GALLERIA ZL7C-R37TH


当記事では、GALLERIA ZL7C-R37THの評判とレビューをまとめている。Core i7-12700H×RTX 3070 Ti Mobile搭載のモデルだ。2022年6月17日に発売されたドスパラの4種類の新しいゲーミングノートPCの一つだ。4つのモデルの中でRTX 3080を搭載した「GALLERIA ZL7C-R38H」に次いで高い性能を持つ。

今回登場したモデルは16.0インチ165Hz対応モニターを搭載していて滑らかなゲームプレイが実現する。RTX 3070 Ti Mobileなら十分性能を引き出せるはずだ。税込30万円という価格はかなり高額だが、それに見合う価値があるのではないかと思う。将来的にはもう少し価格が下がる余地がある。その後2万円の値引きが適用となりハイクラスモデルの中ではトップクラスのコスパを誇る。

GALLERIA ZL7C-R37THのスペック

GALLERIA XL7C-R36H

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZL7C-R37TH
液晶サイズ16.0インチ 165Hz
価格279,980円(税込)
CPUCore i7-12700H
グラボGeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリDDR5-4800 32GB
SSD1TB Gen4 NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.15kg
バッテリー駆動時間約6.8時間
コスパ★★★★★★★★★☆ 8.1

>>GALLERIA ZL7C-R37THを購入<<

GALLERIA ZL7C-R37THのゲーミング性能

Core i7-12700H(CPU)

Core i9-12900HK24,296
Core i9-12900H23,587
Core i7-12700H23,029
Ryzen 9 5900HX17,688
Ryzen 9 6900HS17,127
Core i5-12500H17,085
Ryzen 7 6800H17,045
Core i9-11980HK16,954
Core i7-11800H15,631
Ryzen 7 5800H15,559
Core i7-10875H11,739

GALLERIA ZL7C-R37THではCPUにCore i7-12700Hを搭載している。今回登場したドスパラの4つのモデルはすべてのこのCore i7-12700Hを搭載しているのだ。Intel第12世代の高パフォーマンスモデルで高いパフォーマンスを発揮する。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用していて14コア20スレッドという高いスペックを実現した。

従来モデルのCore i7-11800Hよりも50%以上も高い性能を持っている。フラグシップモデルであるCore i9-11980HKよりも性能は高い。AMDのフラグシップモデルあるRyzen 9 5900HXと比べても30%以上も性能が高い。これだけの性能があればゲーム実況・動画編集・画像編集・WEBデザインなどの用途にも対応しやすい。ノートパソコンでクリエイター作業を考えている方にもおすすめだ。

GeForce RTX 3070 Ti Mobile(GPU)

RTX 3070 Ti Desktop29,957
RTX 3080 Ti Mobile26,029
RTX 3080 Mobile24,337
RTX 3070 Ti Mobile20,748
RTX 3060 Desktop20,322
RTX 3070 Mobile18,646
RTX 2080 Mobile18,618
RTX 3060 Mobile17,197
RTX 2070 Mobile17,075
GTX 1660 Ti Mobile12,476
RTX 3050 Ti Mobile11,843

当該モデルではグラフィックスにAmpere世代のRTX 3070 Ti Mobileを搭載している。2022年2月に発売された比較的新しいモデルだ。オリジナルのRTX 3070 Mobileと比べて10%以上も処理性能が向上している。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現可能だ。高解像度でのゲームプレイにも対応できるポテンシャルがある。デスクトップ向けのグラフィックボードだとRTX 3060 Tiにも及ばない点は理解しておく必要がある。性能差は45%以上とかなり大きい。負荷によっては数値以上の性能差が生じることもある。

ノートパソコンという特性上消費電力を上げられないため仕方がない部分ではあるが、やはりノート向けのグラフィックボードではかなり性能が抑えられている。それでもモバイル向けモデルの中ではRTX 3080 Ti Mobile・RTX 3080 Mobileに次いで高い性能を持つ。ゲーミングノートPCでもできる限り高い性能を手に入れたいなら候補に入れてもよいだろう。

>>GALLERIA ZL7C-R37THを購入<<

GALLERIA ZL7C-R37THの特徴&注意点

CPUとGPUのバランスの取れたゲーミングノートPC

GALLERIA ZL7C-R37THは、非常にバランスの取れたゲーミングノートPCとなっている。ハイクラスのCore i7-12700HにハイクラスのRTX 3070 Ti Mobileという組み合わせは素晴らしい。Alder Lake世代になってCPU性能が大きく向上したことでグラフィックボードとのバランスも取りやすくなった。CPU性能がボトルネックとなりづらくグラフィックボードの性能を引き出すことができる。

16.0インチ165Hz対応モニターを搭載しているのもポイントだ。高リフレッシュレート対応モニターも性能の高いゲーミングノートPCだからこそ活きてくる。高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応しやすいのは魅力的だろう。ゲーミングノートPCでもある程度デスクトップパソコンに近い環境を構築できる。一般的な15.6インチより一回り大きい液晶は心強い。もちろんゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業もお手の物だ。

ずば抜けた構成で高いコストパフォーマンスを誇る

当該モデルはメモリ32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeとずば抜けた構成を持ちコストパフォーマンスも上々だ。メモリ規格もDDR5-4800と上位規格を採用していてパフォーマンス面でも有利だ。国内BTOメーカーでこれだけ構成の充実したゲーミングノートPCは珍しい。Core i7-12700H搭載モデルでも下位規格のDDR4-3200を搭載したモデルも多いのだ。

ハイクラスのモデルにふさわしい構成だと言える。GALLERIA ZL7C-R37THはカスタマイズができないモデルだが、これだけの構成があればカスタマイズができないことはマイナスにはならない。初期構成のままで購入できるため初心者の方でも選びやすさがある。将来性が高く価格に見合う価値のあるモデルだ。

旧モデルとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XL7C-R36HGALLERIA UL7C-R37
型番ZL7C-R37THUL7C-R37
価格279,980円(税込)269,980円(税込)
液晶サイズ16.0インチ 165Hz15.6インチ 240Hz
重量約2.15kg約1.96kg
バッテリー駆動時間約6.8時間約8.8時間
CPUCore i7-12700HCore i7-11800H
GPURTX 3070 TiRTX 3070
メモリDDR5-4800 32GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe1TB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

旧モデルであるGALLERIA UL7C-R37と比較していく。Intelとサードウェーブの共同設計モデルで今でも販売中だ。価格差は約10,000円となっている。GALLERIA UL7C-R37は15.6インチ240Hz対応モニターを搭載している。高リフレッシュレートに対応しているのはポイントだ。本体重量もGALLERIA UL7C-R37の方が10%程度軽くバッテリー駆動時間も30%程度長くなっている。

CPUは一世代前のCore i7-11800Hを搭載している。グラフィックスはRTX 3070 Mobileだ。性能的には当然GALLERIA UL7C-R37の方が上だ。CPU性能は50%以上高く、グラフィックス処理性能は10%以上高い。メモリ32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も充実している。メモリ倍増+高規格でパフォーマンスが高い。SSDもGen4対応でより高速での稼働が可能となる。ハイクラスであることと1万円の価格差を考えると最新モデルの方がよいかもしれない。

>>GALLERIA ZL7C-R37THを購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XL7C-R36HLEVEL-15FR171-i7-UASX
型番GALLERIA ZL7C-R37THLEVEL-15FR171-i7-UASX
価格279,980円(税込)279,980円(税込)
液晶サイズ16.0インチ 165Hz15.6インチ144Hz
重量約2.15kg約2.40kg
バッテリー駆動時間約6.8時間約6.1時間
CPUCore i7-12700HCore i7-12700H
GPURTX 3070 TiRTX 3070 Ti
メモリDDR5-4800 32GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

同等の構成を持つパソコン工房の「LEVEL-15FR171-i7-UASX」と比較していく。GALLERIA ZL7C-R37THが2万円安くなったことで価格が並ぶ形となった。LEVEL-15FR171-i7-UASXは、15.6インチ144Hz対応モニターを搭載している。オーソドックスな液晶モニターだと言える。本体重量はGALLERIA ZL7C-R37THよりも12%程度重い。バッテリー駆動時間はGALLERIA ZL7C-R37THの方が10%長くなっている。

CPU・GPUは共通だ。LEVEL-15FR171-i7-UASXではメモリDDR4-3200 16GBを搭載している。GALLERIA ZL7C-R37THと比べて容量半減・メモリ規格も旧世代だ。GALLERIA ZL7C-R37THは、LEVEL-15FR171-i7-UASXと比べてSSD容量も倍増だ。Gen4に対応していてより高速だ。LEVEL-15FR171-i7-UASXのメモリとストレージを揃えると+24,400円が掛かるのでいかにGALLERIA ZL7C-R37THが安いのかがわかる。

GALLERIA ZL7C-R37THの本体レビュー

本体正面

GALLERIA XL7C-R36HsyoumenゲーミングノートPCには見えないすっきりとデザインが印象的だ。16.1インチの狭額縁デザインで視認性が高い。高リフレッシュレート対応モニターを搭載していて滑らかなゲームプレイも可能だ。本体自体も薄く持ち運びも問題ない。カフェで仕事をすることもできるだろう。

キーボード

GALLERIA XL7C-R36Hkeyboardキーボードは日本語配列キーボードを搭載している。違和感なく使用できるはずだ。キーボードはコストの掛かる部分だが、ここは惜しまずに投資をした形だ。これまでのキーボードは英語配列に近くかなり癖が強かった。おそらくユーザーからも意見があったのではないかと思う。そこをしっかりと押さえてくるのはドスパラのすごさだ。

本体天板

GALLERIA XL7C-R36Htenban天板にはシルバーでGALLERIAのロゴが入っている。派手すぎないデザインが秀逸だ。

本体右側

GALLERIA XL7C-R36Hright本体右側にはThunderbolt 4、USB 3.2 Gen 1 Type-A、HDMI 2.1、電源端子が配置されている。Thunderbolt 4はPwerDeliveryに対応(100W)している。比較的I/Oパネルは充実していて実用性が高い。

本体左側

GALLERIA XL7C-R36Hleft本体左側にはセキュリティスロット、USB 3.2 Gen 2 Type-C、USB 3.2 Gen 1 Type-A、SDカードリーダー、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子が配置されている。

ACアダプター

GALLERIA XL7C-R36HbatteryACアダプタは319gとかなり軽い。従来モデルと比べても一回り小さくなっている。

>>GALLERIA ZL7C-R37THを購入<<

管理人による総評(GALLERIA ZL7C-R37TH)

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZL7C-R37THは、Core i7-12700H×RTX 3070 Ti Mobile搭載のゲーミングノートPCだ。2022年6月17日に発売された最新モデルとなっている。ハイクラスの性能を持ち高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応できる。最新のタイトルでもある程度余裕を持ってプレイ可能だ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実している。登場から時間が経ち2万円安くなったのは大きい。競合モデルと比べて高いコストパフォーマンスを誇る。

価格CPUグラボ
279,980円(税込)i7-12700HRTX3070Ti
メモリSSDHDD
DDR5 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya