GALLERIA RT5


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RT5」の詳細レビューを書いている。ドスパラの売れ筋ランキング第三位にランクインしたことのある人気のモデルだ。人気の秘密はRyzen CPUのコスパの高さだろう。

GALLERIA RT5のスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名RT5
価格Windows 10 /114,980円
(送料・税込126,338円)

キャンペーン時/99,980円
(送料・税込110,138円)
CPURyzen 5 2600
GPUGeForce GTX 1060 6GB
メモリDDR4-2666 8GB
SSD240GB
HDD1TB
電源500W BRONZE(DELTA 静音電源)
マザーボードチップセットB350
コスパ・通常時
★★★★☆☆☆☆☆☆3.6

・キャンペーン時
★★★★★★★★☆☆7.6
高いコストパフォーマンスと万能型CPUが魅力だ。Ryzen5 2600を搭載したことで、高い性能を誇りながらも価格は控えめ。初心者におすすめしやすいモデルだ。GTX1060搭載モデルとして価格を考えると非常にお得だ。ほぼ同等の性能を持つCore i5-9400F搭載モデルが比較モデルとなる。

ゲーム用途に関してはi5-6400Fに劣る部分もある。ただ、マルチコアやマルチスレッドを活かせるアプリケーションでは圧倒的。ゲームも配信もエンコードも高い水準で万能にこなせる注目のCPUだ。様々な用途でゲーミングPCを活用できるため、幅広く扱いやすい。

GALLERIA RT5の特徴まとめ

Ryzenを活かしきれない価格設定

Ryzen搭載モデルがMシリーズを押しのけてトップのラインナップに追加された。これでRyzen搭載モデルも陽の目を見るのではないかとも考えた。AMDシリーズを待っていた方には朗報だろう。

しかし、単体で購入すると非常に安価なRyzenはBTOパソコンに搭載されるとその恩恵を失っている。本来値引きされている価格帯が定価であるべきだ。

Intel製のCPUと比較して販売台数が少なくバルクでの仕入れが難しくなかなか価格を下げることが難しいのだろう。自作をする方には価格が安く魅力的な選択肢になるもののBTOパソコンではそれが打ち消されてしまう。

メモリ16GBで性能を引き出せる

カスタマイズの余地としてはメモリも16GBに増設することだ。その恩恵は非常に大きく、それこそRyzenシリーズを扱うのであれば必須というくらいだ。メモリ消費とCPU負荷の高い場面では同等のIntelシリーズを上回る。時代を担えるほどの製品である。

Ryzenシリーズは最適化の問題もありゲームプレイはやや不安定な傾向にある。Intel製のCPUに比べるとゲームプレイでは安定感に欠けてしまうのだ。性能を活かせる場面と活かせない場面が同じ用途でもあり、波があることは否めない。

それ故に、ゲームではやや不安定になる場面もある。総合的には上回っていても、ゲーム用途としては頼りない一面も…。この点は理解して購入する必要があるだろう。この弱点をメモリ容量を増やしてカバーするというメリットもある。

GALLERIA RT5ケースレビュー

galleriaktmmini
ガレリア RT5でに採用されているドスパラのミニタワーは機能性が高く評価が高い。光学ドライブ搭載、高い排熱性能、シンプルなデザインと魅力的だ!

他のメーカーだとミニタワーでは光学ドライブがオプションとなっていることが多い。ガレリアのミニタワーは機能性も高く評判が良い。コンパクトなケースを探しているユーザー必見だ。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIANEXTGEAR-MICRO
製品名RT5DTam550BA1-TD
価格114,980円
(99,980円)
109,980円
(99,980円)
94,800円
CPURyzen5 2600i5-9400FRyzen5 2600
GPUGTX1060 6GBGTX1060 6GBGTX1060 3GB
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GBDDR4-2400 8GB
SSD240GB240GB非搭載
HDD1TB1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB350H310B350
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
チェックポイント!!

性能や価格ではこの辺りが比較対象となる。CPUはRyzen5 2600が優秀で、ゲームではi5-9400Fのほうが優れている。ただし、この性能帯ではゲームに対する性能差はそこまで大きくない。

自作と比べてBTOでRyzenシリーズが伸びない大きな理由はGALLERIA RT5のデメリットでもある価格が抑えきれないことだ。CPU単体だとi5-9400Fよりも安価なはずが、搭載モデルでは逆転している。仕入れ数等の関係もあるかもしれないが、多くのショップがこの傾向にある。

コストパフォーマンスではam550BA1-TDがリードしている。ただし、他2つがキャンペーンとなると追い抜かれてしまう。GALLERIAシリーズにはよくあることで、キャンペーンありきで考えたほうが良いだろう。この比較であれば予算で決定するくらいがちょうど良く、細かく吟味するのは難しい。

全ての製品が定価であった場合はam550BA1-TDを基準に考え、キャンペーン対象となっている製品があればそれを選択。それが最も分かりやすいだろう。総合性能で優れるRyzen5 2600と単コア性能で優れるi5-9400Fの差は、この性能帯ではあまり大きくないため好みで決めてしまっても問題は無いと言える。

管理人による総評

総合力を活かすことができればトップクラス

最大性能は同等のIntel製品を上回る。性能面において最小と最大の差が激しい面がありゲームプレイのみを想定しているのであれば不安定ということで魅力半減する。ただ、グラフィックボードにはGTX 1060 6GBを採用していてFULL HD環境では不足はない。CPU性能がボトルネックになることもない。

一点特化のモデルではなく、総合力で勝負するモデルである。様々な用途での仕様を目的としているならば優秀だ。例えば、ゲーム配信や動画編集もたくさん行う予定のある方であればIntel製CPUを選択する以上のメリットがある。

コストパフォーマンスの高さとCPU性能の高さ、そしてこの価格帯では珍しいメモリ16GB。これだけの武器を持っているのだから、多少のマイナスを補うには十分だろう。

Dシリーズに届かない評価

GALLERIA RT5はGALLERIA DTのCPUをRyzenに変更したモデルだ。チップセットを考慮すればRT5のほうが構成は上だろう。また、総合的な性能でもRyzen5 2600は優秀だ。

シングルコアでは劣るものの、オールラウンドなパフォーマンスが最大の魅力だ。しかし価格は抑えきれず、価格差と性能差を考慮すれば妥当というところまで来てしまった。低価格で性能が高いはずがMシリーズより選びやすいDシリーズの上位モデルに位置した。

セール時は確かに優秀だが、それが終わった時にどうなるか…。このままの価格をどこまで維持できるか、GALLERIA RT5はそれ次第だろう。

>>>>>GALLERIA RT5を購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA RT5を販売しているショップとなる。ドスパラはBTOショップNo.1の人気ショップで多くのユーザーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る