GALLERIA ZA7R-R38Ttop


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA ZA7R-R38T」についてレビューを行っている。RTX 3080 Ti×Ryzen 7 5800X搭載のゲーミングPCだ。グラフィックボードには最高峰のRTX 3080 Tiを搭載している。CPUにはRyzen 7 5800Xを搭載していてバランスはやや悪い。構成を見ても物足りなさがある感は否めないが、価格が引き下げられたことでそこそこ評価は高くなった。

GALLERIA ZA7R-R38Tのスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7R-R38T
価格Windows 10 / 329,980円(税込)
CPURyzen 7 5800X(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★★★☆8.7

>>GALLERIA ZA7R-R38Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7R-R38Tの性能レビュー

GeForce RTX 3080 Ti(GPU)

rtx3080tiseinou

RTX 3080 Tiは、Ampere世代のフラグシップモデルとなっている。AMD製のフラグシップモデルであるRadeon RX 6900 XTを超える性能を持つ。4Kでのゲームプレイを前提に考えているゲーマー向けだ。最新のタイトルにも対応がしやすくGPU性能に不満を持つことはない。RTX 3080と比べて10%以上パフォーマンスが向上している。レイトレーシング・DLSS性能も優秀だ。

Ryzen 7 5800X(CPU)

ryzen75800xseinou

Ryzen 7 5800Xは、Zen 3アーキテクチャを採用した最新のCPUだ。8コア16スレッドと高スペックとなっている。従来モデルのRyzen 7 3700Xよりも性能は高いが、価格も高くなっているのがデメリットだ。動画編集・画像編集・ゲーム実況などを得意としている。ただし、RTX 3080 Tiとの組み合わせで見るとやや性能は低い。理想はRyzen 9 5900Xだろう。

総合性能

GALLERIA ZA7R-R38Tseinou

現行最強クラスのRTX 3080 Tiを搭載したGALLERIA ZA7R-R38TはGPU性能に特化したモデルだ。Ryzen 7 5800Xの性能では支えきれないほどのGPU性能である。長所である一方、CPUとバランスが取れないという短所でもある。しかし、そんなマイナス要素を飲み込める大きな特徴だ。

4K環境に強く、FF14程度の要求スペックであれば余裕を持って対応できる。FF14以外のタイトルへの対応力も非常に高い。また、WQHDやフルHDでの運用にも適している。144Hz・240Hz・タイトルによっては360Hzを目指せる。

Apex Legendsやフォートナイトなら240Hz以上は十分許容範囲だ。性能の高さはそれだけ長くゲームをプレイし続けられるということでもある。ハイエンドクラスならではのゲームへの安心感と性能寿命の高さを体感できるモデルだ。

>>GALLERIA ZA7R-R38Tを購入<<

GALLERIA ZA7R-R38Tの特徴

4万円の値引きで真価を発揮

GALLERIA ZA7R-R38Tは期待のGPU RTX 3080 Tiを搭載して登場したゲーミングPCだ。登場時の価格から期待はずれな評価で注目度もそこまで高くならなかった。性能は高くてもRTX 3090という同等のモデルが既に存在したことで目新しさもなかった。このまま形式的に存在する微妙なモデルとなっていくのかとも思ったものだ。

しかし、それは誤りだった。GALLERIA ZA7R-R38Tはここにきて4万円の値下げを行った。これは登場時のいわゆるご祝儀価格が終わったことを意味している。価格が高騰していることから、登場時は価格が高くなるということを失念していた。ハイエンドクラスのトップモデルが32万円というのであれば、十分過ぎる価格である。コストパフォーマンスの評価も大幅に伸びている。

今回の値引きはこれまで微妙だった評価を一気にトップクラスに引き上げた。GALLERIA ZA7R-R38Tの評価を高めた意味あるものとなった。RTX 3080 Ti搭載モデルとしてはなかなか優れたモデルだ。選択を避ける理由はない。Ryzen 7 5800X採用なのでゲーム以外の用途へも対応できる。

純粋なゲーマーよりも、ストリーマーやクリエイターの方がおすすめしやすい。用途の幅が広いことがハイエンドクラスの魅力である。用途を絞るよりも広げることに意味がある。ゲームに留まらないスタイルこそGALLERIA ZA7R-R38Tの真価をより高めるだろう。ただし、ゲームで使用することは前提なので、ゲームをプレイしないなら選ぶ理由はかなり薄いので注意してもらいたい。

評価は高くてもハイエンドらしさは薄い

GALLERIA ZA7R-R38Tは値引きで評価を高め、ハイエンドクラスの名に恥じないモデルとなった。その一方で、最上位クラスらしさのない構成は評価が上がりきらない要因になっている。現行最上位とも言えるGPU性能を持ちながら、搭載されている電源はハイクラスにも採用されている750W GOLDである。販売開始前にテストを行っているので、容量に関しては問題ないのかもしれない。

しかしながら、他ショップでは800W以上の容量でTITANIUM規格が採用されることも珍しくない。ハイエンドクラスには多少余裕のある容量を採用していてほしい。最上位クラスになるとマニアックな運用を想定するユーザーも多い。その時、電源容量が不安で増設できないということも起こり得る。この点では少し不親切な気もするが、価格を抑えるためには必要な構成なのだろうか。

メモリ容量はシリーズ通して16GBに固定されているのも気になる。GALLERIAにはR、X、Z、Uというシリーズがある。GALLERIA ZA7R-R38TはZシリーズに位置し、最上位のUシリーズになると構成はぐっとよくなる。それでも上位クラスに位置するZシリーズなのだから下位シリーズと差別化を図ってほしい。

RTX 3080 Ti搭載であるなら32GBは標準でもおかしくない。他のシリーズではハイエンドモデルはCPUだけ性能のよいものに変更されていることもある。そういった柔軟性をGALLERIA ZA7R-R38Tにも適用してほしかった。評価がこれ以上あがらないのは構成が足を引っ張っているからだ。ここが改善されるとRTX 3080 Ti搭載モデルの中でも頭一つ抜けた存在になれるはずだ。

>>GALLERIA ZA7R-R38Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R37TGALLERIA XA7C-R37T
製品名ZA7R-R38TZA9R-R38
ケースミドルミドル
価格329,980円(税込)329,980円(税込)
CPURyzen 7 5800X(水冷)Ryzen 9 5900X(水冷)
GPURTX 3080 TiRTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD750W GOLD
マザボX570X570
公式公式公式
比較対象は同じドスパラのGALLERIA ZA9R-R38だ。GPUは下位のRTX 3080、CPUは上位のRyzen 9 5900Xだ。同じくメモリ容量が16GBで弱点は変わらない。ただ、CPUとGPUのバランスを改善している。GALLERIA ZA9R-R38TはCPU性能が弱点になりそうである。Ryzen 9 5900Xを搭載しているGALLERIA ZA9R-R38はバランスに優れている。

場面によってはGALLERIA ZA9R-R38Tを凌駕するパフォーマンスを発揮する。ただし、双方の価格は全く同じである。RTX 3080 Ti搭載モデルとRTX 3080搭載モデルが同じ価格という異常事態だ。この2製品は優先するものが何かで選択肢が変わってくる。

ゲーム寄りの性能を求めるなら間違いなくRTX 3080 Ti搭載であるGALLERIA ZA7R-R38Tだ。ゲーム以外の性能を重視するならRyzen 9 5900X搭載のGALLERIA ZA9R-R38がいい。Ryzen 9 5900X搭載のGALLERIA ZA9R-R38はSSDがGen4接続されていることからも、ゲーム性能は高くてもゲーム寄りに考えられた構成ではない。どちらもハイレベルな性能を持っているので、用途に合わせて好みで選択してほしい。

>>GALLERIA ZA7R-R38Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R38T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7R-R38Tは、RTX 3080 Ti×Ryzen 7 5800X搭載のゲーミングPCだ。登場からしばらく経って4万円の値引きが適用となった。そのおかげで評価は大きく上昇している。グラフィックボードにはフラグシップモデルのRTX 3080 Tiを搭載している一方で、CPUはハイクラスのRyzen 7 5800Xで不釣り合いだと言える。RTX 3080 Tiに合わせるならRyzen 9シリーズを合わせたいというのが本音だ。それでもグラフィックボードにできる限りお金を掛けるというのも悪くない。比較対象モデルと合わせてじっくり検討しよう。

価格CPUグラボ
329,980円 (税込)7 5800XRTX3080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA ZA7R-R38Tを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。