GALLERIA ZA9C-R38T-12thtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA9C-R38T」の詳細レビューをまとめている。Core i9-12900K×RTX 3080 Ti搭載のゲーミングPCだ。7万円の値上げは厳しい。半導体不足や円安の影響があるとはいっても市場的にはかなり価格が落ち着いている状況では評価は伸びない。すぐに価格調整される可能性もあるが、今は比較対象モデルを確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA9C-R38Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA ZA9C-R38Tは、Z=シリーズ(Zealot:熱狂)、A=ATX(ケース)、9C=Core i9-12900K、R38T=GeForce RTX 3080 Tiということだ。

GALLERIA ZA9C-R38Tのスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZA9C-R38T
価格449,980円(税込)
CPUCore i9-12900K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1.0
おすすめ度Dランク

>>GALLERIA ZA9C-R38Tを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA9C-R38T-12thseinou

GALLERIA ZA9C-R38TはCore i9-12900KとRTX 3080 Tiを搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。CPU性能とGPU性能はまさにトップクラスで、特殊なモデルを除けば最強のゲーミング性能を有している。
高解像度でのゲームプレイを得意としており、4K解像度で快適にゲームをプレイできる。モニターが対応していれば高リフレッシュレートも実現できそうだ。フルHDであれば360Hzのモニターを活かすこともできる。性能は言うまでもなく強力だ。

GALLERIA ZA9C-R38Tの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Intel Core i9-12900K(CPU)

corei912900kseinou202204

GALLERIA ZA9C-R38Tで搭載されているCPUは、Alder Lake世代のハイエンドクラスであるCore i9-12900Kだ。16コア24スレッドと従来モデルよりもスペックが引き上げられてより高いパフォーマンスを発揮する。Ryzen 9 5950Xと比べても見劣りしない水準だ。ゲームプレイ時のパフォーマンスも高い。その後上位モデルとしてクロック周波数を引き上げたCore i9-12900KSがリリースされたが、性能に対して価格が高いためハイエンドモデルが必要ならCore i9-12900Kは魅力的な選択肢となるだろう。ハイエンドクラスのグラフィックボードとも合わせやすい。

GeForce RTX 3080 Ti(GPU)

rtx3080tiseinou202204

当該モデルでは、グラフィックスにハイエンドクラスのRTX 3080 Tiを搭載している。ラインナップ的には上位にRTX 3090 TiやRTX 3090があるが、スペック的にも性能的にもゲーム向けとは言えない部分がある。つまり、RTX 3080 Tiがゲーミング最強のグラフィックボードだと考えてよいだろう。4K解像度でのゲームプレイが前提となる。WQHD環境で高リフレッシュレートを目指せるのも魅力だ。このクラスのモデルを選択しておけば当面の間は最前線でゲームを楽しめる。少し背伸びしてもよいのではないかと思う。

>>GALLERIA ZA9C-R38Tを購入<<

GALLERIA ZA9C-R38Tの特徴

一体何があったのか驚きの値上げ

GALLERIA ZA9C-R38Tが7万円という驚きの値上げを適用となった。値上げ前の37万円も決して安いものではなく、評価は微妙なものだった状況を踏まえると当然7万円もの値上げが適用されたら評価も暴落する。ただ、RTX 3080 Ti搭載モデルが40万円を超えることはそこまで珍しいことではない。GALLERIA ZA9C-R38Tの問題は構成が非常に乏しいところにある。

40万円を超えるようなモデルは、メモリ32GBが最低ラインだ。ストレージもHDD 4TBが搭載されているモデルもある。それが必要かどうかは置いておくとして、価格に見合った構成があるので評価は下がらない。GALLERIA ZA9C-R38TはRTX 3080 Ti搭載最上級クラスの価格でありながら、構成は至ってオーソドックスなものだ。

今回の7万円の値上げがなければ適正価格だったのかもしれない。Core i9-12900KとRTX 3080 Tiを組み合わせで34万円台ならおすすめできたかもしれない。元に戻れば標準的な評価と選びやすさで人気が出ていた可能性がある。今の価格ではとても人気が出るとは思えない。むしろ絶対に選んではいけないゲーミングPCに該当しそうだ。

GALLERIAシリーズは安価なモデルが少なくなってはいるが、あまり突飛な価格設定を行うことはない。また、GALLERIAは相場を先取りする傾向にある。もしかするとCore i9-12900KとRTX 3080 Tiの組み合わせが40万円を超えることを示唆しているのかもしれない。

安ければいいわけではないが、高ければいいというわけでもない

GALLERIA ZA9C-R38Tを評価するなら価格が高すぎるモデルと言ったところだろうか。もちろん価格が高いこともそれに釣り合った性能や構成があれば問題はない。そして価格が安いということは品質や構成に影響を与えることもあり、価格が安いモデルが正義というわけではない。BTOパソコンの場合は、品質というよりも採用するパーツのグレードと言った方が正しいかもしれない。例えばチップセットがB660に落ちるなどがそれにあたる。

Core i9-12900KにB660を採用するショップは見たことはないが、極端に言えばそういうことになる。逆に価格が高ければ品質や構成がアップしやすい。これも選択するモデルによっては注意が必要で、Core i7-12700にZ690を採用すると若干無駄が生じる。チップセットとしての機能は十分でも、目玉とも言えるオーバークロックが使えなければ意味がない。

この選択する性能帯と価格のバランスというのは非常に難しい。GALLERIA ZA9C-R38Tは高すぎる。品質も構成も標準的でありながら、トップクラスの価格である。これこそがGALLERIA ZA9C-R38Tの評価だ。何を目的とするかにもよるが、Core i9-12900KとRTX 3080 Ti搭載モデルでGALLERIAのケースを最重要視していない限りは避けた方がいい。

モデル自体に魅力がない。GALLERIAは構成をシリーズである程度統一している。ミドルクラスあたりはまだいい。ハイエンドクラスになるとメモリ16GBであることがマイナスになり、価格を抑えられないこともデメリットになりすぎる。GALLERIA ZA9C-R38Tを選ぶなら、別のモデルをおすすめしたい。

>>GALLERIA ZA9C-R38Tを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)LEVEL-R959-LC117-UAX
製品名ZA9C-R38TLEVEL-R969-LC129K-WAX
価格449,980円(税込)408,800円(税込)
CPUCore i9-12900K(水冷)Core i9-12900K(水冷)
GPURTX 3080 TiRTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB Gen4NVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD800W GOLD
マザーボードZ690Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R969-LC129K-WAXだ。値上げ前であればGALLERIA ZA9C-R38Tも選択するメリットがあったが、値上げされてしまった後はLEVEL-R969-LC129K-WAXの圧勝だ。メモリ容量が倍増して価格は4万円以上安い。さすがに4万円の差があると性能と構成でリードするLEVEL-R969-LC129K-WAXを強くおすすめしたい。

GALLERIA ZA9C-R38Tは唯一ケースデザインがゲーミングPCらしさがあるというところだろうか。そのケースが人気であるため、多少割高でも選択するユーザーは多い。それでも7万円の値上げで4万円の差が付き、競合モデルよりも性能で劣るモデルをおすすめすることはできない。見た目よりもまずは中身を重視した選択をおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA9C-R38T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA9C-R38Tは、Core i9-12900K×RTX 3080 Ti搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCとなっている。4K解像度にも対応できる高い性能が魅力だ。CPUにはIntel第12世代のCore i9-12900Kを搭載していてゲーム実況や動画編集などの作業にも対応できる。16コア24スレッドと従来モデルのCore i9-11900Kが8コア16スレッドだったことを考えると飛躍的にパフォーマンスが引き上げられている。

ここに来て7万円の値上げが適用となり評価は暴落となった。せめてメモリ32GBでデュアルストレージを採用していれば評価は変わったはずだ。現時点では比較対象モデルを確認しておくべきだろう。

価格CPUグラボ
449,980円(税込)i9-12900KRTX3080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA ZA9C-R38Tを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya