G-GEAR mini GI7J-C190T

当記事では、G-GEAR mini GI7J-C190/Tの評判とレビューをまとめている。

各タイトルの対応表

SEKIROPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
sekiro
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
pubg
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★☆☆(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★☆☆☆(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

RTX2060搭載モデルとしては控えめな性能ながら対応力は高い。4K解像度でのゲームプレイよりもフルHD(WQHD)を前提に考えたほうが良さそうだ。

G-GEAR mini GI7J-C190/Tのスペック

ブランド名G-GEAR mini
製品名GI7J-C190/T
価格Windows 10 /129,800円
(送料・税込142,344円)
CPUCore i7-8700
GPUGeForce RTX2060
メモリDDR4-2666 8GB
SSD240GB
(キャンペーン時500GB)
HDD非搭載
(キャンペーン時2TB)
電源500W SILVER
マザーボードチップセットH310
コスパ通常時
★★★☆☆☆☆☆☆☆2.9

キャンペーン時
★★★★★★★★☆☆7.9

G-GEAR mini GI7J-C190/Tの特徴まとめ

RTX2060搭載のゲーミングPC

レイトレーシングやDLSSなどの最新技術(RTコア&Tensorコア搭載)を最も安く体感できるグラフィックボードだ。これより下になるとこれらの新技術に非対応のGTX1660Tiということになる。RTX2060は、性能的にGTX1070Tiに匹敵する高い性能を持っている。もはや60番台=ミドルクラスというのは当てはまらない。

RTX2070以上になると価格が上がってしまうため将来に備えてとりあえずRTX20シリーズを購入しておきたいというゲーマー向けだ。もっとも、まだまだ対応しているタイトルが少なく最新技術を堪能できないのが残念。

キャンペーン時に選びたいモデル

通常時はストレージがSSD 240GBしかなく、物足りなさが際立っている。価格は抑えられているが、それも当然だろうと言わざるを得ないほどである。しかし、キャンペーン時はその弱点であるストレージが大幅に強化される。

このモデルを選択するタイミングはキャンペーン次第であり、通常時はあまりおすすめすることはできない。優れたパフォーマンスであることは代わりがないため、とにかく性能と価格を重視するなら通常時でもありか。少なくとも万人ウケするようなモデルではない。

構成は独特なデコボコが魅力か

チップセットはH310と、優秀とは言えない安価なチップセットを採用している。拡張性を犠牲にしているのはケースがミニタワーであるため、大きなマイナスにはならない。ここでしっかり価格を抑え、ストレージを削り、RTX2060とi7-8700の組み合わせで税抜129,800円という価格を実現している。

ここは評価したいところでもある。それでもやはり構成的な評価はあまり高くなくなる。この割り切り方と突き抜け方は凡用でありながら独創的でもある。目的のためにしっかり作り上げられたモデルで、ストイックな魅力がある。

>>>G-GEAR mini GI7J-C190/Tを購入する<<<

似ているモデルとの比較

ブランドG-GEAR miniG-GEAR
製品名GI7J-C190/TGA7J-E190/T
ケースミニミドル
価格129,800円139,800円
CPUi7-8700i7-8700
GPURTX2060RTX2060
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
SSD240GB
(キャンペーン時500GB)
非搭載
(キャンペーン時500GB)
HDD非搭載
(キャンペーン時2TB)
1TB
(キャンペーン時2TB)
電源500W SILVER500W BRONZE
マザボH310H370
公式公式公式
ここがポイント!!

比較に登場するのは同じTSUKUMOのG-GEAR GA7J-E190/Tだ。簡単に言うとG-GEAR mini GI7J-C190/Tのミドルタワー版である。価格は1万円アップとなり、ストレージがHDD 1TBに置き換わっている点である。SSD 240GBのみよりは保存領域が取れるという意味では選択しやすいが、G-GEAR mini GI7J-C190/Tのストレージをカスタマイズして増設したほうがSSDにOSが入るため機能性は向上するだろう。

どちらもキャンペーン中は弱点であるストレージが強化されるため、実質的な差は電源とチップセットだ。この辺りの差を1万円とすると、どちらも一長一短あるもののG-GEAR mini GI7J-C190/Tのほうが分があるか。基本的な性能が同じであるため、どちらも価格を抑えたモデルであることからより価格が抑えられた製品のほうが恩恵は大きい。

チップセットの違いから拡張性にも差はある。後々様々な増設を行うのであればG-GEAR GA7J-E190/Tのほうが良いだろう。ただし、どちらの製品もキャンペーンありきの選択肢である。通常時に戻ったなら、別の製品を検討したほうが良いだろう。

管理人による総評

G-GEAR mini GI7J-C190/Tは、ミニタワーゲーミングPCとしてコスパに優れた一台だ。通常時はストレージが不足していると感じるユーザーも多いだろう。狙うべきはキャンペーン中だ。SSD 240GB→500GB、HDD 非搭載→2TBへと大幅に強化される。通常時のコストパフォーマンスはイマイチだが、キャンペーン中は跳ね上がる。

性能面では不安になることはないだろう。グラフィックボードにはRTX2060、CPUにはi7-8700を搭載。グラボとCPUのバランスも良く高いパフォーマンスを発揮する。FULL HDあるいはWQHD環境において高い適正を持っている。比較対象としては、同じTSUKUMOの「G-GEAR GA7J-E190/T」だろう。ミドルタワーとなり拡張性が向上する。それほど省スペース性を重視しないユーザー必見だ。

>>>G-GEAR mini GI7J-C190/Tを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

TSUKUMO(ツクモ)の評判と特徴解説

を販売しているBTOメーカーの評判を解説。老舗のBTOメーカーということで昔からのファンも多くいるのが特徴だ。ツクモの経営破綻によって今はヤマダ電機グループになり販路が拡大された。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る