G-Tune EP-Z-CMtop


当記事では、G-Tune EP-Z-CMの評判とレビューをまとめている。フルタワーを採用したハイエンドのゲーミングPCだ。ハイエンドクラスのRTX 3080を搭載し高解像度でのゲームプレイに対応することができる。CPUクーラー搭載や1200W GOLD電源搭載などこだわりも見られる。

G-Tune EP-Z-CMのスペック

masterpiece

ブランド名G-Tune
製品名EP-Z-CM
価格Windows 10 / 351,780円(税込)
CPUCore i9-10900K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD4TB
電源1200W GOLD
マザーボードチップセットZ590
コスパ★★★★★★★★★★ 9.7

>>>G-Tune EP-Zを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune EP-Z-CMの性能まとめ

G-Tune EP-Z-CMseinou

G-Tune EP-Z-CMはハイエンドクラスに相応しい性能を持つゲーミングPCだ。水冷式ファンでCore i9-10900Kのパフォーマンスを安定させ、RTX 3080の性能をうまく引き出せる。メモリ容量32GBはハイエンドモデルには必要となる容量で、標準搭載されているのはありがたい。より高みを目指すゲーマーにおすすめのモデルだ。

4KやWQHDなどの高解像度に強いため、ゲームプレイの環境を選ばないのが強みだ。フルHDで240Hzで安定を目指せる。Apex Legendsやフォートナイトではゲームを優位に進められる。ただし、性能に特化したモデルというわけではないので、価格は決して安くなく、選びにくいのが難点である。

>>>G-Tune EP-Z-CMを購入<<<

G-Tune EP-Z-CMの特徴&強み

一定の評価を得るも価格が高くおすすめ度は低い

G-Tune EP-Z-CMは、非常に高いコストパフォーマンスを誇るモデルだ。注意点として当サイトの評価は構成も含むため、充実した構成を持つモデルはスコアを稼ぎやすい。特に30万円を超えるほどのモデルとなると、充実し過ぎて正しく評価しにくいのが現状だ。G-Tune EP-Z-CMは間違いなく構成でスコアを稼いでいる。

Core i9-10900KとRTX 3080、そしてメモリが32GBというのはそこまで珍しくない。G-Tune EP-Z-CMの優れた構成は性能に関わらない部分が多くを占めている。ストレージはかなり強力である。HDD 4TBにNVMe対応SSD 1TBの総容量5TBだ。ハイエンドモデルで総ストレージ容量5TBはそうそうお目にかかれるものではない。

チップセットは最新のZ590を採用している。CPUがCore i9-10900Kで、メモリ規格がDDR4-2666ならZ490でもよさそうなものだ。ここは少しコスト的に無駄と感じる部分である。そして電源は大容量1200W GOLDだ。ハイエンドクラスに相応しい電源容量である。これならカスタマイズ要らずで安心して使用できる。このように、G-Tune EP-Z-CMの構成は非常に贅沢と言えるほど充実している。

カスタマイズの必要性を感じないくらいだ。むしろマイナスカスタマイズで無駄を省きたいユーザーもいるのではないだろうか。ここまで装備を充実させるとたとえ30万円オーバーでも、評価は高くなる。しかし、30万円を超える価格は選びにくい。そのため、評価は高くてもおすすめ度の低いモデルができあがる。G-Tune EP-Z-CMは悪いわけではないが、もう少し価格が安くならなければおすすめしにくい。

癖のある構成で好みの分かれるモデル

現在のハイエンドクラスには幾つかパターンがある。その中で人気となるのは性能が高いモデルか価格が安いモデルである。G-Tune EP-Z-CMはそのどちらにも属していない。性能に関して言えば、第11世代の存在とRTX 3080 Tiの登場で見劣りしてしまう。性能面ではトップでなくなったことから、人気はそこまで高くない。

そして、35万円を超えるモデルが人気になるのはかなり難しい。なかなかこれだけの予算を持っているユーザーは少ないだろう。性能はハイエンドの中でも標準的、価格は高めなことから立ち位置は分かるだろう。少なくともG-Tune EP-Z-CMはハイエンドモデルの中で積極的に選ばれるモデルではない。ただ、その構成はハイエンドモデルの中ではトップクラスと言える。

何もない平凡なモデルは埋もれるだけだが、突出した要素を持っていれば少なくとも埋もれることはない。その点でまだ強みがあるだけ希望はある。誰にでもおすすめできるわけではないが、誰かに選ばれるモデルではある。一定以上の性能と充実した構成を求めるなら選んでも損はない。

純粋なゲーマーにとっては魅力的と言えなくても、動画投稿や配信を行うなら強力なストレージが武器になる。このように、用途によっては無駄と捉えられたり、有利と捉えられる要素を持っている。好みの分かれるモデルである。性能と構成と価格のバランスははっきり言ってよいとは言えない。

それでも強力な武器を持ったモデルなので、バッチリはまるニーズは存在する。G-Tuneのフルタワーは排熱性能と冷却性能が優秀だ。これだけ充実した構成と性能を持っていても、動作は安定する。むしろG-Tuneのフルタワーを選ぶならG-Tune EP-Z-CMが最適とも言える。ケースデザインが気に入った上で予算が合うなら候補に加えてもよさそうだ。

>>>G-Tune EP-Zを購入<<<

パソコンケースレビュー

masterpiececase当該モデルではG-Tune自慢のフルタワーが採用されている。機能性が高くまたデザイン性の高さから人気がある。実物を見るとその高級感に圧倒される。

ただし、他のケースと比べて高価なので誰もが選べるモデルとは言い難い。予算に余裕がある方向けで万人受けはしないだろう。

>>>G-Tune EP-Z-CMを購入<<<

他のゲーミングPCとの比較

現在G-Tune EP-Z-CMの比較対象は存在しない。G-Tune EP-Z-CMが優秀過ぎて比較対象がないというわけではない。G-Tune EP-Z-CMの価格が高すぎて比較対象が見つからない状況だ。RTX 3080の取り扱いが現象していることもあって、しばらくはこの価格帯ではトップという位置付けになる。しかし、時間経過で必ずそのポジションは奪われることになる。

候補に加えていたとしても、しばらく様子を見るべきだろう。価格帯的にはハイエンドモデルのRTX 3080 Tiとなるが、RTX 3080 Tiの品薄が影響してか、各ショップでの価格が安定していない。RTX 3080 Tiの供給が安定すればG-Tune EP-Z-CMの比較対象はRTX 3080 Ti搭載モデルになるはずだ。現状、RTX 3080搭載モデルでは価格が開きすぎるため対抗するのは難しい。

管理人による総評(G-Tune EP-Z-CM)

masterpiece

RTX 3080を搭載したフルタワーのゲーミングPCだ。税込み35万円オーバーとかなり高く購入するユーザーを選ぶだろう。MASTERPIECEのケースデザインの評価高く他のモデルとは一線を画する。ハイエンドのRTX 3080にふさわしいケースだ。CPUにはCore i9-10900Kを搭載しCPUクーラー付きでオーバークロックまでを想定しているようだ。

こだわりのゲーミングPCを探している方はぜひチェックして欲しい。メモリ32GB・SSD 1TB NVMe対応・HDD 4TBと構成も充実している。電源ユニットにはあまり見かけない大容量モデルである1200W GOLDを採用している。用途によってはメモリ容量のカスタマイズもよいかもしれない。

価格CPUグラボ
351,780円(税込)Core i9-10900KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB4TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!