G-Tune EM-Ztop


当記事では、G-Tune PM-Zの評判とレビューをまとめている。デフォルトではRTX 2060 SUPER×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。グラフィックボードのカスタマイズができる一台で基本的にカスタマイズでRX 5700に変更した方がコストパフォーマンスが上がる。新しい試みだと言える。

G-Tune EM-Zのスペック

nextgear-micro

ブランド名G-Tune
製品名EM-Z
価格RTX 2060 SUPER / 179,800円
RX 5700 / 149,800円
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 2060 SUPER
(Radeon RX 5700選択可)
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットZ490
コスパ RTX 2060 Super
★★★★★★☆☆☆☆6.2

RX 5700
★★★★★★★★☆☆8.2

>>G-Tune EM-Zを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune EM-Zのゲーミング性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

グラフィックボード

GeForce RTX 2060 SUPER

rtx2060superseinou

RTX 2060 SUPERは、RTX 2070に匹敵する非常に優秀な性能を持っていてフルHD環境では上限とも言える性能だ。FULL HD環境でのゲームプレイを考えているユーザーに最適だと言える。RX 5700と比べて安定しているので、選びやすく扱いやすい。

波の無い素直な性能となっていて初心者から上級者まで幅広くカバーできるグラフィックボードである。RTX 2070 SUPERやGTX 1660 SUPERのような人気モデルの影に隠れて目立たないが、実力はあるので予算に合うなら選びたいグラフィックボードだ。

Radeon RX 5700

rx5700seinou

Radeon RX 5700は、ミドルエンドクラスの新鋭グラフィックボードとなっている。競合NVIDIAのRTX 2060 SUPERを超える性能を持ち、コストパフォーマンスの高さが魅力だ。WQHDまでは何とか対応可能で、4K解像度は苦手である。

用途としてはフルHD+144hzの高リフレッシュレートでのゲームプレイだろう。配信時も安定したパフォーマンスを発揮できるのはCore i7-10700のおかげか。性能を上手く活かせる構成は素晴らしい。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-9700は、RTX 2060 Super、RX 5700ともに相性の良いCPUだ。ゲームへの対応力も高く、コストパフォーマンスにも優れているため人気が高い。

ミドルクラス以上のグラフィックボードには必須とも言える性能だ。ゲームだけではなく作業にも高い安定感で快適性を維持できる。何をするにも不足しにくいCPUパワーは全てのゲーマーにおすすめだ。

総合性能

G-Tune EM-Zseinou

RTX 2060 SUPER、RX 5700のどちらを選択しても推奨環境を満たせないゲームはない。第10世代のCore i7-10700に更新されたことで、GPU性能を発揮しやすくなった。RTX 2060 SUPERもRX 5700も性能自体にそこまで大きな差はない。GPU性能自体は僅かにRX 5700が高く、安定感はRTX 2060 SUPERに分がある。

価格が安いRX 5700、安定感のあるRTX 2060 SUPERと考えて選択するくらいでよさそうだ。どちらも同じミドルエンドクラスにカテゴライズされるGPUだ。基本的な性能に不満は感じないだろう。要求スペックの高いX4に対しては推奨環境を満たしてはいる。ただ、快適のラインは個人差が生まれやすい。負荷の高いゲームでは最高設定でのゲームプレイはあまり期待しない方がいいかもしれない。

特に高リフレッシュレートでのゲームプレイを想定していると、最高設定では安定しにくい可能性が高い。あくまでも60fpsを基準にした快適性なので留意してもらいたい。話題のゲームや最新のゲームではGPU性能が少し心許ない部分がある。この性能では最高設定ではなく、フルHD+標準設定を基準に快適の度合いを図るプレイスタイルが合う。

>>G-Tune EM-Zを購入<<

G-Tune EM-Zの特徴&強み

選べるグラボはRX 5700 or RTX 2060 SUPER

G-Tune EM-Zの特徴は、カスタマイズでGPUを2種類から選択できることだ。デフォルトであるRTX 2060 SUPER搭載モデルは税抜179,800円で展開されている。このGPUをRX 5700に変更すると30,000円引きされ、149,800円で購入できる。総合的な性能で上回るRX 5700搭載の方が3万円も安いならそちらを選ぶだろう。

RTX 2060 SUPERを上回る性能で、高いコストパフォーマンスが魅力のRX 5700。ただし、RX 5700は最適化されていないゲームではパフォーマンスが大きく下がる。AMD製CPU Ryzenシリーズと似たような性質を持っている。同じAMDなだけに何かありそうな気さえしてくる。本来はRTX 2070やRTX 2060 SUPERに対抗するはずが、RTX 2060を下回るゲームも少なくない。これがRTX 2060 SUPERは安定感と言われる要因である。

ただ、RX 5700の性能がいかに不安定と言えども、RTX 2060 SUPERと同等である。そう考えると149,800円は決して高くない。性能よりもコストパフォーマンスを重視するならRX 5700は優秀な選択肢となる。G-TuneはAMD製品搭載モデルの評価が著しく高い傾向にある。

RX 5700搭載で-30,000円というのもその現れだろう。IntelとNVIDIA製品搭載モデルが異常に高いだけかもしれない。価格がしっかり下がるのでRX 5700を選択することはデメリットになりにくい。同一の製品として見るのではなく、RTX 2060 SUPER搭載モデルとRX 5700搭載モデルを分けて見るべきモデルだ。

おすすめはRX 5700搭載モデル

現在のG-Tune EM-Zは、RTX 2060 SUPER搭載モデルが基本構成となっている。登場時はRX 5700搭載モデルだった。カスタマイズで3万円アップでRTX 2060 SUPERに変更できたのは同じである。ただ、こうして見ると受ける印象は違ってくる。3万円多く出して選択できたRTX 2060 SUPERと、3万円安く選択できるRX 5700。

意味することは同じでも、RX 5700に変更した方がお得に見える。そのためにRTX 2060 SUPER搭載モデルをベースにしたのだろうか。価格と性能を考えればG-Tune EM-ZはRX 5700搭載モデルであるべきだ。RTX 2060 SUPERに対して安定感は乏しい。しかし、同等の性能と見なければ非常に優秀なGPUだ。RTX 2060と同等の性能と価格を持ち、得意分野ではRTX 2060 SUPERを超える。

ポジティブに見るとこういった特徴になる。前述の通り、G-TuneはAMD製品搭載モデルの価格が適正価格に近い。例えば、RTX 2060 SUPERとRX 5700のカスタマイズ費用は3万円違う。これは異常なことである。グラフィックボード単体ではRTX 2060 SUPERが45,000円ほど、RX 5700が40,000円ほどで販売されている。AMDが安いのではなく、他が尋常ではないほど高いだけだ。

セールありきの価格設定は流石におすすめできない。ただ、RX 5700搭載モデルとして見るとG-Tune EM-Zは非常に強力なモデルになる。税抜14万円台はRTX 2060 SUPER搭載モデルが鎮座しているべき価格帯だ。税抜14万円台を代表するモデルが登場していない今、その座を奪うには絶好の機会だ。ミドルエンドクラスはRTX 2060 SUPERではなくRX 5700が有力な選択肢になのかもしれない。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ゲーマーの声を反映して生まれたケースだ。最近の流行として光学ドライブが非搭載となっているのが特徴となっている。必要ならオプションで追加可能だ。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>G-Tune EM-Zを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneGALLERIA
イメージim610GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名EM-ZXA7C-R70S
価格179,800円/
149,800円
169,980円
CPUCore i7-10700Core i7-10700
GPURTX 2060 SUPER/
RX 5700
RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE
チップセットZ490H470
公式公式公式
詳細当ページ詳細
G-Tune EM-Z RTX 2060 SUPER搭載モデルの比較対象はGALLERIA XA7C-R70Sだ。RTX 2070 SUPERを搭載した上位モデルで、価格は1万円安い。上位モデルに対して価格でアドバンテージを得られないというのがG-Tune EM-Zの弱点だ。

構成で上回っていたとしても、HDD 2TBとチップセットの差で1万円高くなるとは考えられない。他ショップのRTX 2070 SUPER搭載モデルよりも高いRTX 2060 SUPERはおすすめできない。異常な価格設定は他ショップを見ると分かりやすい。

一方で、RX 5700搭載モデルの場合逆に2万円安くなる。性能を考えれば妥当な価格差と言える。G-Tune EM-ZはRTX 2060 SUPERからRX 5700へカスタマイズすることが必須と言えるモデルだ。ただ、RX 5700搭載とは一覧に記載されていないので、G-Tune EM-Zにたどり着くのは難しいだろう。

もしも、G-Tune EM-Zの価格が予算に近いと考えてチェックしたなら、RX 5700への変更を検討してみて欲しい。もしくは上位GPU搭載のGALLERIA XA7C-R70Sのようなモデルをおすすめしたい。RTX 2060 SUPER搭載のG-Tune EM-Zは避けたほうがよいモデルだ。

管理人による総評(G-Tune EM-Z)

masterpiece

当該モデルは、RTX 2060 SUPER×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。カスタマイズでRX 5700にすれば30,000円安く購入できる。基本的にはRX 5700搭載モデルを選択するべきだ。コストパフォーマンスが一気に高くなる。ほぼ同等の性能で価格が3万円も安くなるのであれば当然だろう。

いずれのグラフィックボードでもFULL HD環境での高いゲーミング性能が魅力となっている。高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応できるポテンシャルを持つ。性能的には不足はなく高いレベルでのゲームプレイが可能だ。

価格CPUグラボ
179,800円Core i7-10700RTX2060 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune EM-Zを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya