galleriaxz


当記事では、GALLERIA XZのレビューをしている。RTX2080Tiを搭載した新モデルだ。2018年9月19日に販売開始となったということで気になっている方も多いだろう。グラフィックボード単体のページと合わせて参考にしてほしい。

GALLERIA XZのスペック解説

ブランド名GALLERIA
製品名XZ
価格Windows 10 /299,980円
(送料・税込326,138円)

キャンペーン時/249,980円
(送料・税込272,138円)
CPUCore i7-8700
GPUGeForce RTX2080Ti
メモリDDR4-2666 8GB
SSD500GB
HDD2TB
電源750W PLATINUM
マザーボードチップセットH370
スコア☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0

キャンペーン時
★★★☆☆☆☆☆☆☆2.7
RTX2080Tiは4K解像度でのゲームプレイを想定したグラフィックボードである。フルHD環境には不向きというわけではないが、確実にオーバースペックとなる。GTX1080Tiを大きく上回る性能は評価したいが、もう少し価格と釣り合っていてくれれば…。

これから、様々なものが解明されていき、価格も落ち着くはず。真価が問われるとすればその時だが、今の段階から評価されているだけに結果は約束されているか。これまでのハイエンドモデルと異なり、4K解像度を前提としているということもあり、やや玄人好みしそうな製品。逆に言えばフルHDの選択肢は狭くなり、下位モデルへの期待は大きくなるだろう。

ゲームを快適にプレイする。これが最低条件であったが、RTX2080Tiはその先を征く。高解像度でゲームを快適にプレイすることができる、世界最速の、世界最高の性能を持つグラフィックボードである。そのグラフィックボードを搭載しているだけに、今後に最も注目したいモデルの一つだろう

GALLERIA XZの特徴

RTX2080Ti搭載のウルトラハイエンドモデル

GALLERIA XZは、RTX 2080Ti×i7-8700を搭載したゲーミングPCだ。ついに登場したRTX2080Ti搭載モデル。現状最速のグラフィックボードということで期待が持てる。ただし、想定されているのは4K解像度であるため人を選ぶ。

確かにグラフィックボードは優秀だが、構成は平凡なもの。果たしてこのモデルに税込約30万円というのは価格に見合っているのだろうか。登場間もないこともあり、RTX2080Ti単体でも20万円近くする。正直少し様子を見るほうが賢明だと考えているが、高負荷に対応できるモデルを探しているならありか。

時間が経てば価格も落ち着くため、そのタイミングを待つのも良いだろう。恐らく年末には何らかのアクションがあるはずだ。新機能を搭載し、ゲームも次の世界へ進んでいくことが予想される。しかし、その新機能をどの程度ゲーム側が対応してくれるかも問題だ。

展望は非常に明るいが、現実は不透明。急いでいないなら、様子を見るという選択肢が一番だろう。よほどのお金持ち以外は今後の動きをチェックしておくべきだ。

キャンペーン展開も評価戻らず

コストパフォーマンス最適化に伴い、評価値は更に大幅下落。キャンペーンで5万円引きされるも、根本的な評価を戻すには至らなかった。主な要因はRTX2080Tiとi7-8700のバランスの悪さ、そしてメモリ8GBという最低限。この2つに大きく足を引っ張られる形となっている。

RTX2080Ti搭載モデルを手の出しやすい価格帯に落ち着けた点は良いとも思う。ただ、RTX2080Tiを活かしにくい構成は評価が上がりにくい。キャンペーンで5万円引きは数値上とても大きく見えるものの実際にはあまり恩恵が大きくない。

実質2万円値引きのキャンペーンだ。実は登場したての時は税抜き269,980円だった。電源が650W BRONZEであったこと以外は構成も同じである。それを考えれば、この5万円引きのキャンペーンも実質2万円引きである。コストパフォーマンスが大きく伸びない要因はここにもあったのだ。

>>>>>GALLERIA XZを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

galleriazvcase
ドスパラのミドルタワーは非常に評判が良いケースだ。機能性、排熱性能、コスパが良くなっている。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIANEXTGEAR
製品名XZi690PA1-SP2
価格249,980円289,800円
CPUCore i7-8700Core i7-9700K
GPUGeForce RTX2080TiGeForce RTX2080Ti
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2400 16GB
SSD500GBNVMe 256GB
HDD2TB2TB
電源750W PLATINUM800W TITANIUM
マザーボードH370Z390
公式公式公式
詳細詳細詳細
ここをチェック!!

比較対象はG-tuneのNEXTGEAR i690PA1-SP2。GALLERIA XZが5万円引きされていると、流石に価格差が大きい。しかしRTX2080Ti搭載モデルとしては、このくらいが最低限求められる性能というべきだろう。CPUとメモリが強化され、それに伴い電源容量も余裕のある800W TITANIUMへ。この変化であれば4万円の差が生じても納得ができるライン。

GALLERIA XZの評価を著しく下げている部分をカスタマイズすれば、多少見れる評価にはなる。しかしながら、マザーボードの交換はできないため、同じ価格で似た構成にすることはできても追いつけない。低価格路線をひた走るにしても、性能面で届かない他製品も存在している。Xシリーズ最上位モデルなだけに、これからもっと充実したキャンペーン展開があるかもしれない。その時を待ちつつ様子を見るのが無難だろう。

管理人による総評

どう評価して良いか分からない

登場から時間が経過したことで他ショップは価格も安価になりつつある。その中でキャンペーン実施となったが、まだ方向性が全く見えてこない。高性能なグラフィックボードであるため、XシリーズでCPUが固定されているため仕方がないのかもしれない。これは親切なのだろうか…。

キャンペーンで予想どおり価格が下がり、電源も750W PLATINUMにアップグレードされている。ただ、これだけでは評価が元に戻る程度だ…。歴代のXZは素晴らしい製品が多かったが、現行モデルは謎である。謎のベールで包まれているのではなく、ベールを取っても謎しか残らないそんなモデルだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA XZ搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る