G-Tune EP-Ztop


当記事では、G-Tune EP-Zの評判とレビューをまとめている。フルタワーを採用したハイエンドのゲーミングPCだ。最新のRTX 3080を搭載し高解像度でのゲームプレイに対応することができる。CPUクーラー搭載や800W TITANIUM電源搭載などこだわりも見られる。

お得なキャンペーン情報

mousewintersale
非常に強力な値引きキャンペーンが実施されている。期間はそこまで長くないので逃したくないところだ。5万円という大きな値引きは、コストパフォーマンスの高いモデルの上限を突破する非常に優秀なキャンペーンだ。G-Tuneのキャンペーンは定期的に適用されるので、一度5万円引きが適用されたなら次のキャンペーンにも期待できる。今回逃したとしても次の機会を待つというのもありだ。24万円台になると、構成を含まないコストパフォーマンスも強力になる。誰にとってもメリットしかない。

G-Tune EP-Zのスペック

masterpiece

ブランド名G-Tune
製品名EP-Z
価格Windows 10 / 299,800円
CPUCore i9-10900K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

>>>G-Tune EP-Zを購入する<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune EP-Zの性能まとめ

G-Tune EP-Zseinou

現行最強の性能を持つハイエンドのゲーミングPCとなっている。非常に高い水準を持った性能であることはグラフからも分かると思う。Core i9-10900Kはゲームにおいて最強のCPUだ。RTX 3080はゲームプレイでならトップクラスだ。これより上のGPUは価格が20万円近くするなどゲーム用としては選びにくいものばかりだ。

このCPUとGPUの組み合わせはゲームにおいて最強の組み合わせと言える。従来のRTX 20シリーズでは難しかった4K+高リフレッシュレートというような環境も整えられる。より高みを目指すユーザーに最適のハイエンドな性能が魅力だ。現時点で実用的に運用されているゲーム環境は、この性能を持ってして対応できないものは存在しない。もちろんゲームだけではない。

一般的な作業やクリエイティブな用途に対しても圧倒的なパフォーマンスを発揮できる。Core i9-10900KはCPUの処理性能もトップクラスだ。それに加えてメモリ32GBが標準搭載されているので快適に行えない作業はほとんどない。一部の専門的なパーツが必要な用途くらいだろうか。少なくとも、ゲーミングPCとしては最上位と言える性能を持ったモデルである。

>>>G-Tune EP-Zを購入する<<<

G-Tune EP-Zの特徴&強み

CPUのアップグレードで評価大幅アップ

G-Tune EP-Zは、RTX 3080×i9-10900K搭載のゲーミングPCだ。リニューアルが適用となってCore i7-10700KからCore i9-10900Kへアップグレードされた。もちろん価格は据え置きだ。元々少し高めに設定されていたこともあって、CPUのアップグレードで評価は大きく上昇した。ゲームを始め、様々な用途への対応力が増した考えてよい。総合的な性能と評価を重視するなら間違いなく上位位置するモデルだ。

Core i9-10900Kは消費電力と発熱の大きいCPUである。その問題を解決するために、G-Tune EP-Zには大型の水冷式CPUクーラーが標準搭載されている。筐体もG-Tuneが誇るフルタワーMASTERPIECE採用だ。冷却性能に関しては他製品と比べて一際優れてたモデルと言える。冷却性能が高いと熱によるパフォーマンスの低下を防ぐことができる。

長時間負荷を掛けても安定しやすいのは魅力と言える。RTX 3080の性能を活かす上で、Core i9-10900Kのパフォーマンスの安定は必須だ。Core i9-10900Kのパフォーマンスが下がるとRTX 3080の性能も引き出しにくくなる。高解像度を前提としたGPUなだけに、CPUの性能と安定は非常に重要である。

電源にも注目したい。消費電力の高いCPUとGPUを支える電源は、1200Wから800へ容量こそダウンした。それでも、規格はGOLDから最上位のTITANIUMになり変換効率が高まったことで、より安定しやすい環境は整った。SLIなどを目指さない限りはこのままで問題ない。Core i9-10900KへのアップグレードはG-Tune EP-Zに大きな影響を与えた。

ただでさえ発熱の大きいCPUであるため、オーバークロックは難しい部分があった。それを水冷式クーラーがサポートし、電源の品質向上で安定に繋げ、GPUのパフォーマンスを引き出す。CPU一つ変わるだけで性能面の評価は大幅に向上した。ハイエンドゲーマーにとっては魅力的なモデルだ。

コスパに優れた最強クラスのゲーミングPC

G-Tune EP-Zは、税抜299,800円と非常に高価である。もちろんその価格に見合った構成は持っている。HDD 2TBとNVMe対応SSD 1TBの総ストレージ容量3TBは用途を選ばず使用できる。メモリ32GBはこの構成では最低限と言える容量だ。必要であるならカスタマイズでメモリ容量64GBを目指すのも悪くない。それだけ突出した性能を持っている。前述のようにCPUクーラーや電源も強力だ。

何よりフルタワーケースを採用しているのは圧巻だ。はっきり言うとフルタワーはコストパフォーマンスを下げる要因になる。ミドルタワーと比べて価格が3万円以上高くなるのは当たり前だからだ。しかし、最上位クラスに限りフルタワーの恩恵を享受することができる。形状も素材も違うため、ケースの持つ冷却性能はミドルタワーとは一線を画するレベルだ。

どれだけ優れた性能があっても、排熱や冷却が乏しいと性能はワンランク下がってしまう。それを防ぐだけでも最上位クラスには大きなメリットと言える。ケースもまた性能の一端を担う存在なのだ。しかしながら、構成に関しては完成されているわけではなく、カスタマイズの余地は残している。メモリの増量、電源容量のアップもそうだ。

メモリは必要であるなら64GBへ、電源は今後増設の予定があるなら1200W GOLDを選択したい。ケースのカスタマイズは見栄えだけとなるので好みである。最上位のモデルだからこそ、さらに高みを目指したくなる。拡張に優れたフルタワーを活かしたカスタマイズも面白い。ただ、価格が大幅に上昇するのでコストパフォーマンスは下がる。魅力を損なうという意味ではほどほどがよさそうだ。

コストパフォーマンスの高いモデルのG-Tune EP-Zは性能や評価を重視するユーザーにはおすすめだ。一方で、構成よりも価格を重視するユーザーにはあまりおすすめできない。G-Tune EP-Zのコストパフォーマンスは構成を加味したものである。単純に性能と価格を基準としたコストパフォーマンスではトップクラスとは言えない。その点だけは留意しておきたい。

パソコンケースレビュー

masterpiececase当該モデルではG-Tune自慢のフルタワーが採用されている。機能性が高くまたデザイン性の高さから人気がある。実物を見るとその高級感に圧倒される。

ただし、他のケースと比べて高価なので誰もが選べるモデルとは言い難い。予算に余裕がある方向けで万人受けはしないだろう。

>>>G-Tune EP-Zを購入する<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランドG-TuneG-Tune
イメージmasterpiecenextgear
製品名EP-ZTD-P
ケースフルミドル
価格299,800円249,800円
CPUi9-10900K(水冷)i9-10900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-2666 32GBDDR4-2666 32GB
SSD1NVMe 1TBNVMe 512GB
SSD2非搭載SATA 512GB
HDD2TB4TB
電源800W TITANIUM800W TITANIUM
マザボZ490Z490
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。基本的な構成は同等で、ストレージに違いがある。G-Tune TD-PはHDD 4TBとNVMe対応SSD 512GBとSATA SSD 512GBのトリプルストレージ採用だ。総ストレージ容量5TBの大容量が特徴だ。

それでいて価格は5万円も安いのだからG-Tune TD-Pは非常に強力なモデルだ。RTX 3080搭載最強のゲーミングPCと言える。一方のG-Tune EP-ZはG-Tune TD-Pよりも大きな水冷クーラーとフルタワーケースを採用している点で上回る。総合的な性能で少し上回るのでいいところがないわけではない。

何よりも品質を重視するならG-Tune EP-Zがよい。総合的な評価を重視するならG-Tune TD-Pがおすすめだ。また、G-Tune EP-Zはキャンペーン対象にもなりやすいので価格差が逆転すればG-Tune EP-Zの方がよくなることもある。評価の上では234,800円になって同等程度だ。基本的にはG-Tune TD-Pが無難である。

管理人による総評(G-Tune EP-Z)

masterpiece

RTX 3080を搭載したフルタワーのゲーミングPCだ。MASTERPIECEのケースデザインの評価高く他のモデルとは一線を画する。ハイエンドのRTX 3080にふさわしいケースだ。CPUにはCore i9-10900Kを搭載しCPUクーラー付きでオーバークロックまでを想定しているようだ。価格据え置きでCore i7-10700KからCore i9-10900Kにアップグレードされたのは大きい。

こだわりのゲーミングPCを探している方はぜひチェックして欲しい。メモリ32GB・SSD 1TB NVMe対応・HDD 2TBと構成も充実している。電源ユニットにはあまり見かけない大容量モデルである800W TITANIUMを採用している。用途によってはメモリ容量のカスタマイズもよいかもしれない。

価格CPUグラボ
299,800円Core i9-10900KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune EP-Zを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。