搭載モデルの中で上位にあるのは消去法に近い。優れたモデルであっても、他を圧倒するほどではない。むしろ従来のRTX 2060シリーズのように、上位GPUに押されている印象がある。

GALLERIA ZA7R-R36Tが今ほど高い評価を得られるのは最初で最後かもしれない。言い換えれば、選択するなら今が最良のタイミングである。そして、そのタイミングでも強くおすすめできない。RTX 3060 Tiの特性から、高解像度に強いのはメリットだ。しかし、新製品やこれからの動向を考えると、Ryzen 7 3700Xであることはデメリットだと言える。

Ryzen 7 3700Xのゲーム性能の低さはその高解像度に強いというプラス要素をしっかり打ち消している。良くもなければ悪くもないというのがGALLERIA ZA7R-R36Tに対する素直な評価だ。Ryzen 7 3700X搭載ならもう少し価格が下がってもおかしくない。ただ、価格が下がるよりも先に市場から消えそうであるため、ここが最良のタイミングである。要するに、選択するタイミングも消去法に近い。

RTX 3070の価格が下がり、ショップも力を入れていることでお得なモデルも増えた。また、種類も豊富であることから、近い価格のモデルも登場し始めた。GALLERIA ZA7R-R36Tではなく、市場の動きによりおすすめ度が下がっている。今が最もお得だとしても、全体的にゲーミングPCの価格が下がるまでは様子を見ることを推奨する。比較対象となるモデルと吟味して検討したい。

>>GALLERIA ZA7R-R36Tを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear
製品名ZA7R-R36TTD-G
価格139,980円149,980円
CPURyzen 7 3700XCore i7-10700
GPURTX 3060 TiRTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W GOLD
チップセットX570B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。1万円の価格差があるが、性能は1万円では補えないほど開いている。メモリ規格、SSD容量、チップセットで上回るので、構成ではGALLERIA ZA7R-R36Tに分がある。ゲームに関してはCPU・GPUともに大きく差がついている。

ゲームを中心とするならG-Tune TD-Gを強くおすすめする。ゲーム以外の用途を中心にするならRyzen 7 3700Xの性能を活かしやすいのでGALLERIA ZA7R-R36Tも悪くない。用途に合わせて選択するべきである。ただ、Core i7-10700がゲーム以外に適さないのかというとそうでもない。Ryzen 7 3700Xより僅かに下回る程度で、ゲームも作業も両立する場合はG-Tune TD-Gに適正がある。

作業に重きを置く場合に限りGALLERIA ZA7R-R36Tが候補に挙がる程度だ。G-Tune TD-Gは価格帯最強クラスのモデルだ。コラボレーション云々ではなく、個人的にもG-Tune TD-Gを強くおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R36T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7R-R36Tは、RTX 3060 Ti×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。WQHD環境やFULL HD環境へのゲーム適性が高い。60番台とは言ってもこのTensor世代では圧倒的な性能を持っている。RTX 3060 Ti搭載モデルとしてコストパフォーマンスは高いが、上位モデルであるRTX 3070搭載モデルの価格が落ちてきている中で存在感を示しにくいのが現状だ。比較対象モデルと合わせて検討しよう。今後登場するRTX 3060の存在も考えておく必要がある。

価格CPUグラボ
139,980円Ryzen 7 3700XRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。