galleriadhgtx1650


当記事では、GALLERIA DH GTX1650搭載のレビューと評判を解説している。GTX1650を搭載したエントリークラス(性能的にはミドルクラス)のゲーミングPCだ。価格が安いため気になっている方も多いだろう。

エントリークラスのモデルについては、価格だけではもちろん性能を理解しておくことが大切だ。どの程度のゲームプレイが可能なのかを理解しておこう。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

50番台のグラフィックボードとしては性能が高いが、全体で見るとそこまででもない。それでも設定次第でプレイできるゲームの幅は増えるため、従来のミドルクラスに匹敵するパフォーマンスである。あまり性能に過信しないのが得策だ。

GALLERIA DH GTX1650搭載のスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名DH GTX1650搭載
価格89,980円
(送料・税込99,338円)
CPUCore i5-9400F
GPUGeForce GTX1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源400W BRONZE
(500W BRONZE)
マザーボードチップセットH310
補足光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス★★★☆☆☆☆☆☆☆3.0
GTX1650を搭載した一台だ。コストパフォーマンスが3.0と相対的に見るとそれほど魅力的なモデルではない。それは比較モデルであるGALLERIA RH5と比べるとわかりやすい。価格が安い上に構成も充実しているのだから仕方がない。それでも税込み10万円以下の価格設定は魅力だろう。CPUにはCore i5-9400Fを搭載していてゲーミング性能に不足はなし。メモリ8GB、HDD 1TBとなっている。必要最低限といったところだろうか。

GALLERIA DH GTX1650搭載の特徴と強み

コストパフォーマンスは低いが実用性は高い

当該モデルは、高望みしなければ十分なパフォーマンスを発揮することの出来るゲーミングPCという評価だ。しかし、構成面が劣ることからコストパフォーマンスは高くない。低価格帯はどうしても構成が乏しくなり、控えめな装備と控えめな性能となってしまう。

新登場のGTX1650は価格をGTX1050並に抑えつつGTX1050Tiと同等以上のパフォーマンスを発揮する。性能的に十分通用するので購入して後悔することはない。この価格であるならば、コストパフォーマンスにある程度目を瞑って選択してしまうのもありだろう。税込10万円を切る価格の中ではおすすめしやすいモデルだと言える。

他製品の動向に注意が必要

GTX1650搭載モデルは低価格帯となるゲーミングPCだ。それだけに、僅かな構成の違いや価格の違いで評価を大きく変化させる。GALLERIA DHは確かに選びやすいモデルだが、過去の傾向的にキャンペーン内容に期待はしにくい。

2,000円引きが適用されるかどうかと言ったところだろう。それだけに、他製品とよく吟味する必要がある。同じGALLERIAシリーズでも同価格帯で評価の高いモデルも存在しているため要チェックだ。

>>>>>GALLERIA DH GTX1650搭載を購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
製品名DHRH5
画像galleriadhtop-1galleriadhtop-1
ケースミニタワーミニタワー
価格89,980円84,445円
CPUi5-9400FRyzen5 2600
GPUGTX1650GTX1650
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2400 8GB
SSD非搭載非搭載
(240GB)
HDD1TB1TB
電源400W BRONZE
(500W BRONZE)
400W BRONZE
(500W BRONZE)
マザボH310B350
公式公式公式
チェックポイント!!

同等の性能を持ち、SSD追加のキャンペーンが適用されるGALLERIA RH5はこの価格帯屈指のモデルだ。Intel製CPUかAMD製CPUかの違いで、好みの選択で良いが構成は時期によってGALLERIA RH5が上回る。その時のコストパフォーマンスはGALLERIA DHを上回るため要チェックだ。

この性能帯と価格帯であれば、GALLERIA RH5のほうが汎用性が高いように感じる。得意不得意はあるもののRyzen5 2600の評価は上々だ。価格も少し安いこともあってGALLERIA DHよりRH5のほうがリードしていると言えるだろう。

>>>>>GALLERIA DH GTX1650搭載を購入する<<<<<

GALLERIA DH GTX1650搭載のケース紹介

フロント部分

ガレリアDTフロント

フロントパネルにはUSB差込口が2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、音源入出力等がありオーソドックスな形だ。

コンパクトなミニタワーにしては豪華なパネルで、ガレリアのミドルタワーをそのままミニタワー化したようなパネル。大きさは幅18.5cm 奥行き39.5cm 高さ37cmとなっている。

内部リア

ガレリアDT内部リア

背面には排熱性能の良い大き目のメッシュにファンが搭載されており、フロントから吸気し、そのままリア部分に流れるようになっている。この構造はミニタワーによくあるタイプだ。

排熱性能は高くそれこそがドスパラの「GALLERIA」の特徴とも言える。基本に忠実でありながら、考えられた設計でミニタワーながら安定感は高い。拡張性もあり

本体左側面

ガレリアDT内部

ミニタワー独特のスペースで、スペースに余裕は無いながらも排熱効率はしっかりしている。増設などを行わないのであれば特に問題ないが、熱がこもりすぎるのであればファンの増設も行っておきたい。拡張スロットはPCI Express x4の1つとPCIの1つ空きがある。

また、拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるのである程度の増設には対応できそうだ。構成に満足できて、増設を考えていないのであればしっかりとよくまとまっていると思う。

管理人による総評

GALLERIA DH GTX1650搭載の製品レビューを行った。性能面では十分なゲーミングパフォーマンスを持っている。GTX1650は、型番的にはエントリークラスだが性能的にはミドルクラスに匹敵する。CPUについてもコスパの高いCore i5-9400Fを搭載し不足はない。ミドルクラスのグラフィックボードとの相性も問題なしだ。

つまり、性能だけを考えるだけなら問題はない。しかしながら、比較対象モデルとして構成面が劣るためあえて選択する必要はないかもしれない。GALLERIA RH5などAMD Ryzen搭載モデルは要チェックとなる。低価格帯においては、Intel製よりもコストパフォーマンスが高くなることが多いからだ。

>>>>>GALLERIA DH GTX1650搭載を購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA DH GTX1650搭載を販売しているショップとなる。ドスパラはBTOショップNo.1の人気ショップで多くのユーザーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る