GALLERIA RJ5


当記事では、GALLERIA RJ5のレビューと評判を解説している。GTX 1660を搭載した新しいゲーミングPCだ。CPUにはRyzen 5を採用し価格が抑えられているのが魅力の一台となっている。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FULL HD環境でのゲームプレイが得意で標準設定以上で対応することが可能だ。今後登場するタイトルにも対応でき、将来性はある程度担保されていると言える。フォートナイトなど負荷の比較的軽いタイトルならWQHDでもゲームプレイできる。

GALLERIA RJ5のスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名RJ5
価格Windows 10 /89,980円
(送料・税込99,338円)
CPURyzen 5 2600
GPUGeForce GTX 1660
メモリDDR4 -2666 8GB
SSD240GB
HDD1TB
電源AcBel 400W BRONZE
マザーボードチップセットB350
備考光学ドライブ非搭載
コスパ7.7

GALLERIA RJ5の特徴と強み

GTX 1660搭載の高パフォーマンスゲーミングPC

GALLERIA RJ5は、2019年3月に登場したばかりのゲーミングPCだ。新しいグラフィックボードであるGTX 1660を搭載していることから注目されている。ドスパラは新パーツの登場から搭載モデルの発売までが早く評価が高い。通常新しいパーツが搭載されたゲーミングPCは価格が上がる傾向にあるが、当該モデルについてはその限りではない。

また、コスパの高いRyzen 5を搭載していることで価格優位性が増している。Ryzen 5 2600は、6コア12スレッドでマルチスレッド性能が高い。AMD側のドライバの更新でゲームの適性度も高くおすすめだ。GTX 1660搭載で税込み10万円を切る価格はRyzenだからこそ実現できたと言っても過言ではない。

光学ドライブは非搭載、それでも構成は十分

当該モデルは光学ドライブが非搭載となっている。DVDを観たり、ドライバのインストールをディスクでしたりしたいという方は注意して欲しい。もちろんBTOのカスタマイズで対応することも可能だ。それ以外の部分では必要十分で価格を考えればお得だと言える。

SSD 240GB、HDD 1TB、メモリ8GBとなっている。特に不便さを感じる構成というわけではない。価格が安いという強みを活かすためにカスタマイズはしなくても良いだろう。高コスパのゲーミングPCのままで購入するのが一番だ。電源ユニットについては400W BRONZEとやや廉価パーツを採用しているものの特に問題はない。

今後キャンペーンが行われる可能性がある

2019年3月15日に発売したばかりということもあり今は定価販売となっている。割引や無償アップグレードなどのキャンペーンは実施されていない。ドスパラでは発売後2週間から1ヶ月程度でキャンペーンが始まることが多い。

GALLERIAのミニタワーシリーズであるGALLERIA RJ5では大きなキャンペーンが実施されることはないだろう。元々の価格が低いことから仕方がない。それでも3,000円の割引や電源ユニットのアップグレードなどが行われる可能性はある。今購入しても損はしないが少し待って様子を見てみるのも悪くない。

>>>>>GALLERIA RJ5を購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランドGALLERIALEVEL∞LEVEL∞
画像galleriadhtop-1LEVEL-M037-i5-VNLEVEL-M037-i5-VN
型番RJ5M0B3-R52-RIM0B6-i5F-RIS
CPU5 26005 2600i5-9400F
GPUGTX1660GTX1660GTX1660
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
SSD240GB非搭載240GB
HDD1TB1TB非搭載
電源400W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB350B350B360
価格(税抜)89,980円96,980円94,980円
公式公式公式公式
チェックポイント!!

GTX 1660自体がまだ登場したばかりということもあって各BTOメーカーのラインナップは揃っていない。その中でもパソコン工房(LEVEL∞)は様々な構成で搭載モデルを販売している。比較対象として2つのモデルをピックアップした。

結論から言うとGALLERIA RJ5がキャンペーン前にもかかわらず健闘している。Ryzen 5 2600搭載の「M0B3-R52-RI」と比べるとそのコスパの高さが光る。7,000円安いにもかかわらずSSD搭載と構成面も優れている。400Wの電源ユニットはそれほど大きなマイナスとなるわけではない。CPU及びGPUを考えると十分な容量があるからだ。

「M0B6-i5F-RIS」は、CPUにIntel製Core i5-9400Fを搭載。6コア6スレッドと純粋な性能ではRyzen 5 2600に劣るが、ゲーミングパフォーマンスは同等以上だ。HDDが非搭載となっているためカスタマイズで追加するか流用することを推奨する。この当たりは好みで選んで良いだろう。コスパだけを見るならGALLERIA RJ5で決まりだ。

>>>>>GALLERIA RJ5を購入する<<<<<

GALLERIA RJ5ののケース紹介

フロント部分

ガレリアDTフロント

フロントパネルにはUSB差込口が2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、音源入出力等がありオーソドックスな形だ。

コンパクトなミニタワーにしては豪華なパネルで、ガレリアのミドルタワーをそのままミニタワー化したようなパネル。大きさは幅18.5cm 奥行き39.5cm 高さ37cmとなっている。

内部リア

ガレリアDT内部リア

背面には排熱性能の良い大き目のメッシュにファンが搭載されており、フロントから吸気し、そのままリア部分に流れるようになっている。この構造はミニタワーによくあるタイプだ。

排熱性能は高くそれこそがドスパラの「GALLERIA」の特徴とも言える。基本に忠実でありながら、考えられた設計でミニタワーながら安定感は高い。拡張性もあり

本体左側面

ガレリアDT内部

ミニタワー独特のスペースで、スペースに余裕は無いながらも排熱効率はしっかりしている。増設などを行わないのであれば特に問題ないが、熱がこもりすぎるのであればファンの増設も行っておきたい。拡張スロットはPCI Express x4の1つとPCIの1つ空きがある。

また、拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるのである程度の増設には対応できそうだ。構成に満足できて、増設を考えていないのであればしっかりとよくまとまっていると思う。

管理人による総評

GALLERIA RJ5のレビューを行った。当該モデルは最新のグラフィックボードであるGeForce GTX 1660を搭載したゲーミングPCだ。2019年3月に登場したばかりにもかかわらず価格は抑えられており現時点で購入しても良いレベルだと言える。性能的にはGTX 1060 6GBよりも15%高い性能を持ちコスパの高さから人気を博すこと間違いないだろう。FULL HD環境でのゲームプレイを考えている方にベストな選択肢となり得る。

CPUには、AMD製のRyzen 5 2600を採用。6コア12スレッドとIntel製よりもマルチスレッド性能が高く価格も安い。GTX 1660を搭載して税込み10万円以下に抑えられているのはRyzen 5による恩恵が大きい。ゲームプレイはもちろん動画編集、RAW現像など様々なアプリケーションを使用にも最適だ。

もしかしたら今後キャンペーンが開始されるかもしれない。ただし、価格帯を考えるとそれほど大きなキャンペーンが行われる可能性は低く多額の割引は期待できない。現時点で購入しても損をしたと感じることはないだろう。

>>>>>GALLERIA RJ5を購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA RJ5を販売しているショップとなる。ドスパラはBTOショップNo.1の人気ショップで多くのユーザーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る