GALLERIA ZA7R-R38top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 7 5800X×RTX 3080を搭載したゲーミングPCだ。4K解像度でのゲームプレイがターゲットとなる高い性能を持つ。Ryzen 7 5800Xはマルチスレッド性能が高くゲーム以外への用途にも対応しやすい。昨今のグラフィックボードの価格高騰の影響もあってかなり高めの価格設定だ。Ryzen 7 5800X自体も価格が落ち着くことなく跳ね上がってしまっている。2022年3月になって1万円の値上げが適用となり評価はなかなか上がらない。

GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載
価格279,980円(税込)
CPURyzen 7 5800X
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 3.6
おすすめ度Cランク

>>GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7R-R38seinou

GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載はRyzen 7 5800XとRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。非常に優れたGPU性能は、多くのゲームを4K解像度で快適にプレイできる。高解像度でのゲームプレイを想定しているなら、RTX 3080の性能は必須とも言える。また、フルHDであっても、240Hzなどの高リフレッシュレートで安定させることも可能だ。環境問わず、幅広いスタイルに対応できるのがハイエンドクラスの魅力である。

GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

AMD Ryzen 7 5800X(CPU)

ryzen75800xseinou

Ryzen 7 5800Xは、第4世代Ryzenシリーズのハイパフォーマンスモデルだ。Zen 3アーキテクチャになってゲーミング性能が向上した。8コア16スレッドは第3世代Ryzenシリーズとは変わらないが、IPCの改善やシングルCCXデザインの採用などでパフォーマンスが向上した形だ。RTX 3080と合わせるCPUとして悪くない選択肢となる。

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。Turing世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを大きく超えるパフォーマンスを持っている。4K解像度など高負荷のゲーム環境を得意としている。

レイトレーシングも第2世代になりパフォーマンスの底上げが行われた。2021年時点でゲームプレイにおいて性能不足を感じることはないはずだ。フルHD環境だけではオーバースペックになってしまう。ご自身の使用用途を考えて選択しよう。

>>GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載を購入<<

GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載の特徴&強み

大幅な値引きも少し評価の伸びは悪い

GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載は、1ヶ月間の間に7万円という大幅な値引きが適用されて評価を伸ばしたモデルだ。残念ながら、その伸び自体はそこまでよくない。標準と言える5.0を下回る評価はかなり厳しく見える。これはRyzen 7 5800XがRTX 3080とバランスを上手く取れていないところが大きい。

単純にRTX 3080搭載モデルとして見れば、30万円を下回っているので評価はできる。ハイエンドクラスはコストパフォーマンスよりも性能が求められる傾向にある。Ryzen 7 5800Xは性能がそこまで高くなく、価格はそこまで安いわけでもない中途半端なCPUだ。ハイクラスとは抜群の組み合わせとなるRyzen 7 5800Xは、ハイエンドクラスとの組み合わせでは見劣りしてしまう。

GALLERIA ZA7R-R38の評価を下げているのはCPUとの組み合わせだ。伸びが悪いだけで、評価とおすすめ度は改善された。もちろん極端なボトルネックが発生するわけではない。RTX 3080搭載モデルは30万円を切るモデルがそれなりに登場している。それでも、27万円台という価格帯には限られたモデルしか存在していない。

ただ、その27万円台にわずかかに存在しているモデルのうち2つがGALLERIAにある。もう一台(GALLERIA XA7R-R38 5700X搭載)の評価の方が高いことがGALLERIA ZA7R-R38の評価を留めている。化ける可能性はあるが、今はあまりおすすめしにくいモデルだ。

比較対象を要チェック

RTX 3080搭載モデルは非常に多くのラインナップがある。その中で、価格を抑えたモデルは比較的人気になっている。以前はハイエンドクラスは価格を抑えると性能を大きく犠牲にしなくてはならなかった。Intel第12世代の登場で、価格を抑えたハイエンドクラスというものが実現できるようになった。Core i7-12700とRTX 3080はベストに近いバランスがある。

その流れで、Ryzen 7 5700XやRyzen 7 5800Xと組み合わせたモデルも登場し始めた。GALLERIA ZA7R-R38も当初は価格設定に苦戦していたが、ここに来てようやく27万円台にまで一気に価格を下げられた。30万円を超えることが当たり前だったハイエンドクラスをこの価格で選択できるようになったのは、CPU性能が大きく向上したことによるものだ。

ただし、Ryzenシリーズは次世代でのCPU性能は期待できるが、現行モデルはそこまで性能が高いわけではない。GALLERIA ZA7R-R38の比較としてピックアップしたモデルは非常に強力だ。コストパフォーマンスも性能にも優れているため、同じ価格帯でありながら性能に優れたモデルだ。

こういった価格を抑えたモデルというのは意外とある。GALLERIA ZA7R-R38は決して悪いモデルではない。上回るモデルが存在しているだけのことだ。予算や求めている性能がこの辺りであるなら、比較の項目をチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAFRONTIER
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)FRGH570WS38
製品名GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載FRGH670/WS1A
ケースミドルミドル
価格279,980円(税込)269,800円(税込)
CPURyzen 7 5800X(水冷)Core i7-12700F
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3733 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD1000W GOLD
マザボX570H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はフロンティアのセールモデルFRGH670/WS1Aだ。このモデルは毎週更新され、時々URLが変更されることがある。この価格帯でおすすめ度が高い状態であるなら、当サイトのランキングに常に掲載されているはずだ。URLが変更されていたらランキングを確認してほしい。GALLERIA ZA7R-R38と比べてCPU性能でリードしている。

そして、メモリ容量が倍増、電源容量が大幅に増えている。これだけの性能差と構成差があって同じ価格帯だ。唯一水冷ファンではないことがマイナスだ。Ryzen 7 5800Xにしても、Core i7-12700にしても水冷ファンが必要なほど発熱はしない。

むしろオーバースペックだ。価格・構成・性能でFRGH670/WS1Aが上回っている。今なら間違いなくFRGH670/WS1Aがおすすめだ。ハイエンドクラス最強クラスのモデルだ。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7R-R38 5800X搭載は、Ryzen 7 5800X×RTX 3080搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCだ。第4世代のRyzen 7 5800Xは性能が高く評価されている。しかしながら、Intel第12世代Core iシリーズの登場で立場が苦しくなっている。7万円の値引きが適用となっても評価が大きく伸びることはない。

ゲーミング性能自体は高く4K解像度でのゲームプレイに対応することができる。将来性も高く人気が出てもおかしくないはずだ。Ryzen 7 5800Xは、Intelの競合モデルと比べるとゲームプレイ時の安定感は劣るが前世代のモデルから大きく進歩して十分通用するモデルとなった。構成についてもメモリ16GB、SSD 1TBと充実している。

価格CPUグラボ
279,980円(税込)Ryzen 7 5800XRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya