GALLERIA XA7R-R70Stop


当記事では、GALLERIA XA7R-R70Sのレビューをしている。RTX 2070 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。GALLERIA AXFの後継モデルだ。2万円の値引き実施でコストパフォーマンス急上昇中の注目モデルとなっている。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-R70Sの意味は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R70S=RTX 2070 SUPERということだ。型番を分解すればモデルの性能がわかる仕組みになっている。

GALLERIA XA7R-R70Sのスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7R-R70S
価格Windows 10 / 139,980円
CPURyezn 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★★★★★☆☆7.5

>>GALLERIA XA7R-R70Sを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-R70Sのゲーミング性能

GeForce RTX 2070 SUPER(GPU)

rtx2070superseinou

RTX 2070 SUPERは、最も人気の高いGPUの一つだ。抑えられた価格と高い性能で評価では満足度はトップとなっている。フルHD+高リフレッシュレートでのゲームプレイに最適だと言える。WQHD以上の高解像度にもゲームタイトルによっては対応可能だ。

ゲームを快適にプレイする上で、RTX 2070 SUPERは一つの壁である。多くのユーザーが理想とする性能だ。選択して後悔するようなことはないだろう。従来のGTX 1080とGTX 1080 Tiの中間的な性能なので、フルHD環境での性能不足は考えにくい。

Ryzen 7 3700X(CPU)

Ryzen 7 3700X-seinou

Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドとマルチコア性能の高いCPUだ。非常に高いCPU性能はi7-10700Kを上回る。ゲーム性能ではCore i5-10600Kより低くなる場面が目立つが、RTX 2070 SUPERの性能を活かせるのでゲーム性能が著しく低いわけではない。ゲーム以外の性能に特化したCPUである。幅広くオールラウンドに何でもこなせる。ゲーム以外にも重きを置くならRyzen 7 3700Xはおすすめしたい。

総合性能

GALLERIA XA7R-R70Sseinou

Ryzen 7 3700XとRTX 2070 SUPERを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。Ryzen 7 3700Xのゲーム性能はそこまで高くないことは理解しておこう。動画配信などゲーム以外の用途では非常に高いパフォーマンスを発揮する。Intel Core i第10世代にも劣らないマルチコア性能は現在のゲーミングPCを先取りしたかのような性能である。

今はゲームをプレイするだけではなく、動画の撮影や配信も一般的な用途になりつつある。Intelは最新世代でようやく対応したのに対して、Ryzenはいち早く対応できていた。この点においては非常に優れたCPUと言える。一方で、ゲーム性能の高いIntel製CPUで対応できるようになったことで有用性は薄くなった。RTX 2070 SUPERとの組み合わせもベストバランスとは言いにくい。

ゲームをプレイするためのゲーミングPCというよりは、何にでも対応できるオールラウンドなモデルだ。そのため、ゲームを中心とするユーザーには扱いにくい性能でもある。配信やクリエイティブな用途も想定しているなら性能を上手く活かせる。Intel製CPU搭載モデルと差別化は成されている。それだけに、ユーザーを選ぶモデルなのでその点は留意してもらいたい。

>>GALLERIA XA7R-R70Sを購入<<

GALLERIA ZA7C-R80Sの概要&特徴

合計2万円の値引きでコスパ急上昇

GALLERIA XA7R-R70Sは税抜159,980円へ1万円の値引きが行われた。それからあまり時間を経てずにさらに1万円引きを敢行し、一躍トップモデルへと駆け上がったモデルと言える。合計2万円となる値引きは評価を大幅に向上させた。RTX 30シリーズ登場でRTX 20シリーズ全般の価格が落ちていることで、コストパフォーマンスは少し高い程度に留まる。

GPUの価格が不安定であることがコストパフォーマンスを下げているだけで、GALLERIA XA7R-R70Sは非常に優秀である。Ryzen 7 3700XとRTX 2070 SUPER搭載で税抜139,980円は最安値クラスだ。元々価格を抑えていたモデルなだけに、2万円引きは大きな後押しだ。ドスパラランキング1位となったからには、こういったキャンペーン等の値引きは期待していた。

時期は少し早く感じるものの、期待通りの価格を実現している。11月に登場予定の第4世代のRyzenシリーズ登場を前に値引きを行った。それはつまり、第4世代登場後もこの価格を基本に考えるべきモデルということだ。前評判では第4世代のRyzenシリーズは第3世代を上回りながらも、性能の伸びは今ひとつのようだ。

これまでのAMDの動きから見て、これほど消極的なアピールとなったのなら現実味を帯びている。旧製品となるモデルを新製品登場目前に購入することに抵抗はあるかもしれない。しかし、性能や価格から見てもマイナスになることはない。次世代の同等製品よりも安価に選択できるはずだ。

トップモデルを駆け上ったGALLERIA XA7R-R70Sは価格という最強の武器を手にした。次世代のCPUとGPUがほぼ同時期に登場するが、価格できっちり差を示すことができる。選んで失敗することのない旧世代モデルにデメリットはない。

ライバルを引き離して最強モデルの仲間入り

GALLERIA XA7R-R70Sは、価格帯・性能帯で最強のゲーミングPCである。RTX 2080 SUPER搭載モデルが15万円台に迫っている中、14万円台では厳しかった。それが13万円台になったのなら、価格差的にRTX 2080 SUPER搭載モデルを寄せ付けない。それと同時に、Ryzen 7 3700XとRTX 2070 SUPERを組み合わせたモデルの中でも最強モデルとなった。

次点のモデルとの差はほとんどないので油断はできない。ただし、事ここに至るとその微差は大差となる。それは新製品登場までの期間が残り少ないことにある。これ以上の値下げは下位モデルに影響があるので考えにくい。大きな変化があるとすれば、RTX 2070 SUPERやRyzen 7 3700Xが市場から消えるタイミングだ。奇しくも、どちらの製品も消えるタイミングは同時期になる可能性が高い。

そしてそれはそう遠くない日に起こる。時期的なズレはあるが、今回の値引きは市場から消える前の最後の値引きと言えなくもない。結果的に最終局面となった今、僅かな差をつけたことが最強モデルを決定づけた。Ryzen 7 3700X、RTX 2070 SUPERのどちらもコストパフォーマンスに長けた製品だ。そのメリットを最大限に活かしているのは間違いなく今だ。

人気のハイクラス最強モデルは、その世代で最強のゲーミングPCとも言える。GALLERIA人気No1モデルは伊達ではない。これまでのGALLERIA XA7R-R70Sが1位なのは疑問だった。しかし、価格を下げた今の姿なら納得だ。ドスパラ製品が最強モデルから陥落して少し間が空いたが、しっかり返り咲いた。ただ、ドスパラ製品はいつの間にか価格が元に戻ることも多い。選択する際は税抜139,980円であることを確認してから選択してほしい。

>>GALLERIA XA7R-R70Sを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)LEVEL-M049-iX7-RWS
製品名XA7R-R70SLEVEL-M0B4-R73X-RWR
価格139,980円139,980円
CPURyzen 7 3700XRyzen 7 3700X
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB240GB
HDD非搭載1TB
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザーボードB550B450
公式公式公式
比較対象はパソコン工房のLEVEL-M0B4-R73X-RWRだ。同じ性能と価格を持つモデルで、構成の差で僅かにGALLERIA XA7R-R70Sが上回っている。ストレージ構成は用途による。SATA SSD 240GBをどう評価するかだ。ここまで容量が少ないと利便性でNVMe 512GBに分がある。ゲーム以外の用途を想定するならHDD 1TBは重要だ。

総合的な評価では同等というのが妥当か。電源容量は僅かながらLEVEL-M0B4-R73X-RWRの方が大きい。体感できる差も価格差もないのでここも好みである。チップセットは最新のB550を搭載している点でGALLERIA XA7R-R70Sだ。総合的に見て、ゲームも作業もしやすいストレージと最新のチップセットを搭載でGALLERIA XA7R-R70Sに分があるだろう。

LEVEL-M0B4-R73X-RWRはこれまで最安値モデルという強みを武器にしていた。価格で並ぶ製品の登場で最安値モデル、最強モデルともに陥落してしまった。最終的にGALLERIA XA7R-R70Sに軍配が上がるまさかの展開だ。今は間違いなくGALLERIA XA7R-R70Sがおすすめである。

>>GALLERIA XA7R-R70Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA ZA7C-R80S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led
お城へのゲートのような配置でLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。ユーザーのことを追求した結果この形になったということだ。

右サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-right本体サイドには吸気口が見える。右側はシンプルだ。ガンメタリックの本体によって質感の高さが伺える。これだけキレイだと傷がついたら悲しくなってしまうだろう。

左サイド

GALLERIA ZA7C-R80S-left
クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

背面パネル

GALLERIA ZA7C-R80Sback
背面パネルはオーソドックスなものだ。背面にはUSB2.0 x2、USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2) 、USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)が配置されている。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R70S)

GALLERIA XA7C-R70S

GALLERIA XA7R-R70Sは、RTX 2070 SUPER×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。ゲーミング性能は高く高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応できる。動画配信などにも対応できるポテンシャルの高さはRyzen 7 3700Xの強みだ。

構成も充実していてメモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応となっている。値引きが適用となりRTX 20シリーズの相場が下落傾向にある今でも評価は高い。今すぐゲーミングPCが欲しいなら比較対象モデルと合わせてチェックするとよいだろう。

価格CPUグラボ
139,980円Ryzen 7 3700XRTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya