GALLERIA DJtop


当記事では、ガレリアDJのレビューと評判をまとめている。GALLERIA DJは比較的安価なモデルとなっているため人気は高い。低価格帯のモデルはどうしてもコスパが悪くなってしまうがそこは仕方ないと割り切ることが大切だ。比較対象モデルと十分吟味しよう。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
fortnite
★★★★★(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ライトミドルな性能で多くのゲームに対応することができる。高解像度や高リフレッシュレートなどを想定していなければ十分なパフォーマンスが期待できる。負荷の高いゲームや最新のゲームには少し不安は残るものの、設定次第で対応できる範囲だろう。予算を抑えた王道な構成は、ゲームを快適にプレイできればいいというストイックなユーザーに適している。

GALLERIA DJスペック

ブランド名GALLERIA
製品名DJ
価格Windows 10/94,980円
CPUCore i5-9400F
GPUGeForce GTX1660 6GB
メモリDDR4-2666 8GB
SSD非搭載
(キャンペーン時240GB)
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットH310
コストパフォーマンス通常時
★★☆☆☆☆☆☆☆☆2.1

キャンペーン時
★★★★★☆☆☆☆☆4.7

GALLERIA DJのゲーミングパフォーマンス

GeForce GTX 1660(グラフィックボード)

sa2-e-sports-gtx1660

前世代のGTX 1060シリーズを超える性能と、同じくらいの価格のグラフィックボード。前世代、現行含めてミドルクラスを代表するグラフィックボード。ややコストパフォーマンス寄りの性能であるため、高設定や高解像度には適していない。フルHD環境で運用するための性能にまとめられている。

Core i5-9400F(CPU)

i5-9400seinou

i5シリーズでは比較的控えめな性能で、その分価格もしっかり抑えられているためコストパフォーマンスを重視した低価格モデルに適している。標準設定であれば多くのゲームの推奨環境をクリアできることもあり人気の高いCPUだ。

総合性能

GALLERIA DJseinou

高解像度、高グラフィック、高リフレッシュレートを求めなければ十分快適にゲームをプレイできる性能と言える。ただし、最新のゲームやこれから登場してくるゲームへの対応力はやや低いため、モデルとしての寿命はそこまで長くない。特にCPUの性能に不安があるため、CPU負荷の高いゲームでは極力設定を下げる等して対策していきたい。

GALLERIA DJの特徴&強み

キャンペーンに期待しにくいモデル

現在GALLERIA DJはSSD 240 GBが無償で追加されている以外でのキャンペーンがない。GALLERIA DJの弱点を上手くカバーするキャンペーンではある。しかし、コストパフォーマンスを根本的に改善できるようなものではない。

できることなら値引きが理想的だ。特に低価格帯は様々な性能を持つモデルが入り混じっており、少しの差で劣ってしまうことで圧倒的な差として現れてしまう。GTX 1660搭載モデルとしてみれば安価な部類に入るGALLERIA DJも最安値モデルとは言えず、かと言って充実した構成を持つモデルでもない。妥当で平凡なモデルである以上、大きな変化が無ければおすすめするのは難しいだろう。

期待を見事に裏切ったGALLERIA DJ

リニューアル当初は無償でSSD追加のキャンペーンでひときわ目立った存在だった。コストパフォーマンスも中々のもので、これまでGALLERIA DTの引き立て役に回っていたモデル遂に独立を果たしたと思ったものだ。

しかし、それから何の変化も無いまま時間だけが経過し、他製品を始め多くの製品が値下げや高性能充実を図っていった。そして評価も次第に落ちていき、結果半年以上経った今も登場時のままで放置されているような形だ。これからGALLERIA DJは低価格帯を盛り上げるモデルになるという期待は見事に裏切られた。

やはりDシリーズの役目はこれまでと何も変わらないのだろうか。低価格帯である以上比較対象との差はほんの僅かである。その僅かの差が大きく出るのもまた低価格帯のモデルの特徴だ。比較対象と吟味し、慎重に選んでもらいたい。

>>>>>ガレリアDJを購入する<<<<<

比較対象モデル紹介

ブランドGALLERIASTORM
画像galleriadhtop-1PG-UR-2
製品名DJPG-UR
ケースミニミドル
価格94,980円96,182円
CPUi5-9400Fi5-9400F
GPUGTX1660GTX1660
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
SSD非搭載
(240GB)
NVMe 250GB
HDD1TB2TB
電源500W BRONZE750W GOLD
マザボH310B365
公式公式公式
比較に登場するのはSTORMのPG-URだ。価格差は2,000円高い程度。GALLERIA DJの場合、消費税と送料合わせて106,678円、PG-URは消費税と送料合わせて105,800円で実質PG-URのほうが安い。

更にPG-URはGALLERIA DJに比べてHDD容量とSSD規格で上回り、電源は安定感抜群の750W GOLD、チップセットはB365にアップグレードだ。また、STORMはカスタマイズ費用が安価であるため、カスタマイズの自由度も高い。これらの要素から、GALLERIA DJよりPG-URのほうがおすすめである。

ガレリアDJパソコンケースレビュー

galleriaminitower
当該モデルではガレリアの人気ミニタワーが採用されている。光学ドライブが標準搭載となっているのは嬉しい。機能性も高く、I/Oパネルも非常に使いやすくなっている点は評価できる。

管理人の総評

フルHD環境で快適にゲームプレイができる

ゲームを快適にプレイするために必要な性能を持ちながら、価格をそれなりに抑えたモデル。比較モデルに優秀なモデルが揃っているため存在感は薄いが、優秀なモデルである。税抜き10万円以下のモデルで、ここまでの性能を持つようになるとは時代を感じる。

フルHD環境であれば、設定次第でゲームプレイで困ることはない。予算を抑えたいユーザー向きであり、万人受けするものではない。特に、高い性能を求めるユーザーにとっては選択肢から外れるだろう。現行モデルの中では平均的な評価と性能を持つモデルに過ぎない。

高解像度には対応出来ず、最高設定でのゲームプレイが厳しいものもある。グラフィックにこだわらず、快適性を重視するユーザー向き。そうは言っても、この価格帯であれば選択肢はそう多くない。予算上、この価格帯で選ぶしかなければ一考の価値はある。逆に言えば予算に余裕があるならば選ぶメリットは無い。

今後に期待のできる新生GALLERIA DJ

モデルがモデルなだけに大幅な値引きや充実したキャンペーンが展開されることはないだろう。つまり、SSDが無償搭載されている今が最上の状態と言える。もしかするとSSD容量の拡張が来たり、少しの値引きはあるかもしれない。そういう意味では今後に期待の持てるモデルだろう。

GALLERIA DJが税込み10万円を切るようなことがあれば一気に評価は高まるだろう。その頃には上位モデルのGALLERIA DTがどうなっているかによるが、一躍注目を集めるモデルへ変貌するはず。今まで陽の当たらないモデル、下位互換、引き立て役、踏み台と散々な評価だった。今回ようやくひとつのモデルとして選択肢に入るまでになった。

>>>>>ガレリアDJを購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ガレリアDJを販売しているショップだ。低価格帯に非常に強いガレリアブランドは必見だ。知名度抜群でゲーマーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る