GALLERIA ZA9R-R38top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 9 5900X×RTX 3080搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCだ。RTX 3080搭載モデルとして税込36万円台は厳しい。CPUはRyzen 9シリーズとは言っても古いモデルでIntel製CPUと比べると見劣りしてしまう。ここから大幅な値下げがない限り選択肢に入ることはないだろう。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載のスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載
価格369,980円(税込)
CPURyzen 9 5900X(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 0.5
おすすめ度Dランク

>>GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA9R-R38seinou

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載はRyzen 9 5900XとRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。非常に優れた性能を持ち、高解像度や高リフレッシュレートでのゲームプレイでも安定する。Apex LegendsやFortniteをフルHDでなら240Hz、WQHDなら144Hz以上で快適にプレイできる。4K解像度でも新しいゲームにある程度対応できる。性能面では文句のないモデルである。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Ryzen 9 5900X(CPU)

Core i9-12900KS36,095
Core i9-12900K34,518
Ryzen 9 5950X32,967
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 9 5900X28,457
Core i9-11900K25944
Core i5-12600K25,507
Ryzen 7 5800X24,001
Core i5-1240022,546
Core i7-1170020,009

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載で搭載しているのは、AMD製のフラグシップモデルであるRyzen 9 5900Xだ。次世代モデルが登場しておらず2020年11月に発売されたRyzen 9 5900Xがまだ現行モデルとなっている。性能的にはやや厳しくなってきた。Intel Core i7-12700よりも性能は劣ってしまう。価格が高めなこともあってRyzen 9 5900Xを選ぶのは難しい。もちろん純粋な性能は高くゲーム実況・動画編集・画像編集などの作業にも適している。ゲーミング性能はCore i7-12700に劣ってしまう。場合によってはCore i5-12600Kにも及ばない。

GeForce RTX 3080(GPU)

RTX 3090 Ti39,024
RTX 309037,896
RX 6950 XT37,226
RTX 3080 Ti36,380
RTX 3080 12GB36,037
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 6800 XT32,220
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213

当該モデルで採用されているのはAmpere世代のハイクラスであるRTX 3080だ。ゲーミング性能が高く4K環境やWQHD環境でのゲームプレイに適している。将来性も高く長く使用できるため投資する価値がある。競合モデルであるRX 6900 XTに近い性能を持つ。レイトレーシング性能ではRX 6900 XTを大きく上回る。第2世代になってより洗練されたと言える。Ryzen 9 5900Xとのバランスは良好だ。

>>GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載を購入<<

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の特徴

価格と性能のバランスの悪いモデル

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載は、Ryzen 9 5900X×RTX 3080搭載のハイエンドクラスのモデルだ。それはグラフィックスにRTX 3080を搭載しているからというのが大きい。CPUに採用されているRyzen 9 5900Xの性能はIntelの下位モデルであるCore i7-12700と同等程度だ。同等と言っても基本的には下回っている。

つまり、GALLERIA ZA9R-R38の比較対象となるのはCore i7-12700とRTX 3080を搭載したモデルということになる。同じGALLERIAシリーズでも29万円台のモデルだ。同シリーズ内での価格差は7万円ほどもある。他製品と比べるともっと安くなるはずだ。36万円台ならRTX 3080 Ti搭載モデルすら選択肢に入る。性能に対して価格が高い。

コストパフォーマンスが悪すぎて評価すら難しいのがGALLERIA ZA9R-R38である。Ryzenには性能と価格のバランスが悪いモデルが多い。これには理由もある。それは後述するとして、GALLERIA ZA9R-R38はもう少し構成を充実させなければ厳しい。性能を活かしたメモリ32GBやストレージを拡充させるなどだ。

そういった優れたものを持たなければ、Ryzen 9 5900X搭載したモデルは避けるべきモデルとなる。GALLERIA ZA9R-R38は絶対に選んではいけないゲーミングPCに近いものがある。Ryzen搭載モデルは特別モデルになることもあるので、そういったお得な変化がなければ様子を見た方がよさそうだ。

苦しい状況のRyzen搭載はデメリットとなる

Ryzen 9 5900Xの性能がCore i7-12700と同等なのには理由がある。時代に追いつけていないのだ。Ryzen 9 5900Xは2020年の11月に登場している。そしてCore i7-12700は2022年の1月だ。1年以上も後に登場したCPUとでは本来世代が変わる。Ryzenシリーズは展開が遅れに遅れて、2020年に登場した第5世代が未だに現行だ。それどころか、2022年に入ってからも第5世代の製品が登場している有様だ。

この遅れがあってもIntelは順調に展開し、その時々の現行同士の比較が進み、Ryzenは苦しい状況になっている。Ryzenの第5世代はIntelの第10世代と同時期に登場した。Intelは現在第12世代にまで進んでいるが、Ryzenは今も第5世代だ。本来である比較対象が既に市場に無い。既に型落ちし過ぎて第12世代に対してアドバンテージがない。

そのため、本来であればトップクラスであるはずのRyzen 9 5900Xであっても、Core i7の無印と同等以下に落ち着いている。ただ、ショップとしては現行のRyzen最上位のRyzen 9 5900Xを安価に取り扱うわけにもいかず、Core i9と同等程度の価格にしている。これはどこのショップでもそうである。

もちろん、価格的な問題もあって性能差が大きくてもそうしなくてはならないのは分かる。あまりに不親切な状況となっていることから、Ryzen搭載モデルは初心者向けとは言えない。それどころか、今の状況的にCore iシリーズと比べて1万円2万円安くなければ評価しにくい。苦しい状況のRyzen搭載モデルは、今はまだ避ける方がよさそうだ。

>>GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)masterpiece
製品名GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載G-Tune TD-P
ケースミドルフル
価格369,980円(税込)369,800円(税込)
CPURyzen 9 5900X(水冷)Core i9-12900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD1000W TITANIUM
マザボX570Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。同じRTX 3080搭載モデルながら、CPUの性能に雲泥の差があり、メモリ容量倍増、電源容量と規格アップだ。それで同じ価格帯なのでG-Tune TD-Pをおすすめしたい。正直なところ、この価格帯は他にも優れたモデルが多くある。より構成や価格の近いG-Tune TD-Pが響きそうだ。

同じ価格で優れた性能と構成を持っている。また、ケースはG-Tuneの最上位フルタワーMASTERPIECEを採用している。ケースデザインでも引けは取らない。今、GALLERIA ZA9R-R38を選択するメリットがないので、G-Tune TD-Pを強くおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led
ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載は、Ryzen 9 5900X×RTX 3080搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCだ。4K環境にも対応できる性能の高さが魅力だと言える。一方で、CPUに採用されているRyzen 9 5900Xはやや古く最新のIntl製CPUならもっと価格の安いCore i7シリーズと同等に留まる。それで税込36万円台は厳しい。大幅な値下げがない限り無視してしまってもよいだろう。

価格CPUグラボ
369,980円(税込)Ryzen 9 5900XRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya