GALLERIA XFtop


当記事では、ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XF」についてレビューを行っている。旧ケースを採用したガレリアXFが復活を果たした。RTX 2070 SUPER×i7-10700F搭載で13万円台は素晴らしい!新ケース採用の「GALLERI XA7C-R70S」よりも価格が安く構成にも優れている。新しいケースにこだわりがないのであれば検討する価値がある。おそらく一時的な復活だろう。

なお、後継モデルは「GALLERIA XA7C-R37T 第12世代Core搭載」となる。RTX 3070 Ti×Core i7-12700搭載のゲーミングPCで飛躍的にパフォーマンスが向上している。特にIntel第12世代のCore i7-12700は12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイター作業にも適している。GALLERIA XF自体非常に人気の高かったモデルで今でも検索されているため当記事はアーカイブとして残しておく。

GALLERIA XFのスペック解説

galleriaxg

ブランド名GALLERIA
製品名XF
価格Windows 10 / 134,980円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★★★☆ 9.1

>>>GALLERIA XFを購入<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

フルHD環境で既存のゲームを快適にプレイできる性能が魅力となっている。高リフレッシュレートにも対応することが可能で、本格的なゲームプレイを想定しているユーザーに最適だ。この性能帯から一気にできることの幅が広がる。ハイエンドクラスの入り口とも言えるその性能は誰にとっても扱いやすい。フルHD環境では最高のパフォーマンスを発揮できるトップクラスの性能である。

GALLERIA XFの性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 2070 SUPER(グラフィックボード)

rtx2070superseinou

RTX 2070 SUPERは、旧モデルで最も人気が高いグラフィックボードの一つだ。後継モデルであるRTX 3070が登場したが、結果的にRTX 2070 SUPER搭載モデルの価格が落ちたためコストパフォーマンスは高い。どこのBTOメーカーでもこのRTX 2070 SUPERには力を入れていた。それだけ扱いやすいグラフィックボードだということだろう。

設定次第では4Kなど高解像度にも対応可能だ。基本的にはフルHD+高リフレッシュレートになる。その基本的な用途でも抜群の安定感を誇る。何をするにも不足しない性能は、本格的なゲームプレイに適している。初心者の方でも選びやすくおすすめしやすい。Core i7-10700Fとの相性も良好だ。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、2020年5月20日に登場した最新のCPUだ。前世代で人気を博したCore i7-9700の後継機で、今世代ではハイパースレッディングに対応となった。第9世代のCore i9-9900と同等の性能を持っている。Core i7-9700Kと同等以上のゲーム適正の高さが魅力でゲーミングPCのスタンダードとして高い評価を得るだろう。

価格も落ち着いてきたため購入しやすくなっている。ハイクラスのRTX 2070 SUPERとの相性は良い。ゲーム以外の用途にも適しているのでストリーミングPCとしても搭載モデルは増えてくると考えている。

総合性能

GALLERIA XFseinou

余裕のあるハイクラスの性能を持つゲーミングPCだ。Core i7-10700FとRTX 2070 SUPERの組み合わせは、現存するモデルの中でも人気がある。ゲームを快適にプレイすることに関しては性能を無駄にしない扱いやすさが特徴だ。フルHD+高リフレッシュレートに適している。

本格的なゲームプレイも、ジャンルを選ばず様々なゲームをプレイすることも可能だ。多くのゲーマーが求める性能と言える。型落ちとなったRTX 2070 SUPERは今でも現役のハイクラスである。グラフを見て分かる通り、比較的負荷の高いPUBGでもGPU性能はかなりの余裕がある。CPU、GPU、メモリのバランスが最も取れた組み合わせだ。数年の間は性能不足に陥ることはない。

ただし、WQHD以上の高解像度への対応力はそこまで高くない。特にWQHD+高リフレッシュレートの場合は最低設定にまで下げなくては安定しないタイトルもある。4Kになると最高設定は難しい。フルHD環境でのみ通用する性能だ。その点だけは理解して選択したい。

>>>GALLERIA XFを購入<<<

GALLERIA XFの特徴

まさかの人気モデルの復刻

ドスパラ史上、最も人気の高かったゲーミングPCが期間限定で復活した。GALLERIA XA7C-R70Sの前身であるGALLERIA XFの再登場だ。旧ケース採用で、新型よりも見栄えはよくない。しかし、そのコストパフォーマンスの高さは現行のRTX 2070 SUPER搭載最強クラスだ。GALLERIA XFの名には恥じない圧倒的なモデルである。人気ランキング連続首位記録は今もなお抜かれることはない。

2020年8月に再登場したものの、数週間後に販売を終了。その時と比べて構成はダウンしているが、3万円の値引きにより評価を高めている。これこそGALLERIA XFに期待していた姿に近い。理想を言えば、構成はそのままに価格を下げてほしかった。それでも、Core i7-10700FとRTX 2070 SUPER搭載最安値クラスなのは嬉しい。ミドルクラス並みの価格でハイクラスを手に入れるチャンスだ。

この価格帯に革命を起こすほど価格が抑えられている。これがキャンペーンモデルでなければ、GALLERIA XFの天下がまた始まっていただろう。人気だった秘訣はキャンペーンにある。CPUや価格にキャンペーンが適用され、他モデルを引き離す瞬発力こそが最大の特徴だ。

そういった意味では、キャンペーンモデルでの登場はGALLERIA XFの特色にマッチしているようにも思う。ゲーミングPCと言えばGALLERIA XF。残念ながら、後継機にその評価までは引き継がれずに型番とともに終わった。復刻した今こそ選択のチャンスだ。

後継機に見せつける格の違い

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージgalleriaxgGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名XFXA7C-R70S
価格134,980円149,980円
CPUCore i7-10700Core i7-10700
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
チップセットH470H470
公式公式公式
レビュー当ページレビュー

GALLERIA XFは代々圧倒的な強さでゲーミングPCの代表格だった。その後ケースリニューアルに伴いその歴史に終止符を打つことになった。後継機にGALLERIA XFほどの突き抜けた要素はなく、他製品に人気モデルの座を奪われていた。復刻版GALLERIA XFと現行の後継機を比べるとGALLERIA XFのよさは伝わりやすいはずだ。現行と復刻版の比較だ。GALLERIA XA7C-R70Sの価格も下がり、まずまずの評価である。

そして、全く同じ構成で15,000円も安いGALLERIA XFはしっかりと格の違いを見せつける。新ケース採用でGALLERIAシリーズの価格は高くなってしまった。それだけケースにコストが掛かっているとするなら、15,000円を覆すことができるかもしれない。実用性よりもケースデザインを重視するなら、GALLERIA XA7C-R70Sを選択するメリットもあるかもしれない。

ただ、それは一般的な話ではないだろう。総合的な評価はGALLERIA XFが圧倒的に上だ。15,000円も安ければカスタマイズで差をつけることも、周辺機器に費用を充てることもできる。この性能で税抜13万円台なら一気にトップモデルになれるだろう。

そして、もしもGALLERIA XFが今も通常ラインナップにあったなら、同等のモデルとして君臨していたはずだ。GALLERIA XFの消失は多くのユーザーにとっても損失と言える。これからも、定期的な復活に期待したい。次はRTX 3070搭載モデルとして再登場するかもしれない。

>>>GALLERIA XFを購入<<<

GALLERIA XF i7-10700搭載のおすすめカスタマイズ

実はカスタマイズができる項目がそれほど多くない。いくつか検討する価値があるものをピックアップしている。もっと詳しく知りたい方は参考記事を参考にして欲しい。

電源 ★★★☆☆

ゲーミングPCのカスタマイズ項目の中で最も人気の高い項目だと言える。現時点でそれほど種類があるわけではないので予算に余裕がある方向けだ。電源容量及び規格が上がれば将来グラフィックボードの換装時などに安定したPC動作が可能となる。

SSD ★★★☆☆

SSD容量をアップさせるのはおすすめだ。1TB NVMe対応までアップグレードさせれば十分過ぎるストレージとなる。システム+ゲームなどのアプリケーションを保存するにも余裕が生まれる。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞
イメージgalleriaxgLEVEL-M0B6-i5F-RI
製品名XFLEVEL-M049-iX7-RWS
価格134,980円145,980円
CPUi7-10700i7-10700
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB480GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
チップセットH470Z490
公式公式公式
レビュー当ページ当ページ
比較対象はパソコン工房のLEVEL-M049-iX7-RWSだ。Core i7とRTX 2070 SUPERを組み合わせたモデルで最も価格の抑えられたモデルだ。ただし、GALLERIA XFを含むキャンペーンモデルは含まない。この2製品を比べると、GALLERIA XFの価格がいかに突出しているかが分かると思う。

それぞれ善し悪しあるが、相殺できる構成だ。それでいてGALLERIA XFの価格は11,000円安い。近頃勢いのないドスパラ製品にブーストを掛けるには十分なモデルだ。GALLERIA XFがあるうちは、この価格帯と性能帯で他の選択肢はないと言えるだろう。

>>>GALLERIA XFを購入<<<

パソコンケースレビュー

galleriazvcase
当該モデルで採用されているのはガレリアのミドルタワーケースとなる。シンプルなデザインながら排熱性能の高さ、実用性の高さから多くのユーザーから支持されている。ドスパラのこれまでの経験がしっかりと生かせていると言える。I/Oパネルは本体の前面に配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(GALLERIA XF)

galleriaxg

GALLERIA XFがまさかの復活となった。Core i7-10700Fを搭載し価格を30,000円引き下げられたのは大きい。税込み15万円前後の予算で考えている方は必見だ。グラフィックボードには定番のRTX 2070 SUPERを搭載しゲーミング性能が高い。FULL HD環境で高リフレッシュレートを実現することができる。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと充実した構成で、現行のストレージを削った「GALLERIA XA7C-R70S」に比べてコストパフォーマンスも激高だ。

価格CPUグラボ
134,980円Core i7-10700FRTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!