galleriazgtop

当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZG 2080Super搭載」の詳細レビューをまとめている。2019年7月に登場したばかりのRTX 2080 Superを搭載した注目のゲーミングPCだ。キャンペーンで割引が適用されコストパフォーマンスが上がった。

従来のRTX 2080と比較してどのぐらいゲーミング性能が伸びたのか気になるところだろう。購入検討中の方はぜひ参考にして欲しい。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★(対応)
★★★★☆(4K)
kurosabakutop
★★★★★(対応)
★★★★☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

高い性能と優秀な構成でゲームに関してはほぼパーフェクトな対応力を持っている。特にフルHD、WQHD環境では安定したゲームプレイが可能だ。4K解像度も最高設定を避ければ60fpsを十分実現できる水準となっている。

GALLERIA ZG 2080Super搭載のスペック解説

galleriaxg

ブランド名GALLERIA
製品名ZG 2080Super搭載
価格Windows 10 / 225,980円
キャンペーン / 209,980円
CPUCore i9-9900K
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Super
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD3TB
電源700W GOLD
マザーボードチップセットZ390
コスパ ・通常時
★★★★★★★★★☆8.9

・キャンペーン時
★★★★★★★★★★10.0 over!!

GALLERIA ZGはRTX 2080よりも高い性能を有するRTX 2080 Super搭載になり、価格が少し安く変更された。純粋なパワーアップとなったGALLERIA ZGは以前よりもコストパフォーマンスと人気が高く、ハイスペックなゲーミングPCの中では選びやすい。

RTX 2080 Superの性能を活かすCPU i9-9900KF、メモリ16GBが標準搭載。多くのゲームを快適にプレイできるだけでなく、HDD 3TBとNVMe対応512GB SSDの搭載により、ゲームの動画撮影、保存などの用途にも使いやすく快適性も高い。

優れた性能、充実した構成、高いコストパフォーマンス、3つの要素がそのまま人気の理由だ。RTX 20シリーズ搭載のGALLERIA ZGは登場から安定した価格設定がされている。改良を繰り返し高い評価を維持し、ハイエンドクラスとしての完成度の高さが魅力だ。

GALLERIA ZG 2080Super搭載のおすすめカスタマイズ

通常モデルカスタマイズ候補追加費用
画像galleriaxggalleriaxg
CPUCore i9-9900KF-
CPUグリスノーマルグリスナノダイヤモンドグリス+1,900円
CPUファン静音パック大型ヒートシンク採用ファン-
GPUPalit製RTX2080Super-
メモリDDR4-2666 16GB
(8GB x 2)
DDR4-2666 32GB
(16GB x 2)
+18,700円
SSDNVMe 512GBSamsung 500GB NVMe SSD+10,000円
HDD3TB
電源700W GOLDEnhance 800W TITANIUM+5,800円
光学ドライブ非搭載DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R DL 対応)
+2,000円
マザーボードチップセットZ390
トップケースファン前部非搭載14cm静音FAN+1,380円
価格225,980円265,760円+39,780

メモリ

16GBから32GBへのカスタマイズ。ここは絶対というわけではなく、高解像度でのゲームプレイなどの用途によっては選択推奨。4K解像度でfpsをより多く稼ぎたいのであれば32GBのほうが良いことのほうが多い。

また、しばらく後に32GBが当たり前のゲームが登場してくることは簡単に想像できる。長期間使用できるのがハイスペックPCの利点でもあるため、変更しておくことで性能的な寿命は長くなる。

ただし、16GBが当たり前になりつつある今、32GBが当たり前になる頃にはRTX 2080の性能が現役となれるかは分からない。メモリの増設は簡単であるため、16GBを基準に考えても問題ないだろう。

光学ドライブ

ディスクを使用すること自体が少なくなった今、光学ドライブの需要は少ない。それでも一部ゲームはインストールディスクを使用することがあり、Steam等のポータルを介さないパッケージ購入では重要な項目だろう。

最近のゲームやアプリケーションはオンラインでダウンロードすることができる。アップデートやドライバの更新も公式サイトにアップロードされるため光学ドライブが必須というわけではない。

電源

通常の700W GOLDでも十分なパフォーマンスを発揮できる。予算に余裕がある方はカスタマイズを検討しよう。より高い安定性を視野に入れるのであれば、信頼性の高いEnchance製 800W TITANIUMを推奨。

今後の増設、次世代・次次世代のグラフィックボードの換装も考えるならありだ。玄人志向 700W TITANIUM、SILVERSTONE 750W PLATINUMも同時に候補に挙がる。予算に合わせた選択が良く、安定性に関しては標準のものよりも高く、長く使用する上で頼もしい電源となるだろう。

トップケースファン前部

ケース上部に排気ファンを追加はカスタマイズ費用が安いため、手を出しやすい箇所でもある。熱は上に登っていくためトップケースファンの設置によって効率的なエアフローを構築することができる。既に一つ搭載されているので優先度は低い。

どうせならLEDファンを自分で増設したほうが楽しいかもしれない。また、排熱やエアフロー向上のメリットとPCの稼働音が少し大きくなるというデメリットがある。ここは好みでカスタマイズの有無を決めて良いところだ。

>>>>>GALLERIA ZG 2080Super搭載を購入する<<<<<

GALLERIA ZG i9-9900KF/RTX2080Superの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 2080 Super(グラフィックボード)

rtx2080super-seinou

RTX 2080 Superは、RTX 2080に対してわずかながらも伸びている。今後RTX 2080が廃止されRTX 2080 Superがそのポジションにつくことになるだろう。

RTX2080Tiに対しての差は僅かに縮まったが、性能面ではまだまだ遠く及ばない。特にフルHDを超える環境では快適性に雲泥の差がある。4K解像度では最高設定と標準設定ほどの開きがある。

Intel Core i9-9900KF(CPU)

core i9-9900KF

RTX 2080 Superと相性が良く、非常に性能の高いCore i9-9900KFが搭載されている。総合性能ではRyzen9 3900Xに敵わないが、ゲームに限ってはi9-9900KFが頭一つ抜けている。ゲーミングPCに搭載されるCPUとしては最上位に位置するのがi9-9900KFである。ゲーム以外でも優秀なCPUで何でもこなせる万能CPUだ。

総合性能

GALLERIA ZG 2080super-title

フルHDであれば最高設定でもサクサク動作するパフォーマンスだ。WQHD環境は多少不安定になる場面もある。それでも最高設定に近い設定でのゲームプレイが可能だ。

4K解像度の適応力も高く、最新のゲームでも設定を下げることで60fpsで安定する。4K解像度で思う存分にゲームを楽しみたいならRTX 2080 Tiの方が優れている。GALLERIA ZZなどが選択肢に入る。

GALLERIA ZG 2080Super搭載の特徴&強み

コストパフォーマンス良好な最高峰のモデル!

キャンペーン前であっても高いコストパフォーマンスを持っている。登場したばかりのグラフィックボードであるため搭載モデルは非常に少ない。その少ない中でトップのモデルで今後もセールやキャンペーンに期待できるモデルだ。

HDD 3TBの大容量ストレージ、512GBのNVMe対応の高速ストレージを搭載。メモリはこの性能帯では最低限の16GBを標準装備。電源も高性能なグラフィックボードとCPUを支えられる700W GOLD。RTX2080 super搭載モデルで現在文句なしのNo1モデルだ。

RTX 2080 Superの期待と現実の落差

RTX2080より上、RTX2080Tiより下であることはわかっていた。実際はRTX2080をオーバークロックしたモデルと性能面では非常によく似ている。内部構造等はかなり異なるため、今後Superであることがプラスに影響することはあるかもしれない。

ただ、他のsuperモデルと比べて伸び率は低く、期待を超えるようなモデルではなかった。用途としてはRTX2080と同じになり、RTX2080に出来なかったことができるようになることはない。性能も価格も近いため、RTX2080と評価自体はほとんど同等である。

高い期待を持って選択するとがっかりすることになる。SUPERと言っても、無印より上でTiより下であることを把握しておきたい。

GALLERIA ZGのこれまでと遍歴

現行後期中期初期
CPUCore i9-9900KFCore i9-9900Ki7-9700Ki7-8700K
GPURTX2080SuperRTX2080RTX2080RTX2080
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB500GBNVMe 512GB
HDD3TB3TB3TB3TB
電源700W GOLD700W GOLD750W PLATINUM750W PLATINUM
チップセットZ390Z390Z390Z390
価格225,980円
(209,980円)
239,980円249,980円259,980円
  • 初期 2018/10
  • 中期 2019/01
  • 後期 2019/04
  • 現行 2019/10

電源容量と規格は下がりつつも、CPUやGPUは順当に成長している。同時に価格も改められ、グラフィックボードの価格の落ち着きをしっかりと表している。ドスパラの良さはキャンペーンを行うことで、いちはやく価格を反映していくことだろう。

登場時と比べれば性能は大きく向上し、価格は3万円以上安くなっている。コストパフォーマンスが右肩上がりのモデルである。ただ、GALLERIA ZGだけが特殊なわけではなく、GALLERIAシリーズは大体似た変移である。そのため、これだけのモデルであっても人気ランキングには入っていない。

>>>>>GALLERIA ZG 2080Super搭載を購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

galleriazvcase
ゲーミングPCにおいてケースは非常に重要だ。高性能なパーツは発熱が大きくなるため排熱対策に影響を与えるからだ。ドスパラのミドルタワーは非常に評判が良いケースだ。しっかりとエアフローが考えられていてかつケース内に十分な余裕があるため熱対策もばっちりだと言える。

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞NEXTGEAR
製品名ZG 2080SuperLEVEL-R040-LCi9K-VWVITD-P
画像galleriaxgLEVEL-R027-i7-RNRnextgeartop
ケースミドルミドルミドル
価格225,980円
(209,980円)
209,980円239,800円
CPUi9-9900KFi9-9900Ki9-9900K
GPURTX2080 SUPERRTX2080 SUPERRTX2080 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GBDDR4-2400 32GB
SSDNVMe 512GBNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD3TB2TB3TB
電源700W GOLD700W BRONZE700W GOLD
マザボZ390Z390Z390
公式公式公式公式
比較対象はパソコン工房の「LEVEL-R040-LCi9K-VWVI」、当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデル「NEXTGEAR TD-P」だ。RTX 2080 Super搭載モデルも出揃い始め、価格や構成に変化が現れる時期にきている。しばらくの間RTX 2080 Super搭載の最強モデルとして君臨したGALLERIA ZGは、強力な製品の登場でその座も危ぶまれている。

LEVEL-R040-LCi9K-VWVI は価格を下げたことで、一時的ながらGALLERIA ZGを上回る評価を得た。しかし、ここにきてGALLERIA ZGも値下げを敢行。これにより、HDD容量と電源の規格の差でGALLERIA ZGが再度上回った。

NEXTGEAR TD-Pは少し毛色の違うモデルで、構成はGALLERIA ZGに近い。一番の違いはメモリ容量が32GBという点。価格が下がり始める前はアピール要素だったものの、値引きされたGALLERIA ZGのメモリを32GBにすると+18,700円の228,680円で選択することができるようになった。これにより、NEXTGEAR TD-Pは特色を失っている状態だ。仮にGALLERIA ZGの値引きが終了したとすれば、NEXTGEAR TD-Pにもチャンスはあるだろう。

紆余曲折あった中、結果的にGALLERIA ZGが再度頂点に君臨した。他ショップの製品もキャンペーン次第では十分追いつくことができるくらいの差であるため、GALLERIA ZG以外の選択肢を求めるなら様子を見たほうが良いだろう。

管理人による総評

当該モデルは、RTX 2080 Super×Core i9-9900kFを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。メモリ16GB、NVMe対応 SSD 512GB、HDD 3TBと構成も抜群で非常にコストパフォーマンスが高くなっている。

ゲーミング性能も申し分なくFULL HDで100fps以上、WQHDで60fps以上を余裕で出せる高性能なモデルとなっている。設定次第では4K解像度にも対応可能だ。RTX 2080 Superは、RTX 2080の後発モデルとなる。性能的な伸びはそれほど大きくないが、ユーザーからするとメリットしかない。ただし、登場したての今は割高になっているので、価格が落ち着くのを待とう。RTX 2080搭載モデルと同じ価格に落ち着くはずだ。

CPUには、Intel製の最高峰「Core i9-9900KF」を搭載。ゲームプレイだけではあればオーバースペックとなる高い性能を持つ。ゲーム配信、動画編集、3Dアプリケーションの採用などゲーム+αで考えているゲーマーにとっては魅力的だろう。

>>>>>GALLERIA ZG 2080Super搭載を購入する<<<<<

GALLERIA ZG 2080Super搭載に関するよくある質問

GALLERIA ZZのグラフィックボードの出力端子を教えてください!
Display Port x3
HDMI x1
USB Type C x1

最大4枚のモニター出力が可能。DVIやD-subでの接続は出来ず、モニターによっては変換コネクター等が必要になる。マザーボードの出力端子に接続するとCPUに負荷がかかり、グラフィックボードの性能を利用できないためデメリットが大きい。

モニターはグラフィックボードに接続するようにするためにも、モニターや接続ケーブルはしっかり合わせるほうが良いだろう。モニターに付属されているケーブルの多くはDVI、D-subで、良くてもHDMIやDisplayPort変換コネクターだ。仮に144hzなどの高リフレッシュレートを使用する場合、変換コネクターを通すと使用できないことが多い。Displayportケーブルなどグラフィックボード出力のために予め用意しておくほうが良いだろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA ZG 2080Super搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る