GALLERIA ZA9R-R80Ttop


当記事では、GALLERIA ZA9R-R80Tのレビューをしている。RTX 2080 Ti×Ryzen 9 3900X搭載のフラグシップモデルだ。一番の特徴はやはりRyzen 9 3900Xを搭載しているということになる。

12コア24スレッドとマルチコア性能が高く競合のIntel製CPUを圧倒している。このCPUがゲーミングPCに搭載されるとオールラウンドPCへと変貌する。気になる性能について詳しく見ていくとしよう。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA9R-R80Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。しかし、実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA ZA9R-R80T」は、Z=シリーズ(Zealot:熱狂)、A=ATX(ケース)、9R=Ryzen 9 3900X、R80T=RTX 2080 Tiということだ。

GALLERIA ZA9R-R80Tスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA9R-R80T
価格Windows 10 / 289,980円
CPURyzen 9 3900X
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe Gen4 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.1

>>GALLERIA ZA9R-R80Tを購入する<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA9R-R80Tのゲーミング性能

GeForce RTX 2080 Ti(GPU)

rtx2080tisougou

当該モデルに採用されているRTX 2080 Tiは現行のトップに位置する性能を持つグラフィックボードだ。価格を除けばゲームプレイにおいて不満に感じることはないはずだ。下位モデルであるRTX 2080 SUPERよりもさらにワンランク高い性能を得られる。

FULL HD環境×標準設定でのゲームプレイだけならオーバースペックとなる。高設定で高リフレッシュレートでのゲームプレイや4K解像度など高解像度でのゲームプレイが前提だ。あなたのゲーム環境において本当に必要かどうか確認しておくとよいだろう。

Ryzen 9 3900X(CPU)

ryzen93900xseinounew

Ryzen 9 3900Xは、メインストリームにおけるラインナップにおいて二番目に高い性能を有するCPUとなっている。12コア24スレッドと圧倒的なマルチコア性能を持つ。RTX 2080 Tiとの相性はまずまずだ。ゲームプレイだけに留めるには惜しい性能だと言える。

むしろゲームプレイ時には思い通りのパフォーマンスが発揮できないことがあることは理解しておこう。Ryzen 9 3900Xが活きるのは動画配信、動画編集などのクリエイター作業だろう。コア数が増えれば増えるほどそれが結果に繋がりやすい。

総合性能

GALLERIA ZA9R-R80Tseinou

GALLERIA ZA9R-R80TはCPUとGPUがそれぞれ異なった得意分野を持つモデルだ。RTX 2080 Tiはゲームに、Ryzen 9 3900Xはゲーム以外に圧倒的な性能を持っている。この組み合わせはベストマッチとは言えないながら、確かな利便性がある。Ryzen 9 3900Xのゲーム性能はRyzen 7 3700Xと同等である。それは下位モデルのGALLERIA ZA7R-R80Tと同じパフォーマンスということだ。

しかし、ゲーム以外の用途では大きな差がある。この性能はゲームに特化したものではなく、ぜどんな用途にも高い水準で対応できる。どちらかと言うとストリーミングPCに近く、配信や動画投稿を行うユーザーに適している。ゲームが苦手でもトップクラスの性能を持っているので、クリエイティブな作業の配信やゲームなど広いジャンルを扱うストリーマー向けだ。

本格的なゲームプレイ、本格的な配信、何でもこなせる究極のモデルでもある。何でもこなせる中で、ゲームが最も苦手な用途だ。しかし、グラフを見て分かる通りCPUとGPUの性能は突き抜けている。ここまで来ると、苦手であってもしっかりハイエンドの性能は体感できる。ゲーミングPCの枠に収まらない総合性能の高いモデルである。

>>GALLERIA ZA9R-R80Tを購入する<<

GALLERIA ZA9R-R80Tの概要&特徴

何でもこなせる万能パソコン

ゲームに特化したモデルをゲーミングPCと呼ぶのならGALLERIA ZA9R-R80Tは当てはまらない。苦手なことはあっても、対応できないものはないという意味でオールラウンドPCである。Ryzen 9 3900Xは性能的に見てもゲームが苦手である。しかし、Ryzen 9 3900Xを上回るゲーム性能を持つCPUは限られている。

現行で言えばTOP10に入るゲーム性能を持っている。これがゲーム以外の用途になるとTOP3に入る。突き抜けた処理性能を活かしたクリエイティブな用途で真価を発揮する。動画の編集、配信、負荷の高いアプリケーションの使用時、Intel製CPUでは体験しにくい快適性を実現できる。ゲーム性能を活かした、ゲーム動画やゲーム配信にも対応しやすい。

税抜25万円を超えるハイエンド帯のモデルはコストパフォーマンスがそこまで重要ではない。どのような特徴かが重要になってくる。GALLERIA ZA9R-R80TはRyzen 9 3900XによるCPU処理性能が特徴である。ゲームに活かしにくい性能であっても、ここまで突き抜けていれば選択の理由にはなる。

また、Ryzenシリーズの上位モデルを搭載したモデルはNVMe Gen4に対応した超高速ストレージを搭載していることがある。GALLERIA ZA9R-R80Tも搭載している。これもゲームでは体感しにくいが、OSやシステムには大きな影響を与える。パソコンの動作が軽快で快適になる。

また、RyzenシリーズはCPUの処理性能が高いので、高解像度ではなかなか優秀な安定感がある。RTX 2080 TiとRyzen 9 3900Xの組み合わせによるメリットだ。一方で、高リフレッシュレートがやや苦手な傾向にある。自分のプレイスタイルや用途にあった性能なのかを確認して選択してほしい。

総合的な評価は非常に高いモデル

GALLERIA ZA9R-R80Tは、コストパフォーマンスの評価は低い。特にハイエンド帯では平均以下の数値である。GALLERIAシリーズはケースを一新したことで、全て最新モデル扱いになっていて価格が従来よりも割高に設定された。これがコストパフォーマンスを下げる要因だ。とは言ってもモデルとしての評価は非常に高い。

Intel第10世代の登場で、一部のRyzenシリーズはCPUの処理性能で並ばれることになった。その中でIntelを引き離すRyzen 9 3900XのCPU処理性能は段違いである。高性能なCPUは発熱や消費電力も高くなるが、Ryzen 9 3900Xは省電力性に長けていて発熱量も抑えられている。

つまり、冷却性能を重視しなくても安定したパフォーマンスを発揮できるということである。熱によるパフォーマンスの低下が起こりにくい。これにより、RTX 2080 Tiを搭載していても、ケース内の熱は比較的抑えられる結果となる。

NVMe Gen4やDDR4-3200を搭載しているのも特徴的だ。超高速ストレージにより読み込みや書き込みの短縮、規格の高いメモリによる処理性能と安定性。こういった性能に直結しない部分でも高い水準の装備を持っている。ゲーム性能は価格に対して低くても、総合的な性能は価格に対して非常に高い。

ゲーミングPCとして評価するのではなく、一つのパソコンとして評価するとGALLERIA ZA9R-R80Tはトップクラスのモデルになる。それは同時に、ゲームをメインでプレイするユーザーにとってはあまり魅力的ではないということにも繋がる。

ゲームをプレイするだけなら、Ryzen 9 3900Xを搭載しているメリットはほとんどない。むしろゲームで性能を発揮しにくいという点でデメリットの方が大きくなる。GALLERIA ZA9R-R80Tの評価が高いのは、あくまでも総合的な性能だ。ゲーム性能を求めるなら別のモデルを選択するべきだ。

>>GALLERIA ZA9R-R80Tを購入する<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)LEVEL-R027-i7-RNR
製品名ZA9R-R80TLEVEL-R049-LCiX7K-XYXH-CR
価格289,980円245,980円
CPURyzen 9 3900XCore i7-10700K
GPURTX 2080 TiRTX 2080 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TB Gen4NVMe 500GB
HDD非搭載2TB
電源750W GOLD700W GOLD
マザーボードX570Z490
公式公式公式
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R049-LCiX7K-XYXH-CRだ。総合的な性能や、CPUの処理性能では大きく落ちる。しかし、ゲーム性能に関して言えば圧倒的に優れるのがLEVEL-R049-LCiX7K-XYXH-CRの特徴だ。44,000円ほど安く、ゲームに特化した性能なのでゲーマーには選びやすい。

Core i7-10700Kは総合的な性能も非常に強化されているので、ゲーム以外への対応力も高い。Ryzen 9 3900Xに比べると流石に落ちるものの、ゲームの比率が高いならデメリットはない。

従来のゲーム最強であるi9-9900Kと同等以上の性能を持つi7-10700Kは、これからのハイエンドを支えるCPUだ。ゲームをメインにするならLEVEL-R049-LCiX7K-XYXH-CRを、ゲーム以外にも力を入れるならGALLERIA ZA9R-R80Tがおすすめだ。

>>GALLERIA ZA9R-R80Tを購入する<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA ZA7C-R80S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-right
本体サイドには吸気口が見える。右側はシンプルで使用する方を選ばない。

左サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

背面パネル

GALLERIA ZA7C-R80Sback
背面パネルはオーソドックスなものだ。背面にはUSB2.0 x2、USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) 、USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)が配置されている。

管理人による総評(GALLERIA ZA9R-R80T)

GALLERIA XA7C-R70S

GALLERIA ZA9R-R80Tは、RTX 2080 Ti×Ryzen 9 3900X搭載のゲーミングPCだ。ガレリアブランドはPCケースがリニューアルされより魅力的になっている。当該モデルにはRyzen 9 3900Xという12コア24スレッドの怪物CPUを搭載している。

ゲームプレイだけではなくゲーム配信などゲーム+αで考えたい。メモリ16GB、SSD 1TBと充実の構成も素晴らしい。ハイエンドクラスになるとコストパフォーマンスを度外視で考えた方がよいだろう。それよりも性能や構成を重視したゲーミングPC選びをしたい。

価格CPUグラボ
289,980円Ryzen 9 3900XRTX2080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya