G-Tune HM-Ztop


当記事では、G-Tune HM-Zの評判とレビューをまとめている。RTX 2070 SUPERを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。800W 80PLUS TITANIUMといった個性の強い電源ユニットを採用している。構成の充実がコストパフォーマンスによい影響を与えている。

G-Tune HM-Zのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名HM-Z
価格Windows 10 / 199,800円
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★☆☆8.2

>>G-Tune HM-Zを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HM-Zの性能まとめ

GeForce RTX 2070 SUPER(GPU)

rtx2070super-galleriazf

RTX 2070 SUPERは、現行のグラフィックボードの中でも高い人気を誇っているモデルだ。最新のゲームを快適にプレイしたいと考えるなら選択肢として最適だと言える。高解像度。高リフレッシュレートへの対応が容易な性能ということでヘビーゲーマーにおすすめだ。

RTX 2070 SUPERはコストパフォーマンスにも優れていて第一の候補となりやすい。ハイエンドのエントリーモデルとしても選びやすく、ワンランク上の性能を体感できる。Pascal世代の70番台以下からの買い替えなら性能差を体感できるはずだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。総合性能競合であるAMD製Ryzen 7 3700Xと同程度になるものの、ゲーム性能については大きく上回っている特徴だ。第10世代になってハイパースレッディングに対応したことでRTX 2070 SUPERとの相性がよくなった。非常に扱いやすいため、多くのゲーミングPCに搭載されている。

多くのゲーミングPCに搭載されているということは、それだけ多く仕入れられていることもあってか価格は割と抑えられている。CPU単体よりも搭載モデルの方がコストパフォーマンス高く、ゲーミングPCの中で非常に人気の高いCPUだ。

総合性能

G-Tune HM-Zseinou

現在のハイクラスの中でも人気のCPUとGPUの組み合わせを持つゲーミングPCだ。Core i7-10700はRTX 2070 SUPERとの相性は非常によい。既存のゲームであれば最高設定でも安定したゲームプレイが可能だ。ただし、高リフレッシュレートでは設定を下げた方がいいタイトルもある。144Hz以上になると標準設定を基準に設定しておきたい。

既存のタイトルの中でも非常に負荷の高いX4を144Hzでプレイする際は特に注意が必要だ。またPUBGのようなオープンワールドで負荷の高いゲームでは144Hz以上の安定は非常に難しい。フルHDでは120Hzあたりから壁がある。解像度を下げれば対応できる。しかし、解像度を下げるとUIが見辛くなったり、視認性が悪化したりする可能性がある。最高設定は60Hzを基準としての判断なので、ユーザーの環境によっては標準設定~高設定がベストになる。

また、高解像度では標準設定が無難だ。WQHDまでは適正があっても、4Kになると標準設定でも難しくなる。高解像度は画質のよさが魅力だ。その画質を下げてまで高解像度でゲームプレイするのは本末転倒である。G-Tune HM-Zの性能はフルHDが最適で、WQHDまでの解像度に対応できると考えておきたい。

>>G-Tune HM-Zを購入<<

G-Tune HM-Zの特徴&強み

充実した構成が魅力のハイクラスゲーミングPC

G-Tune HM-Zのコストパフォーマンスは他のハイクラスのモデルと比べて並みに落ち着く。このモデルの強みは、純粋な性能に対するコストパフォーマンスではなく優れた構成にある。コストパフォーマンスの高さを武器にすると、少しでも上回るモデルが登場すると勝てなくなる。特にハイクラスはどのショップも力を入れている。高いコストパフォーマンスを持つモデルはすぐに登場するだろう。

一方で、構成を武器にしたG-Tune HM-Zのようなモデルは、全く同じ構成のモデルが登場しない限りは選択する価値がある。メモリ16GB、NVMe対応SSD 512GB、HDD 2TBの構成はよく見かける。G-Tune HM-Zならではの強みは電源だ。800Wの大容量に加え、80PLUSの規格最上位TITANIUMの高品質電源となっている。大容量、高品質の電源を標準搭載しているモデルはほとんどない。

あるとすればそのショップ最上位のフルタワーモデルくらいだ。G-Tune HM-Zはミニタワー採用なのでケースに掛かる費用がそこまで大きくない。充実した構成を搭載していも価格が高くなりにくい。コストパフォーマンスは高くも低くもない。構成に長けたモデルは他のモデルの動向に影響されない。いつ選んでも損をすることがないモデルなので、G-Tune製品の中ではおすすめしやすい。

ハイクラスとしては少し高めの価格でも、それに見合った構成と品質を持つモデルだ。ゲーミングPCに安定を求めるなら選択する価値はある。ただ、コストパフォーマンスを重視するなら別の製品も検討したい。性能あたりの価格では凡庸なモデルだ。

キャンペーンに最も期待したいモデルの一つ

G-Tune HM-Zは、従来の第9世代のCore iシリーズ搭載モデルから構成が変更されている。メモリ容量が半減させる一方で電源が強化されて1万円安くなった。構成の評価的には微妙にマイナスである。ただ、実用面からするとプラス要素だ。メモリ32GBよりも電源の強化の方がゲームプレイに恩恵がある。この性能帯ではメモリ32GBを扱いきれる用途がゲームにはない。

それよりも価格が1万円下がり選びやすくなったことと、電源が強化されたことはゲーマー向けの変化と言える。ユーザーがカスタマイズする箇所で最も多いのは電源である。妥協なく最上位クラスの電源を標準搭載している安心感は他のモデルでは味わえない要素だ。特徴的なモデルとなったG-Tune HM-Zはキャンペーンに期待したいモデルだ。

構成という武器に、コストパフォーマンスが加わればトップモデルになれるだろう。8,000円以上の値引きで似たような構成、似たような価格の多いハイクラスに一石を投じるモデルになる。現在のG-Tuneはよくも悪くもキャンペーンありきの価格設定になっている節がある。G-Tune HM-Zのコストパフォーマンスが低い理由もそこにあるかもしれない。

それはキャンペーンが適用される可能性が高いということだ。G-Tune HM-Zはコストパフォーマンスが多少低くても選ぶ価値のあるモデルだ。通常の状態で選択しても損をすることはない。そんなモデルにキャンペーンが来れば、一気におすすめ度は高くなる。購入予定が長期休暇時期であるなら、キャンペーンが適用されるか確認してから選択したい。

注意点として、G-Tune HM-Zは非常に優秀なモデルであっても、価格がRTX 2080 SUPER搭載モデル並みに高くなってしまっている。ワンランク上の環境を実現するG-Tune HM-Zか、ワンランク上の性能を持つ他のモデルかの選択になりそうだ。他のメーカーにはない個性的なモデルなのでぜひ贔屓目に見て欲しい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>G-Tune HM-Zを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneG-TuneGALLERIA
イメージnextgearnextgearGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名HM-ZTD-GXA7C-R80S
価格199,800円169,980円199,800円
CPUi7-10700i7-10700i7-10700
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPERRTX 2080 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB2TB非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE750W GOLD
チップセットZ490H470H470
公式公式公式公式
レビュー当ページレビューレビュー
比較対象は当サイトとG-Tuneによるコラボレーションモデル「G-Tune TD-G」とRTX 2080 SUPER搭載の人気モデル「GALLERIA XA7C-R80S」の二つだ。G-Tune TD-Gは性能面においてG-Tune HM-Zに並びつつ価格は3万円安い。電源のカスタマイズに掛かる費用は約1万円なので2万円ほど安く選択できる。ただし、チップセットの変更はできないので、構成と品質で上回ることはできない。それでもコストパフォーマンスを重視するならG-Tune TD-Gがおすすめだ。

GALLERIA XA7C-R80Sはワンランク上のGPU RTX 2080 SUPERを搭載したモデルだ。構成は充実しているとは言えず、性能の高さが特徴のモデルだ。性能を重視するならGALLERIA XA7C-R80Sだろう。選び方は、品質重視のG-Tune HM-Z・性能重視のGALLERIA XA7C-R80S¥コストパフォーマンス重視のG-Tune TD-Gだ。好みで選択するくらいでよさそうだ。

管理人による総評(G-Tune EM-Z)

masterpiece

G-Tune HM-Zは、RTX 2070 SUPER×Core i7-10700を搭載したゲーミングPCだ。WQHD環境以上の高解像への対応や高リフレッシュレートへの対応ができることからゲーミング性能は十分だと言える。CPUにはCore i7-10700を搭載し不安はない。高いレベルでのゲームプレイが可能だと言える。

これを活かすには4K解像度でのゲームプレイやゲーム配信など負荷の高い作業が必須となる。一般的なユーザーなら扱いきれないことは間違いない。そうなると比較対象に挙げたGALLERIA XFなど構成を抑えたモデルに軍配が上がる。

このモデル最大の特徴は、構成の充実にある。800W 80PLUS TITANIMUと他のメーカーでも希少な高品質電源を採用。安定したゲームプレイが可能となる。さらに、今後のキャンペーン開始にも期待が掛かる。割引適用が行われればコストパフォーマンスは急上昇となるだろう。過去モデルである「NEXTGEAR-MICRO im620GA4」にキャンペーンが適用された経緯があるため十分期待できる。

価格CPUグラボ
199,800円Core i7-10700RTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune HM-Zを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。