GALLERIA GCF1050TGF-E

当記事では、GALLERIA GCF1050TGF-Eの評判とレビューをまとめている。ドスパラのゲーミングノートPCの中では価格が手頃で購入を検討している方も多いだろう。ゲームプレイは快適なのか、排熱性能は良いのかなどじっくり検証していく。

GALLERIA GCF1050TGF-Eのスペック

ブランド名GALLERIA
製品名GCF1050TGF-E
価格Windows 10/109,980円
(送料・税込 161,978円)
ディスプレイ15.6インチ ノングレア
重さ2.0kg
CPUCore i5-8300H
GPUGeForce GTX 1050Ti
メモリDDR4-2666 8GB
SSD250GB
HDD1TB(5400rpm)
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.5
GCF1050TGF-Eは税抜き109,980円のゲーミングノートPCだ。元々149,980円→129,980円→109,980円と価格が下がりだいぶこなれてきた。ディスプレイには15.6インチを採用し持ち運びもしやすい。せっかくノートを購入するのであれば持ち運びのしやすさも重視したい。

重さは2.0kgとこのサイズとしては平均的。女性だとやや重く感じるかもしれない。CPUにはCore i5-8300H、GPUにはGTX1050Tiを採用している。メモリ8GB、SSD 250GB、HDD 1TBとカスタマイズをしなくても十分な構成となっている。

>>>GALLERIA GCF1050TGF-Eを購入する<<<

GALLERIA GCF1050TGF-Eの特徴

低価格を実現した高品質ゲーミングノートPC

gallerianote
当該モデルは、ドスパラのゲーミングPCブランドである「GALLERIA」ブランドのラインナップの中で最も価格の安いゲーミングノートPCとなっている。予算を抑えかつしっかりしたものを購入したいという方にぴったりの一台だ。

正直ガレリアブランドのノートパソコンは価格がやや高めだ。ただ、一度でも使用すればその価格にも納得がいく品質となっていてさすがゲーマーのことをわかっているだけある大手メーカーだと感じる。GCF1050TGF-Eについても、まず本体を箱から取り出したときに高級感のあるデザインに驚くだろう。そして電源をつけてキーボードにタッチしてまた驚く。青軸を意識したキーボードは気持ちの良い打鍵感と音を発する。デスクトップに近いキータッチは魅力的だろう。

この高品質ノートを税抜き109,980円、税込みでも12万円弱で購入できる。他のモデルは定価で17万程度であることを考えるとどれだけリーズナブルなのかということがわかる。さらに、ドスパラのセール対象になりやすいのも特徴だと言える。ただし、今は定価自体が下がり非常にお得なモデルへと変貌している。

Full HD+設定調整でのゲームプレイに最適

当該モデルは、性能がずば抜けて高いというわけではない。それでもFULL HD環境+設定調整を行えば大抵のタイトルに対応することが可能だ。外出先でも気軽にゲームができるというのは嬉しい。数年前まででは苦しかったノートパソコンでもゲームプレイもかなり現実的になっている。90番台に比べてGTX10シリーズでは飛躍的にグラフィックボードの性能が上がったというのはゲーマーにとって嬉しいだろう。

さらに、そのグラフィックボードの性能に合わせるようにCPU性能も向上している。パーツ本体の小型化及び省電力によって実現可能となった。GTX1050Ti×Core i5-8300Hの組み合わせにおけるゲーミング性能を詳しく知りたいという方は次の性能レビューを参考にしてほしい。ゲームタイトルごとのフレームレートを計測して表にまとめている。

パソコン起動中のファンの音が大きめ

ゲームプレイ中や負荷が掛かったときのファンの音がやや気になる。これは排熱対策として搭載されているファンによるものだ。どうしてもゲーミングノートPCでは発熱を抑える必要があるため仕方のない部分だ。ただ、しっかりと熱が排出されているのがわかるので安心感がある。

ゲームをプレイしていて熱がこもってパフォーマンスが著しく低下するということはなかった。熱が気になるときは電源の横のファンスイッチで意図的にファンブーストを掛けることができる。GTX1050Ti×Core i5-8300Hぐらいであればノートでも十分対応できるということだろう。現時点でのゲーミングノートPC業界全体の課題だと言える。今後のゲーミングノートではさらなる小型化及び省電力化に期待したい。

>>>GALLERIA GCF1050TGF-Eを購入する<<<

GALLERIA GCF1050TGF-Eの性能レビュー

ゲーミング性能

cinebenchtop

タイトル平均FPS快適度
PUBG49.6
Fortnite60.7
Battlefield68.6
設定調整次第で快適にゲームをすることが可能

どのぐらいのゲームの適性度が高いのかを知るのにゲームプレイ中の平均fpsを計測するというのが一般的だ。fpsは1秒間あたりの描写フレームレートということを表している。つまり数値が高ければ高いほどスムーズに描写できるということになる。60fpsを一つの基準として考えれば良いだろう。最低でも60前後の数値があれば快適にゲームができるということだ。

上記の平均fpsは各タイトルについてFULL HDx最高設定ということになる。つまり、PUBGを快適にプレイしたいなら設定を調整する必要があるということだ。あくまでも平均であるため、常時fps55.7で安定しているというわけではない。車に乗っている最中の発砲や、目の前で車が2台同時に爆発したり、様々な負荷がかかる場面では20を切ることもあった。特にそういう状況は戦闘中に発生するため、戦闘中にfpsが安定しないということになる。

最高設定でPUBGをプレイすると視認性が悪くなることもあり、性能が不安定になるという意味でも設定は下げておいたほうが良さそうだ。戦闘中のかくつきは、ラグや遅延によって当たり判定にまで影響をだしてくる。凄く当てたのに勝てなかった…なんてことも発生する。設定を下げることで、そういった現象を抑えつつ、視認性が高くなるので良いことばかりだ。このモデルを使用するにあたっては最高設定よりも、より快適にゲームができる設定を見つけることが重要となるだろう。最低設定でも場面によっては40を切ることもあるが、致命的なラグやカクつきというわけでもない。

CPU性能

gamegcf1050

種類スコア評価
Cinebench R15 Single175
Cinebench R15 Multi851
ノートパソコンとしては優秀

次に純粋なCPU性能を見ていこう。定番のベンチマークソフトはCinebench R15だ。これはレンダリングの処理をさせることで性能をスコア化するというものになる。これによるとシングル性能は175となっている。これは上位のCore i7-8750Hと同等だ。

一方、マルチスレッド性能は851となっている。マルチスレッド性能については物理コアの多いCore i7-8750Hが優勢で40%程度差がある。ただ、先代モデルである第七世代のCore i7-7700HQと比較すると同等以上のスコアとなっているため十分だろう。

ただし、あくまでもベンチマークソフトなので実際の作業ではそのまま反映されるとは限らないことを理解しておいてほしい。ソフト側の最適化などの影響によって相対的なスコアよりも性能が高かったり、低かったりすることがあるということだ。また、デスクトップパソコン向けのCore i7とは性能が異なる。当然デスクトップパソコン向けの方が高性能だ。同じi7と言っても中身は違うものになっている。

各種ベンチマーク

その他有名なベンチマークソフトのスコアを計測している。ただ、伝えたいことは上記のレビューにまとめたのでここでは詳しく触れないこととする。

FF 14

ff14

Fire Strike

firestrike

>>>GALLERIA GCF1050TGF-Eを購入する<<<

ノート本体のレビュー

本体正面

GALLERIA GCF1050TGF-E_front

15.6インチの標準的なモニターだ。本体のデザイン性が高く所有欲を満たしてくれるだろう。わくわくさせてくれるパソコンはやはりゲーマーにとっては重要なポイントだろう。外に持ち出したくなる。

キーボード

GALLERIA-GCF1050TGF-E_keyboard

キーボードはLEDを採用しインパクト抜群だ。デスクトップで使用するキーボードのような打鍵感で操作性が高い。スピーディーな動きにも対応できるだろう。ただ、当然ノートなので幅は狭くキーボードと全く同じ感覚とはいかない。それでも十分ゲームプレイで通用すると考えて良い。さすがゲーミングノートPCと言ったところだろうか。

本体右側

GALLERIA-GCF1050TGF-E_right

本体右側面にはUSB3.0 Type-A x2、SDカードリーダーが搭載されている。マウスやキーボードを付けることも可能だ。

本体左側

GALLERIA-GCF1050TGF-E_left

本体左側面にはUSB3.0 Type-C x1m、マイク端子・ヘッドフォン端子、ギガビットLANポート×1が搭載されている。

本体底面

GALLERIA-GCF1050TGF-E_backside

本体のそこからは大型のファンが見える。メッシュとすることで底面からも吸気ができエアフローが確保されている。

本体裏面

GALLERIA-GCF1050TGF-E_ushiro

本体の裏側に電源コネクター、USB2.0 x1、HDMIなどが搭載されている。本体裏面に電源端子があるため配線が邪魔になりにくく利便性が高い。

>>>GALLERIA GCF1050TGF-Eを購入する<<<

管理人による総評

価格を考えれば妥当、過度な期待は禁物!

GTX1050Ti×i5-8300Hは、ゲーミングノートPCとして販売されているモデルの最小構成だと考えている。そういうこともあり実機レビューをしてどのぐらいの性能なのかを体感したかった。今後ゲーミングノートPCのレビューを行う際の基準とすることができるからだ。特にCPUにCore i5-8300Hを搭載しているモデルは希少で興味をそそられた。

実際にゲームなどで使用することでわかったのは、最低限ゲームに必要な性能を持っているということだ。これ以下になるとやや厳しくなるのでこれから先ゲームを楽しみたいならGALLERIA GCF1050TGF-Eを基準にすると良い。当然妥協しなければいけない部分もあるが許容範囲だろう。

PUBGなど一部のタイトルではFULL HD×最高設定でのゲームプレイはやや厳しい。設定を調整してプレイすることが前提となる点は理解しておいてほしい。ただ、考え方によっては設定を調整すればどのタイトルでもプレイ可能ということだ。

性能面以外については満足度が高い。高級感のある本体デザイン、打鍵感の優れたキーボード、高い冷却性能などコストが掛かっているなということがわかる。外出先で使用して自慢したくなると言えるだろう。ただ、ファンの音がやや大きいので現実的ではないかもしれない。

GTX1060 6GB搭載ノートと比較をしよう

ここで気になるのが一つ上のGTX1060だろう。GTX1060になればFULL HDx最高設定で多くのタイトルに対応できる。意外とこの安心感は大きいかも知れない。ノートの売れ筋はGTX1060 6GBとなっているので十分比較検討しよう。長く使いたいなら間違いなく上位モデルのほうが好ましい。

GTX1050TiとGTX1060 6GBでのPUBGのプレイを比較しても平均fpsに大差は無い。ただ、GTX1050Tiではfpsが20を下回る場面もあったが、GTX1060では25を下回りにくくなる。フレームレートの最高と最低が底上げされるため、よりかくつきにくく安定したゲームプレイが可能となる。もっとも、20を下回るか25で留まるかは、体感してそれほど大きいものではない。

それでもGTX1050Tiではプレイ中40前後の場面が多くなっても、GTX1060では50前後と安定しやすくなる。性能を上げることで、この安定感を手に入れることができるのだ。更にGTX1070やGTX1080ともなってくれば、常時60fpsも夢ではない。

>>>GALLERIA GCF1050TGF-Eを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る