GALLERIA RM5R-R60Stop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-R60S」の詳細レビューを行っている。Ryzen 5 3500→Ryzen 5 3500X搭載モデルへとリニューアルされた。低価格帯のゲーミングPCとして新たにこの業界に君臨している。RTX 2060 SUPERに合わせるにはややCPU性能が不安だ。

GALLERIA RM5R-R60Sのスペック解説

<RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名RM5R-R60S
価格Windows 10 / 119,980円
CPURyzen 5 3500X
グラフィックボードGeForce RTX 2060 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.4

>>GALLERIA RM5R-R60Sを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R60Sのゲーミング性能まとめ

GALLERIA RM5R-R60Sseinou

Ryzen 5 3500XとRTX 2060 SUPERを搭載したゲーミングPC。やや性能のバランスは悪い。RTX 2060 SUPERに対して大きく足を引っ張るほどではないのが絶妙だ。ゲームを快適にプレイすることと、ゲーム以外への作業を両立できるRyzen 5 3500Xはコストパフォーマンス特化型のCPUだ。その性質から、ゲーミングPCに最適とは言えない。それはグラフを見ても分かる。グラフはCPU、GPU、メモリが段々になることでバランスを表している。メモリはともかく、CPU性能はGPUを上回っていなければならない。僅かにGPUがリードしているGALLERIA RM5R-R60Sは扱いにくい性能である。ただ、前述の通り大きく足を引っ張るほどではない。それが評価をややこしくしている部分だ。
RTX 2060 SUPERとの性能を引き出しにくいという意味ではおすすめしにくい。ゲームを中心とした用途では避けるべきだ。しかし、ゲーム以外にメインの用途があるなら話は別だ。ゲームも作業も1台で完結できる性能を有したオールラウンド性の高いモデルになる。GALLERIA RM5R-R60Sはゲームを中心とするか、しないかが非常に重要なモデルだ。どこに重きを置くかで評価は変わる。当サイトではゲームメインのゲーミングPCとしての評価になっている。その点については留意しておいてもらいたい。

>>GALLERIA RM5R-R60Sを購入<<

GALLERIA RM5R-R60Sの特徴まとめ

CPU変更も値上げで凡庸化

GALLERIA RM5R-R60Sは、搭載CPUがRyzen 5 3500からRyzen 5 3500Xに変更された。これで総合的な評価は向上するはずだが、同時に価格も引き上げられ評価は逆に下がってしまっている。Core i5-10400搭載のGALLERIA RM5C-R60Sと同じ価格になったのはRyzen 5搭載モデルとしては厳しい。その価格差を埋めるためのRyzen 5 3500Xなのかもしれないが、総合的な性能は向上しても、ゲーム性能の差を縮めるには至っていない。

RTX 30シリーズの登場で上位GPUの値下げもあり、RTX 2060 SUPER搭載モデルは相対的に評価を落とした。それも相まって大幅な評価ダウンとなった。GALLERIA RM5R-R60Sはゲーム性能の評価はそこまで高くなくても、それ以外の面では非常に優秀だ。まずまずのゲーム性能、優秀な作業処理能力を併せ持っている。Ryzen 7の処理性能はCore i7に並ばれた部分はある。

しかし、Ryzen 5はCore i5に対して処理性能の面で優位に立っている。ゲーム以外の部分を重要視するなら有用なモデルと言えるかもしれない。そのオールラウンド性こそがRyzen搭載モデルの特徴と言える。ただし、RTX 2060 SUPERを搭載していることで、ゲーム以外の評価が高くても選びにくい。

ゲーム以外の性能を重視するなら別の選択肢も出てくる。何にでも対応できるオールラウンド性は、時に中途半端と捉えられる。両方こなせても、どちらかに特化したモデルに及ばない凡庸な性能になるかもしれない。必要としている性能なのかどうかをもう一度よく検討してから選択してほしい。

次のキャンペーンまで様子を見たい

Ryzen搭載モデルはCore iシリーズ搭載モデルよりも価格が安くなければ魅力的とは言えない。競合であるIntel第10世代のCore iシリーズは非常に強力な性能だ。それに対抗するには性能差を覆すコストパフォーマンスにある。その強みを活かしきれていないGALLERIA RM5R-R60Sを今選択するのはおすすめしない。ショップ側としても、価格を同じにすることは本意ではないはずだ。

どこかのタイミングで再度キャンペーンが行われる可能性が高い。価格差をRyzen 5 3500からRyzen 5 3500Xへの変更で対応したとしない限りは期待したい。ただ、最近のドスパラは傾向が掴めない。次のキャンペーンの時期が予想しにくくなった。元々Core i5、Ryzen 5搭載モデルはキャンペーンの頻度が低い。選択を急ぐなら別の製品を検討した方がよい。

しばらく先になるなら、値引きが開始されるのを待ちながら様子を見るべきだ。5,500円以上の値引きで評価はCore i5搭載モデルに近づく。このくらいなら十分期待できる範疇だろう。価格が安くなり、コストパフォーマンスが高くなっても性能自体は変わらない。そのため、値引きされてもゲーム性能と処理性能が必要なユーザーに限りおすすめする程度だ。

次の機会を待ちながらも、他ショップの動向に目を光らせておきたい。GALLERIA RM5R-R60Sの値引きよりも、お得なモデルの登場を待つ方が確率は高い。ただ座して待つのではなく、自分に適したモデルを探し見つけることもPC選びの醍醐味である。自分が必要とする性能さえ分かっていれば、候補は幾つも見つかるだろう。その中からよりお得なモデル、お得に変化したモデルを選択する。吟味して選べば愛着も湧くことだろう。

>>GALLERIA RM5R-R60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right
右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left
左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back
背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-led
ケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel
前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
画像RM5C-G50RM5C-G50
製品名RM5R-R60SRM5C-R60S
ケースミニミニ
価格119,980円119,980円
CPURyzen 5 3500XCore i5-10400
GPURTX 2060 SUPERRTX 2060 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボA520B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
チェックポイント!!

比較対象は同じドスパラの同じシリーズであるGALLERIA RM5C-R60Sだ。主な違いはCPUとチップセットだ。同クラスのCPUとチップセットの差しかない。Ryzen 5 3500XとCore i5-10400ではCore i5-10400の方が性能も価格も少し高い。しかし、本来であればGALLERIA RM5C-R60Sの方が5,000円以上高いはずが、同じ価格で展開されている。

GALLERIA RM5R-R60Sが高いのか、GALLERIA RM5C-R60Sが安いのか。どちらにしても、同じ価格であるならばGALLERIA RM5C-R60Sの方がお得だ。実用面でも優れているので価格が同じうちはGALLERIA RM5C-R60Sをおすすめする。5,500円以上の価格差がつけばどちらも同等になる。そうなれば好みで選択してもいいだろう。それまではGALLERIA RM5C-R60Sを選んでおけば間違いない。

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R60S)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-R60Sは、RTX 2060 SUPER×Ryzen 5 3500X搭載のゲーミングPCだ。コストパフォーマンスはバランスの悪さも相まって標準よりも下だ。Ryzen 5 3500Xを搭載することでいくら価格が下がったとしてもRTX 2060 SUPERと合わせるには心許ない。値上げの敢行でCore i5-10400搭載のGALLERIA RM5C-R60Sと同じ価格になったのも厳しい。

ゲーミング性能自体は高めでFULL HD環境を基準にすればある程度対応できる。ただ、CPU性能を考えると足を引っ張ってしまうこともある。どうせならグラフィックボード性能を下げてバランス取った方が良い。比較対象モデルもチェックして欲しい。

価格CPUグラボ
119,980円Ryzen 5 3500XRTX2060 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

GALLERIA RM5R-R60Sを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。