GALLERIA ZA9C-R38top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA9C-R38」の詳細レビューをまとめている。最新のRTX 3080を搭載したゲーミングPCが早くも発売開始となった。やや価格設定は高めだが、RTX 2080に代わるモデルとして十分魅力的なモデルだと言える。

GALLERIA ZA9C-R38のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA9C-R38
価格Windows 10 / 249,980円
CPUCore i9-10850K
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★★☆ 8.7

>>GALLERIA ZA9C-R38を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA9C-R38の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

RTX 3080は、Ampere世代第一弾のグラフィックボードだ。2020年9月17日に発売開始となっている。圧倒的な性能を持つRTX 3080はこれまでのハイエンドモデルとは一線を画するGPUだ。上記のスコアからも圧倒的な性能を持っていることがわかるだろう。Turing世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを遥かに超える性能を有している。

ゲーミング性能が非常に高く4K解像度でのゲームプレイにこだわりたいユーザーの方は必見だ。それ以下でのゲーム環境では明らかに宝の持ち腐れになってしまう。どのような環境でゲームをしたいのかを基準に考えるとよい。

Intel Core i9-10850K(CPU)

corei9-10850k

Core i9-10850Kは、Comet Lake世代の最新CPUだ。Core i9-10900Kの供給不足に対応するために登場(HOTHARDWARE, 2020)した。クロック周波数が僅かに落ちているもののほぼ同等の性能を持っている。10コア20スレッドとマルチスレッド性能が高い。ゲーム適性は高いがRTX 3080に合わせるCPUとしてやや物足りない。特に大きな問題となるわけではないが…

GALLERIA ZA9C-R38に搭載されたRTX 3080は次世代のPCI-e 4.0までサポートしているが、チップセットZ490はPCI-e 3.0までしかサポートされていない。この点ではまだIntel製CPU搭載モデルは今ひとつな気がする。ただし、PCI-e 4.0をサポートしたRyzenはCPUが完全にボトルネックとなり、PCI-e 4.0 + RyzenよりもPCI-e 3.0 + Intelの方が性能は高くなる。少なくとも第4世代のRyzenが登場するまではIntel製CPU搭載モデルに分がある。

総合性能

GALLERIA ZA9C-R38seinou

RTX 3080を搭載していることが特徴のモデルだ。CPUとGPUのバランスを崩す圧倒的な性能を持っている。ここまで来るとゲームを快適にプレイすることよりも、ベンチマークの性能を重視した構成に思えてくる。少なくともフルHD環境を想定したゲームプレイはおすすめできない。この性能は完全に高解像度での安定を狙った性能で、一般的なユーザーにおすすめするのは難しい。

RTX 3080はRTXシリーズ2世代目にあたるGPUだ。初代よりもリアルタイムレイトレーシングなどの機能への適性は高い。4K解像度でのゲームプレイでは、最高設定でリアルタイムレイトレーシングとDLSSをオンにしても快適性を維持できる。一方で、フルHD環境ではRTX 2080 SUPERやRTX 2080 Tiと比べてメリットが薄い。240Hzを超えるリフレッシュレートを実現するなら必要になる程度だ。144Hzでは恩恵が薄い。一般的なゲームプレイよりも高い環境でこそ性能を発揮する。

RTX 2080 Tiに対して4K解像度ではアドバンテージがある。GTX 1080から80番台は4K向けのGPUと言われてきた。GTX 1080はともかく、RTX 2080は確かに4K前提の性能だった。しかし、RTX 3080は4K向けというよりも4K環境でなければ魅力を発揮しない性能だ。Core i9-10850Kと組み合わせたGALLERIA ZA9C-R38は最高の性能とは言えない。それでも、性能で上回るモデルはCore i9-10900K搭載モデルしかない。コストパフォーマンスを活かせる構成だと考えると最新モデルの価格の高さを打ち消す優秀な構成と言える。

>>GALLERIA ZA9C-R38を購入<<

GALLERIA ZA9C-R38の特徴&強み

搭載モデルの価格が高めでコスパは低い

GALLERIA ZA9C-R38を始めとしてRTX 3080搭載モデルは全体的に価格が高い。買い替えを検討していても登場してすぐに選択するのはあまりおすすめしない。RTX 2080 SUPER並みの価格にまでとは言わない。せめて他製品と比較できるくらいの数が揃ってからにしたい。現時点でRTX 3080を選択するメリットは大きくないが、損をするわけではないので予算が合うならそこまで神経質にならなくてもいいのかもしれない。当然早く購入することに価値を見出す方(アーリーアダプター)もいるだろう。

コストパフォーマンスの評価は最新モデルとしては低い。これは思った以上に単体のグラフィックボードとしてRTX 3080の初動価格が抑えられていたことにある。この単体価格から見れば搭載モデルは割高に設定されている。$699が10万円程度なのだから高いのは高いが、RTX 2080 SUPERと変わらない価格であることから、評価の上では多少不利な部分がある。2020年9月17日以前に更新されたRTX 2080 SUPER搭載モデルよりも評価は低い。

これからRTX 2080 SUPERやRTX 2080 Ti搭載モデルの評価は暴落する。特にRTX 2080 Tiについては今選択するメリットがない。RTX 3080搭載モデルより1万円以上安くならなければ厳しい。GALLERIA ZA9C-R38の評価が低いのではなく、他製品の評価が更新されていないだけだ。現存しているハイエンドでGALLERIA ZA9C-R38より高い評価を有するモデルはほとんどなくなるはずだ。

万人受けしない高すぎる性能

RTX 3080は非常に優れた性能を持つGPUであることは明白だ。予想を超えて突き抜けた性能を持つRTX 3080搭載モデルは、既存のハイエンドを過去にする。突出した性能に比肩できる製品はない。RTX 2080 SUPER搭載モデルやRTX 2080 Ti搭載モデルはここから価格が暴落する可能性が高い。それでもRTX 3080搭載モデルをおすすめしたいくらいに素晴らしい性能だ。

その一方で、高くなり過ぎた性能はおすすめしにくい部分がある。フルHD+最高設定+高リフレッシュレートならRTX 2080 Tiを選択する意味があった。それがRTX 3080ではオーバースペックになる。これまでのRTX 2080 Tiの用途はRTX 3070に期待することになりそうだ。つまり、RTX 3080は本格的に線引きされた性能となる。高解像度を想定していなければ選択肢から外せるので迷いにくくなった。

ポジション的にはこれまでのRTX 2080 TiやTITANに近い。国内のゲームプレイはフルHDが主流だ。まだ高解像度をメインにゲームをプレイするユーザーは少数派だ。RTX 3080はその少数派に向けたGPUだと言える。フルHD+高リフレッシュレートを前提としているなら優先度は低い。

>>GALLERIA ZA9C-R38を購入<<

競合モデルとの比較

登場したばかりのRTX 3080搭載モデルを比較するのは難しい。もう少しラインナップが揃うか、時間が経ってからが本番だ。現在のRTX 3080搭載モデルは売り切れになることも考えられる。ある程度落ち着いてからの比較となる。既存の製品を見る限りGALLERIA ZA9C-R38はRTX 3080搭載モデルの中でバランスはいい。

CPU的にRTX 3080の性能を100%引き出せているわけではないが、Ryzen搭載モデルと違ってボトルネックになりにくい。現時点では選んで後悔しにくいRTX 3080搭載モデルだ。そして、これからに最も注目したいモデルだと言える。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA9C-R38)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA9C-R38は最新のRTX 3080を搭載したゲーミングPCだ。想定よりは価格が抑えられているが、今後間違いなく値下げが実施されるはずだ。性能的には申し分なく4K解像度でのゲームプレイに最適だ。今の所GALLERIA ZA9C-R38はRTX 3080搭載モデルの中ではおすすめしやすいモデルである。「様子を見た方がいい」及び「売り切れになる前に選ぶべき」という両極端の気持ちが交差している。

自分に必要な性能であることを確認してから選択してほしい。これだけははっきりしている。高い性能は必ずしもプラスに働くとは限らない。少し余裕のある性能とオーバースペックは非なるものだ。Turing世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを必要としていたユーザーに選んでほしい。

価格CPUグラボ
249,980円Core i9-10850KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA ZA9C-R38を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

参照外部サイト