G-Tune HM-Btop


当記事では、G-Tune HM-Bの評判とレビューをまとめている。RTX 3060×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。RTX 2070 SUPER搭載モデルからミドルクラスのRTX 3060搭載モデルへと切り替わった。まだまだ価格が高いのでもう少し待つのがよいだろう。今の価格よりも3万円程度価格が下がればおすすめ度はアップする。

G-Tune HM-Bのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名HM-B
価格Windows 10 / 159,800円
(税込175,780円)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★☆☆☆6.5

>>>G-Tune HM-Bを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HM-Bのゲーミング性能

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代待望のミドルクラスのグラフィックボードだ。RTX 3080やRTX 3070などのハイクラスに続いて登場した。RTX 2060 SUPERよりも高いゲーミング性能を持っている。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。高リフレッシュレートでのゲームプレイに対応することも可能だ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、8コア17スレッドの高パフォーマンスモデルとなっている。第10世代で最も人気の高いCPUの一つだ。第9世代で人気を博したCore i7-9700とは異なりハイパースレッディングに対応したことでパフォーマンスが向上している。

特に今は価格が下がり気味なのでコストパフォーマンスがさらに高まっている。ゲームを中心に据えるなら今後も長く通用するCPUである。純粋にゲームメインを想定しているならCore i7-10700は魅力的なCPUだ。

総合性能

G-Tune HM-Bseinou

G-Tune HM-BはCore i7-10700とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。Core i7-10700とRTX 3060の組み合わせは非常に人気が高い。ゲーム向けの性能としてはスタンダードと言えるほどで、まずはこの性能を目指したゲーミングPC選びが理想だ。本格的なゲームプレイを想定しているユーザーにも扱いやすいのが特徴だ。

ただ、フルHDを超える解像度はあまり得意とは言えない。それでもFF14程度の負荷なら4Kでもある程度安定させることができる。本領を発揮するのはフルHDでの高リフレッシュレート環境だ。Apex Legendsやフォートナイトといった人気タイトルを144Hzで快適にプレイできる。フォートナイトなら240Hzも目指せる性能である。高解像度でのゲームプレイよりも対人系のタイトルを中心とするなら候補に加えたいモデルである。

>>>G-Tune HM-Bを購入<<<

G-Tune HM-Bの特徴&注意点

構成に隙がないゲーミングPC

G-Tune HM-Bは、G-Tune製品にしては珍しくしっかりした構成を持つモデルだ。最近はシングルストレージのモデルが多い中で、以前のコストパフォーマンス重視型時代のG-Tuneを彷彿とさせるスタイルに見える。ミニタワーにHDDとSSDを搭載したデュアルストレージはG-Tuneではあまり見かけなくなっていた。RTX 3060の登場に合わせて復活したG-Tune HM-Bは、その当時よりも個性あふれるモデルに変貌を遂げている。

例えば、RTX 3060搭載モデルから採用されたWi-FiとBluetoothの内蔵だ。これらは一部のメーカーの一部のモデルにしかなかった特徴だ。意外とニーズは大きく、USBの枠を埋めない形になるのはメリットだ。利便性に関してG-Tuneは一歩リードしたと言える。ストレージ構成、利便性、性能に関わる部分に弱点がない。性能を活かすためによくまとまったモデルだ。

一方で、どこか無難な構成と価格に感じるところもある。もう一声あれば大きく化けるような気がする。G-Tune HM-Bの価格は特別安いわけではない。構成や装備を考えれば妥当なところだ。今はBTOパソコンが全体的に高騰しているので価格が抑えられなかったのかもしれない。登場したばかりで価格設定が割高なだけかもしれない。

それでも一応は他製品の同等モデルと価格差は大きくない。もしも、他製品と同じように価格が下がるなら、RTX 3060搭載のトップモデルになれるかもしれない。RTX 3060搭載モデルには不利な条件が揃う中で、一定の評価を得られるということはそれだけポテンシャルを秘めている。今後の動向に期待したい。

3万円引きされてからが本領

RTX 3060搭載モデルの魅力は何と言っても価格が抑えられることだろう。ミドルクラスはコストパフォーマンスが命である。今はBTOパソコン全体が高騰しているので価格は抑えきれていない。他製品にもそれは言えることで、評価自体は変わらない。ただ、G-Tune HM-Bの本領が発揮されるのは3万円以上の値引きがあってからだ。

価格が高騰する前はRTX 3070搭載モデルが税抜14万円台、RTX 3060 Ti搭載モデルが税抜13万円台だった。性能差からして、RTX 3060搭載モデルは高くても12万円台に収まらなくてはならない。そしてそれは十分期待できる範疇にある。RTX 3060はRTX 2060 SUPERの性能とRTX 2060の価格を持つモデルだ。最終盤のRTX 2060搭載モデルの価格は税抜10万円台~11万円台だった。

最新モデルということで多少の上乗せがあっても12万円台は現実的な価格だ。実際にはRTX 3060 Ti搭載モデルよりも8,000円ほど安いこと、RTX 3070搭載モデルよりも14,000円以上安いことが条件だ。これを満たすことができればRTX 3060搭載モデルはミドルクラスに確固たる地位を築くことになる。RTX 3050や他に登場してくるGPUに対しても揺らぐことのないポジションに立てる。

そして、G-Tune HM-Bはそうなれる力を持ったモデルだ。はっきり言って現段階ではおすすめしにくい。ただ、チェックしておいて損はないモデルだ。セールやキャンペーンも重なれば一気にRTX 3060搭載最強モデルになれる位置にある。G-Tuneから販売された最新モデルとしては上々のスタートだ。あとはしっかり価格がついてくれば一気におすすめモデルになれるはずだ。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ゲーマーの声を反映して生まれたケースだ。最近の流行として光学ドライブが非搭載となっているのが特徴となっている。必要ならオプションで追加可能だ。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune HM-Bを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

現在RTX 3060搭載モデルの比較は行っていない。G-Tune HM-Bは登場時点では特別秀でたものをもっているわけではない。価格的にも構成的にも平凡なモデルだ。今の段階で比較を行うなら、上回るモデルはいくらでもありそうなものだ。G-Tune HM-Bは時間経過で化ける可能性の高いモデルである。

G-Tuneの初動はお世辞にも素晴らしいとは言えない。それがRTX 3060搭載モデルに限っては過去に例のない好スタートを切った。最新モデル登場から2ヶ月遅れ、価格差は2万円以上あり、登場時点で勝負が終わっていることもあった。それが、登場から少し遅れて価格は相場通り。

G-Tuneは初動で離され、徐々に差を詰め、セールで距離を縮めるモデルが多い。もしも、G-Tune HM-Bもその通りに事が進めば一気に人気モデルになるはずだ。そういった意味では今すぐ選択するのはおすすめできないが、チェックはしておきたいモデルである。

管理人による総評(G-Tune HM-B)

nextgear-micro

G-Tune HM-Bは、RTX 3060×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。フルHD環境で高リフレッシュレートを出すことが可能だ。充実した構成も特徴となっている。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBとダブルストレージは嬉しい。また、Wi-Fi 6対応無線LANやBluetooth 5内蔵は高ポイントだ。2021年の標準となるかもしれない。それでも今はまだ価格が高いため3万円の値引きが適用となるまで待つのがよいだろう。

価格CPUグラボ
159,800円Core i7-10700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune HM-Bを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。