GALLERIA GCF1060GF

当記事では、GALLERIA GCF1060GFの評判とレビューをまとめている。GTX1060 6GBを搭載したゲーミングノートだ。CPU&GPU共に性能が高くデスクトップパソコンと変わらない高い性能を持つ一台だと言える。

GALLERIA GCF1060GFのスペック

ブランド名GALLERIA NOTE
製品名GCF1060GF
価格Windows 10 /179,980円
(キャンペーン時 159,980円)
ディスプレイ15.6インチ 120Hz対応
重さ2.3kg
CPUCore i7-8750H
GPUGeForce GTX1060 6GB
メモリDDR4-2666 8GB
SSDM.2 250GB
HDD1TB(5400rpm)
マザーボードチップセットHM370
コスパコストパフォーマンス
★★★★★★★☆☆☆7.0

キャンペーン時
★★★★★★★★★☆9.0
グラフィックボードにはGTX1060 6GBを搭載しFULL HD環境では余裕のパフォーマンスを持つ。CPUにはノート向けフラグシップモデルのCore i7-8750Hを搭載している。構成的にゲーミングノートPCでは高い人気がある。

価格は税込み20万円近くとそこそこしてしまうのがネックか。デスクトップパソコンだとRTX2060搭載モデルを購入できる価格だが、モニターやキーボードも付帯されていることや排熱などでコストが掛かっていることを考えると不思議ではない。

驚くことにディスプレイは120Hz対応。よりスムーズなゲーム動画の描写が可能となる。デスクトップパソコンとの違いが確実に縮まってきている。モニターサイズは15.6インチと持ち運びのしやすさとゲームのしやすさの両立が可能。構成面でもメモリ8GB、SSD M.2 250GB、HDD 1TBと十分だろう。キャンペーン時なら15,000円オフでコストパフォーマンスは8.6と非常に高くなる。

GALLERIA GCF1060GFの概要

リフレッシュレート120Gh対応のゲーミングノート

GALLERIA GCF1060GFも120Hzに対応し、よりゲームを快適にプレイできるようになった。これまで一部のゲーミングノートにのみ搭載され、デスクトップの特権でもあった高リフレッシュレート。ノートパソコンはゲーム向きではないと断言することはできなくなっているのが現状だ。

リフレッシュレートが10上がるだけでゲームの快適度は格段に上がる。高リフレッシュレートに慣れたユーザーは通常の60に戻るとカクつきを感じるほどの違和感を覚える。それだけに、これまで60hzだったユーザーも高リフレッシュレートに慣れたユーザーも満足できる。スペックも文句なく、ゲーム用途に関して言えば非常に満足いくものだろう。

高い水準でまとまったハイグレードモデル

ストレージもM.2 SSD搭載で読み込み速度もばっちりだ。進化しているのはリフレッシュレートだけでない。ストレージ、CPU、グラフィックボードともにゲーミングを名乗るには十分だといえる。ミドルスペックとなるこのモデルに対してはメモリ容量8GBは少なくない。増設は簡単にできるため、足りなければそちらも検討したいところだ。

カスタムを検討するならストレージと上記で少し書いたメモリだろう。HDDは5400rpmと遅いわけではないが、一般的な7200rpmよりやや劣る。カスタマイズでは2,500円+税となっているため、予算に余裕があったりこだわりがあれば変更したい。メモリは16GBへの変更が12,700円+税となり、やや価格が高くなってしまうため好みで選択してしまうと良い。自分で増設するのは不安というならカスタマイズも間違いではないだろう。

>>>GALLERIA GCF1060GFを購入する<<<

GALLERIA GCF1060GFの性能レビュー

ゲーミング性能

cinebenchtop

タイトル平均FPS快適度
PUBG67.6
Rise of the Tomb Rider80.1
Battlefield 188.6
FULL HD環境で輝く構成を持つ

GALLERIA GCF1060GFは、FULL HD環境で最適なパフォーマンスを発揮することができる一台だ。最新のタイトルでもほぼ平均60fpsを出すことができる。負荷の高い状況になるとややフレームレートが不安定になることもあるがそれはゲーミングノート特有のことではない。

なお、120Hz対応モニターを活かすためには設定を最高設定から落とす必要がある。最高設定のままではあまり意味がない。FPSなどスムーズな描写によってゲームプレイに影響を与えるタイトルでは特に重要だと言える。

*ゲームプレイ中の平均fpsを計測すればゲームの適正度を相対的に把握することができる。fpsは1秒間あたりの描写フレームレートということを表していて、数値が高ければ高いほどスムーズに描写できるということだ。60fpsを基準に考えることが多いが、それはモニターが対応できるフレームレートが最低でも60fpsあるからだ。60fpsよりも高ければ快適にゲームプレイができて、平均が60fpsを切ると場面に寄ってはカクつくこともあるということを意味する。

CPU性能

gamegcf1050

種類スコア評価
Cinebench R15 Single174
Cinebench R15 Multi1077
最も搭載モデルの多いCPU

ゲーミングノートPC=Core i7-8750Hと考えても良いこれより下だとやや性能が物足りなく、これより上だと排熱の問題が出てくる。ほとんどの売れているゲーミングノートPCではCore i7-8750Hが搭載されていることからこの性能を基準にすると良いだろう。デスクトップ向けのCore i5-8400に匹敵するマルチスレッド性能を持っている。ゲームの適正度は第七世代よりも格段に上がっていると考えて良い。

*Cinebench R15はCPU性能をスコア化できる定番のベンチマークソフトだ。レンダリング性能を計測することができる。レンダリングとは、映像の描写することと考えるとわかりやすい。CPU処理における一般的な作業のことだ。

パソコンケースレビュー

本体正面

gallerianotegf-1
正面から見るとゲーミングノートらしさが出ている。一般的なモデルに比べてシンプルでありながらどこか存在感がある。ずっしりとした本体は激しい動きにも対応してくれるだろう。

キーボード

gallerianotegf-2
キーボードにはSteelSeries製のキーボードを採用。ゲーミングデバイスブランドとしてキーボード以外にもヘッドセットやマウスなども手掛けている。ノートパソコンのキーボードのレベルを超えている。打鍵感はデスクトップ向けのものと変わらない。

本体右側

gallerianotegf-3
本体右側はすっきりとしている。USB2.0、カードリーダー、電源入力の三つだ。このUSBにはマウスを挿すことになるだろう。

本体左側

gallerianotegf-4
左側にはKensington Lock取り付け口、LAN、USB3.0×2、USB3.1 TypeC、HDMI出力、mini Display port出力、マイク端子、ヘッドフォン端子が備わっている。ちなみにKensington Lockとは、ノートパソコンの盗難対策のことだ。ワイヤーでテーブルなどと固定する。

管理人による総評

時代はノート

当サイトではこれまでゲーミングノートには否定的だったが、よりゲームに最適化された現在のゲーミングノートには驚嘆させられた。本当に一部のモデルにしか採用されていなかった120hz対応ディスプレイ。

一線級の性能を持ち、全体的なスペックでもデスクトップモデルに並んだと言える。120hz対応のモニターと一体化し、コンパクトになったモデルとしてゲーミングノートからゲーミングPCに割って入った。持ち運びを考えているならぜひ検討して欲しい。

デメリットはモニターの大きさ

デメリットを挙げるとするとモニターの大きさだ。解像度は同じであっても、大きなモニターと比べてゲームによっては視認性が異なる。15.6インチは持ち運びのしやすさと視認性のバランスが良い。ただ、17.3インチに比べると視認性が劣ってしまうためその点はデメリットだが、一体型でコンパクトであることに比べれば些細なことだろうか。

このデメリットもゲーム次第であるため一概には言えない。ただ、対人要素のあるゲームでは慣れるまでは辛いかもしれない。今ノートタイプを使用しているのであれば、何の抵抗も無く120hzの快適な世界へ飛び込める。

>>>GALLERIA GCF1060GFを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る