GALLERIA ZA7R-R80Stop


当記事では、GALLERIA ZA7R-R80Sのレビューをしている。RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。1万円の値引きで従来モデルのGALLERIA AXGに並んだ形となっている。ゲーミング性能は高く予算が合うのであれば選択肢に入れてもよい。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA7R-R80Sの意味は、Z=シリーズ(Zealous)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R80S=RTX 2080 SUPERということだ。型番を分解すればモデルの性能がわかる仕組みになっている。

GALLERIA ZA7R-R80Sのスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7R-R80S
価格Windows 10 / 199,980円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2080 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.5

>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7R-R80Sのゲーミング性能

GeForce RTX 2080 SUPER(GPU)

rtx2080super-seinou

RTX 2080 SUPERは、人気の高いハイエンドクラスのグラフィックボードだ。上位のRTX 2080 Tiに比べて、価格が手頃なこともあってRTX 2080 SUPERの方が選ばれている。性能的に、RTX 2080 TiにできてRTX 2080 SUPERにできないことはない。コストパフォーマンスの面からも人気がある。特に、ショップが力を入れていることもあり、豊富な種類を持っているのも大きい。コアなゲーマーに適した性能である。

Ryzen 7 3700X(CPU)

Ryzen 7 3700X-seinou

Ryzen 7 3700Xは、総合的なCPU性能の高さが魅力のモデルだ。いち早く8コア16スレッドを採用したCPUということで注目されていた。Intel第10世代の登場で特徴を失いつつある。

CPUのマルチコア性能に関してはRyzen 7 3700Xはトップクラスの高さを持つ。ゲームをメインに考えていなかったり、ゲームと同等に重要な用途があったりするなら選択するメリットは大きい。ゲームを中心に考えるなら魅力は半減してしまうので注意したい。

総合性能

GALLERIA ZA7R-R80Sseinou

GALLERIA ZA7R-R80Sは非常に優れた性能を持つモデルだ。ややCPU性能が低く見えるかもしれない。ゲームでは上手く性能を発揮できないのはRyzen 7 3700Xの弱点である。しかし、Ryzenに最適化されたゲームではRTX 2080 SUPERの性能を引き出せるようになる。また、ゲーム以外では非常に強力なCPUなので、マルチな用途に適している。また、性能自体は非常に優秀なので、既存のゲームの推奨スペックはクリアできている。

高解像度、高リフレッシュレートでの安定したプレイは問題なく行える。ゲーミングPCに、そしてクリエイティブな用途に求められる性能を両立している。ゲームを中心に考えるならIntel第10世代に分がある。自分に必要な用途に合わせた選択をしたい。注意点ではRyzenに最適化されたゲームでもIntel第10世代より安定する場面はほとんどない点だ。ゲームをメインにするなら別の製品も検討した方がいいかもしれない。

>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入<<

GALLERIA ZA7R-R80Sの概要&特徴

1万円引き従来モデルと同じ価格へ

当該モデルは1万円の値引きが実施されて従来モデルと同じ価格で販売されている。20万円台と10万円台後半では見え方にも違いがある。GALLERIAシリーズは新筐体の採用に伴って一律値上げが行われコスパが下がっていた。GALLERIA ZA7R-R80Sも例外ではなく従来と同じ構成にもかかわらず1万円値上げされていた。それがようやく1万円引きとなり評価は上々だ。当初は1ヶ月程度で落ち着くと見ていただけに、意外と長い間価格が下がらなかった。

価格は従来と同じでも、適正価格に戻ったわけではない。次世代グラフィックボードであるRTX 30シリーズの発表があり、買い控えのためにRTX 2080 SUPER搭載モデルの価格は下降気味だ。半年以上前のモデルと同じ価格になったとしても適正価格とは言えない。もう少し早ければ評価はもっと高かったかもしれない。

新ケース採用とIntel第10世代搭載への移行が被ったことによるIntel製搭載モデルの値上げは理解できた。ところがドスパラはRyzen搭載モデルも便乗値上げを実施していた。新ケース採用による値上げはIntel第10世代搭載モデルよりも、Ryzen搭載モデルへのダメージが大きかったと言える。Ryzen搭載モデルはIntel搭載モデルより価格が安いことが魅力の1つだ。

価格が高くなってもケースしか変わらないRyzen搭載モデルと、性能も高くなったIntel搭載モデルとでは評価に差が生じてしまう。特に、値上げ幅はどちらも同程度であり、Ryzen搭載モデルにとっては致命的な値上げとなっていた。価格が戻ったのは当然であって、プラス要因になるようなものではない。むしろ時間が掛かったことで相場は少し下がっている。GALLERIA ZA7R-R80Sは新ケース採用が最もマイナスに働いたモデルでもある。ここからの巻き返しは少し厳しそうだ。

モデル自体は変わらず優秀

Ryzen 7 3700XとRTX 2080 SUPERを搭載したゲーミングPCで性能面に不満は抱きにくい。作業に適したRyzen 7 3700Xとハイエンドなゲーム性能を誇るRTX 2080 SUPERの組み合わせは用途を選ばない。ゲームも作業も高い水準で完遂することができる。注意点としてゲーミングPCとしてはRyzen 7 3700XがRTX 2080 SUPERにとってのボトルネックとなる可能性はある。

ゲームのみに特化した用途を想定しているなら少し微妙な性能バランスだ。もっともそれが性能不足に繋がるわけではないので、ポジティブに捉えたい。ゲームだけに留まらず幅広い用途に対応できるという長所を活かしてほしい。今はまだゲームしか考えていなくても、配信や動画投稿に興味が出てくるかもしれない。その時にRyzen 7 3700Xであることは非常によいCPUとなる。

ゲームを快適にプレイし、その先の用途にも対応できる。用途に縛られないことこそがGALLERIA ZA7R-R80Sの魅力と言える。このオールラウンド性を求めるならGALLERIA ZA7R-R80Sは強力な製品だ。ここにコストパフォーマンスを持ってくるとあまりよい結果にならない。

コストパフォーマンスではなく、ケースデザインなど性能に結びつかない箇所の評価も重要だ。この製品にしかないよさを見出すことができれば最良の選択肢となるだろう。残念ながら筆者には突出した何かを見つけることは難しい。もう少しシンプルな魅力があればおすすめしやすいモデルになっていたはずだ。

>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名ZA7R-R80SXA7R-R80S
価格199,980円182,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 2080 SUPERRTX 2080 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD750W GOLD
マザーボードX570B550
公式公式公式
比較対象は下位モデルのGALLERIA XA7R-R80Sだ。GALLERIA ZA7R-R80Sより値下げ幅が大きく17,000円の値下げで関係性は変わらなくてもお得さはアップした。上位モデルより値引き額が大きいなら下位モデルが有利だ。性能はメモリ規格が違うだけで同等。こうなってくると税抜18万円台前半でRTX 2080 SUPER搭載モデルを選択できることが大きな魅力になる。

ハイエンドのゲーミングPCが税抜18万円台前半で手にできるなら優れた選択肢だ。GALLERIA ZA7R-R80Sもそれなりに魅力はある。ただ、強みとして前面に出すにはまだ弱い。Ryzenのよさを上手く引き出したGALLERIA XA7R-R80Sに対抗しにくい。価格差が5,000円程度に縮まればGALLERIA ZA7R-R80Sに対抗できる製品はほとんどなくなるだろう。それまではGALLERIA XA7R-R80Sをおすすめする。

>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載モデルならエアフローにも気を使っておきたい。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。まさにゲーマーのことを考えてうまれたケースだと言える。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R80S)

GALLERIA XA7C-R70S

RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。高解像度でのゲームプレイに対応できるパフォーマンスの高さが魅力となっている。CPUにはマルチコア性能の高さが光るRyzen 7 3700Xを搭載。グラフィックボードとの相性も上々だ。ようやく1万円の値引きが適用となり従来モデルと並んだ。RTX 30シリーズの発表があったものの相対的なコストパフォーマンスは高い。価格に納得できるのであれば選択する価値がある。

価格CPUグラボ
199,980円Ryzen 7 3700XRTX2080 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。