GALLERIA DS


当記事では、低価格ゲーミングPCの代表格であるGALLERIA DSのレビューをしている。残念ながら現時点でそれほどおすすめできるモデルではない。購入検討中の方は記事を読んでから決めても遅くはないだろう。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★☆☆☆
kurosabakutop
★★☆☆☆
ff14suisyou
★★☆☆☆
fortnite
★★★☆☆★★☆☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

全体的に設定は下げる必要がある。特に新しい部類のゲームに置いてはほぼ必須となっている。PUBGなどの場合は低設定だけではなく解像度を下げることも視野に入れておいたほうが良いだろう。

GALLERIA DSスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名DS
価格Windows 10/82,980円
(送料・税込91,778円)
CPUCore i5-8500
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4-2666 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源400W BRONZE
マザーボードチップセットH310
コストパフォーマンス★★★★★☆☆☆☆☆4.7
ここをチェック!!

税抜き8万円代のゲーミングPCだ。性能的にはゲーミングPCと呼ぶのはやや苦しいかもしれない。CPUはCore i5-9400F、GPUはGTX1050を搭載、メモリDDR4 8GB、HDD 1TB、電源 400W BRONZEとなっている。マザーボードには価格の安いH310を採用。SSDを非搭載にするなど徹底したコストカットが行われている。ゲームはたまにしかしないという方向けかもしれない。

>>>GALLERIA DSを購入する<<<

GALLERIA DSの特徴まとめ

税込み91,778円の低価格モデル

i5-9400Fを搭載したことで、従来と比べて価格が更に安くなった。グラフィックボードにはロークラスのGTX1050を搭載。この価格帯としては非常に優秀なコストパフォーマンスを持つモデルであり、評価はまずまず。ただ、性能自体は高くなく、構成も最低限であるためおすすめとは言い難い。予算的にこれしか選択できなくて選択するというのは非推奨。

低価格、低構成、低性能の3低であり、初心者よりも性能をよく理解している中級者以上向けのモデルだ。決して価格に釣られて選択してしまうのだけは避けて欲しい。多くのゲームに求められるギリギリの性能は、最新のゲーム等に対応するには難しい。確かに安いが魅力をそこに絞ってしまうと重要な部分を見落としてしまう。このモデルの性能は価格相応であるため、ゲーミングPCとしては本当に最低限だ。

最低限必要な性能を持つ

ゲーミングPCとしては抑えめな価格と性能を持っており、それぞれがメリットとデメリットになる。デメリットとなる性能については、性能をよく理解していればデメリットにならない。GALLERIA DSを用いて最新のゲームを快適にプレイするのでなければ問題はない。

ゲームに対して、利便性についてどこまで妥協できるかがポイントである。チップセットは標準のままでは大きなマイナスにならない。グラフィックボードは性能は控えめだがロークラスをしっかり支えるだけはあり、設定を下げることで対応できるゲームも増える。

予算にもう少し余裕がある状態で、価格の安さに釣られて選択してはいけない。ゲームを快適にプレイするために必要な最低限の性能をクリアしているか微妙なところ。予算に限りのある学生などにはおすすめできるが、ゲームをプレイするためには設定を大きく下げる必要がある。

削りに削った構成

従来との変更点はCPUがi5-8500→i5-9400Fになっている点と電源容量が500Wから400Wへカットされている点だ。その恩恵で価格が7,000円安くなっているため、単純にデメリットとは言いにくく良い変化だと言えるだろう。必要最低限に絞った構成になっている。この価格と性能のためだと考えれば十分に納得のいくものだろう。この価格にしては優秀だが、やはり性能が気になるのでおすすめはしない。

このモデルの購入を検討している方は容量的にも複数のゲームをプレイするのは厳しいのでHDDの増設やカスタマイズ、外付け等で対応したほうが良い。もしも流用するHDD等が無ければ、結局GALLERIA DHと同じくらいの値段に、いやそれ以上になってしまう。性能はお世辞にも高いと言えないが、それ以上に構成の乏しさが厳しい。

ゲームだけではなく、アプリケーションを保存するにも容量はかかる。標準のままでは動画や写真も厳しい可能性が高い。増設しなければゲーミングPCとしての役目を全うできない可能性も浮上してきた。GALLERIA DSにこれ以上コストをかけるなら、上位モデルを選択したほうが賢明だ。

それでも9万円弱の価格であるにも関わらずここまで性能を出せるのは現時点でこのモデルくらいだと言える。少し前の12万円ほどのモデルと同等のパフォーマンスだ。パワーアップした新製品だということは疑いの余地がない。十分ミドルクラスとしての性能を持っている。これは、少し前では考えられなかったことだ。VRや4K解像度のような技術には対応できないが、フルHD環境であれば多くのゲームに対応することが出来ると考えて良い。

>>>GALLERIA DSを購入する<<<

対応ゲーム

galleriadstitle
高望みしなければゲームプレイは可能である。画質設定を下げることがほぼ必須となるが、グラフィック設定を下げることが推奨されるようなゲームも多いため、気にならないこともある。一部のゲームは推奨環境を満たさない場合もあるが、基本無料系のゲームには概ね対応することができる。特にCPUが第8世代となったことで、i5の性能は大きく向上している。

これによりCPU負荷に関しては余裕を持って対応することが可能となった。評価自体は平凡だが、ゲームをプレイする性能は一応備わっているそれこそ、ほとんどのゲームをプレイすることが可能で、最低設定に近づければ新しいゲームでもそれなりに動作する。もう少し価格が安ければ低価格帯のゲーミングPCとして主役を張れたかもしれない。

いや、既に従来モデルは低価格帯のモデルとして存在していたことを考えると返り咲けるチャンスはある。基本無料のオンラインゲームであれば大体プレイ可能だ。また、MOBA系のゲームや、対戦形式のFPSには対応できる。ただ、MMORPGでは厳しい場面が多くなる。場合によってはfpsが50を切ることもあるだろう。設定次第と言いたいところだ。

>>>GALLERIA DSを購入する<<<

GALLERIA DSパソコンケースレビュー

galleriaminitower
DSで採用されているガレリアのミニタワーには光学ドライブが標準搭載となっている。コンパクトでありながら、機能性も高い人気のケースだ。詳細は下記記事を参考にして欲しい。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIANEXTGEAR-MGALLERIA
製品名DSam550BA1-TDDH
価格82,980円94,800円87,980円
CPUi5-9400FRyzen5 2600i5-9400F
GPUGTX1050GTX1060 3GBGTX1050Ti
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2400 8GBDDR4-2666 8GB
SSD非搭載非搭載非搭載
HDD1TB1TB1TB
電源400W BRONZE500W BRONZE400W BRONZE
チップセットH310B350H310
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
注目ポイント!!

比較に登場は当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデル「am550BA1-TD」だ。GALLERIA DSの価格が下がったため、価格差が広くなってしまった。以前は価格差が5,000円程度だったこともあり、強くam5550BA1-TDをおすすめできた。ただし、12,000円になってしまうとGALLERIA DSの価格的優位が大きくなる。

そこで中間的な価格を持つGALLERIA DHも比較の候補に追加。5,000円アップとなり弱点であるグラフィックボードがミドルクラスに近づくGTX1050Ti。個人的にはこのGTX1050Tiが最低ラインと考えているため、まだこちらのほうが選びやすい。

多くのゲームをプレイすることが可能というだけで、ゲーミングPCとしての役割を全うできる。ミドルクラスとしても価格は抑えられているため選択しやすいだろう。正直、予算がギリギリで性能が低いと理解した上でGALLERIA DSを選択するという場合を除き、12,000円アップとなってもam550BA1-TDをおすすめしたい。

管理人による総評

GALLERIAシリーズの中でもキャンペーン対象になりにくい製品の筆頭。元々低価格であるため、これ以上値引きや無償アップグレードがしにくいのだろう。コストパフォーマンスは低めで、性能もそこまで高くない。高解像度や高設定でのゲームプレイを想定せず、とにかく安価なゲーミングPCを探しているユーザーにとってはいいかもしれない。自信を持っておすすめできるわけではないが否定することもない。

このモデルの特性をしっかりと理解できるユーザーでなくてはならない。コストパフォーマンスは低めであっても評価は標準程度となっている。動画のエンコードやキャプチャソフトを用いたゲームプレイ動画の撮影には少し負荷が気になる。設定を下げても完璧な環境を構築できるわけではないため、ローエンドクラスの性能であることを理解してもらいたい。

この評価自体も「この価格帯のモデルにしては」という程度であり、あまり高い期待をしないように。用途がマッチすれば選択する理由や、このモデルの持つメリットを最大限活かすことができる。仮に予算が15万円程度であるならば、別のモデルを選択したほうが良いだろう。ゲーミングPCの中では安価だがそれでも税込10万円ほど、買い直すともなると無駄な出費となりやすい。
必要な性能のギリギリを攻めるより、少し余裕のあるモデルを選択したいところだ。

>>>GALLERIA DSを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る