GALLERIA RH5top


当記事では、GALLERIA RH5のレビューと評判を解説している。GALLERIAのRシリーズはRyzen搭載モデル全体で見ても人気が高い。Ryzen搭載モデルに勢いが出てきた!

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。
第3世代のRyzen 5 3500に置き換わったので少しだけCPU性能が伸びた。従来のRyzen 5 2600と用途はあまり変わらず、性能面の評価は従来どおりローエンドだ。高リフレッシュレートでのゲームプレイは解像度を下げることも視野に入れ、最低設定を基本とすることも厭わないユーザー向け。最新のゲームをプレイする際は要求スペックに注意しなければならない。設定や解像度を下げれば快適にゲームプレイは可能なのでライトゲーマー向けだろうか。

GALLERIA RH5のスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名RH5
価格74,980円
CPURyzen 5 3500
GPUGeForce GTX 1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 250GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コストパフォーマンス★★★★★★★★★☆8.6

GALLERIA RH5の性能まとめ

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650(グラフィックボード)

gtx1650-seinou

Ryzen 5 3500と同様に性能よりも価格を抑えることを重視したいユーザー向けのグラフィックボードだ。ゲームに対するパフォーマンスは前世代を含んでも下位クラスである。

特に最新のゲームでは推奨スペックに届いていないこともあるので注意が必要だ。設定を下げたり解像度を下げたりすることで対応はすることができる。性能よりもコストパフォーマンスを求めるユーザーに適しているだろう。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen 5 3500-seinou

Ryzen 5 3500の処理性能はCore i5-9500に近く、ゲーム性能はi5-9400を下回るRyzen特有の波のあるCPUだ。やや扱いづらさがあり、ゲーミングPCに採用されているCPUの中ではクセが強い。快適なゲームプレイを求めるというよりも価格を抑えることが第一のCPUである。予算に余裕がある場合は選択するべきではないだろう。

総合性能

GALLERIA RH5seinou

標準、低設定であれば多くのゲームの推奨環境は満たしている。2019年以降のハイエンドなゲームは苦しくなってしまうこともあるので、プレイを考えている方は事前に要求スペックは要チェックしよう。

CPU性能は意外と高いように見えて、ゲームでは不安定な部分があるので参考程度に見てもらいたい。とりあえずゲームが快適にプレイできれば良いなら選択するのもありだろう。高解像度には対応できず、高リフレッシュレートもゲーム次第では厳しいものもある。その辺りはしっかり把握して選択したい。

GALLERIA RH5の特徴と強み

リニューアルで評価上昇

GALLERIA RH5は、Ryzen 5 3500の発売に合わせてリニューアルされたゲーミングPCだ。以前はRyzen 5 2600を搭載して価格が1万円ほど高かったこと、上位モデルのほうが価格が安いこともあって選んではいけないゲーミングPCにカテゴライズされていた。

現在は適正価格に落ち着いているため、非常に高い評価を得ている。ストレージの強化と価格改定の効果は大きく、低価格帯の中でも上位となるモデルである。税込み10万円を切るゲーミングPCは年々進歩しており、以前では考えられない対応力を持ったモデルが安価で手に入るようになった。

ライトゲーマーや予算を多く取れないユーザーにとっては非常に良い時代になったと思う。現行の性能で見ると最低限の性能だが、ゲームの要求スペックから見ると最低限を大きく上回り標準的な設定で快適にプレイできる性能である。ただし、最新のゲームは未知数なのでそれがそのまま当てはまるわけではない。GALLERIA RH5にとってこのリニューアルは非常に大きな変化だろう。

低価格帯に溢れる競合製品

適正価格に落ち着き、コストパフォーマンスも良くなった。しかしながら、評価急上昇中のGALLERIA RH5も価格帯のトップには立つことが出来ていない。同じドスパラにRyzen 5 3500搭載モデルが多く登場しており、上下に強力なラインナップが並んでいる。

あと5,000円プラスすればワンランク上の製品に手が届いたり、同じ性能で5,000円安い製品が存在しているため、どっちつかずの中途半端なポジションで縛られている。Ryzen 5 3500搭載モデルの多くは低価格帯のモデルなので上下の価格差が小さい。この影響が悪い方向に作用してしまうのが上下に挟まれたGALLERIA RH5のような製品だ。

上を見ればキリが無いゲーミングPCも、その価格差が僅かであれば手にとって貰えず、存在感は認められても選ばれないゲーミングPCになってしまう。大幅なキャンペーンも見込めないことで、評価や扱いが改善された今も人気が伸びず埋もれているのが現状である。

>>>>>GALLERIA RH5を購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIALightningGALLERIA
製品名RH5AH5 RT5
画像galleriadhtop-1galleriadhtop-1galleriadhtop-1
ケースミニタワーミニタワーミニタワー
価格74,980円69,980円84,980円
CPURyzen5 3500Ryzen5 3500Ryzen5 3500
GPUGTX1650GTX1650GTX1660 Super
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 256GBNVMe 256GB
HDD1TB非搭載1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザボB450B450B450
公式公式公式公式
レビュー当ページレビューレビュー
チェックポイント!!

比較対象は同じドスパラのGALLERIA RT5とビジネスモデルのLightning AH5だ。Lightning AH5はGALLERIA RH5と同じ性能を持つ。HDDが削られただけの違いで5,000円安いのが特徴。性能が据え置きとなるので予算を抑えることを最重要視するユーザー向けのモデルだ。

GALLERIA RT5は1万円アップとなる非常に強力なゲーミングPCだ。CPU性能が若干足を引っ張っているものの、メモリ容量もアップしているのでお得なモデルである。また、5,000円アップの79,980円でGALLERIA RJ5というワンランク上の製品も存在している。

こちらはGALLERIA RT5の存在からあまりおすすめ出来ない。Lightning AH5があるからGALLERIA RH5をおすすめしにくいという状況と同じである。この低価格帯での選択肢は価格を徹底的に抑えたLightning AH5か、低価格で性能を追求したGALLERIA RT5のどちらかになるだろう。

>>>>>GALLERIA RH5を購入する<<<<<

GALLERIA RH5ののケース紹介

フロント部分

ガレリアDTフロント

フロントパネルにはUSB差込口が2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、音源入出力等がありオーソドックスな形だ。

コンパクトなミニタワーにしては豪華なパネルで、ガレリアのミドルタワーをそのままミニタワー化したようなパネル。大きさは幅18.5cm 奥行き39.5cm 高さ37cmとなっている。

内部リア

ガレリアDT内部リア

背面には排熱性能の良い大き目のメッシュにファンが搭載されており、フロントから吸気し、そのままリア部分に流れるようになっている。この構造はミニタワーによくあるタイプだ。

排熱性能は高くそれこそがドスパラの「GALLERIA」の特徴とも言える。基本に忠実でありながら、考えられた設計でミニタワーながら安定感は高い。拡張性もあり

本体左側面

ガレリアDT内部

ミニタワー独特のスペースで、スペースに余裕は無いながらも排熱効率はしっかりしている。増設などを行わないのであれば特に問題ないが、熱がこもりすぎるのであればファンの増設も行っておきたい。拡張スロットはPCI Express x4の1つとPCIの1つ空きがある。

また、拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるのである程度の増設には対応できそうだ。構成に満足できて、増設を考えていないのであればしっかりとよくまとまっていると思う。

管理人による総評(GALLERIA RH5)

galleriadhtop-1

GALLERIA RH5のスペックや特徴についてまとめた。少し前に比べるとRyzen搭載モデルが増えているとはいえまだまだ選択肢は少ない。性能面ではグラフィックボードに最新のGTX 1650を採用。FULL HD環境×標準設定を基準に考えればある程度ゲームプレイを行える。リニューアルによってコストパフォーマンスは大幅に向上した。比較対象モデルと比べるとやや魅力は劣ってしまうので十分比較検討して欲しい。

価格CPUグラボ
74,980円Ryzen 5 3500GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA RH5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る