GALLERIA ZA7R-R60Stop


当記事では、GALLERIA XA7C-G60Sのレビューをしている。RTX 2060 SUPER×Ryzen 7 3700Xを組み合わせたゲーミングPCだ。RTX 2060 SUPERは、扱いの難しいグラフィックボードで搭載モデルのコスパは低迷しがちだ。しかしながら、1万円の値引きが適用となって十分検討できるほどのモデルに仕上がっている。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA7R-R60Sの意味は、Z=シリーズ(Zealous)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R60S=RTX 2060 SUPERということだ。型番を分解すればモデルの性能がわかる仕組みになっている。

GALLERIA ZA7R-R60Sのスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7R-R60S
価格Windows 10 / 159,980円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2060 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.3

>>GALLERIA ZA7R-R60Sを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★☆
pubg
★★★★☆
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7R-R60Sのゲーミング性能

GeForce RTX 2060 SUPER(グラフィックボード)

rtx2060superseinou

RTX 2060 SUPERは、ミドルクラスとして人気モデルになり得るポテンシャルを持つGPUだ。現時点ではその有用な特性ながら価格がなかなか抑えられず人気モデルになれない悲しい存在だと言える。完成品のゲーミングPCとしてよりも自作ユーザーの方が扱いやすいかもしれない。

フルHD環境であれば多くのユーザーの要望に応えられる性能がある。扱いやすい性能と選びにくい価格が人気を下げている。ショップからしてもやや扱いにくいのだろう。コストパフォーマンスが魅力のRyzen 7 3700Xとの相性は上々だ。

Ryzen 7 3700X(CPU)

Ryzen 7 3700X-seinou

Ryzen 7 3700Xは8コア16スレッドと高いCPU性能が魅力だ。マルチスレッド性能が高く様々な用途で通用する。相性の問題もあってゲームではその性能を100%発揮することは難しい。それでもハイクラスのGPUとバランスが取れるくらいには対応できる。

ゲーム以外の用途ではCore i7-10700の価格でCore i7-10700K以上の性能を持っている。コストパフォーマンスという点ではRyzenはIntelよりも大きく進んでいる。また、クリエイティブな用途で真価を発揮するので、時代に合ったCPUと言える。この特性を理解して選択して欲しい。

総合性能

GALLERIA ZA7R-R60Sseinou

性能のバランスに優れたモデルだ。Ryzen 7 3700XとRTX 2060 SUPERを組み合わせたミドルエンドの性能は、ゲームプレイにおいて高い安定感をもたらす。Ryzen 7 3700Xはゲーム適正が高いわけではないが、RTX 2060 SUPERの性能を引き出すことはできる。RTX 2060 SUPERに対して価格と性能を両立させるならRyzen 7 3700Xは非常に優秀なCPUだ。

総合的な性能が高く、ゲーム処理にも困らない。それでいて価格を抑えられるというのはRTX 2060 SUPER搭載モデルには非常に重要なテーマである。特にIntel製CPUと合わせたRTX 2070 SUPERも価格が抑えられていることが多くRTX 2060 SUPER搭載モデルとの価格差が生まれにくい。つまり、RTX 2070 SUPERの引き立て役に近いポジションになることが多い。その点で性能と価格に特徴のあるRyzen 7 3700Xはベストマッチと言えるかもしれない。

ゲームは苦手でも、それ以外では高い処理性能を発揮する。ゲームが苦手と言えどもRTX 2060 SUPERの足を引っ張るほどではない。負荷の高いX4の推奨環境も満たしている。ゲームもゲーム以外も想定するユーザーには最も選びやすい性能と言えるかもしれない。

>>GALLERIA ZA7R-R60Sを購入<<

GALLERIA ZA7R-R60Sの概要&特徴

1万円の引きで本領を発揮となった

GALLERIA ZA7R-R60Sを始めドスパラのRTX 2060 SUPER搭載モデルのほとんどにおいて1万円価格が下がった。これは非常に大きなことである。従来のGALLERIA AXVとは多少構成の違いはあっても、価格が大きく近づいた。現在のGALLERIAシリーズは最新ケースを採用したことで、価格が少し高くなっている。この値引きはケース費用の値引きではなく、RTX 2060 SUPERの値引きだ。

つまり、まだ価格が下がる可能性が高いということだ。GALLERIA新ケース採用で5,000円~20,000円ほどの値上げが敢行された。現在159,980円のGALLERIA ZA7R-R60Sは、最低でも154,980円になると予想できる。従来のGALLERIA AXVの155,980円を下回ることになる。ストレージの差はあっても、価格で下回ることができれば後継機としては十分だ。

特に、RTX 2070 SUPER搭載のGALLERIA ZA7R-R70Sに対して2万円の価格差を築けたのが大きい。常に上位のRTX 2070 SUPERと比較されてきたRTX 2060 SUPERは、価格差がほとんどないことが弱点だった。2万円の差となれば価格差が近いとは言えなくなる。もちろん、ケース費用の値引きが行われると15,000円ほどに縮まる可能性はある。

従来モデルは価格差が1万円を切ることもあったことを考えれば十分だ。遅咲きのGPUはRyzen 7 3700Xと組み合わせることで花開いた。RTX 2060 SUPER搭載モデルとしての地位を確立した。この1万円の値引きは可能性を広げるには十分だ。ここからのGALLERIA ZA7R-R60Sに期待したい。

下位モデルの存在が足かせになる

GALLERIA ZA7R-R60Sは、1万円引きが適用となり非常に強力なモデルに生まれ変わった。この値引き自体はドスパラのRTX 2060 SUPER搭載モデル全てに適用されている。それは、下位モデルにも適用されるということだ。ドスパラのRyzen搭載モデルは上位と下位の関係性が近い。Core iシリーズであればCore i7-10700とCore i7-10700Kのように性能差の違うCPUで棲み分けできている。

これがRyzenシリーズにはない。Ryzen搭載モデルはRyzen 5 3500、Ryzen 7 3700X、Ryzen 9 3900Xの3種類を搭載した4つのシリーズに分けられている。GALLERIA ZA7R-R60Sの下位モデルである「GALLERIA XA7R-R60S」は同じCPUを搭載している。そのため、性能だけで言えばこの2つは全く同じだ。値引きで価値を高めたGALLERIA ZA7R-R60Sにとっては非常に強力なライバルになる。

この2製品の価格差は14,000円と大きく開いている。RTX 2070 SUPERとの価格差を広げることが重要なRTX 2060 SUPER搭載モデルとしては、この差は大きく価格が安い分下位モデルの方が優れていると言える。構成で差をつけていたとしても、14,000円を埋められるほどのものではない。

ようやく価値を広げたGALLERIA ZA7R-R60Sにとって、下位モデルの存在は厳しい。もしかするとRTX 2060 SUPER搭載モデルの本命はGALLERIA ZA7R-R60Sではなく下位モデルなのかもしれない。比較にも登場するので自分に合った方を選んでもらいたい。

>>GALLERIA ZA7R-R60Sを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名ZA7R-R60SXA7R-R60S
価格169,980円145,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 2060 SUPERRTX 2060 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザーボードX570B550
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は下位モデルのGALLERIA XA7R-R60Sだ。この2つの製品の差はSSD容量とチップセットだ。NVMe対応SSD 1TBへの変更自体は+6,700円だ。ドスパラが工夫したのか、同等のSSDに変更することはできない。この2製品を比べるなら、チップセットの差だ。X570かB550かを選ぶことと同じだ。

X570はPCI-e 4.0に対応している。機能性で選ぶならX570の方が優れている。B550は最新の廉価版チップセットで、機能性は落ちる。ただ、オンボード機能ではX570よりも優れた部分がある。簡単に言えば性能のX570、価格のB550と言ったところだろう。

チップセットを重要視しないならGALLERIA XA7R-R60Sの方が安価で選びやすい。チップセットの性能はゲームパフォーマンスなどに直結しない。こだわりがあるならGALLERIA ZA7R-R60Sを選ぶのもいい。コストパフォーマンスか、総合的な性能か。現時点では最新のGALLERIA XA7R-R60Sに分がありそうだ。

>>>>>を購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R60S)

GALLERIA XA7C-R70S

Ryzen 7 3700X×RTX 2060 SUPERを搭載したゲーミングPCだ。珍しい組み合わせでゲーミングパフォーマンスは高い。メモリ16GB、SSD 1TBと充実の構成が嬉しい。FULL HD環境でのゲーム適性が高い。レイトレーシングやDLSSに対応できるのも長所となっている。

RTX 2060 SUPER搭載モデルとしては価格が引き下げられたことは大きい。しかしながら、下位モデルであるRTX 2060 SUPER搭載の「GALLERIA XA7R-R60S」と比べると優位性がなくなってしまう。基本的には下位モデルを選択するべきだろう。同じCPUを搭載していて価格が抑えられているということでメリットが大きい。

価格CPUグラボ
159,980円Ryzen 7 3700XRTX2060 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。