GALLERIA ZA7R-R70Stop


当記事では、GALLERIA ZA7R-R70Sのレビューをしている。RTX 2070 SUPER×Ryzen 7 3700Xを搭載したゲーミングPCだ。かつてGALLERIA XFのRyzen搭載バージョンとして人気の高かったGALLERIA AXFの後継モデルとなっている。AMDファンの方はぜひチェックして欲しい。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA7R-R70Sという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。しかし、実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA ZA7R-R70S」は、Z=シリーズ(Zealot:熱狂)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R70S=RTX 2070 SUPERということだ。

GALLERIA ZA7R-R70Sのスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7R-R70S
価格Windows 10 / 179,980円
CPURyezn 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★★☆☆7.9

>>>>>GALLERIA ZA7R-R70Sを購入する<<<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7R-R70Sのゲーミング性能

GeForce RTX 2070 SUPER(グラフィックボード)

rtx2070superseinou

RTX 2070 SUPERは、グラフィックボードの序列の中でハイクラスに位置するモデルとなっている。FULL HD環境で高リフレッシュレートを実現したり、WQHD環境以上でのゲームプレイを行ったりと幅広い用途で使用できるのが魅力だ。

グラフィックボード選びで迷ったらこのクラスを選択すると扱いやすいかもしれない。将来性も高くしばらくはトップクラスのモデルとして通用するだろう。Ryzen 7 3700Xに合わせるグラフィックボードとしても最適だ。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinounew

Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドとマルチコア性能の高いCPUだ。総合性能の高さではIntel第10世代CPUと比べても負けていない。ゲームプレイだけに限定するとCore i7-10700に劣ることもある。ゲーム配信やゲーム以外のアプリケーションを考えている方に最適だ。

総合性能

GALLERIA ZA7R-R70Sseinou

人気のハイクラスの性能が魅力のゲーミングPCだ。高いCPU性能とGPU性能により、ゲームも作業も快適に行うことができる。Ryzen 7 3700Xに対してはRTX 2070 SUPERがベストマッチ。それ以上のGPUになると、ややCPU性能が不安になる。Ryzen 7 3700Xでゲームをプレイするなら間違いなくこの組み合わせが最高のバランスだ。

既存のゲームなら全て快適にプレイすることができる。ただし、WQHD以上になると60fpsでの安定を求めることになる。WQHDでは高リフレッシュレートが実現しにくいタイトルが出てくる。高解像度での安定はあまり期待しない方がよさそうだ。性能的にフルHD+高リフレッシュレートが基本となる。

PUBGだけはゲーム側の問題で144hzでの安定が難しい。決して性能によるものではないので諦めなければならない。GALLERIA ZA7R-R70Sは何をするにも不足しない性能が持ち味だ。ゲームの配信をメインに行うユーザーにとっては基本とも言える性能だ。

扱いやすく無駄がない。パソコンでのゲームや作業に関してはこれ以上ないモデルだ。特にCPU性能はゲームよりも作業に適している。マルチコア性能を活かせる用途であればトップクラスの対応力を示す。また、ゲームが苦手と言ってもRTX 2070 SUPERの足を引っ張るほどではない。これ以上のGPUではバランスが取れないのは、ゲームへの適正の問題だ。CPUの総合性能はi7-10700Kを上回っている。

>>>>>GALLERIA ZA7R-R70Sを購入する<<<<<

GALLERIA ZA7R-R70Sの概要&特徴

人気モデルGALLERIA AXFの後継機だが…

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)galleriaxg
型番ZA7R-R70SAXF
価格179,980円167,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
グラボRTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載2TB
電源650W BRONZE650W BRONZE
チップセットX570X570

GALLERIA ZA7R-R70Sは従来の人気モデルGALLERIA AXFの後継機となる。GALLERIA AXFの後継モデルとしては2種類のモデルが登場した。構成を充実させたGALLERIA ZA7R-R70Sと、メモリ規格・SSD容量・チップセットなどを軽量化したGALLERIA XA7R-R70Sの2製品だ。

後継機という立場ではGALLERIA ZA7R-R70Sの方が近い。ストレージ構成は一長一短で、GALLERIA AXFで採用されていたHDD 2TBの代わりにNVMe対応SSDの容量を倍増させたのがGALLERIA ZA7R-R70Sである。価格が12,000円アップしているので、とてもおすすめできるようなモデルではない。

これは、登場したばかりのモデルということで割高に設定されていると見ている。しばらく経つと価格も抑えられ、従来のGALLERIA AXFに近い価格となるだろう。どれだけ悪くても1万円引きは期待しておきたい。GALLERIA AXFのよさは当時のトップモデルGALLERIA XFよりも安価に展開されていたことだ。

最終的に価格は逆転されたが、Ryzen搭載モデルらしい価格設定だった。GALLERIA ZA7R-R70Sも同じ立ち位置を取ることができれば評価は大きく伸びる。メモリの規格がDDR4-2666からDDR4-3200にアップしたことで、性能も僅かながらアップしている。

過去を上回るモデルとして、Ryzen搭載モデルを代表するようなモデルになることに期待している。ゲームに作業に、オールラウンドモデルとして一世を風靡したRyzen 7 3700X。その評価を活かしたモデルになれるだけの力は秘めている。

今後の価格改定で勝負が決まる

GALLERIA ZA7R-R70Sは前述の通り、しばらくすると価格が下がると予想している。これはおそらく間違いないはずだ。その価格改定がGALLERIA ZA7R-R70Sにとって非常に重要な意味を持っている。それは、その価格が最終価格になる可能性が高いということだ。

過去の傾向から、Ryzen搭載モデルにはキャンペーンやセールが適用されにくい。従来のGALLERIA AXFも2,000円引きされて以降は何の変化も訪れなかった。対抗となっていたGALLERIA XFが徐々に強化されていったのに対し、GALLERIA AXFはほとんど放置に近い状態だった。

ある意味で人気No.1のGALLERIA XFのバロメーターだった。GALLERIA AXFより安くなった、よくなった。そういう評価のために存在していたのではないかと思えるほどだ。もしも、過去と同じ流れなら、最初の値引きが最後の値引きになる可能性もある。税抜169,980円に届かなければかなり厳しい。

Intel搭載モデルは第10世代という最新CPUを搭載しているということで妥協はできる。しかし、Ryzen 7 3700X搭載モデルには何の言い訳もできない。どのモデルに力を入れていくのか、最初の価格変更で決まると言っても過言ではない。評価の高いモデルに力を入れるとは限らない。

特に、GALLERIA XFの後継機であるGALLERIA XA7C-R70Sは登場したばかりの時点で1位になった。GALLERIA XA7C-R70Sに力を入れているのは火を見るより明らかだ。そのGALLERIA XA7C-R70Sと同じRTX 2070 SUPER搭載モデルに力入れるだろうか。

食い潰し合う結果もある以上、過去の流れに沿って引き立て役のようなポジションになるかもしれない。GALLERIA ZA7R-R70Sにとっては初動のリードが全てである。また選ぶならそのタイミングしかない。もしもGALLERIA ZA7R-R70Sを候補に加えているなら、値引きされた時が最もお得なタイミングになる可能性が高い。

>>>>>GALLERIA ZA7R-R70Sを購入する<<<<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAG-GEAR
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)G-GEAR GA7A-B180T
製品名ZA7R-R70SGA7A-F194/T
価格179,980円159,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TB240GB
HDD非搭載1TB
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザーボードX570B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はG-GEAR GA7A-F194/Tだ。Ryzen 7 3700XとRTX 2070 SUPERを搭載したモデルでは長い間最強に君臨している。その最たる理由は価格だ。この性能で税抜15万円台に突入したG-GEAR GA7A-F194/Tは、最安値で157,800円を記録している。

構成で言えば確実にGALLERIA ZA7R-R70Sである。ストレージ、チップセット、メモリ規格の項目でGALLERIA ZA7R-R70Sが上回っている。しかし、それでも性能は同等である。構成を重視するにしても、価格が高めに設定されているGALLERIA ZA7R-R70Sでは2万円の差は厳しい。

G-GEAR GA7A-F194/Tは構成は乏しくても最低限は備えている。性能は同等で価格が2万円安いという事実はどう見ても大きい。GALLERIA ZA7R-R70Sの価格が下がらない限りはG-GEAR GA7A-F194/Tの方が評価は上である。

>>>>>GALLERIA ZA7R-R70Sを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA ZA7C-R80S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led
ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-right
本体サイドには吸気口が見える。右側はシンプルだ。ガンメタリックの本体によって質感の高さが伺える。これだけキレイだと傷がついたら悲しくなってしまうだろう。

左サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

背面パネル

GALLERIA ZA7C-R80Sback
背面パネルはオーソドックスなものだ。背面にはUSB2.0 x2、USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) 、USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)が配置されている。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R70S)

GALLERIA XA7C-R70S

GALLERIA ZA7R-R70Sは、RTX 2070 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。ハイパフォーマンスが魅力でAMDが好きな方には堪らないモデルだと言える。設定次第では4K解像度でのゲームプレイに対応できるポテンシャルの高さが光る。

メモリ16GB、SSD 1TBと充実の構成が嬉しい。必要に応じてHDDを追加でカスタマイズすればより使い勝手が向上する。現時点でもコスパは上々だが、旧モデルのGALLERIA AXFと比べると割高感が否めず価格が落ちるのを待ちたい。

価格CPUグラボ
179,980円Ryzen 7 3700XRTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!