GALLERIA RM5R-G60Stop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-G60S」の詳細レビューを書いている。売れ筋だったGALLERIA RT5の後継モデルだ。ドスパラの売れ筋ランキングNo.2にランクインしたこともあるモデルだ。1万円の値上げが適用となり評価を落としている。ここ最近このモデルは価格の変動幅が大きく選びにくくなってしまっているので注意してほしい。

GALLERIA RM5R-G60Sのスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-G60S
価格Windows 10 / 109,980円(税込)
CPURyzen 5 3500X
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆ 4.6

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

価格の変更に注意

GALLERIA RM5R-G60Sは非常に価格の波が激しいモデルだ。元々税込10万円を切るモデル(98,978円)として人気を博していた。それが価格の高騰で10万円を超え、しばらくするとまた10万円を切っていた。その後値上げされてしまって現在の価格は税込109,980円だ。乱高下する価格は予想がつきにくい。

その度にGALLERIA RM5R-G60Sの評価も変わってしまうのでおすすめしにくいモデルだと言える。ただ一つ言えるのは、税込10万円を切っていればどのタイミングでもおすすめできるということだ。Ryzen 5とGTX 1660 SUPERの組み合わせは価格を抑えられる組み合わせだ。コストパフォーマンスよりも選びやすさに特化したモデルである。

税込10万円以内の選びやすい価格でこそ価値がある。GALLERIA RM5R-G60Sの価格が荒れているように、現在の市場も大荒れだ。価格が安定している製品は在庫が安定しない。在庫が安定していると価格が安定しない。昨日と今日とで価格が違うことも珍しくない。今はゲーミングPCを選ぶのが難しい時期である。

特に予算を抑えたいユーザーからすると、予算に合うモデルが少なく選びづらい。GALLERIA RM5R-G60Sは消去法で低価格帯最強のゲーミングPCに近い場所にある。評価やおすすめ度は高いとは言えない。強みや特徴も失いつつある。しかし、この価格帯で比較できるモデルが非常に少ない。

BTOパソコン全体の高騰で評価を落としながら、部分的な評価は踏みとどまっている。予算がこの辺りであるならGALLERIA RM5R-G60Sは悪い選択肢ではないのかもしれない。それでもおすすめしにくいモデルであることに変わりはない。

GALLERIA RM5R-G60Sのおすすめカスタマイズ

電源 650W BRONZE +4,000円

GALLERIA RM5R-G60Sdengen
電源ユニットのアップグレードはおすすめだ。電源に余裕があると、先々パーツの交換を行う際に対応しやすくなる。Ryzenシリーズは新しいCPUが登場しても、一部の例外を除きマザーボードの交換を必要としない。そのため、CPUは省電力のRyzenシリーズから交換対象を選ぶだけでいい。この電源容量はグラフィックボードの交換を視野に入れてのものだ。

性能不足に陥っても、パソコンではなくグラフィックボードのみの交換で済む。ハイエンドなグラフィックボードは無理でも、GTX 1660 SUPERより圧倒的に優れたGPUが登場しているはずだ。消費電力は大きく変わらず、性能は大幅な伸びを見せるモデルが2世代先には登場していることだろう。

GTX 1660 SUPERが性能不足に陥るのはそれよりも少し先かもしれない。いずれにせよ、電源容量に余裕があることでグラフィックボードの交換時に電源の交換を必要としないのは心強い。パソコン自体の安定性も高まるのでカスタマイズとしてはおすすめだ。もしもハイエンドなグラフィックボードもいつかは搭載したいと考えているなら750W GOLD以上の電源がおすすめだ。

HDD 1TB +5,800円

GALLERIA RM5R-G60Shdd
Ryzenシリーズと言えば処理性能に優れたCPUである。用途はゲームだけに留まらないだろう。その時、保存できる容量が大きいことが必ずプラスに働く。外付けのHDDや内蔵式を増設するなど、後からでも対応することが可能だ。ただ、パソコンの保証は購入時の構成で保証される。後から買い足すよりも最初から搭載させておく方が安心だ。

ゲーム・配信・動画投稿・クリエイティブな作業などGALLERIA RM5R-G60Sが対応できる用途は非常に幅広い。性能を活かすためにもHDD 1TBはあっても困らない。むしろ先々必要になるはずだ。保証や利便性を考えて、カスタマイズしておくに越したことはない。ただし、必須ではないので予算と相談して選択してほしい。

光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ +2,000円

GALLERIA RM5R-G60Sdrive
今やあまり利用する機会のない光学ドライブもあるとないのとでは利便性に大きな差がでる。金額的にもそれほど大きくないので選びやすいのではないかと思う。必要な時に対応できないのは辛い。現在、オンライン上で多くのことは解決できる。ゲームやドライバーのダウンロードもネットに繋がっていれば完結する。そのため、光学ドライブを使用するのは限られた場面でしかない。

一部のパッケージ販売限定のゲームやソフトウェアだ。クリエイターにも選びやすいモデルなので、そういった用途を想定しているなら選択しておきたい。外付けの光学ドライブも存在しているので、後から対応することも可能だが、内蔵式の方が少し便利なはずだ。もしも、ノートパソコンも併用しているのであれば外付けの方が共有できて便利である。もちろん光学ドライブのカスタマイズは必須ではない。自分のスタイルに合わせた選択を推奨する。

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-G60Sのゲーミング性能まとめ

GALLERIA RM5R-G60Sseinou

標準的な性能を持つミドルクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境に適している。FF14をフルHDでプレイするには十分でも、4Kで安定させるのは難しい。GTX 1660 SUPERが高解像度に対応できないのが要因だ。負荷の高い場面が苦手であるため、フルHDでも最高設定が厳しいゲームも多い。

要求スペックの低いフォートナイトであれば144Hzで安定させることができる。プレイするタイトルがある程度決まっているなら扱いやすい。Apex Legendsのように少し新しいゲームでは144Hzなどの高リフレッシュレートへの対応力は低い。最新のゲーミングPCに比べると控えめな性能である。

ゲーム以外の用途は価格相応の対応力である。ゲームの配信や動画のエンコードは特別秀でたものはない。CPU性能を必要とするゲームでは配信にも気をつけなくてはならない。例えばフォートナイトをプレイしながら配信すると144Hzで安定させることができなくなる場合もある。画質よりも快適性を重視するユーザー向けのモデルと言える。

GALLERIA RM5R-G60Sの特徴まとめ

キャンペーン終了後はおすすめできない

GALLERIA RM5R-G60Sは、価格.comプロダクトアワード大賞受賞記念モデルとしての販売が終了した。通常モデルに戻ったGALLERIA RM5R-G60Sは一気に評価を落とした。キャンペーン期間は価格が1万円引きされていたこと、その期間中に相場が下がったことが挙げられる。特に、GTX 1660 SUPER搭載モデルの価格は大きく崩れ始めている。

Ryzen 5 3500と組み合わせるなら、Core i5-10400搭載モデルよりも安くなければならない。ゲーミングPC全体としては低価格に含まれていても、価格に見合ったモデルではないという評価だ。理想を言えば記念モデルがそのまま通常モデルになることだった。そして、それは不可能なことではなかったはずだ。キャンペーンが終了して通常モデルに戻ったというよりも、1万円値上げされたという印象がある。

例えば、GALLERIA RM5R-G60Sの代替モデルを努めていたLightning AT5というモデルがある。これはメモリこそ半減しているが、価格は記念モデルよりも安い。代替モデルの当時はGALLERIA RM5R-G60Sと全く同じ構成で少し安価に展開できていた。今、GALLERIA RM5R-G60Sに期待するのは低価格で選べるコストパフォーマンスに優れるゲーミングPCだ。税抜89,980円なら別の製品を候補に入れる方がよい。

性能自体はそれほど悪いものではない。これから選択するのはおすすめできないが、既に所持している場合は損や無駄ということはない。ゲーミングPCとしても、作業用としても中途半端な評価になっている。GALLERIA RM5R-G60Sは市場から消え行くモデルだ。これからの変化に期待しにくい。もしも、1万円以上の値引きが適用されると選択肢に入るかもしれない。

価格にしか強みがないモデルに成り下がった

次世代のGPU・CPUが登場し、Ryzen 5 3500もGTX 1660 SUPERも搭載モデルは数を減らしている。ただ、この2つのパーツを超える性能を有するものはあっても、価格で並ぶものがない。そのため、選択するメリットが皆無というわけではなく、価格が安いという強みを持っている。現時点での問題はその強みを活かしきれていないことにある。今後Ryzen 5の価格が下がり、RTX 3060が登場しても、価格で並ばれることはない。

仮に並ぶ日が来るとしても、その頃にはRyzen 5 3500もGTX 1660 SUPERも市場から消えている。適正価格である税抜79,980円以下にまでなれば選択のチャンスはある。しかし、価格にしか強みのないモデルは上位モデルの存在を許しやすい。特に低価格帯のモデルは1,000円、2,000円の差で大きく構成を変えることもある。5,000円高くて構成や性能に優れるモデルがあれば、それだけで選択肢から外れてしまう。

製品独自の強みがなければ比較するまでもなく埋もれる。そして、GALLERIA RM5R-G60Sはキャンペーンが終了した時点で上位と言えるモデルが存在してしまった。GALLERIA RM5R-G60Sより安く、性能が高いモデルがある。価格が全てと言えるモデルにとっては、同等の構成でも1,000円違っていれば太刀打ちできなくなる。

常に熾烈な競争が繰り広げられている価格帯と言える。低価格帯で同じ価格帯のモデルにはNo2というポジションがない。価格を抑える性質上、構成に差が生じにくく、似たモデルになるからだ。一時は低価格帯最強のゲーミングPCだったが、今はもう届かない。例え評価が高くても、上位モデルの存在がある以上おすすめすることはできない。

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAMagnate
イメージRM5C-G50Magnate XJ
製品名RM5C-R60SMT
価格109,980円(税込)107,980円(税込)
CPURyzen 5 3500XCore i5-10400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードA520H410
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのMagnate MTだ。ゲーミングPCではなく一般向けながら、長きに渡り低価格帯最強のモデルに君臨していた。RTX 30シリーズの登場でその座を退いたが、価格の高騰により再度注目を集めだした。この2製品の違いはゲーミングPCであるか否か、そしてCPUくらいだ。

本来ゲーミングPCであることはケース性能に差が生じるアドバンテージだ。しかしながら、この性能帯では排熱性能や冷却性能の恩恵が薄い。ゲーミングPCであることがメリットとは言いにくい。CPU性能はMagnate MTの方が高い。特にゲーム性能で言えばMagnate MTの方が優れている。

価格も2,000円ほど安いので現時点ではMagnate MTをおすすめしたい。ただし、ドスパラのIntel搭載モデルは複数回の値上げ対象になることが多い傾向にある。Magnate MTをおすすめするのは同等の価格であるからだ。価格差が1万円開くとおすすめできなくなるので注意してほしい。

>>GALLERIA RM5R-G60Sを購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-G60S)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-G60Sは、かつて高コスパで人気を博したGALLERIA RT5の後継モデルだ。ここ最近は価格の変動幅が大きくなかなか選びにくいモデルになってしまっている。購入するべきかどうかの判断は税込10万円以下で購入できるかどうかを基準にしよう。

性能的にはゲームプレイに必要最低限のもので妥協すればある程度対応することができる。フルHD環境×設定調整が前提だ。CPU性能も高めでクリエイター作業を考えている方にもおすすめできる。予算重視で選びたいという方はチェックリストに追加しておくとよい。

価格CPUグラボ
109,980円(税込)Ryzen 5 3500XGTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!