G-GEAR GA5A-H204XTtop


当記事では、G-GEAR GA5A-H204/XTの評判とレビューをまとめている。最新の第4世代Ryzenシリーズを搭載したモデルだ。11月6日に発売開始となったばかりでかなり価格が高いので慎重に吟味して欲しい。もう少し待てばRyzen 5 5600X搭載モデル全体の価格が引き下げられるはずだ。

G-GEAR GA5A-H204/XTのスペック

G-GEAR GA7A-B180T

ブランド名G-GEAR
製品名GA5A-H204/XT
価格Windows 10 / 172,546円
(税込189,800円)
CPURyezn 5 5600X
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★☆☆☆☆5.3

>>G-GEAR GA5A-H204/XTを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-GEAR GA5A-H204/XTのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Amepere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。WQHDや4Kなどの高解像度でのゲームプレイを前提としている。70番台でも前世代の80番台を超える性能を持つ。従来のRTX 2070 SUPERとはターゲット層が異なる。

このハイクラスのグラフィックボードに合わせるにはRyzen 5 5600Xではやや心許なさが残る。それでもZen 3アーキテクチャになりゲーミング性能の底上げが行われているので大幅にパフォーマンスが低下してしまうということはない。

Ryzen 5 5600X(CPU)

ryzen55600xseinou

Ryzen 5 5600Xは、Zen 3アーキテクチャを採用したミドルクラスのCPUだ。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム適性も向上している。総合性能ではRyzen 7 3800XTを超えている。用途によっては当然8コア16スレッドのモデルに劣ることもあるが、総合性能では十分過ぎるパフォーマンスを発揮する。ゲーム実況などにも対応しやすいと言える。

総合性能

G-GEAR GA5A-H204XTseinou

最新のRyzen 5 5600Xを搭載したゲーミングPCだ。最新であってもミドルクラスのCPUではRTX 3070とバランスを取ることは難しい。Ryzen 5 5600Xは従来よりも性能を大幅に向上させたが、規格外のGPUに対してはできなかった。G-GEAR GA5A-H204/XTは少しアンバランスな性能を持つモデルと言える。

ゲーム用途でRTX 3070の性能を引き出しにくいものがある。ゲーム性能は向上しても、現行最強とも言えるCore i9-10900Kでようやくバランスが取れるほどのGPUだ。ミドルクラスのCPUの限界を超えている。この性能に適したゲームはGPU負荷が圧倒的に高いゲームだ。RTX 3070はWQHDや4Kのような高解像度が前提である。対して、Ryzen 5 5600Xは高解像度への適性はあまり高くない。CPUとGPUの得意分野が少しだけ違うせいで扱いづらさがある。

>>G-GEAR GA5A-H204/XTを購入<<

G-GEAR GA5A-H204/XTの特徴まとめ

最新製品の価格がデメリット

Ryzen 5 5600Xは新しく登場したCPUで、価格は意外と高めに設定されている。このRyzen 5 5600Xを搭載したG-GEAR GA5A-H204/XTも割高感がある。RTX 3070も最新のGPUである。最新のCPUとGPUを組み合わせると、どうしても割高になってしまう。コストパフォーマンスが伸び悩む原因だ。登場からしばらく価格に変化は起きにくい。

現時点では目新しさ以外に魅力がほとんどない。最新であることは必ずしもよい結果を生むわけではない。Ryzen 5 5600Xはコストパフォーマンスに優れた最新のRyzen 5シリーズだ。しかし、第4世代になって定価が上がり、対抗製品のCore i7並みの価格になった。これにより、まだ出揃ってはいないものの、Ryzen 5 5600X搭載モデルは価格が従来よりも明らかに高い。性能の伸び幅以上に、GPUの進化は目覚ましい。

RTX 2070 SUPERに対してはある程度バランスは取れても、RTX 3070ではボトルネックが生じそうだ。価格がもう少し抑えられていれば、安価なRTX 3070搭載モデルとして注目を集めることができただろう。これだけ価格が高くなってしまっては、Ryzen 5 5600X搭載モデルを選択するメリットがない。

Ryzen 5 5600Xのゲーム性能は向上しているが、Core iシリーズに対してアドバンテージがあるわけではない。せめてCore i5-10400搭載モデルに近い価格に落ち着くまでは様子を見た方がいい。最新であることがデメリットに繋がってしまうことはよくあることだ。その中でもG-GEAR GA5A-H204/XTは顕著だ。コストパフォーマンスの向上が急務と言える。

持ち味を活かせばありなモデル

G-GEAR GA5A-H204/XTのよいところを探すのは難しい。評価が低いのはRTX 3070と性能のバランスが取れないことも要因の一つだ。RTX 3060のようなGPUが登場すればRyzen 5 5600Xはある程度バランスが取れるだろう。

Ryzenシリーズの特徴として総合的なCPU性能の高さ以外にも、オーバークロックが容易であることが挙げられる。オーバークロック時の性能の伸び率はあまり高くないが、従来より大きく伸びた性能が強力に後押ししている。オーバークロックを行えばRyzen 7 3700Xよりも大幅にゲーム性能は高くなる。RTX 3070の性能を最大限引き出すのは難しくても、ゲームの総合的な性能を引き上げることは可能だ。

Core i7-9700の背中が見える場面もある。さらに、Ryzenに最適化されていれば効果は絶大で、Core i5-10400を引き離し、Core i7-10700に届く勢いだ。標準のままであと一歩なら、そのあと一歩を踏み出せばいい。チップセットがBシリーズ以上なら、オーバークロックに制限がないことはRyzenシリーズの強みだ。秘めた力は小さくても、誰でも簡単に引き出すことができる。また、省電力性が活き、発熱量も大きくなりにくい。

搭載モデル標準のCPUファンでも対応することが可能である。このように、持ち味を活かせば根本的な弱点を補える。従来のシリーズでも言えるかもしれないが、第4世代の性能向上が鍵だ。性能が伸びたからこそオーバークロックで補えるだけで、Ryzenシリーズはオーバークロックの性能の伸びはよくない。

この力技は第4世代の恩恵と言える。ゲーミングPCに採用するCPUは性能こそ正義なところがある。これまで足りなかったあともう一歩を確実に踏み出せる。G-GEAR GA5A-H204/XTを選択する際はオーバークロックを視野に入れたい。そうでなければメリットが薄くなる。

>>G-GEAR GA5A-H204/XTを購入<<

似ているモデルとの比較

現在比較は行っていない。これはRyzen 5 5600X搭載モデルが少ないこと、RTX 3070搭載モデルが出揃っていないことで、比較が難しいからだ。G-GEAR GA5A-H204/XTは特別珍しいモデルではない。また、価格も抑えられてはいるが突出していない。構成的にも評価は平凡なところがある。最新のCPUとGPUを搭載していること以外は目立つものがない。

現時点では率先して選択すべきモデルとは言えないが、比較対象が存在しないのも事実だ。選択して失敗したり、後悔したりするようなモデルではないので、選択肢としてはありだ。急いでいないなら製品が出揃うまで待った方が理想的なモデルを手にできるだろう。コストパフォーマンスが向上するまで待つのも一つだ。

G-GEAR GA5A-H204/XTのケースレビュー

正面

G-GEAR-syoumen
シンプルなPCケースとなっている。今では珍しい光学ドライブ標準搭載で利便性が高い。

左側面

G-GEAR-left
左側面には大型の吸気口が設けられている。熱対策もばっちりだ。

I/Oパネル

G-GEAR-iopanel
前面にI/Oパネルが配置されている。USB3.0×2、ヘッドフォン端子があって使い勝手も良好だ。

底面

5J-G201ZTのケースレビュー
底面には大型足を採用していて安定性に貢献している。

管理人による総評(G-GEAR GA5A-H204/XT)

G-GEAR GA7A-B180T

G-GEAR GA5A-H204/XTは、最新のCPUとGPUを搭載したゲーミングPCだ。高解像度でのゲームプレイを考えている方向けだと言える。4k解像度にも対応できるポテンシャルの高さがある。メモリ16GB、SSD 500GBと最近主流の構成となっている。最新モデルということもあって価格設定は強気だ。待てるのであれば少し待ってから比較検討することを推奨する。

価格CPUグラボ
172,546円Ryzen 5 5600XRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

TSUKUMO(ツクモ)の評判と特徴解説

を販売しているBTOメーカーの評判を解説。老舗のBTOメーカーということで昔からのファンも多くいるのが特徴だ。ツクモの経営破綻によって今はヤマダ電機グループになり販路が拡大された。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。