GALLERIA ZA7R-R80Stop


当記事では、GALLERIA ZA7R-R80Sのレビューをしている。RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。Ryzen搭載モデルもIntel第10世代CPUに合わせて便乗値上げが行われている。これは悪手と言えるが、コストパフォーマンスは上々だ。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA7R-R80Sの意味は、Z=シリーズ(Zealous)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R80S=RTX 2080 SUPERということだ。型番を分解すればモデルの性能がわかる仕組みになっている。

GALLERIA ZA7R-R80Sのスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA7R-R80S
価格Windows 10 / 209,980円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2080 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.1

>>>>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入する<<<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7R-R80Sのゲーミング性能

GeForce RTX 2080 SUPER(グラフィックボード)

rtx2080super-seinou

RTX 2080 SUPERは、人気の高いハイエンドクラスのグラフィックボードだ。上位のRTX 2080 Tiに比べて、価格が手頃なこともあってRTX 2080 SUPERの方が選ばれている。性能的に、RTX 2080 TiにできてRTX 2080 SUPERにできないことはない。コストパフォーマンスの面からも人気がある。特に、ショップが力を入れていることもあり、豊富な種類を持っているのも大きい。コアなゲーマーに適した性能である。

Ryzen 7 3700X(CPU)

Ryzen 7 3700X-seinou

Ryzen 7 3700Xは、総合的なCPU性能の高さが魅力のモデルだ。Intel第10世代の登場で特徴を失いつつある。それでもCPUのマルチコア性能に関してはRyzen 7 3700Xはトップクラスの高さを持つ。ゲームをメインに考えていなかったり、ゲームと同等に重要な用途があったりするなら選択するメリットは大きい。ゲームを中心に考えるなら魅力は半減してしまうので注意したい。

総合性能

GALLERIA ZA7R-R80Sseinou

GALLERIA ZA7R-R80Sは非常に優れた性能を持つモデルだ。ややCPU性能が低く見えるかもしれない。ゲームでは上手く性能を発揮できないのはRyzen 7 3700Xの弱点である。しかし、Ryzenに最適化されたゲームではRTX 2080 SUPERの性能を引き出せるようになる。また、ゲーム以外では非常に強力なCPUなので、マルチな用途に適している。また、性能自体は非常に優秀なので、既存のゲームの推奨スペックはクリアできている。

高解像度、高リフレッシュレートでの安定したプレイは問題なく行える。ゲーミングPCに、そしてクリエイティブな用途に求められる性能を両立している。ゲームを中心に考えるならIntel第10世代に分がある。自分に必要な用途に合わせた選択をしたい。注意点ではRyzenに最適化されたゲームでもIntel第10世代より安定する場面はほとんどない点だ。ゲームをメインにするなら別の製品も検討した方がいいかもしれない。

>>>>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入する<<<<<

GALLERIA ZA7R-R80Sの概要&特徴

新筐体採用でまさかの値上げ実施が厳しい

GALLERIA ZA7R-R80SはGALLERIA AXGの後継機である。新筐体採用で構成はそのままに価格が1万円アップしている。Intel製CPU搭載モデルは第10世代にアップグレードしたことで値上げも仕方がない部分がある。しかし、構成がそのままRyzen搭載モデルまで値上げしてしまったのは悪手だ。

元々ドスパラのGALLERIAシリーズはRyzen搭載モデルの扱いが少し悪かった。新筐体になったことで露呈した形になった。つまり、新しいケースは従来のケースと比べて1万円高いということである。こういった調整が行われるとIntel製品にとってはよくても、Ryzen搭載モデルにとっては厳しい。

Ryzenシリーズのよさは何と言ってもコストパフォーマンスにある。性能の高さと価格の安さで得たアドバンテージを捨てる結果になった。当面はIntel搭載モデルに力を入れていくのだろうか。GALLERIAのRTX 2060 SUPER搭載モデルやMシリーズのように、引き立て役という立場なのだろうか。

従来のGALLERIA AXGは一時的に人気ランキングに入ったこともあるドスパラの主力製品である。そのGALLERIA ZA7R-R80Sの評価が下がる価格設定はいかがなものか。それだけ優れたケースという自信なのか、価格を下げる前提なのかは分からない。少なくとも現時点ではおすすめしにくいという事実だけである。

何にでも対応できるオールラウンド性が魅力

GALLERIA ZA7R-R80Sの魅力はAMD製CPUのRyzen 7 3700Xを搭載している点にある。このRyzen 7 3700XはCore i7-9700に近いゲーム性能、Core i7-10700を超える処理性能を持っている。ゲームタイトルによってはi7-9700を上回るパフォーマンスである。

ゲーミングPCとしての運用に適している。また、CPU自体の処理性能は圧倒的に高い。マルチコア性能に関してはトップクラスだ。ゲーミングPCではIntel製CPUが主流でも、クリエイティブな作業向けのPCではRyzenが主流である。ゲームも作業も何もかもを一台で解決するならGALLERIA ZA7R-R80Sは優れた選択肢である。

ゲームでも足を引っ張らず、作業では余裕を持って対応するRyzen 7 3700X。トップクラスのGPU性能を持つRTX 2080 SUPERの組み合わせはハイエンドクラスでも注目を集めている。Ryzen搭載のゲーミングPCにはゲームへのパフォーマンスの高さよりも、このオールラウンド性が求められる。

何にでも対応できて、高い水準で実行できる。それこそが求められる要素だ。そして、その要素を満たしているのがGALLERIA ZA7R-R80Sだ。ただ、価格はそれに見合ってはいない。価格を抑えて実現してこそのRyzen搭載モデルだ。

Intel製CPU搭載モデルよりも高価になってしまっては元も子もない。キャンペーンやセールで価格が下がるまでは様子を見るべきだ。おそらく、従来の価格と同等にまでは下がると予想できる。新登場の筐体をアピールできている今は割高に設定しているだけだろう。そうでなくては、何のための新筐体なのか分からない。

>>>>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入する<<<<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名ZA7R-R80SXA7R-R80S
価格209,980円199,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 2080 SUPERRTX 2080 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD750W GOLD
マザーボードX570B550
公式公式公式
比較対象は下位モデルのGALLERIA XA7R-R80Sだ。性能に関する違いはメモリの規格とチップセットだ。CPUとGPUは同じなので、用途も扱い方も同じである。ストレージ容量は半分になるが、価格は1万円安い。チップセット、メモリ規格、ストレージ容量の差で1万円ならGALLERIA ZA7R-R80Sの方が優れた選択肢である。

従来のGALLERIA AXGと同じ価格で展開されているGALLERIA XA7R-R80Sは、構成的にもう少し価格を下げてもよさそうだ。あまり強く推奨できないGALLERIA ZA7R-R80Sに対抗できる製品も少ない。GALLERIA XA7R-R80Sにしても少し様子を見て、変化を待つべきだ。

>>>>>GALLERIA ZA7R-R80Sを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載モデルならエアフローにも気を使っておきたい。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。まさにゲーマーのことを考えてうまれたケースだと言える。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA7R-R80S)

GALLERIA XA7C-R70S

RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。高解像度でのゲームプレイに対応できるパフォーマンスの高さが魅力となっている。CPUにはマルチコア性能の高さが光るRyzen 7 3700Xを搭載。グラフィックボードとの相性も上々だ。新筐体採用になって値上げが行われたのはマイナスだが、相対的なコストパフォーマンスは高い。価格に納得できるのであれば選択する価値がある。

価格CPUグラボ
209,980円Ryzen 7 3700XRTX2080 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。