GALLERIA SHtop


当ページでは、GALLERIA SHのレビューと評判をまとめいる。ドスパラのスリムタワーを採用したゲーミングPCだ。コスパを重視する方にはおすすめできないが、省スペースというのは選択する理由になるかもしれない。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GTX 1650は、性能的にライトミドル~ミドルクラスに位置している。CPUはハイクラスに入るため総合的な性能はなかなかのものだ。ゲーミングPCとしては最低限必要な性能を上回っているため、価格を抑えながら性能を確保したコストパフォーマンス重視型になることが多い。高い負荷のゲームは不得意で、設定を下げることで対応することができる性能は、ヘビーゲーマーよりもライトゲーマー向けと言えるだろう。

GALLERIA SHのスペック

ブランド名GALLERIA
製品名SH
価格Windows 10 / 134,980円

キャンペーン時 / 124,980円
CPUCore i7-8700
(i7-9700)
GPUGeForce GTX1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSD240GB
HDD2TB
電源550W GOLD
マザーボードチップセットB365
コストパフォーマンス・通常時
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1.4

・キャンペーン時
★★★☆☆☆☆☆☆☆3.2

GALLERIA SHの性能まとめ

GeForce GTX 1650(グラフィックボード)

gtx1650-seinou

GTX 1650は前世代のGTX 1060 3GBに近い性能を持っている。現行では最下位に位置するグラフィックボードながら、従来のGTX 1050とは一線を画す性能で人気が高い。ビジネスからゲームまで、幅広い層のユーザーに支持されるライトなゲーム向けグラフィックボードだ。

Intel Core i7-8700(CPU)

corei7-8700-seinou

前世代のi7-8700は現行のi7-9700の廉価モデルのような扱いとなり、今なお搭載モデルの数は多い。性能も高く、旧世代ということで価格も安くなりつつあり、ミドルクラスを中心に人気のCPUだ。キャンペーン中はi7-9700搭載となるため、より性能が高く、そして安定するようになっている。

総合性能

GALLERIA SHseinou

標準設定であれば広く対応できるゲームが多く、最低設定にまで下げれば最新のゲームにも対応可能だ。控えめな性能で安価なモデルが多いことで人気の高いクラスだと言える。高リフレッシュレートの対応力は低く、高解像度には対応できない。それらを必要としないのであれば十分な性能と言えるだろう。

GALLERIA SHスペック解説

構成を活かせないスリム型モデル

GALLERIA SHの持つ構成はコストパフォーマンスを活かすための構成である。つまり、グラフィックボードにライトミドルクラスを搭載していて価格が抑えられるはずだ。しかし、様々な技術が駆使されているスリム型モデルは、それが裏目に出た結果のケース費用のせいなのか価格が割高になってしまう。せっかく性能を控えめに、コストパフォーマンスを活かせる性能であるにも関わらずワンランク、ツーランク上の価格にまで上がってしまっている。

こうなってくるとスリム型特有の省スペース性を手にするための犠牲が大きすぎてとてもおすすめすることはできない。あくまで、ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPCであるため、予算に糸目をつけないならもっと性能の高いスリム型を、予算がある程度決まっているならタワー型のゲーミングPCをおすすめしたい。

何を求めるかで評価は変わる

ゲーミングPCを求めているのか、スリム型を求めているのか、どちらに重点を置いているかで評価は大きく変わる。例えば、ゲームはほどほどにビジネスや作業用に考えているのであれば決して悪い選択肢ではない。

ゲームをメインにとりあえず細身で省スペース性を求めているのであれば悪い選択肢だ。スリム型の弱点は割高になることだけではなく、排熱性能と拡張性の低さもある。

このクラスの性能であれば熱によるパフォーマンスの低下は抑えられるかもしれない。しかし、そもそもゲーム用としては性能に満足いくのか疑問である。キャンペーン期間中の税抜124,800円であれば、もっとゲームに適したモデルが存在しているので比較を確認して欲しい。

>>>>>GALLERIA SHを購入する<<<<<

ガレリアSHパソコンケースレビュー

galleriasscase
当該モデルで採用されているスリムタワーは、省スペースが魅力のケースだ。横向きに設置することも可能。本体側面に排気口を設けることで排熱効率を上げている。実際ゲームプレイをするとミニタワーやミドルタワーよりも温度が上がりづらいときもある。ここにもお金を掛けているのだと推測される。

似ているモデルとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
画像galleria slimgalleriaxg
製品名SHXT
ケーススリムミドル
価格134,980円
(124,980円)
129,980円
(123,980円)
CPUi7-8700
(i7-9700)
i7-8700
(i7-9700)
GPUGTX 1650GTX 1660 Ti
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
(16GB)
SSD240GB500GB
(NVMe 512GB)
HDD2TB1TB
電源550W GOLD500W BRONZE
マザボB365B365
公式公式公式

比較対象はこの価格帯最強のGALLERIA XTだ。CPU性能は同じでも、グラフィックボードの性能は2つ上となるGTX 1660 Tiだ。また、メモリ容量もキャンペーン期間中は16GBになることでゲームに対する安定感は非常に高い。

ストレージの総容量ではGALLERIA SHに劣るもののSSDの容量は大きく、ゲームやよく使用するアプリケーションを高速で起動することができる。それでいて価格はGALLERIA XTのほうが安いので、ゲームをメインで考えているのであればGALLERIA XTを強く推奨する。仮に、GALLERIA XTの値引きが無くともGALLERIA SHより圧倒的にコストパフォーマンスも高くおすすめである。

管理人による総評

性能が高くなるにつれて、コストパフォーマンスは少し向上している。利便性にも優れ、メリットも増えている。しかし、構成と価格を見ると釣り合いが取れているようには思えない。ショップが違えばそういうこともあるかもしれないが、同じドスパラのGALLERIAシリーズ内での差は痛い。

ミニタワーやミドルタワーはキャンペーンも行われ、非常にお買い得な製品が多い。その影響もあり、相対的に評価を落とすスリムタワーは万人受けするものではない。ケースだけを見れば省スペース性に長けているため、万人受けはするかもしれないが…。それはミニタワーやミドルタワーと同じクオリティを発揮できてのものだ。

残念ながら、性能が高くなればなるほどコストパフォーマンスは向上する。ただ、パフォーマンスは低下する傾向にある。それは拡張性や排熱性能というスリムタワーの持つデメリットでありジレンマだ。最近のスリムタワーは使用に関し、熱による影響は受けにくい。マイナス点はフォローできているが、それでもまだ一歩足りない。せめて価格がミニタワーに近づくことができれば、一つの時代を築けるかもしれない。

>>>>>GALLERIA SHを購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA SHを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る