galleriaattop


当記事では、GALLERIA ATのレビューと評判を解説している。第3世代のRyzenを搭載したミドルタワーのゲーミングPCだ。マルチスレッド性能が高くストリーマーの方などにおすすめしやすい一台となっている。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★☆☆☆(4K)
fortnite
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

非常に優秀なCPU性能とバランスの良いグラフィック性能を持っていて高い安定感を持つモデルだ。ただし、性能に対してメモリが8GBと容量が少なめなことと、ややCPU性能に引っ張られる形となることでこのままでは快適なゲームプレイが適わないタイトルも多くある。性能をしっかり活かすためには少し残念な点がある。メモリだけはカスタマイズして対応したい。ゲームへの対応力は非常に優秀なので性能を理解すれば扱いやすいゲーミングPCになるだろう。

GALLERIA ATのスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名AT
価格114,980円
CPURyzen 7 3700X
GPUGTX 1660 Super
メモリDDR4-2666 8GB
SSD512GB NVMe対応
HDD2TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
補足光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス★★★★★★★★★☆9.2
グラフィックボードにはGeForce GTX 1660 Super、CPUにはRyzen 7 3700Xを搭載。ミドルクラスの性能を持ったゲーミングPCと考えて良いだろう。それでも性能が高く使い勝手が良いグラフィックボードだと言える。Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を持つ。ゲーム適正で言うとIntel製CPUに軍配が上がるものの十分通用する。ゲーム配信なども得意とするCPUだ。Ryzenも第3世代まで来て魅力が増している。

構成はSSD&HDDのダブルストレージ採用で容量は十分だ。電源ユニットは500W、マザーボードのチップセットはB450となる。低価格が10,000円以上引き下げられたことでコストパフォーマンスが向上したのは大きい。

GALLERIA ATのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 Super

gtx1660superseinou

GTX 1660 Superは、ミドルクラスの中心となれる性能と価格のバランスを持つグラフィックボードだ。価格が落ち着き今後再評価されミドルクラスのフラグシップと目されるモデルとなっている。

性能はあくまでもミドルクラスで、ハイクラスに属するRyzen 7 3700Xとのバランスは良いとは言えず、CPU性能に比べるとやや物足りない性能と言わざるを得ない。もっとも、CPUがボトルネックにならない以上GTX 1660 Superの性能を活かしやすいため、ミドルクラスとしての性能は十分期待できるだろう。

Ryzen 7 3700X

Ryzen 7 3700X-seinou

Ryzen 7 3700Xは、マルチスレッド性能の高いCPUだ。ゲーム用途ではやや不安定な場面があり、i5シリーズの中堅モデルよりもスコアが下回ることもある。そのため、性能は非常に優秀であってもゲームに限っては必ずしも最強クラスのCPUではない。

特にRyzenに最適化されたゲームであってもi7-9700よりも下回るスコアや安定性を出すタイトルもあり、ゲーム面ではもう一歩と言ったところ。ただ、第2世代から比べると大きく進歩しており、Ryzenの伸びしろとも取れるため悪いことばかりではない。

総合評価

GALLERIA ATseinou

CPU性能は非常に優秀で、最新のゲームに対しても十分なスコアを出している。一方で、グラフィックボードの性能とメモリ容量が不足しており最高設定でのゲームプレイの足かせとなっている。

ミドルクラスに求められる性能を満たしたグラフィックボードという点ではCPU性能が突出し過ぎているという捉え方もできる。ゲームの推奨環境から言えばRyzen 7 3700XよりもRyzen 5 3600Xのほうがバランス良いだろう。配信者向けのモデルとして見ればベストなCPU と言えなくもない。

GALLERIA ATの特徴と強み

ストリーマー向けゲーミングPC

ゲームのみで見るとCPUとGPUのバランスが悪く、CPU性能が高いくらいの特徴しかない。そのCPUもゲームで本領発揮とは行かず、ボトルネックにならないだけマシ程度だ。GALLERIA ATは何をするにも何かが足りない性能である。しかし、ゲームの配信や動画編集に関しては同価格帯で最も適正があると言える。

Ryzen 7 3700Xはゲーム以外の用途で圧倒的な性能を発揮し、intel製CPUとは大きく性能差を広げるCPUである。そのため、ゲームに求められるバランスは無くとも配信などのゲーム以外の用途で求められる要素を満たしている。

純粋なゲーミングPCではどこかパッとしないモデルも、用途が少し異なるだけで非常に有用なモデルに変貌を遂げる。ただし、メモリは16GBにカスタマイズしておかなければ快適性が得られないので注意したい。

キャンペーンに集まる期待

GALLERIA ATは従来のモデルと比べて15,000円安くなった。これにより弱点であるメモリ8GBも許容できるようになり、カスタマイズで16GBにしてもお釣りがくる。ゲームメインに使用するにも、配信を行うにしてもメモリ容量は必ず16GBにしておきたい。16GBにすることで得ることは少ないが、8GBのままだと失うものが多すぎる。

気になるのはGALLERIA ATに適用されるキャンペーンである。この価格帯、性能帯でメモリ8GBは珍しく、GALLERIA AXシリーズの主力級の製品であることを加味すればキャンペーンで16GBへのアップグレードは十分考えられる。

もしもメモリ16GBへの無償アップグレードがあれば、現在ランキング2位のGALLERIA XTを上回るコストパフォーマンスとなり、一気に人気モデルへ駆け上るはずだ。そうなってこそ、低価格高性能のオールラウンドモデルとして一本立ちと言えるだろう。

>>>>>GALLERIA ATを購入する<<<<<

GALLERIA ATのおすすめカスタマイズ

予算に余裕がある方はここで紹介しているカスタマイズについて検討すると良いだろう。より安定したゲームプレイが可能となる。

電源ユニット

galleria atdengen
電源ユニットは、Ryzenの消費電力の高さやグラフィックボードの性能を考えるとカスタマイズの余地がある。選択肢が多く悩ましいところだ。メーカー的にはどこも知名度が高く好みで選んでしまって良い。選べないという糧ゃSILVERSTONE 750W PLATINUMがおすすめだ。品質が高く安定した電源供給を約束してくれる。

メモリ

gallleria at-memory

メモリは16GBにアップグレードしておくと良い。最近の傾向としてメモリ16GBが標準的になってきている。ゲームの負荷が上がるとメモリへの負担も大きくなる。容量に余裕をもたせておくと将来性も高くなるというわけだ。

パソコンケースレビュー

galleriazvcaseドスパラのミドルタワーは非常に評判が良いケースだ。機能性、排熱性能が高い。拡張性も高くストレージの増設にも対応することができる。特にAMD製のCPUは発熱量が多くなりがちなのでミドルタワーを採用するのは理にかなっている。設置場所にはやや気を使うものの自宅なら特に問題とはならないだろう。

関連記事:ガレリアミドルタワーのレビュー・考察

比較対象モデル

ブランド名GALLERIALEVEL∞
画像galleriaxgLEVEL-M0B6-i5F-RI
製品名ATLEVEL-M0B4-R73X-RXS
ケースミドルタワーミニタワー
価格114,980円112,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPUGTX1660 SuperGTX1660Ti
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB480GB
HDD2TB非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザボB450B450
公式公式公式

比較対象はパソコン工房のLEVEL-M0B4-R73X-RXSだ。コストパフォーマンスはGALLERIA ATのほうが高い。しかし、性能面ではGTX 1660 Ti搭載、メモリ16GB搭載のためLEVEL-M0B4-R73X-RXSのほうが優れている。
構成はGALLERIA AT、性能はLEVEL-M0B4-R73X-RXSが上である。メモリとグラフィックボードが上回っていて価格は2,000円安い。構成で劣ってはいてもLEVEL-M0B4-R73X-RXSの方が選びやすいのではないだろうか。

GALLERIA ATはキャンペーンが適用されておらず、まだ本領を発揮しているとは言い難い。そのため、キャンペーンが適用されるまでの間はLEVEL-M0B4-R73X-RXSをおすすめしたい。構成は後から足すことはできても性能に関する部分は交換対応となり、かかる費用が高く交換したパーツが余ってしまい無駄になる。そういった観点から見て、LEVEL-M0B4-R73X-RXSの方がそのまま使用できるので選びやすいと言えるだろう。

管理人による総評(GALLERIA AT)

galleriaxg

GALLERIA ATは、性能が高くミドルクラスとしての地位を確立したゲーミングPCだ。グラフィックボードにはGTX 1660 Superを搭載、CPUにはRyzen 7 3700Xを搭載している。CPU性能がやや高くバランスは最適とは言えないもののゲームプレイだけではなく3Dアプリケーションの使用もお手の物だ。使用する人を選ばず使い勝手の良いモデルだと言える。

Ryzen 7 3700Xは8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高い。このCPU性能を考えるとGTX 1660 Superだと少しバランスが悪い。最もゲームプレイにおいてデメリットとなることはないだろう。過去の経緯を考えると今後GALLERIA ATにもキャンペーンが適用されるはずだ。単体価格の高いGTX 1660 Tiと同じ価格というのは納得がいかない。キャンペーンが始まった時にこのモデルの真価が問われる。

価格CPUグラボ
114,980円Ryzen 7 3700XGTX1660Super
メモリSSDHDD
DDR4 8GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA ATを販売しているショップとなる。ドスパラはBTOショップNo.1の人気ショップで多くのユーザーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る