GALLERIA XA7C-G60Stop


当記事では、GALLERIA XA7C-G60Sのレビューをしている。登場からしばらく時間が経過したが大きな変化がない。GTX 1660 SUPER搭載モデルの中には優秀なモデルも多く存在感を示せていない。今後のキャンペーンに期待している。

GALLERIA XA7C-G60Sの意味は、X=シリーズ(eXtend)、A=ATX(マザーボード)、7C=Core i7-10700、G60S=GTX 1660 SUPERということだ。分解すればわかる仕組みになっている。前のGALLERIA XTの方がわかりやすかったように思うが…

GALLERIA XA7C-G60Sスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-G60S
価格Windows 10 / 119,980円
CPUCore i7-10700F
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD1TB
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★★☆☆ 8.0

>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠Apex LegendsFF14Fortnite
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-G60Sのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスで不動の人気を誇るグラフィックボードだ。フルHDであれば既存のゲーム全ての推奨環境を満たせている。しかしながら、性能は標準的で高リフレッシュレートでのゲームプレイの場合は標準以下に設定を下げる必要がある。

それでも対応できることが第一なので評価は上々だ。コストパフォーマンスに優れたGPUは2020年もトップクラスの人気で駆け抜ける。初心者の方から中級者の方まで幅広い層におすすめだ。初めてのゲーミングPCにもぴったりだろう。RTX 20シリーズ全体の価格が落ちてきていてこのGTX 16シリーズにもよい流れが来ている。

Core i7-10700F(CPU)

corei7-10700seinou

Core i7-10700Fは、最新のIntel第10世代CPUのハイクラスのCPUだ。Core i7シリーズでありながらハイパースレッディングに対応したことで前世代のCore i9-9900に近い性能を持っている。ゲームへのパフォーマンスは素晴らしく、前モデルのCore i7-9700を軽く凌駕する。

第10世代の特徴はマルチコア性能の向上である。ゲーム以外への用途に適したパフォーマンスで、配信や動画作成にも適している。上位のCore i7-10700Kよりもワットパフォーマンスにも優れている。第10世代を代表するCPUになるだろう。Core i7-10700Fを基準に考えると失敗しないはずだ。

総合性能

GALLERIA XA7C-G60Sseinou

標準的な性能を持つミドルクラスのゲーミングPCだ。ゲームを快適にプレイすることと価格を抑えることを両立している。ミドルクラスは性能よりもコストパフォーマンスが優れている傾向にある。グラフのように、CPU性能は高くてもGPU性能はやや控えめだ。それでも、標準設定でのゲームプレイであれば快適性を維持できる。

また、高リフレッシュレートにも対応できるので、本格的なゲームプレイもある程度可能だ。選びやすい価格と扱いやすい性能から、ゲーミングPCの中でも最も人気の高い性能帯である。Core i7-10700Fはゲームに抜群の性能を発揮する。しかしながら、マルチコア性能に優れることから、ゲーム以外へも非常に高い対応力を持っている。この特性から、ゲームの配信や動画編集などの用途にも適している。

これまでのミドルクラスと異なり、できることの幅は広めだ。初めてのゲーミングPCとしても、価格を抑えたいヘビーゲーマーにまで幅広く受け入れられている。ゲーミングPCの王道的な性能は、誰にとっても無難な選択肢である。高解像度への対応力はないので、フルHDを基本としているゲーマー向けのモデルである。

>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入<<

GALLERIA XA7C-G60Sの概要&特徴

値引きも評価は微減

GALLERIA XA7C-G60Sは、登場からほとんど変化がなく、ようやくここに来て1万円引きが適用された形だ。全体的に価格が落ちてきているという他製品の動向から、評価は微妙に下がっている。RTX 30シリーズの登場で、RTX 20シリーズの価格が下がった。これにより、RTX 2060 SUPERやRTX 2060を搭載したモデルの価格が迫ってきた。ミドルクラスにとっては厳しい時期に差し掛かっている。

ここでの評価ダウンは、本来大幅に下がるはずの評価を押し留めたとも言える。コストパフォーマンス8.0の評価は、現行のミドルクラスの中ではかなり優秀だ。微減したことはマイナスではなくプラスと捉えることもできる。この値引きを2ヶ月早く適用できていれば、ミドルクラス最強のモデルに君臨していたかもしれない。少しだけタイミングがズレたせいでいまいちインパクトがない。順当な値引きである。

RTX 20シリーズは後継機が出たことで旧型となり、価格が大きく下がっている。これはRTX 20シリーズが非常に選びやすくなっている要因だ。一方で、GTX 16シリーズは後継機が登場していない。上位モデルの価格が下がったことで連鎖しているに過ぎない。そのため、値引き額は上位モデルと比べて控えめである。結果的にそれがGTX 1660 SUPERとRTX 2060などの上位モデルとの価格差を縮めることになった。

現状、値引きだけでは評価を覆すことは難しいが、流石に上位モデルも税抜11万円台には入ってこない。GALLERIA XA7C-G60Sの強みは、税抜11万円台であることだ。値引きだけでは厳しい状況で、価格に頼らざるを得ないのは厳しさが増すばかりである。

ミドルクラスの標準的なモデル

GALLERIA XA7C-G60Sは、かつてミドルクラス最強だったGALLERIA XTの後継機だ。現在の評価は、GALLERIA XTに及ばないまでも、時代を考慮すれば十分近いものがある。ただ、他製品により優れた製品が登場していることで、最強にはなれない。ミドルクラス最強まであと2歩と言ったところだろう。前述のように、上位モデルの価格が崩れている今となっては厳しい。

それでも今回のこの値引きにより標準的なモデルというポジションを得た。ミドルクラス全体で見ると上位であるが、今は価格が不安定なため確実ではない。あえて標準的と表現しているのは、選んで後悔しないモデルだからだ。Core i7-10700F、GTX 1660 SUPER、メモリ16GBを搭載して税抜11万円台なら無難な選択肢だ。GALLERIA XA7C-G60Sを標準とすることで、現在のミドルクラスの価格帯が分かりやすくなる。

要するに、税抜12万円台以上は標準的な相場より高く、税抜10万円台以下は安い。これまでのミドルクラスは税抜12万円台が相場だった。値引き額が控えめなミドルクラスの現状を考えれば、税抜11万円台は標準的と言える。コストパフォーマンスの評価が上がるには、価格据え置きでHDD 1TBの追加が必要だ。デュアルストレージの評価はやや高めだ。

それはIntelの第10世代が様々な用途に使えるようになったことが影響している。価格、構成ともにほんの少し物足りない。価格を上げずに構成を少しプラスするだけで、一気に最強クラスにまでなれる。そうなれそうにないのが残念だ。新ケースになり、デザイン性は非常に高くなった。ケースデザインが気にいるなら、選択してもよさそうだ。

>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入<<

GALLERIA XA7C-G60Sのおすすめカスタマイズ

HDD ★★★★☆

GALLERIA XA7C-R70Shdd

HDDを追加は多くの方が選択することになるはずだ。やはりSSD 512GBのみでは物足りない。前のGALLERIA XFと同じHDD 2TBにすると+7,100円となる。もう少し予算を抑えたいならHDD 1TBで+5,800円だ。コスパだけを考えると2TB以上がお得だ。

光学ドライブ ★★★☆☆

GALLERIA XA7C-R70Sdrive

光学ドライブが必要だという方は+2,000円で追加することができる。DVDやCDで映画を観たり音楽を聴いたりしたいという方はカスタマイズしておくとよいだろう。

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIANEXTGEAR-MICRO
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)nextgear-micro
製品名XA7C-G60STD-S
価格119,980円124,800円
CPUi7-10700Fi7-10700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD1NVMe 512GB256GB NVMe
SSD2非搭載512GB SATA
HDD非搭載1TB
電源650W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH470B460
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。双方非常にお得な製品であり、GALLERIA XA7C-G60Sの前身であるGALLERIA XT時代からのライバルである。今回の値引きにより、GALLERIA XA7C-G60SとG-Tune TD-Sの評価の差は少し縮まった。ただ、それでもG-Tune TD-Sがリードしている。5,000円安いことがGALLERIA XA7C-G60Sの強みで、チップセットと電源容量で上回っている。

G-Tune TD-Sはトリプルストレージ採用で、GALLERIA XA7C-G60Sの弱点とも言えるストレージで上回っている。その差はとても5,000円では補えない。それでもG-Tune TD-Sを推奨するわけではない。GALLERIA XA7C-G60Sは電源容量と価格を優先するなら選択肢に加わってもおかしくない。今回の1万円引きで対象外から候補に入るくらいにはおすすめ度は上がった。

総合的な評価はG-Tune TD-Sでも、GALLERIA XA7C-G60Sには価格とキャンペーンがある。ドスパラでは様々な催しがあるので、必要なキャンペーンであればお得度は覆るかもしれない。あとはケースデザインや優先するものでどちらかになる。

>>GALLERIA XA7C-G60Sを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。メーカー製のPCケースに劣らない高品質なモデルに仕上がっている。

管理人による総評(GALLERIA XA7C-G60S)

GALLERIA XA7C-R70S

GALLERIA XA7C-G60Sは、GTX 1660 SUPER×i7-10700F搭載のゲーミングPCとなっている。1万円の値引き適用も評価は微減となった。性能的にはフルHD環境でのゲームプレイを考えているなら十分だ。GTX 1660 SUPER×i7-10700Fは構成バランスが良い。最新の第10世代CPU搭載モデルが前世代と同じ価格で登場した。メモリ16GBがデフォルトとのなったのも大きい。

より安定したゲームプレイが可能となる。ストレージについてもSSD 512GBと最低限の容量は確保されている。価格が落ち着き始めたGTX 1660 SUPER搭載モデルの中ではGALLERIA XA7C-G60Sは微妙な立ち位置にいる。比較対象モデルと十分比較して検討して欲しい。どちらを選んでも後悔することはないはずだ。

価格CPUグラボ
119,980円Core i7-10700FGTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くなっている。全国にリアル店舗を構えている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。