GALLERIA RM5C-G50top


当記事では、GALLERIA RM5C-G50 ネフライトコラボモデルのレビューとスペックの解説を行っている。GTX 1650×Core i5-11400を搭載したゲーミングPCだ。各BTOメーカーで在庫状況が不安定なGTX 1650を搭載しているのは魅力的だ。ゲーミング性能はそれほど高くないが、価格が抑えられているため製品として悪くはない。ただ、友人や家族にこのモデルを勧めるかと言われれば否だ。比較対象モデルをチェックして欲しい。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-G50という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-G50」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-11400、G50=GTX 1650ということだ。

GALLERIA RM5C-G50のスペック

GALLERIA RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-G50 ネフライトコラボモデル
価格Windows 10 / 119,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★★☆☆☆☆6.2

>>GALLERIA RM5C-G50を購入<<

GALLERIA RM5C-G50の各タイトル対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-G50の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce GTX 1650(GPU)

gtx1650seinou

当該モデルに採用されているGTX 1650は、エントリークラスのグラフィックボードだ。前世代のGTX 1050 Tiよりも30%程度性能が高くGTX 1060 6GBに匹敵するパフォーマンスを持っている。価格を考えると十分な性能を持っていると考えて良い。

ただし、最新のゲームにも余裕で対応できるというわけではなく設定調整が前提となる。少し前のタイトルであればある程度対応することが可能だ。過度な期待をしなければ十分通用するモデルだと言える。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、Intel第11世代におけるミドルクラスのCPUとなっている。動画編集・画像編集・WEBデザインなどでも通常の使用なら問題がない。重さを感じてしまうならCore i7シリーズ以上を選択するとよいだろう。

ゲーム用途を考えるなら最低でもこのクラスのCPUを選択しておくべきだろう。二世代前のCore i7-8700Kに近い性能を持っているのは時代の進化を感じさせてくれる。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことで総合性能も向上している。従来のCore i5シリーズの常識は通じなくなっているのは喜ばしいところだ。

総合性能

GALLERIA RM5C-G50seinou

GALLERIA RM5C-G50は現行最低限と言える性能を持つゲーミングPCだ。設定を大幅に下げることで多くのゲームタイトルを快適にプレイすることができる。設定さえ下げれば144Hzで安定させられるゲームタイトルも存在する。Apex LegendsやフォートナイトはフルHDなら144Hzでプレイできる。ただし、フルHDを超える解像度への対応力は非常に低い。ゲーム以外では可能でも、ゲームでは負荷が大きくカクつくようになる。最低設定にすればまだ動作はするが、最低設定の高解像度には魅力はない。フルHDを中心とし、場合によってはフルHDを下回る解像度も視野に入れておきたい。

>>GALLERIA RM5C-G50を購入<<

GALLERIA RM5C-G50の特徴まとめ

おすすめ度の低いコラボモデル

GALLERIA RM5C-G50は、2020年11月には販売が終了していた。そのような状況でもネフライトコラボレーションモデルだけは現在もリニューアルされて販売が継続されている。そのため、GALLERIA RM5C-G50はネフライトコラボレーションモデルに置き換えて掲載している。多くのショップがGTX 1650の供給不足で取り扱いを中断している中、貴重なGTX 1650搭載モデルだ。

それ自体に何のメリットもないので、単に今は少し珍しいモデルという程度に見ておきたい。第11世代の最新CPUとチップセットを採用しているので少し評価は高めである。ただし、コストパフォーマンスの評価とは裏腹に、おすすめ度は低いので注意してもらいたい。今は珍しいとは言えど、GTX 1650の性能や価値が向上するわけではない。

GTX 1650の代替モデルにGTX 1660がある。性能で上回るGTX 1660搭載モデルに近い価格帯だ。それならGTX 1650をあえて選択するメリットがない。何を目的とするかでおすすめ度は変わる。ゲーミングPCであるGALLERIA RM5C-G50をゲーム以外の用途で使うなら話は別だ。

しかし、ゲームで使用するなら他のモデルを視野に入れたい。GTX 1650搭載モデルは予算をとにかく抑えたいユーザー向けだ。ゲームをプレイするなら、ゲーム性能で上回る他のモデルを推奨する。今のGALLERIA RM5C-G50は誰にとってもおすすめしにくいモデルだ。候補に入れているなら比較の項目で比較対象となるモデルを確認してほしい。

モデル自体は決して悪くない

GALLERIA RM5C-G50はおすすめ度こそ低いものの、モデルとしては特別悪いわけではない。それはコストパフォーマンスの評価からも分かるはずだ。GTX 1660搭載モデルがロークラスの中心になったことで、価格帯が少し合わないだけだ。最新のCPUとチップセットを搭載していることを考えれば、価格もそこまで的外れというわけではない。

ただ、上位モデルと干渉してしまうため、どうしてもおすすめしにくいモデルになってしまうのだ。GTX 1650は上位GPU搭載モデルに対して、確実に価格でアドバンテージを取らなければならない。そうでなければ選択する意味がないからだ。性能を抑えて価格も抑えることがGTX 1650搭載モデルの魅力である。GALLERIA RM5C-G50は性能をギリギリまで求めてしまったことで、価格を抑えきれていない。

結果として上位モデルであるGTX 1660搭載モデルよりも価格が高く、おすすめしにくい状況となった。それでも性能を求めた結果、CPU性能だけは上位モデルに上回ることもある。ゲームを中心とするならGPU性能が下がるのはデメリットだが、ゲーム以外ならメリットにもなり得る。

方向性を間違えているとは言い難い。GTX 1650搭載モデルとして目指した形がニーズに合いにくいだけのことだ。もう少し価格が落ち着けば一気に台頭することもあるかもしれない。GTX 1650搭載モデルこそ、第10世代のCore i5と組み合わせる方が強みとなる。ここからの変化を楽しみにしながら、コラボレーションモデルではない通常モデルの再登場を待ちたい。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-G50RM5C-G50-300x300
画像RM5C-G50RM5C-G60
ケースミニタワーミニタワー
価格119,980円(税込)109,980円(税込)
CPUCore i5-11400Core i5-10400
GPUGTX 1650GTX 1660
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザボB560B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALERIA RM5C-G60だ。CPU性能とメモリ規格は落ちるものの、GPU性能は2ランクアップのGTX 1660搭載だ。それでいて価格は1万円安い。GALLERIA RM5C-G50はCPU性能で上回るが、GPU性能で下回るのでゲーム性能ではリードを許す格好だ。ゲームを中心とした用途を想定するならGALERIA RM5C-G60をおすすめする。

特に予算を抑える目的があるならGALERIA RM5C-G60の方が適している。GALLERIA RM5C-G50はもう少し価格が下がらなければおすすめできない。少なくともGALERIA RM5C-G60よりも安くなって初めて対等だ。12,000円以上の値引きが来るまではGALERIA RM5C-G60をおすすめする。

>>GALLERIA RM5C-G50を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50
ドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right
右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left
左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back
背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA-RM5C-G50-iopanel
前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-G50)

GALLERIA RM5C-G50

GALLERIA RM5C-G50 ネフライトコラボモデルは、GTX 1650×i5-11400を搭載したゲーミングPCだ。ドスパラの新しいミニタワーケースを採用して登場した。従来モデルのGALLERIA DHと比べてCPUが強化されさらにメモリ容量も倍増となっている。欲を言えばCPU性能を落として価格をもっと追求して欲しかった。

エントリークラスのモデルでゲーミング性能は高いとは言えず必要最低限にとどまる。ゲーム用途よりもビジネス用途で活かせるモデルと言えるかもしれない。もっとも比較対象モデルと比べると魅力に乏しい。価格が下がるかグラフィックボードのアップグレードがない限り評価は平凡だ。

価格CPUグラボ
119,980円(税込)Core i5-11400GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-G50 ネフライトコラボモデルを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。