GIGABYTE G5 KC-8JP2130SH


当記事では、GIGABYTE G5 KC-8JP2130SHの評判とレビューをまとめている。2021年2月6日に発売されたモデルだが、発売直後に品切れになってしまった。ark以外のショップでも品切れ中で販売再開までもう少し時間が掛かるだろう。人気の秘密は最新のRTX 3060 Mobileを搭載していながら税込み149,380円という価格だ。購入検討中の方はぜひチェックしておいて欲しい。

GIGABYTE G5のスペック

GIGABYTE G5syoumen

ブランド名GIGABYTE
製品名G5 KC-8JP2130SH
液晶サイズ15.6インチ 240Hz
価格Windows 10 / 149,380円(税込)
CPUCore i7-10870H
グラボGeForce RTX 3060 Mobile
メモリDDR4-2933 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.2kg
バッテリー駆動時間非公開

>>>GIGABYTE G5を購入<<<

各タイトルの対応表

FF14Apex LegendsFortnite
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GIGABYTE G5のゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 3060 mobile(GPU)

rtx3060mobileseinou*性能は2021年2月時点の暫定

GeForce RTX 3060 Mobileは、Ampere世代の60番台のグラフィックボードだ。デスクトップ向けのRTX 3060と比べるとパフォーマンスは落ちるが、モバイル向けモデルとして十分高い性能を持っている。RTX 2070 SUPERと同等以上のゲーミング性能だ。高リフレッシュレートモニターを生かしたゲームプレイが可能となる。もちろんレイトレーシングやDLSSにも対応していて適正は高い。

Core i7-10870H(CPU)

Core i7-10870Hseinou

Core i7-10870Hは、8コア16スレッドのハイパフォーマンスモデルだ。一つ上のCore i7-10875Hよりもクロック周波数は抑えられているが、匹敵するCPU性能を持っている。高いCPU性能はRTX 3060 Mobileを支えるのに最適だ。動画編集・RAW現像などクリエイター作業にも適している。

総合性能

GIGABYTE G5taiou*性能は2021年2月時点の暫定

最新のミドルクラスRTX 3060 mobileを搭載したGIGABYTE G5が注目を集めている。240Hz対応ディスプレイを活かすのには十分な性能である。144Hzでのゲームプレイは高設定で可能でも240Hzの場合は設定を落とす必要がある。例えばFF14の場合は144Hzで十分だ。Apex Legendsやフォートナイトは240Hzの恩恵は大きい。

ゲームタイトルに合わせて設定を調整することで快適なゲームプレイが可能になる。RTX 3060 Mobileの性能はデスクトップのRTX 2060とRTX 2060 SUPERの中間程度だ。リアルタイムレイトレーシングを用いたゲームではRTX 2060 SUPERを凌駕する場面がある。非常に強力な性能でゲーミングノートのミドルクラスを支える性能である。リアルタイムレイトレーシングを適用すると高リフレッシュレートの実現が難しくなる。

グラフィックの品質を上げる機能なだけに、設定を下げて144Hzを目指すのは本末転倒だ。優秀な性能でもミドルクラスである。あまり高望みした環境を構築するのには適していない。ゲームプレイに十分耐え得る性能は持っていても、ハイエンドな環境は実現できないと考えたい。特に最新のタイトルになると難しくなる。画質よりもゲームの快適性を重視するなら最適なゲーミングノートと言える。

>>>GIGABYTE G5を購入<<<

GIGABYTE G5の最新評価

コスパに優れる選びやすいゲーミングノート

GIGABYTE G5の特徴は、最新モデルでありながら税込149,380円という抑えられた価格にある。高性能な240Hz対応ディスプレイ搭載で税込14万円台というのは驚異的だ。デスクトップ向けの240Hz対応ゲーミングモニターは5万円前後の価格である。つまり、同じ環境をデスクトップで整えると本体だけで10万円程度に抑えなければならない。ディスプレイを参考価格に組み込めばデスクトップの同等製品よりも性能が上ということになる。

メモリ16GB、NVMe対応SSD 512GBはこの価格帯では贅沢とも言える構成だ。コストパフォーマンスが高いというのは、単に価格が安いということだけではない。GIGABYTE G5の持つ性能と機能と価格が全て優れているということだ。ここまで安いと不安に感じるユーザーもいることだろう。その点は安心してほしい。ゲーミングノートとしてはかなり優秀なモデルだ。

CPUはCore i7-10870Hを搭載している。この性能はゲーム以外でも非常に強力な性能を発揮できる。ビジネス、クリエイティブな用途、アプリケーションの動作などの基本的なことにも適している。ノートPCの中でもトップクラスの処理性能を有したCPUだ。価格を抑える場合はCPUを安価なモデルに変更することが多い。そして構成や機能を抑えて初めて価格をしっかり抑えられるのが通常だ。

GIGABYTE G5はその辺りに妥協が見られない。しっかりしたモデルをできるだけ低価格で展開しようとしているのだろう。登場からすぐに売り切れ状態になるほど人気があるのも頷ける。もしも144Hz対応ディスプレイを搭載していたなら価格は妥当だった。これが240Hz対応なのだから驚きだ。

240Hzはハイエンドモデルを中心に、高性能なモデルにだけ許された特権と言える。リフレッシュレートを活かせる性能があってこそだ。この価格で240Hzに求められる性能に到達している。価格あたりの性能をコストパフォーマンスとしても、トップクラスの評価を得たゲーミングノートである。

拡張性の高さも魅力

GIGABYTE G5はM.2スロットを2つ持ち、2.5インチHDDドライブベイを搭載している。最大6TBの大容量ストレージに対応する拡張性の高さを持っている。当該モデルのようにM.2スロットが2つあるマザーボードはデスクトップを含めてもそう多くない。BTOに限って言えばほとんど見る機会はない。特にノートタイプは内部スペースの関係もあって拡張性が乏しい。

最近主流のスタイリッシュなゲーミングノートはSSDすら増設できないモデルが多い。そういう点では強みになっていると言える。デスクトップではあまり必要としないが、ゲーミングノートになると話は違ってくる。これらのスロットを活用してストレージを増やしておけばゲームの動画の保存やゲームクライアントの保存をしても余裕がある。

拡張性の高さは一般的なノートにはないGIGABYTE G5の特徴だ。ここに魅力を感じるなら間違いなくおすすめである。NVMe対応SSD、M.2 SSD、HDDのトリプルストレージを組むことで保存先を管理しやすくなる。NVMe対応SSDはシステムやメインゲームや頻繁にアクセスするアプリケーションの保存に適している。M.2 SSDはサブゲームやたまにプレイするゲームを保存するのに適している。

HDDは動画や写真など読み込みがアクセス時の1回しか発生しないファイルの保存がメインだ。こうした使い分けをすることで容量を圧迫しにくくなる。拡張性を高めたことでやや本体に厚みがある。内部のスペースを確保しなければならないので仕方がない。ただ、これはデメリットにもなる。携帯性は一般的な15.6インチのゲーミングノートに比べて若干低いと考えておきたい。

様々なことを行う際の使用感で言えばデスクトップにも劣らないだろう。ただし、普段あまりストレージ容量を圧迫しないユーザーからすると魅力的に映らないかもしれない。この要素はどちらかと言えば中級者以上のゲーマー向けの機能だ。ゲームだけを保存するなら500GBもあれば十分だ。ここに動画を保存すると1TBは必要になる。長期に渡れば容量はあるに越したことはない。

冷却性能に力を入れている

前述のように拡張性のために内部にスペースが設けられている。これは本体に厚みを生み出すデメリットであると同時に、エアフローを強化するメリットでもある。また、最新のWINDFORCE冷却システムにより、内部の冷却性能は高い。ゲーミングノート最大の弱点は熱だ。長時間のゲームプレイで熱によるパフォーマンスの低下が見られる。ギリギリ60fps出ていたものが徐々に50fpsを下回るほど下がる。

このメカニズムはCPUやGPUが熱をこれ以上高めないために性能を落とし発熱を防ぐためだ。デスクトップも冷却性能が低いと同様の症状が発生するが、デスクトップのケースは内部スペースに余裕がある。当然のように本体にケースファンが搭載されている。CPUファンやグラフィックボードのファンも強力なものが多い。ノートは限定的なサイズのファンしか搭載できないことから、熱による影響を受けやすい。

GIGABYTE G5にはデュアルギガンティックファンという2基の53枚羽根ファンで排熱処理を行う。ゲーミングノートには珍しい5本のヒートパイプを搭載し、うち3本はGPUの放熱に充てられている。RTX 30 mobileの性能を支える重要な機構である。本体の厚みを活かした3つの排気口もエアフロー強化に一役買っている。排熱性能が本体の冷却性能の高さでもある。

熱に対しては各ゲーミングノートが最も力を入れている箇所でもある。GIGABYTE G5はその中でもかなり強力な冷却性能を追求しているように見える。それだけゲーミングノートは安定しにくいということなのだろう。完璧の対応とは言えなくても、ここまで冷却に力を入れているゲーミングノートも珍しい。おそらく拡張性の高さも加味してのことだ。ストレージはSATA接続のSSDでない限り熱を発するパーツだ。

トリプルストレージが可能なモデルで、実装すると熱で性能が落ちるのでは意味がない。拡張性の高さがGIGABYTE G5の魅力であり、拡張性の高さがGIGABYTE G5のよさを生み出していると言っても過言ではない。特に冷却性能は拡張性の恩恵と影響を受けた部分だ。

>>>GIGABYTE G5を購入<<<

GIGABYTE G5の本体レビュー

本体正面

GIGABYTE G5syoumen
狭額縁デザインで視認性が高いゲーミングノートとなっている。ブラックの本体デザインがゲーミングノートらしさを演出している。

本体天板

GIGABYTE G5tenban
天板はシンプルだ。GIGABYTEのロゴが入っているだけですっきりとしている。背面には2つの排気口が設けられている。また、LANポート、HDMT 2.0、DisplayPort、電源端子が配置されている。

キーボード

GIGABYTE G5keyboard
キーボードはLED設定を行うことができる。15種類のバックライト効果がプリセットされていて好みの演出を選択することが可能だ。

本体右側面

GIGABYTE G5right
本体右側には、USB 3.2 Gen2×1、Mini DisplayPort×1、SDカードリーダーが配置されている。一番右端には排気口がある。

本体左側面

GIGABYTE G5left
本体左側にはUSB 3.2 Gen1×1、ヘッドフォン端子が配置されている。

I/Oパネル

  • USB
  • USB2.0 右側面1
    USB3.2 Gen2 (Type-A 右側面1)
    USB3.2 Gen1 (Type-A 左側面1)

  • LANポート 背面1
  • ディスプレイ
  • HDMI 2.0 背面1
    DisplayPort 1.4 Type-C over USB 3.2 Gen 2 背面1
    Mini DisplayPort 1.4 右側面1

  • サウンド
  • オーディオ出力、マイク入力 左側面

  • SDカードリーダー 右側面1
  • 電源 背面1

標準的なインターフェイスで、利便性はまずまずだ。贅沢を言えばUSB3.2 Type-Aの数がもう少しあってもよかった。USB 2.0はマウスなどの接続に適したポートだ。これは右側にある方がよいのではないだろうか。ただ、ゲーミングノートに搭載されるUSB 2.0はほとんど左側にある。何か別に適した用途があるのかもしれない。

個人的には背面にLANポートがあるのは大きいように感じる。LANケーブルは厚みがあり、割と主張が強いので邪魔になりやすい。背面にあると操作の邪魔にならずに接続できる。インターフェイスの装備は標準的でも配置が割と親切な部類だ。概ね満足いくインターフェイスである。

>>>GIGABYTE G5を購入<<<

管理人による総評(GIGABYTE G5)

GIGABYTE G5syoumen

GIGABYTE G5 KC-8JP2130SHは、RTX 3060 Mobile×i7-10870H搭載のゲーミングノートPCだ。税込み149,380円というお得な価格設定で人気爆発中だ。発売されたばかりですでに入手困難な状況となっている。ゲーミング性能が高くかつてのハイクラスであるRTX 2070 SUPERと同等以上のパフォーマンスを発揮する。

CPUには8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCore i7-10870Hを搭載している。負荷のかかる用途でも満足できるゲームプレイが可能だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も十分だろう。発売が再開されることが待ち遠しい。

価格CPUグラボ
149,380円i7-10870HRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB NVMe非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。