GALLERIA XA7C-G60Stop


当記事では、GALLERIA XA7C-G60Sのレビューをしている。人気のミドルクラスにも最新の第10世代CPUが搭載となった。ドスパラの新型リリースのタイミングの早さはさすがだ!圧倒的なコストパフォーマンスを誇るGTX 1660 SUPER搭載モデルとなっている。

GALLERIA XA7C-G60Sの意味は、X=シリーズ(eXtend)、A=ATX(マザーボード)、7C=Core i7-10700、G60S=GTX 1660 SUPERということだ。分解すればわかる仕組みになっている。前のGALLERIA XTの方がわかりやすかったように思うが…

GALLERIA XA7C-G60Sスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-G60S
価格Windows 10 / 129,980円
CPUCore i7-10700
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD1TB
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★★★★ 9.5

>>>>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入する<<<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-G60Sのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスで不動の人気を誇るグラフィックボードだ。フルHDであれば既存のゲーム全ての推奨環境を満たせている。高リフレッシュレートでのゲームプレイの場合は標準以下に設定を下げる必要はある。それでも対応できることが第一だ。コストパフォーマンスに優れたGPUは2020年もトップクラスの人気で駆け抜ける。

Core i7-10700(CPU)

corei7-10700seinou

Core i7-10700は、最新のIntel第10世代CPUだ。前世代のCore i9-9900に近い性能を持っている。ゲームへのパフォーマンスは素晴らしく、前モデルのCore i7-9700を軽く凌駕する。

第10世代の特徴はマルチコア性能の向上である。ゲーム以外への用途に適したパフォーマンスで、配信や動画作成にも適している。上位のCore i7-10700Kよりもワットパフォーマンスにも優れている。第10世代を代表するCPUになるだろう。

総合性能

GALLERIA XA7C-G60Sseinou

突き抜けたCPU性能が魅力だ。メモリ容量も十分なので、ゲームに対してはGPUを基準に合わせるだけでいい。ここまでCPU性能が突出していると、ゲーム+αの用途でもパフォーマンスを維持できる。例えば、現状最高峰の要求スペックを持つX4を配信することもできる。CPU負荷に対しては特に強く、CPUがボトルネックになるようなことはない。

ミドルクラスに収まらないCPU性能はGALLERIA XA7C-G60Sのバランスを悪く見せている。GPU性能が低いのではなく、CPU性能が突出し過ぎているだけだ。これから登場するゲームに対しても、強いアドバンテージとなる。ゲームはCPU負荷よりもGPU負荷の方が落としやすい。GPU性能が不安でも設定を下げれば済む。最新のゲーム事情を考慮したモデルとも見れる。

>>>>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入する<<<<<

GALLERIA XA7C-G60Sの概要&特徴

新生GALLERIAのミドルクラスが登場

GALLERIA XA7C-G60Sは従来のミドルクラス最強モデルGALLERIA XTの後継機だ。GALLERIAの新しい筐体になったことで、構成も僅かに変化している。第10世代搭載で価格据え置きを実現するために、ストレージ構成がマイナスになっている。

以前はHDD 1TBとNVMe対応SSD 512GBの組み合わせだった。現行ではHDD非搭載でNVMe対応SSD 512GBのみだ。これにより、利便性やコストパフォーマンスは低下傾向にある。第10世代を搭載している分だけ性能は高いのでプラマイゼロだ。

従来のバランスの取れたコストパフォーマンス型から、バランス重視の性能型になったのが現行のGALLERIA XT、もといGALLERIA XA7C-G60Sだ。ただし、ここからGALLERIA XA7C-G60SもHDD搭載モデルに変化していくことが予想される。時間経過で従来どおりの評価になっていくだろう。

GALLERIA XA7C-G60Sのよさと特徴を楽しめるのは今のうちだけかもしれない。将来的にGALLERIA XA7C-G60Sはミドルクラス最強モデルに君臨することが約束されている。評価の面で多少下がっていても、性能を優先するなら選択しても後悔はない。最新の性能を持つ最新のモデルは選択するデメリットが少ない。

なお、現行モデルの中では消去法でミドルクラス最強モデルである。第9世代搭載モデルが市場から消えるまでは突出した製品はほとんど登場しないだろう。少なくともそれまでの間は暫定的に最強モデルに君臨している。評価面を気にせず、最新である利点を優先するのもありだ。本来はあまりおすすめしないが、GALLERIA XA7C-G60Sは例外的なモデルである。

ここからの変化にも期待したい

GALLERIA XA7C-G60Sは従来のGALLERIA XTと比べて少し変化がある。電源が50W増の550W搭載だったり、HDDが非搭載だったりと善し悪しがある。ただ、HDD非搭載の部分は変化に期待できる。それは、従来のGALLERIA XTも登場時はHDD非搭載だったからだ。ある意味現在の形は様式美のようなものである。

これまでの傾向から考えて、今後GALLERIA XA7C-G60Sは確実にデュアルストレージ化するだろう。そして、その時がGALLERIA XA7C-G60Sの評価が最も高くなる時である。だからと言って今が悪いというわけではない。その変化が自体もしばらく先になる可能性もある。

それを待つくらいならHDDをカスタマイズした方が手っ取り早い。GALLERIA XA7C-G60Sは将来的に更に強化されていくというだけの話だ。前述の通り、GALLERIA XA7C-G60Sは消去法でミドルクラス最強のモデルだ。しかし、将来的には実力で最強モデルに君臨できるモデルでもある。

つまり、今でも、しばらく先に選んでも、変わらず高い評価のモデルということだ。ミドルクラスのゲーミングPCを購入するならGALLERIA XA7C-G60Sは素晴らしい選択肢だ。そしてミドルクラスを引っ張っていく存在だ。

性能面では従来と大きく違い、ゲーム以外への対応力が魅力だ。ゲームを快適にプレイすることはもちろん、配信や動画作成ができる。一歩先を行くミドルクラスのゲーミングPCをとして今もこれからも期待したい。

>>>>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入する<<<<<

GALLERIA XA7C-G60Sのおすすめカスタマイズ

HDD ★★★★☆

GALLERIA XA7C-R70Shdd

HDDを追加は多くの方が選択することになるはずだ。やはりSSD 512GBのみでは物足りない。前のGALLERIA XFと同じHDD 2TBにすると+7,100円となる。もう少し予算を抑えたいならHDD 1TBで+5,800円だ。コスパだけを考えると2TB以上がお得だ。

光学ドライブ ★★★☆☆

GALLERIA XA7C-R70Sdrive

光学ドライブが必要だという方は+2,000円で追加することができる。DVDやCDで映画を観たり音楽を聴いたりしたいという方はカスタマイズしておくとよいだろう。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIANEXTGEAR-MICRO
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear-micro
製品名XA7C-G60STD-G
価格129,980円122,800円
CPUi7-10700i7-9700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2400 16GB
SSD1NVMe 512GB256GB NVMe
SSD2非搭載250GB SATA
HDD非搭載1TB
電源550W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH470B360
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は第9世代搭載のミドルクラス最強モデルG-Tune TD-Gだ。性能ではGALLERIA XA7C-G60Sが上でも、構成やコストパフォーマンスではG-Tune TD-Gが上回っている。ただ、構成は後から替えが利きやすいのに対して、性能は替えが利きにくい。

どちらを優先するかで言えば性能の方だろう。ゲームを快適にプレイできることよりも優先すべき事はない。予算で見るとG-Tune TD-Gも決して悪くないので、価格と構成のG-Tune TD-Gか性能のGALLERIA XA7C-G60Sで分けて考えるとよさそうだ。

>>>>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-G60S)

GALLERIA XA7C-R70S

GALLERIA XA7C-G60Sは、GTX 1660 SUPER×i7-10700搭載のゲーミングPCとなっている。性能的にはフルHD環境でのゲームプレイを考えているなら十分だ。GTX 1660 SUPER×i7-10700は構成バランスが良い。最新の第10世代CPU搭載モデルが前世代と同じ価格で登場した。メモリ16GBがデフォルトとのなったのも大きい。

より安定したゲームプレイが可能となる。ストレージについてもSSD 512GBと最低限の容量は確保されている。このモデル単体としてみるとコスパも高くおすすめなのだが、比較対象モデルと十分比較して検討して欲しい。どちらを選んでも後悔することはないはずだ。

価格CPUグラボ
169,980円Core i7-10700RTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る