GALLERIA RM5R-G60Stop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-G60S」の詳細レビューを書いている。売れ筋だったGALLERIA RT5の後継モデルだ。登場後すぐにランキング第二位にランクインとなっている。GALLERIA RT5と比べて構成が悪くなりコストパフォーマンスは低下している。急いで選択しない方がよいだろう。

GALLERIA RM5R-G60Sのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-G60S
価格Windows 10 / 99,980円
CPURyzen 5 3500
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 5.8

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-G60Sは、標準的なミドルクラスの性能を持つモデルだ。また、グラフィックボードとそれを支えるメモリ16GBの存在が大きい。CPU性能は控えめながら必要十分。価格を考慮すればトップクラスのエントリーモデルと言えるだろう。初心者やエントリーモデルを探しているユーザーにはまずGALLERIA RM5R-G60Sをおすすめしたいくらいだ。

GALLERIA RM5R-G60Sのゲーミング性能まとめ

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスを代表するグラフィックボードGTX 1660 Tiに匹敵するパフォーマンスを持つ。勢いを増している人気のグラフィックボードだ。高負荷の場面ではGTX 1660 Tiよりも性能は僅かに落ちるが、価格は安いのでミドルクラスの中心となるだろう。

主にドスパラが扱い始めたことで搭載モデルが一気に増えた。今最も注目を集めているグラフィックボードだ。現在GTX 1660 Ti搭載モデルはほとんどなく実質代替モデルとなっている。無駄になりにくい性能は、全てのユーザーのニーズに応えることができるだろう。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen 5 3500-seinou

第3世代のRyzen 5 3500は、従来のRyzen 5 2600よりも少し高い性能を持っているCPUだ。ゲーム用途では最低限必要な性能だと言える。低価格を実現するためには必要不可欠なモデルで、GALLERIA RM5R-G60Sの全てを支えていると言っても過言ではない。

10万円以下のモデルに多く採用されていることから価格の優位性は見えるはずだ。CPU負荷の高い作業は得意でも、CPU負荷の高いゲームは苦手な傾向にあるのでCPU性能に高い期待はしないほうがよいかもしれない。

総合性能

GALLERIA RM5R-G60Sseinou

GALLERIA RM5R-G60Sは、価格を抑えたミドルクラスでは一般的とも言える性能を持つ。性能の高さよりもバランスとコストパフォーマンスを重視している。性能的には申し分なく、設定を下げれば最新のゲームにも対応することができる。性能はエントリークラスのようでも中級者以上のユーザーにもおすすめしやすい。サブPCとしての運用やビジネス用途を中心に考えているなら性能に不満はない。

GALLERIA RM5R-G60SはRyzen 5 3500を搭載していることで、ゲーム以外への対応力も高い。Core i7-9700に並ぶほどのCPU性能は圧巻だ。一方で、ゲームではその性能を上手く発揮することは難しい。ゲームを中心にプレイするユーザーには少し頼りなさがある。ゲームを中心とする場合は、プレイするタイトルをある程度固定することも視野に入れたい。

RyzenシリーズはRyzenに最適化されているゲームでなければ安定しない。古いタイトルよりも新しいタイトルに強い傾向がある。それでも、ゲーム性能自体はそこまで高くないのでRyzen 5 3500の場合は、そこまでプラスに影響しない。性能よりも価格を重視したモデルにはゲームとゲーム以外の両立は高望みだろうか。

GALLERIA RM5R-G60Sの特徴まとめ

低価格最強モデルから凡庸なモデルへ

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージRM5C-G50galleriarv5
型番RM5R-G60SRT5
価格99,980円89,980円
(84,980円)
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3500
グラボGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
チップセットA520B450

GALLERIA RM5R-G60Sは、低価格帯最強だったGALLERIA RT5の後継機である。税込み10万円以下のモデルはGALLERIA RT5以外にないと言えるほど突出したモデルだった。その最強モデルの後継機とは思えないほどの凋落ぶりだ。

ストレージの評価は同等としても、チップセットはA520にダウン。型番関係なくオーバークロックが可能というRyzenの強みを打ち消すオーバークロック非対応のチップセットだ。そして価格は15,000円高くなっている。税込10万円以下というカテゴリから外れてしまっている。

構成はある程度踏襲する形ではあっても、全くの別物だ。低価格帯を支えてきたモデルの成れの果てと言うには、あまりにも悲しいモデルである。GALLERIA RT5の代替モデルに選ばれたLightning AT5の方が後継機として相応しいほどだ。そのLightning AT5もGALLERIA RM5R-G60Sの登場と入れ替わるように構成がダウンした。せめて従来モデルや、変更される前のLightning AT5に並べるくらいのモデルになっていればと思う。

ただ、GALLERIA RM5R-G60Sはこれが完成形ではない。ケースが一新されて新モデルとして登場したことで、価格が少し高く設定されている。これまでの傾向から、今後はさらに優れたモデルとして徐々に変化していくはずだ。GALLERIA RM5R-G60Sの目指す最終形はGALLERIA RT5である。従来のモデルを超えるまでは、様子を見ることを推奨したい。

登場後すぐにランキング2位が謎

dospararanking参照元:ゲーミングPC(デスクトップ)おすすめランキング|ドスパラ通販【公式】

現在GALLERIA RM5R-G60SはGALLERIAおすすめランキング2位になっている。将来性を加味しての2位なのかもしれないが、登場即ランキング入りは不可解である。GALLERIA RM5R-G60Sの発売日が2020年8月18日(火)でランキングの集計期間が2020/8/13 ~ 2020/8/19となっている。つまり、2日間の売上だけで2位まで上り詰めたことになる。店頭でバカ売れしたのだろうっか。

GALLERIAシリーズの中で最も価格が安いモデルであること以外に注目する部分がない。価格は安くても、従来と比べると割高である。ランキングに入れるほどコストパフォーマンスは優れているとは言えない。おすすめランキングなので、人気などは一切関係がないのだろう。こうなってくるとランキングの意味があるのか疑問である。従来モデルと比べても、優れたモデルと言い難い。低価格帯に強力なモデルが増えている今、GALLERIA RM5R-G60Sで対抗できるとは到底思えない。

以前は2位に「GALLERIA XA7C-G60S」があった。GALLERIA XA7C-G60Sが3位に下がったところを見ると、GALLERIA RM5R-G60Sが今推したいモデルということなのだろう。固定されていた型番が変更されたことで、もはやどの製品を指しているのかも分からない。店頭で注文するときは何と呼べばよいのだろうか。

少しネガティブな視点ではある。マイナスばかりというわけではない。これまでも登場即ランキング入りのモデルは数多くあった。その度に疑問に感じてはいた。それも時間が経過すると徐々に納得できる形に着地する。ドスパラはランキングに入ったモデルが大きく化ける。

キャンペーンにしても、ランキングに入っているモデルが優遇されているように感じる。今すぐの選択はおすすめしない。しばらく時間が経つと納得できる構成や価格に変化していく。購入するなら今よりお得になった時だ。

理想を言えば1万円引き以上だ。もしくはHDD 1TB+5000円引きあたりが妥当なところだ。注意点は1位以外の製品は割と頻繁に変更される。長く2位か3位に滞在しているようなら変化が来るのを待つべきだ。それまでは、他に優れた製品があるのでそちらを検討しておきたい。

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumen
ドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right
右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left
左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back
背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-led
ケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel
前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAMagnate
イメージRM5C-G50Magnate ZS
製品名RM5C-R60SMT
価格99,980円89,980円
CPURyzen 5 3500Core i5-10400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB500GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE500W BRONZE
マザーボードA520H410
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は現在の低価格帯最強モデルMagnate MTだ。CPU性能は比べにくいが、総合的に見てCore i5-10400の方が上だ。性能ではMagnate MTに分がある。GALLERIA RM5R-G60Sはストレージの規格で上だ。SATAとNVMe対応M.2は利便性の観点から見ると大きな差はない。

ゲームへの影響や単体の価格で見ると価格差が出てくる。しかしながら、GALLERIA RM5R-G60SとMagnate MTの価格差1万円を埋めるほどではない。GALLERIA RM5R-G60Sは安価なチップセットA520を採用していることからも、もう少し価格は下がってくるはずだ。少なくとも、価格で並ばない限りはMagnate MTが最強の座にある。現時点ではMagnate MTをおすすめする。

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-G60S)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-G60Sは、かつて高コスパで人気を博したGALLERIA RT5の後継モデルだ。新ケース採用ということもあって価格アップに構成ダウンといいところがない。かつての面影はない。

売れ筋ランキングNo.2というのは当てにしない方がよい。今後リニューアルされることを待つべきだ。おそらくGALLERIA RT5と同等の構成になって生まれ変わるのではないだろうか。

性能的にはゲームプレイに必要最低限のもので妥協すればある程度対応することができる。FULL HD環境×設定調整が前提だ。予算重視で選びたいという方はチェックリストに追加しておくとよい。

価格CPUグラボ
99,980円Ryzen 5 3500GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA RT5を販売しているショップとなる。ドスパラはBTOショップNo.1の人気ショップで多くのユーザーから支持されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。