GALLERIA XHtop


当記事では、ALLERIA XHのレビューと評判を解説している。Turing世代の50番台が登場。手頃な価格だが、コストパフォーマンスは悪くおすすめしにくい。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

現行モデルの中では標準より低く、最低よりも少し高い程度の性能を持つゲーミングPCだ。このくらいの性能になると、ゲーミングPC以外でも同等の構成を持つモデルも出てくる。そう考えるとあえてこのゲーミングPCを選択する必要はないようにも思う。最新のゲーム以外であればフルHD+低設定程度に下げれば快適にプレイ可能だ。一部のゲームでは推奨環境を満たせないので、その辺りは注意が必要となる。

GALLERIA XHのスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名XH
価格・通常時
129,980円

・キャンペーン時
117,980円
CPUCore i7-9700
GPUGeForce GTX1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSD250GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB365
補足光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス・通常時
★★★☆☆☆☆☆☆☆3.2

・キャンペーン時
★★★★☆☆☆☆☆☆4.1
GTX1650搭載のゲーミングPCとなっている。登場したばかりの一台だ。ミドルタワーを採用し拡張性・機能性に関して問題なしと言える。CPUにはCore i7-9700を搭載しややCPUに寄ってしまっている。

すでに12,000円の割引キャンペーンが実施されコストパフォーマンスは上がっている。ただし、比較対象モデルにより優れたモデルがあるので合わせてチェックして欲しい。

GALLERIA XHのゲーミング性能

GeForce GTX 1650(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

ライトゲーマーに支持される性能と価格を持ち、価格を抑えるには最適なグラフィックボードだ。それだけに、価格が上がってしまうi7-9700との組み合わせは性能も価格もアンバランスなものになっている。無理してこの組み合わせのモデルを選択するメリットはビジネス用途でもゲーム用途でも共に必要ないだろう。

Intel Core i7-9700(CPU)

sa2-e-sports-i7-9700

GTX 1650との組み合わせは良いとは言えず、CPU性能が突出し過ぎているように感じる。それ自体は悪いことではなく、ゲーム用として見るならi5-9400のほうがバランスも価格も評価も良くなるのではないだろうか。やや無駄な性能と言われても仕方がないだろう。

総合性能

GALLERIA MTseinou

少し前であればGTX 1650でも十分ゲームに対応することができた。しかし、新しいゲームの中にはGTX 1650では推奨環境を満たせないものも登場しており、ゲーム向きのパソコンとしては物足りなさが目立っている。CPU負荷の高いゲームは限られており、最近はグラフィックボードの要求が高い傾向にある。そのような状況を考えるとGALLERIA XHは現在のゲーム事情にマッチしていないように思う。やや古めのゲームや2018年以前のゲームであれば概ね快適にプレイすることが可能だ。

GALLERIA XHの特徴と強み

キャンペーンで化けてもおすすめしにくいモデル

ドスパラと言えば充実したキャンペーンで平凡なモデルが一気に化けることが日常茶飯事だ。しかし、GALLERIA XHはどんなキャンペーンが来てもおすすめすることはないと言える。仮に逆転することができるとするなら、グラフィックボードがツーランクほど上がらないと厳しい。

上位グラフィックボードを搭載したモデルと価格差がほとんどないことがGALLERIA XHとしては致命的で、構成的には税抜10万円台になってようやく候補に上がる程度だろう。あまりはっきり言えないが、この価格帯でなら性能の高いモデルを選択したい。そしてこの性能帯でならもっと安く手に入れたいというのが本音だ。何よりゲーミングPCとしては性能に不安があることは否めないのでおすすめもしたくない。

ドスパラの中でも魅力の低いゲーミングPC

ゲームをプレイするにはGTX 1650の性能ではやや不安がある。ではGTX 1650搭載モデルを選ぶメリットはなにか。それはもちろん価格が安いことであり、それ以外のメリットはほとんどないと言って良いだろう。そんなGTX 1650搭載したGALLERIA XHは安いとは言えない。GTX 1650搭載モデルとしても、ゲーミングPC全体としても安くない。

よってGALLERIA XHに魅力があるとは言えず、むしろかなり微妙であるのがおすすめできない最大の理由だ。値引きで税抜117,980円はGTX 1660搭載モデルと同等、あるいは高価になってしまっている。この価格帯は非常に優秀なモデルが群雄割拠している価格帯になり、ミドルクラスの主流の価格帯となっている。性能を求めるにせよ、コストパフォーマンスを求めるにせよ、比較を見てその差を体感して欲しい。

>>>>>ALLERIA XHを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIANEXTGEAR-MICRONEXTGEAR-MICRO
製品名XHTD-STD-G
画像galleriaxgNEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDNEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD
ケースミドルミニミニ
価格129,980円
(117,980円)
119,800円129,980円
CPUi7-9700i7-9700i7-9700
GPUGTX1650GTX1660GTX1660Ti
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2400 8GBDDR4-2400 16GB
SSD250GBNVMe 256GBNVMe 256GB
HDD1TB1TB2TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザボB365B360B360
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
チェックポイント!!

比較対象はどちらも当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルだ。TD-SはGALLERIA XHのセール時と2,000円しか変わらず、グラフィックボードは2ランク上のGTX 1660を搭載し、SSDもNVMe対応モデルを採用している。

TD-Gは4ランク上のグラフィックボードGTX 1660 Tiを搭載しており、HDD容量倍増、NVMe対応SSD搭載、メモリ16GBでGALLERIA XHの標準価格と同じである。確かにコラボレーションモデルは安い。それと同時にGALLERIA XHが高いこともあってほとんど差を感じられなくなっている。現状GALLERIA XHは目に見えてこれらの製品より安くならない限りおすすめすることはない。

>>>>>GALLERIA XH GTX1650搭載を購入する<<<<<

ALLERIA XHのケース紹介

フロント部分

ガレリアDTフロント

フロントパネルにはUSB差込口が2つ、マルチーカードリーダーが1つ、電源スイッチ、音源入出力等がありオーソドックスな形だ。

コンパクトなミニタワーにしては豪華なパネルで、ガレリアのミドルタワーをそのままミニタワー化したようなパネル。大きさは幅18.5cm 奥行き39.5cm 高さ37cmとなっている。

内部リア

ガレリアDT内部リア

背面には排熱性能の良い大き目のメッシュにファンが搭載されており、フロントから吸気し、そのままリア部分に流れるようになっている。この構造はミニタワーによくあるタイプだ。

排熱性能は高くそれこそがドスパラの「GALLERIA」の特徴とも言える。基本に忠実でありながら、考えられた設計でミニタワーながら安定感は高い。拡張性もあり

本体左側面

ガレリアDT内部

ミニタワー独特のスペースで、スペースに余裕は無いながらも排熱効率はしっかりしている。増設などを行わないのであれば特に問題ないが、熱がこもりすぎるのであればファンの増設も行っておきたい。拡張スロットはPCI Express x4の1つとPCIの1つ空きがある。

また、拡張ベイは5インチが1つ3.5インチシャドウベイは2つ空きがあるのである程度の増設には対応できそうだ。構成に満足できて、増設を考えていないのであればしっかりとよくまとまっていると思う。

管理人による総評

最新のTuring世代のグラフィックボードである「GTX1650」を搭載したGALLERIA XHについてレビューをまとめた。性能的にはGTX1050Tiよりも高くなっていて性能の底上げが行われている。CPUにはCore i7-9700を搭載しボトルネックとなることはない。ただし、最近では要求スペックの高いタイトルも増えてきていて長く使いたいと考えている方には不向きだ。FULL HD環境×標準設定を基準に考えて欲しい。高設定や4K解像度でのゲームプレイを考えている方は予算を上げるべきだ。

他のモデルと比較してみると、GALLERIA XHはやや魅力に劣る。その要因として発売間もないということもあり価格が割高で上位のGTX1660搭載モデルとの差がないことだ。比較対象として挙げた「G-Tune TD-S」は、キャンペーン時ほぼ同じ価格でグラフィックボードが上位のGTX1660搭載となる。また、SSDもNVMe対応への上位互換となりGALLERIA XHを選択する理由がなくなってしまう。

ゲーミングPCを購入する際は他のメーカーのモデルと十分に比較してから決めるのが良いだろう。ドスパラのポイントをたくさん持っているとかサポート面が気に入っているなどの理由がない限り選ぶ必要はない。今後価格が落ち着いてきたらまたその時にGALLERIA XH GTX1650を検討しよう。

>>>>>ALLERIA XHを購入する<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

最新のおすすめゲーミングPCランキングを解説している。どのゲーミングPCが良いのかわからないという方やこれから探し始めるという方は一度読んで参考にして欲しい。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判を解説している。知名度が高く、まず一番初めてにチェックして欲しいショップの一つだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る