G-Tune EM-Ztop


当記事では、G-Tune EM-Zの評判とレビューをまとめている。RTX 3060×Core i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスのモデルとして20万円を超えてしまったのは痛い。5,500円の値引きが適用となってもまだ足りない。今は比較対象モデルをチェックしておく方がよいだろう。

G-Tune EM-Zのスペック

nextgear-micro

ブランド名G-Tune
製品名EM-Z
価格Windows 10 / 203,280円(税込)
CPUCore i7-10700KF
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★☆☆☆☆5.5

>>G-Tune EM-Zを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune EM-Zのゲーミング性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

RTX 3060は、RTX 2060 SUPER以上の非常に優秀な性能を持っていてフルHD環境では上限とも言える性能だ。フルHD環境でのゲームプレイを考えているユーザーに最適だと言える。波のない素直な性能となっていて初心者から上級者まで幅広くカバーできるグラフィックボードである。

RTX 3070やGTX 1660 SUPERのような人気モデルの影に隠れて目立たないが、実力はあるので予算に合うなら選びたいグラフィックボードだ。ゲーミングPC価格の高騰もあって今後このRTX 3060に注目が集まるのではないかと予想している。

Core i7-10700KF(CPU)

i7-10700kseinou

Core i7-10700KFは、RTX 3060と相性の良いCPUだ。ゲームへの対応力も高く、コストパフォーマンスにも優れているため人気が高い。ミドルクラス以上のグラフィックボードには必須とも言える性能だ。ゲームだけではなく作業にも高い安定感で快適性を維持できる。何をするにも不足しにくいCPUパワーは全てのゲーマーにおすすめだ。チップセットにZ490を採用しているためオーバークロックにも対応できる。中上級者の方でも満足できる構成だ。

総合性能

G-Tune EM-Zseinou

G-Tune EM-Zは、Core i7-10700KFとRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。CPU性能が高く、オーバークロックも可能なのでCPU負荷に強い。その特性から、ミドルクラスの中では4KやWQHDのような高解像度に対応しやすい。本格的なゲームプレイも可能なこともあり、扱いやすいモデルと言える。

FF14は少し設定を下げれば4Kでプレイできる。FF14以外にも対応できるタイトルは多い。ただ、4Kを前提とした性能ではないので、あくまでおまけ程度に見ておきたい。本命はフルHD環境だ。Apex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを快適にプレイできる。120Hzを超える高リフレッシュレートへの対応力も抜群だ。G-Tune EM-Zは本格的なゲームプレイの第一歩を踏み出せる性能を持っている。

>>G-Tune EM-Zを購入<<

G-Tune EM-Zの特徴&強み

コストカットも評価の伸びは今ひとつ

G-Tune EM-Zは、RTX 3060×Core i7-10700KF搭載のゲーミングPCだ。CPUがCore i7-10700KからCore i7-10700KFへと変更されている。これにより価格は5,000円ほど下がり、評価は僅かながらアップした。しかしながら、RTX 3060搭載モデルが20万円オーバーの現状に変わりはない。これが非常に厳しい。CPUの性能は維持しながら価格を下げても評価が上がらない要因だ。

この価格が下がらない理由は充実した機能や構成にある。今どきのゲーミングPCには珍しいデュアルストレージを採用していることも挙げられる。現在のゲーミングPC事情的に、デュアルストレージはその性能帯の上位モデルにしか採用されにくい。また、標準でWi-FiとBluetoothに対応していることもある。

価格を抑えたモデルとは一味違う構成はワンランク上のRTX 3060搭載モデルと言ったところだ。ただし、それは果たして恩恵のあることなのかは疑問である。どれだけ充実したとしても、性能は一般的なミドルクラスである。1ランク、2ランク上の性能を持つモデルと同等の価格を出す価値があるかどうか。

ミドルクラスにしては充実した構成と機能を持ち、ミドルクラスの枠を超える価格設定。これこそがG-Tune EM-Zの評価を伸ばさせない最大の要因である。いかに優れたモデルであったとしても、流石にミドルクラスで20万円を超えていてはおすすめしにくいが、今後逆転の可能性もある。

RTX 3060搭載モデルの価格は未だ不安定だ。G-Tune EM-Z以外の製品でもRTX 3060搭載モデルで20万円を超えるモデルは少なくない。もしかすると、G-Tune EM-Zの価格がスタンダードになる日が来るかもしれない。そうなるまでは、選択は控えておきたい。

変化を見逃さないようにしたい

G-Tune EM-Zは今のままでは価格的におすすめしにくい。価格を抑えるために、構成を削ると他のモデルと競合してしまい個性や特徴で負けてしまうだろう。方向性はこのままでいいとは思うが、価格に対して納得のいく性能や構成がほしい。つまり、ここからもう一つ変化を待ちたい。この価格が相場になることだけではなく、価格に見合ったモデルに変化を遂げることにも注目したい。

Core i7-10700KからCore i7-10700KFに変化したように、G-Tune EM-Zにはまだまだ改良の余地がある。もしくは、G-Tune EM-Zの最新版のようなモデルの登場にも目を向けたい。Core i7-11700FとRTX 3060を搭載したようなモデルだ。G-Tune EM-Zに搭載されているメモリ規格はDDR4-3200という主流のものだ。しかし、第10世代のCPUではDDR4-2933でしか認識しない。

チップセットがZ490であることからも、DDR4-3200を採用したのはDDR4-2933を用意するよりも流用した方がコスト的にマシだからだろう。こういった点で、G-Tune EM-Zはまだまだ完全なモデルとは言い難い。理想はZ590を採用してCore i7-11700KFに置き換えた最新モデルだ。

その時の価格設定がミドルクラスの枠に収まらなくても、性能と機能を考えればまだ妥協できるはずだ。少なくとも、旧世代のモデルで20万円オーバーよりも、最新モデルで22万円台に収まる方が評価は高くなる。選びやすさを求めるならG-Tune EM-Z以外のRTX 3060搭載モデルがいい。G-Tuneにしかない高機能なミドルクラスを目指すなら、構成の変化を見逃さないにようしたい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ゲーマーの声を反映して生まれたケースだ。最近の流行として光学ドライブが非搭載となっているのが特徴となっている。必要ならオプションで追加可能だ。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>G-Tune EM-Zを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneG-Tune
イメージnextgear-micronextgear-micro
製品名EM-ZTD-S
価格203,280円(税込)164,780円(税込)
CPUCore i7-10700KFCore i7-10700
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源700W BRONZE500W BRONZE
チップセットZ490B460
公式公式公式
詳細当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。比較対象とするにはあまり性能や構成に釣り合いが取れていない。機能面でもWi-FiやBluetoothに対応していないので比較する箇所がない。ではなぜピックアップしたのか。それはミドルクラスのゲーミングPCとしては同等の性能を持ちながら、価格が安いからだ。

CPU・メモリ規格・ストレージ・チップセットで差を付けられていても、価格は40,000円ほど安い。ミドルクラスのゲーミングPCとしてなら、性能はG-Tune TD-Sでも十分だ。ミドルクラスの性能を求めるなら、その価格も見合った選びやすいモデルをおすすめする。

管理人による総評(G-Tune EM-Z)

nextgear-micro

当該モデルは、RTX 3060×Core i7-10700KF搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスのモデルでついに20万円を超えてしまった。価格高騰の影響は大きいが今後はこれが当たり前になるのではないかと思う。今は比較対象モデルをチェックしつつG-Tune EM-Zの動向を見よう。

グラフィックスにはRTX 3060を搭載していてフルHD環境でのゲームプレイに適している。CPUには倍率クロックフリーモデルのCore i7-10700Kを搭載している。高いクロック周波数でゲームプレイにも有利だ。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も抜群だ。ダブルストレージは魅力的だと言える。

価格CPUグラボ
203,280円(税込)Core i7-10700KFRTX2060 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!