GALLERIA RM5C-G60Stop


当記事では、GALLERIA RM5C-G60Sのレビューとスペックの解説を行っている。GTX 1660 SUPER×i5-10400搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。低価格帯で人気を博したGALLERIA DTの後継モデルとなっている。

価格が上がってしまったのがデメリットで今後の値引きに期待したい。当初の予想通り20,000円の値引きが適用となりおすすめしやすいモデルとなった。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-G60Sという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-G60S」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-10400、G60S=GTX 1660 SUPERということだ。

GALLERIA RM5C-G60Sのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5C-G60S
価格Windows 10 / 99,980円
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★★☆9.1

>>GALLERIA RM5C-G50を購入<<

GALLERIA RM5C-G60Sの各タイトル対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-G60Sの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスの性能を持ちGTX 1660に取って代わった新鋭のグラフィックボードだ。性能的には上位のGTX 1660 Tiに近く、価格はGTX 1660に近い。器用貧乏にならず、しっかりしたハイブリッドなグラフィックボードである。

登場からそこそこ日が経ったことで価格が下がり始め、GTX 1660 Tiよりも高い評価を得つつある。今のミドルクラスを代表するグラフィックボードと言えるだろう。市場からGTX 1660搭載のBTOパソコンはほとんど見られなくなっている。

Core i5-10400(CPU)

i5-10400seinou

Core i5-10400は、ミドルクラスの性能を持つCPUだ。ゲーミングPCに搭載するCPUとして選択するならこのCore i5-10400を最低限に考えたい。最低限のモデルとは言ってもパフォーマンスは高い。数世代前から飛躍的に性能が伸びたCPUとなっている。

低価格帯のゲーミングPCにおいてベンチマークとなる存在だ。第10世代になってハイパースレッディング対応となっている。結果的に前世代のCore i5-9600Kをも超える高い性能を発揮する。GTX 1660 SUPERと合わせるにはベストな選択だと言える。

総合性能

GALLERIA RM5C-G60Sseinou

現行のモデルの中では必要十分な性能を持つモデルだ。第10世代からi5シリーズも大きく性能を向上させた。そのため、これからのゲーミングPCはi5がスタンダードなCPUとなりそうだ。GALLERIA RM5C-G60Sは最新モデルの標準的な性能を持つモデルという評価だ。

既存のゲームであれば設定次第で快適にプレイすることもできる。CPU性能の向上により、現状最高クラスの要求スペックを持つX4にも対応しやすい。総合的な性能ではi7-9700に大きく近づく結果である。ただ、この先のゲーム事情を考えると慢心はできない。あくまでも、現時点で登場しているゲームを基準とした評価だ。将来性はi7-9700よりも低いと考えると手放しで喜べない。従来の最低限よりは改善されている程度に受け止めておこう。

また、PUBGや黒い砂漠のような負荷の高いゲームでは144hzのような高リフレッシュレートは実現が難しい。ゲームによってはハイクラス以上の性能でなければ高リフレッシュレートで安定させることはできない。その辺りも加味して性能を理解しておきたい。

>>GALLERIA RM5C-G50を購入<<

GALLERIA RM5C-G50の特徴まとめ

ミドルクラスとして適正価格に値下げ

GALLERIA RM5C-G60Sは、GALLERIA DTの後継機として登場したゲーミングPCだ。発売当初は119,980円で販売されていた。これは旧GALLERIA DTよりも2万円高い価格だ。CPUが第9世代のCore i5-9400から第10世代のCore i5-10400へ変更された分性能は伸びた。ただし、その伸びた性能分以上に新しいケースを採用したことによる値上げで評価が低かった。

ここに来てようやく従来と同じ価格に落ち着いた。この価格改定は適正価格に戻ったというだけではない。新ケース採用で登場したGALLERIAシリーズは割高に設定されていた。つまり、新ケースに上乗せされていた価格が落ち着いたということだ。GALLERIA RM5C-G60Sだけではなく、全ての製品に変更が加えられる可能性が考えられる。ようやくGALLERIAシリーズが本来の姿に戻る時が来たのかもしれない。

他ショップではCore i5-10400搭載モデルとCore i5-9400搭載モデルが混在している。そのため、ドスパラ以外の多くのショップではCore i5-9400搭載モデルと同じ価格にはならず少し価格が高い。従来との価格差が最も広かったドスパラが、いちはやく従来と並ぶ価格設定にしたのは今後に繋がりそうだ。想像していた以上に早く適正価格に戻ったことで、他ショップの製品に差をつけることとなった。

これからのGALLERIAが楽しみになる変化である。コストパフォーマンスも非常に優秀で、選びやすいモデルになった。この変化にマイナス要素は一切ない。ドスパラは低価格帯のモデルが強いということを証明するには十分過ぎる。税抜10万円以下のモデルはドスパラでチェックしておきたい。

低価格最強モデルまであと一歩のところまで来た

税抜10万円を切ったことで、GALLERIA RM5C-G60Sは低価格帯に属するモデルとなった。これほど高いコストパフォーマンスを持つ低価格帯のモデルはほとんどない。また一つ、安価で強力なモデルが登場した。

一方で、低価格帯最強モデルという壁がある。同じドスパラのMagnate MTだ。99,980円という価格は、現在非常に不利な価格帯である。1万円安くMagnate MTがあり、1万円多く出せばGALLERIA RM5C-R60Sがある。非常に強力なモデルに挟まれ、それらの製品を超えられない限り中途半端なモデルとなる。ようやく日の目を見るモデルになったのもつかの間、素直に喜べない状態だ。

GALLERIA RM5C-G60Sがより魅力的なモデルになるには、価格が1万円安くなるかあるいは構成の無償アップグレードが必要である。値下げされたばかりなので値引きは期待できない。従来と同等の構成になっていることで無償アップグレードも期待しにくい。がんじがらめである。それでも低価格帯最強モデルになれるポテンシャルは秘めている。

今後考えられるのはMagnate MTの構成ダウンだ。Lightning AT5が構成ダウンしたように、GALLERIA RM5C-G60Sの登場でMagnate MTが変化すればチャンスだ。これは他力本願でも最も可能性の高いことだ。もう一つ感がられるのはHDD 1TBの追加だ。ストレージに差をつければケース性能の差で同等の評価くらいにはなれる。

これも十分ありえる変化だ。上と下のモデルに対して、明確に優位を示せる要素がなければ微妙なモデルのままだ。ここまでコストパフォーマンスに優れていながら評価されないモデルも珍しい。GALLEIRAシリーズの値下げを示唆するような値引きが最大の功績にならないように、今後の変化に期待したい。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAMagnateGALLERIA
画像RM5C-G50Magnate ZSRM5C-G50
製品名RM5C-G60SMTRM5C-R60S
ケースミニミニミニ
価格99,980円89,980円109,980円
CPUi5-10400i5-10400i5-10400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPERRTX 2060 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載非搭載
電源550W BRONZE500W BRONZE650W BRONZE
マザボB460H410B460
公式公式公式公式
レビュー当ページレビューレビュー
比較対象は低価格帯最強のMagnate MT、上位モデルのGALLERIA RM5C-R60Sだ。Magnate MTはSSDの規格、チップセットこそ下回るが、価格で1万円の差をつけている。性能と価格で選ぶならMagnate MTがリードしている。GALLERIA RM5C-R60Sは価格1万円アップでGPUが3ランク上のRTX 2060 SUPERになる。

性能だけで言えば間違いなくGALLERIA RM5C-R60Sが優秀だ。GALLERIA RM5C-G60Sを選択するメリットはない。ケース性能を優先してMagnate MTを避けるならGALLERIA RM5C-R60Sを選ぶべきだ。コストパフォーマンスを優先するならMagnate MTでいい。ほとんど同じ構成の2製品に挟まれている間は選択を避けたほうがいいだろう。

>>GALLERIA RM5C-G50を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-G50)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-G50は、低価格帯で人気の高かったGALLERIA DTの後継モデルだ。ドスパラの新しいPCケースを採用して製品名もリニューアルされている。第10世代CPUのCore i5-10400を搭載しゲーミング性能は向上している。GTX 1660 SUPERとのバランスもよくFULL HD環境でのゲーム適性は上々だ。

一方で、従来モデルよりも価格が引き上げられたことでコストパフォーマンスはそこまで伸びない。近いうちに価格が引き下げられると予想する。急ぎで欲しいという方でなければもう少し待ってから購入することを推奨する。値下げの確度は高いはずだ。

実際2万円の値引きが適用となり適正価格になった。ただし、同じドスパラのMagnate MTとGALLERIA RM5C-R60Sという強豪が立ちはだかる。GALLERIA RM5C-G50が輝くにはもう少し時間が掛かってしまいそうだ。

価格CPUグラボ
99,980円Core i5-10400GTX1660 SUper
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA RM5C-G60Sを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。