GALLERIA XZtop


当記事では、GALLERIA XZのレビューをしている。RTX 2080 Tiを搭載したウルトラハイエンドゲーミングPCだ。ゲーミングPCとしての高い性能に対してメモリ容量が8GBと少なく構成がいまいちでおすすめしにくいのが残念。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
★★★★☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★★☆(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

メモリ8GBはRTX 2080 Tiの性能を活かしにくい。フルHDであっても設定を下げなくてはならないこともある。ゲームを快適にプレイすることに関してはRTX 2070 Super搭載モデルよりも対応力が低い。パーツ単位の性能は優秀でも、合わさることでそれぞれの良さを潰し合う珍しいモデルだ。標準構成のままでは扱いにくいハイエンドモデルである。パーツの流用を考えていない限りは落第点だろう。

GALLERIA XZのスペック解説

galleriaxg

ブランド名GALLERIA
製品名XZ
価格Windows 10 / 234,980円
CPUi7-9700K
GPUGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源750W GOLD
マザーボードチップセットB365
スコア★★★☆☆☆☆☆☆☆2.7
RTX2080Tiは4K解像度でのゲームプレイを想定したグラフィックボードである。フルHD環境には不向きというわけではないが、確実にオーバースペックとなる。ただし、メモリ容量が少ないことからタイトルによっては不安定になってしまうこともある。

これまでのハイエンドモデルと異なり、4K解像度を前提としているということもあり、やや玄人好みしそうな製品。逆に言えばフルHDの選択肢は狭くなり、下位モデルへの期待は大きくなるだろう。

ゲームを快適にプレイする。これが最低条件であったが、RTX2080Tiはその先を征く。高解像度でゲームを快適にプレイすることができる、世界最速の、世界最高の性能を持つグラフィックボードである。そのグラフィックボードを搭載しているだけに、今後に最も注目したいモデルの一つだろう

GALLERIA XZの性能レビュー

RTX 2080 Ti(グラフィックボード)

rtx2080tisougou

現行最上位のグラフィックボード。RTX 2080 Tiを持ってして快適に動作しないゲームは存在しないだろう。ただし、それはグラフィック負荷に関してのみで、メモリ容量やCPU性能の不足による負荷はその限りではない。

そういう意味ではGALLERIA XZはやや扱いにくいモデルだと言える。高解像度でのゲームプレイに関しては随一の対応力を持っている。フルHDでの運用は240hz以上の高リフレッシュレートに適している。大は小を兼ねるグラフィックボードだ。

Core i7-9700K(CPU)

i7-9700K

Core i7-9700Kは、RTX 2080 Tiとの相性はまずまず。ただ、性能を活かしきれるわけではないので本音を言えばi9-9900Kと組み合わせたい。ゲーム用途のみで考えると必要最低限のCPUだろう。

4K解像度はメモリの関係もあって対応しにくい。CPU自体も得意としているわけではないのでメモリだけの問題ではないだ。i7-9700Kはハイエンド帯では必要最低限のCPUと見ておいたほうが良い。

総合性能

GALLERIA XZseinou

グラフを見て分かる通りバランスが悪い。メモリ容量が少なく、CPU性能が伸び切っていない。グラフィックボードにのみ特化しているせいでバランスが大きく崩れている。この場合はグラフィックボードではなく、CPUとメモリが悪い。

帯に短し襷に長し。性能のバランスが悪いと何をするにも何かが無駄になり、何かが足りない状況になる。非常に特殊な需要に対応したおすすめしにくいモデルである。

GALLERIA XZ搭載の特徴と思うところ

不親切なゲーミングPC

GALLERIA XZの標準構成は何故これで良いと思ったのか知りたい。おそらくRTX 2080 Ti搭載最安値モデルを構成したかったのだろう。確かにRTX 2080 Ti搭載モデルが234,980円であれば非常に安価である。下位モデルのRTX 2080 Super搭載モデルと大して価格差は無い。

だからと言ってこのまま販売してしまっては、購入してしまうユーザーもいるかもしれない。グラフィックボードの性能を重視して選択する初心者にとっては不親切だ。RTX 2080 Tiは高解像度を前提とした性能で知られている。その高解像度でのゲームプレイにはメモリ容量とCPU性能も重要となってくる。

まだi7-9700Kは許容範囲内だ。問題は下位モデルでさえ16GB標準搭載になりつつあるメモリが8GBしかないことだ。16GBにしてしまうと今度は上位モデルとの兼ね合いが発生するのだろうか。説明しないとまともな製品として選択できないモデルをポンと並べるのは不親切極まりない。GALLERIA XZを候補に加えているなら比較製品も見て吟味して欲しい。

カスタマイズしても評価を上げるモデル

GALLERIA XZは標準構成で選んではいけないゲーミングPCだ。RTX 2080 Tiを活かす気の無いメモリ容量8GBは致命的。メモリを16GBへカスタマイズすると+8,800円掛かるが、GALLERIA XZを選択するならこのカスタマイズは必須だ。

次にCPUを強化するにもカスタマイズで選択出来るのはi9-9900のみで+7,980円。この2つのカスタマイズを行うことで価格は税抜251,760円になる。これでもRTX 2080 Ti搭載モデルの中では安い部類に入る。性能は他のRTX 2080 Ti搭載モデルに比べてCPU性能が低い分だけ落ちる。

それを妥協すれば選びやすいハイエンドクラスとなりそうだ。GALLERIA XZを選択する際は必ずカスタマイズを行わなければならない。コストパフォーマンスだけの問題ではなく、実用に弊害が起こるアンバランスさだからだ。

性能の高いモデルを求めているからこそのRTX 2080 Ti搭載モデルだ。中途半端な性能で総合力は下位モデルより下になってしまっては意味が無い。

>>>>>GALLERIA XZを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

galleriazvcase
ドスパラのミドルタワーは非常に評判が良いケースだ。機能性、排熱性能、コスパが良くなっている。デザイン自体はシンプルでどのような方にもおすすめしやすい。配線処理も丁寧で安心して使用することができるだろう。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞G-Tune
イメージgalleriaxgLEVEL-G03A-LCi9KS-XYVInextgeartop
製品名XZLEVEL-G03A-i9KF-XYVITD-P
価格249,980円259,980円239,980円
CPUi7-9700Ki9-9900KFi9-9900K
GPURTX2080TiRTX2080TiRTX2080 Super
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GBDDR4-2400 32GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GBNVMe 512GB+
SATA 500GB
HDD2TB2TB3TB
電源750W GOLD700W BRONZE700W GOLD
マザーボードB365Z390Z390
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
ここをチェック!!

比較対象は当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-PとLEVEL-G03A-i9KF-XYVIだ。LEVEL-G03A-i9KF-XYVIは25,000円アップでCPU性能が大きく向上する。GALLERIA XZはカスタマイズを行うと251,760円になる。そのため、実質の価格差は8,200円ほどだ。8,200円の差でCPU性能が上がるとすれば少し微妙なところである。

ただ、カスタマイズで追いつけない以上、CPU性能をどこまで重要視するかだろう。ハイエンドクラスのモデルであれば高い性能で統一していたほうが長く使用しやすい。将来性を考えるならLEVEL-G03A-i9KF-XYVIのほうがおすすめだ。

G-Tune TD-Pはグラフィックボードがワンランク下のRTX 2080 Super搭載モデルだ。CPUがi9-9900Kを搭載し、メモリ容量が32GBなので対応力は高い。また、最大の特徴であるトリプルストレージはG-Tune TD-P独自の強みだ。動画の保存などに適している大容量3TBのHDD。ゲームを保存するSATA接続のSSD 500GB。システム保存に適したNVMe対応SSD 512GB。3つのストレージでアプリケーション等を管理しやすく、容量不足にもなりにくい。飛び抜けた構成を持つG-Tune TD-Pも十分比較対象になる。

価格を僅かでも抑えたい場合はGALLERIA XZ。ただしカスタマイズは必須。高い構成力を求めるならG-Tune TD-P。総合的なバランスはLEVEL-G03A-i9KF-XYVIが良い。それぞれ良いところはある。ただ、GALLERIA XZはどこか中途半端な部分があるので値引きなどを待ったほうが良いかもしれない。

管理人による総評(GALLERIA XZ)

galleriaxg

どう評価して良いか分からないというのがこのモデルに抱いた正直な感想だ。登場から時間が経過したことで他ショップと同様に価格が下がったが、まだ方向性が全く見えてこない。まずメモリ8GBというのはいただけない。

歴代のXZは素晴らしい製品が多かったが、現行モデルは謎である。謎のベールで包まれているのではなく、ベールを取っても謎しか残らないそんなモデルだ。上位モデルとの差別化のため仕方ない部分もあるのかもしれない。

価格CPUグラボ
249,980円Core i7-9700KRTX2080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 8GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA XZを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る