GALLERIA DTtop


当記事では、GALLERIA DTのレビューと評判を解説している。GTX 1660 SUPERを搭載していて10万円を切る価格設定が魅力の一台となっている。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★☆
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ミドルクラスの中でもライトな性能を持つモデルだ。CPU性能がやや不安ながらフルHD+低設定~標準設定であれば多くのゲームを快適にプレイすることができる。弱点とまではいかないまでも、CPU性能から見てCPU負荷の高いゲームではやや安定し辛い部分がある。プレイするタイトルの要求スペックが第3世代以上のi7であった場合は設定を下げることを推奨する。それでも最新のゲームだから苦手というわけではなく、むしろ最新のゲームにも対応できる性能は持っているので総合的な性能よりもCPU性能を基準に設定したいところだ。

GALLERIA DTスペック解説

galleriadhtop-1

ブランド名GALLERIA
製品名DT
価格Windows 10 / 99,980円
CPUCore i5-9400
GPUGeForce GTX 1660 Super
メモリDDR4-2666 16GB
SSD250GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットH310
補足光学ドライブ非搭載
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.1

GALLERIA DTのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 Super(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 Superは、ミドルクラスの性能としてGTX 1660 Tiに代わろうとしている新鋭のグラフィックボードだ。性能はGTX 1660 Tiに近く、価格はGTX 1660に近い。器用貧乏にならず、しっかりしたハイブリッドなグラフィックボードである。登場からそこそこ日が経ったことで価格が下がり始め、GTX 1660 Tiよりも高い評価を得つつある。今のミドルクラスを代表するグラフィックボードと言えるだろう。

Core i5-9400F(CPU)

im620SA5-i5-9400

コストパフォーマンスを重視した価格と性能はミドルクラスのグラフィックボードであるGTX 1660 Superとは相性が良い。ややグラフィック性能が高くCPUがボトルネックとなる可能性はある。ただし、大きく足を引っ張るほどでもないので、ゲーム内設定で対応できるだろう。

総合性能

GALLERIA DTseinou

標準設定であれば多くのゲームの推奨環境を満たしている。CPU性能に関しては推奨環境を満たしていないタイトルもある。そのため、CPU負荷を下げる意味で設定は下げた方が安定するはずだ。最高設定でのゲームプレイではなく、標準設定を基準にしたい。

メモリがこの価格帯のモデルには珍しく16GB搭載と大容量なのは嬉しい。メモリ消費の激しいゲームや用途への対応力が高いのが特徴だ。グラフを見て分かると通り、CPUとGPUの性能差が少ない。CPU性能の不足を表している。そしてメモリ容量が16GBであることも相まって高い水準でバランスが取れているようにも見える。実際はゲームの推奨環境が標準設定であるため、そこまでバランスの優れた製品ではない。

GALLERIA DTの特徴と強み

エントリーモデルとしては優秀

税抜10万円以下は低価格帯のモデルになってエントリークラスの製品に該当する。その中で言えばガレリアDTは非常に選びやすい製品だ。本格的なゲームプレイもタイトルによっては可能で、設定や解像度を落とすことで高リフレッシュレートにも対応できる汎用性の高い性能でもある。

エントリークラスにありがちな価格を落とすために性能も削りきってしまうようなものではなく、実用に耐え得る性能を持っていることは大きなアドバンテージだ。また、ここからのキャンペーンにも十分期待が持てるため、低価格帯を牽引していける製品という未来も考えられる。同じGALLERIAシリーズに同価格帯のライバルが存在していること以外に不安要素はなく、選んで後悔するようなモデルではない。

性能がしっかりしていることで、初心者にもおすすめしやすく正しい意味でのエントリーモデルとなる。ここまで価格と性能のバランスが取られた低価格帯のモデルは珍しい。誰が使用しても価格に満足できるはずだ。かつてはドスパラを代表するモデルだったGALLERIA DTの本領は今こそ発揮されたと見るべきだ。

CPUの変化で対応力が増したモデル

CPUがi5-9400Fからi5-9400にアップグレードされた。基本的な性能は変わらないが、CPU内蔵GPU機能が搭載されているのがポイントだ。このCPU内蔵GPU機能は、グラフィックボードの代わりに映像描写を行う機能である。

グラフィックボードを搭載していれば重要度は高くない。ただ、グラフィックボードだけではモニター出力は限りがある。GALLERIA DTに搭載されているGTX 1660 SUPERでは最大3枚まで追加することが可能だ。4枚以上のモニターを接続するには、変換コネクタのような製品が必要になる。

CPU内蔵GPU機能があると、マザーボードの映像出力ポートを使用出来る。マザーボードのグラフィック機能はCPUの機能に依存しているからだ。i5-9400Fとi5-9400の違いは、標準で接続出来るモニターの数である。それ以外はほぼ同等だ。複数モニターを想定しているユーザーからすると選びやすいCPUになったことは間違いない。

ゲームに採用されるミドルクラスのCPUにはCore iシリーズとRyzenシリーズがある。その中でCPU内蔵GPU機能を搭載しているのはIntelのCPUのみである。性能面ではGALLERIA DTより優れた製品は多い。しかし、機能面で並べる製品はほとんど無い。Ryzen 5登場後は影の薄いi5シリーズに確かな存在価値が生まれた。一方で、モニターを3枚以下で運用を予定しているとメリットが薄い。

>>>>>GALLERIA DTを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
画像galleriadhtop-1galleriadhtop-1
製品名DTRT5
ケースミニミニ
価格99,980円89,980円
CPUi5-9400Ryzen 5 3500
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDM.2 250GBNVMe 256GB
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザボH310B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
チェックポイント!!

比較対象は同じGALLERIAシリーズのGALLERIA RT5だ。価格は1万円安いので選びやすく、NVMeに対応したM.2 SSDを搭載している。
GALLERIA DTの強みはゲームに対するCPU性能の高さ、接続モニターの多さくらいだろう。性能よりも用途で選ぶ比較対象とも言える。3枚以下のモニター運用であればGALLERIA RT5が価格的におすすめだ。4枚以上のモニターを接続するなら標準でそのまま使用出来るGALLERIA DTを選ぶべきだ。純粋な性能で見るとCPU性能が高い分だけGALLERIA DTの方が上である。ただ、それよりも用途による差が生じているので、そこに目を向けておきたい。

>>>>>GALLERIA DTを購入する<<<<<

ガレリアDTのケース

フロント部分

ガレリアDTフロント

フロントパネルにはUSB差込口が2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、音源入出力等がありオーソドックスな形だ。

コンパクトなミニタワーにしては豪華なパネルで、ガレリアのミドルタワーをそのままミニタワー化したようなパネル。大きさは幅18.5cm 奥行き39.5cm 高さ37cmとなっている。ただし、当該モデルに関しては光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。

内部リア

ガレリアDT内部リア

背面には排熱性能の良い大き目のメッシュにファンが搭載されており、フロントから吸気し、そのままリア部分に流れるようになっている。この構造はミニタワーによくあるタイプだ。

排熱性能は高くそれこそがドスパラの「GALLERIA」の特徴とも言える。基本に忠実でありながら、考えられた設計でミニタワーながら安定感は高い。拡張性もあり

本体左側面

ガレリアDT内部

ミニタワー独特のスペースで、スペースに余裕は無いながらも排熱効率はしっかりしている。増設などを行わないのであれば特に問題ないが、熱がこもりすぎるのであればファンの増設も行っておきたい。拡張スロットはPCI Express x4の1つとPCIの1つ空きがある。

また、拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるのである程度の増設には対応できそうだ。構成に満足できて、増設を考えていないのであればしっかりとよくまとまっていると思う。

管理人による総評

GTX 1660 Super搭載のミドルクラスのゲーミングPC

GALLERIA DTはGTX 1660 Superを搭載した高パフォーマンスモデルだ。性能的には申し分なくGTX 1660 Superは、実質GTX1060 6GBの後継モデルとなっている。定価は$27高いだけで実質同じ価格で単体のグラフィックボードは販売されている。価格も落ち着き圧倒的な選びやすさを実現した。

性能的にはGTX 1660 Tiに匹敵するパフォーマンスを持つ。この性能であればFULL 環境でのゲームプレイでも余裕が生まれる。これまでのDTと言えば10万円前後の価格帯で人気を博していた。1万円の値引きとメモリ16GBが標準搭載となってお得なモデルになっている。

選びやすい価格と選びやすい性能

税抜き99,980円と抑えられた価格に、ミドルクラスの王道的な性能を持っているため幅広くユーザーに求められるだろう。ただ、CPU性能は標準より少し落ちる。コストパフォーマンスで考えれば優秀だが性能自体は高くない。初めてのゲーミングPCに最適と言えるモデルである。チップセットH310という点は拡張性が乏しくなるためマイナス要素か。それを補える価格であり、多くのゲームを快適にプレイできるのは安心だ。

これ以上は望めないモデルになるか。従来のGALLERIA DTと比べてグラフィックボードが高性能になりそれでいて価格は据え置き。これは従来モデルと比べると完全上位互換となるモデルだ。ただ、従来のGALLERIA DTはキャンペーンで更なる値引きが行われた過去がある。半年後にはもっと大きな変化が来るかもしれないが今の時点でも十分に狙い目と言えるだろう。

>>>>>GALLERIA DTを購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA DTを販売しているショップとなる。ドスパラはBTOショップNo.1の人気ショップで多くのユーザーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る