G-Tune HN-Ztop


当記事では、G-Tune HN-Zの評判とレビューをまとめている。最新の第10世代CPUを搭載したゲーミングPCだ。G-Tuneからもついに新しいモデルが登場した。キャンペーンで価格が下がれば魅力的になるモデルになるだろう。

お得なセール情報 ~2020/10/21

gtunesale
2020/10/7~2020/10/21までの期間限定で25,000円割引が適用となっている。25,000円の値引きは評価の上では非常に有用なキャンペーンだ。性能を重視するのであれば値引き後も特別安いわけではないので注意してほしい。

G-Tune HN-Zは構成を重視したコストパフォーマンスが魅力のモデルだ。総合的に見て高い評価を持っているが、性能よりも構成に偏重した特徴的なモデルである。この値引きがお得に感じられるユーザーは意外と限られているかもしれない。

G-Tune HN-Zのスペック

gtunenextgearcase

ブランド名G-Tune
製品名HN-Z
価格Windows 10 / 199,800円
キャンペーン / 174,800円
CPUCore i7-10700K
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ490
コスパ・通常時
★★★★★★★☆☆☆ 6.9

・キャンペーン時
★★★★★★★★★★ 9.9

>>G-Tune HN-Zを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HN-Zは、最新の第10世代CPUを搭載したゲーミングPCだ。グラフィックボードにはRTX 2070 SUPERを搭載していて総合的な性能はハイエンドの領域と言える。ゲームに関して言えばフルHDで快適にプレイできないゲームはないと考えて良い。240hzの高リフレッシュレートにも余裕を持って対応できる。WQHDへの適性もまずまずだ。4Kの場合は設定を下げる必要がある。高解像度の場合はWQHDで留めた方が良いかもしれない。

G-Tune EN-Zのゲーミング性能

GeForce RTX 2070 SUPER(グラフィックボード)

rtx2070superseinou

RTX 2070 SUPERは、性能と価格のバランスが良いグラフィックボードだ。現行の中でも人気が非常に高い。フルHD+高リフレッシュレートが身近な環境になったことで需要が高まっているということだろう。

高解像度への対応力よりもフルHDで性能を発揮する目的で選択されやすい。もちろnWQHD以上の高解像度でのゲームプレイに対応することも可能だ。本格的なゲームプレイにも適した性能を持っている。

Core i7-10700K(CPU)

corei7-10700kseinou

Core i7-10700Kは、2020年5月20日に登場した最新のCPUだ。第10世代のCore i7の中で最も性能が高く、前世代のフラグシップモデルであるCore i9-9900Kに匹敵する。ゲームはもちろん、ゲーム以外への対応力が増している。

ハイパースレッディングに対応してCPU性能が上がった。結果的にバランスの取れるグラフィックボードも増えている。RTX 2070 SUPERからRTX 2080 Tiまで幅広くバランスの取れる。オーバークロックを行うことで第9世代では実現出来なかった性能を発揮することもできるだろう。

総合性能

G-Tune HN-Zseinou

非常に優秀な性能を持つハイクラスのゲーミングPCだ。CPU性能が突出して高くRTX 2070 SUPERの性能をうまく引き出すことができる。RTX 30シリーズの登場で型落ちとなりつつあってもRTX 2070 SUPERの性能は変わらない。既存のゲームを高リフレッシュレートで安定してプレイすることに関しても同じだ。

フルHDであればRTX 30シリーズよりも適正が高い部分もある。WQHDや4Kなどの高解像度ではRTX 30シリーズに分がある。ただし、これだけ性能に余裕があっても、PUBGでは144fpsを安定して出すことは難しい。ロビーでは安定しても、フィールドに入ると120fpsを前後することになる。

性能が高くてもサーバーや最適化の関係でうまくパフォーマンスを発揮できないタイトルは幾つかあるので注意したい。最適化の問題という意味ではTERAなどのMMORPGにもよく見られる。単純な最適化不足であれば、性能を高めることで対応できることもあるので、性能を扱いきれないというようなことはない。これからのゲーム事情を考えると、RTX 2070 SUPERの性能は長く使える優秀なGPUである。

>>G-Tune HN-Zを購入<<

G-Tune HN-Zの特徴

1万円の値引きで少しだけ評価向上

G-Tune HN-Zは、1万円の値引きが適用されついに税抜20万円を切った。現在RTX 2070 SUPER搭載モデルは全体的に価格が下降している。RTX 3080の登場で、RTX 2080 TiとRTX 2080 SUPERの価格が大きく下がり始めたことに影響している。

RTX 2080 Ti搭載モデルの価格が、RTX 2070 SUPERの価格に大きく迫り、RTX 2080 SUPER搭載モデルは既に下回っていた。そのため、RTX 2070 SUPER以下のGPU搭載モデルも価格を下げる必要が出てきた。新世代のGPUが登場すると価格は下がりやすくなるので狙い目だ。特に、G-Tuneのようにキャンペーンの頻度が高いショップでは、価格改定とキャンペーンによる値下げでお得になりやすい。

G-Tune HN-Zの価格は下がったと言っても1万円引きである。元々税抜20万円台という高価なモデルだったことを考えると、もう少し値引き額が大きくてもよさそうなものだ。セールで2万円以上の値引きが適用されてようやく現在の相場に落ち着くくらいだろうか。

RTX 30シリーズが登場し始めた今、RTX 2070 SUPER搭載モデルにはコストパフォーマンスの高さが重要だ。突き詰めれば価格である。いかに価格を抑えたモデルであるかが重要だ。少しでも価格が高くなればRTX 2080 SUPER搭載モデルを超えてしまう。そうなると、いくらコストパフォーマンスが優秀でもおすすめしにくいモデルになる。RTX 20シリーズ搭載モデルの価格は崩壊しつつある。

その中で絶妙なモデルというのは誕生しにくい。価格を引き下げることで評価を高めなければ、RTX 3070登場時に選択する価値がなくなる可能性も出てくる。G-Tune HN-Zに関しては大幅な値引きとなるキャンペーンを待つべきモデルだ。

充実した構成で価格が上がるのが弱点

G-Tune HN-Zは、RTX 2070 SUPER搭載モデルの中でも高価なモデルだ。相場よりも20%以上高くなっている。それでいて一定以上の数値を出しているのは構成のおかげだと言える。NVMe対応SSD 512GBとHDD 2TBのデュアルストレージを搭載。少し前までどこのショップでも当たり前のようにあったデュアルストレージは減少傾向にある。NVMe対応SSD 1TBのみであったり、SSDのみというモデルが一般的になったからだ。

HDDを標準搭載したモデルはショップ毎の上位モデルに数える程度しかないこともある。電源は800W TITANIUMを標準搭載している。TITANIUMは80PLUS認証の中で最も高い規格である。変換効率の高さからハイエンドユーザーに人気の電源だ。標準搭載しているショップはG-Tune以外にほとんど見かけない。充実した構成はコストパフォーマンスを高める武器になる。

ただし、前述の通り価格が高いとRTX 2080 SUPER搭載モデルの価格をすぐに超えてしまう。税抜199,800円は既にRTX 2080 Ti搭載モデルをも超えてしまっている。いかにコストパフォーマンスがよくても、価格が高すぎるとおすすめできない。充実した構成で評価はカバーしているが、同時にそれが弱点となってしまっている。

RTX 30シリーズが登場する前なら武器にもなった。しかし、今の状態では足かせになる可能性の方が高い。安価なRTX 3080搭載モデルと同等の価格になっている点からも、今選択するのはおすすめできない。キャンペーンで15万円台~16万円台になれば狙い目と言える。それまでは変化を待つか、別の製品を選択することも考えておきたい。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

似ているモデルとの比較

ブランドG-TuneLEVEL∞
画像nextgearLEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER
製品名HN-ZLEVEL-R049-iX7K-TWXH
価格199,800円170,980円
CPUi7-10700Ki7-10700K
GPURTX 2070 SUPERRTX 2080 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 500GB
HDD2TB2TB
電源800W TITANIUM700W BRONZE
マザボZ490Z490
公式公式公式
比較対象はパソコン工房の怪物LEVEL-R049-iX7K-TWXHだ。RTX 20シリーズ搭載モデルの価格を崩壊させたモデル。見て分かる通り、GPUと電源以外ほぼ同等の構成だ。RTX 2080 SUPERを搭載していながら、価格は29,000円も安い。電源を800W TITANIUMへカスタマイズすると+7,980円なので、同じ構成にしても圧倒的に安い。

RTX 20シリーズ搭載モデルの価格は主にパソコン工房のモデルによって引き下げられていると言っても過言ではない。ここまで価格を下げられると対抗できるモデルは存在しないのではないだろうか。厳密に言うと、GPUの無償アップグレードである。キャンペーンという形を取っているので終了の可能性がある。選択は急いだ方がよさそうだ。

>>G-Tune HN-Zを購入<<

管理人による総評(G-Tune HN-Z)

nextgear

RTX 2070 SUPER×Core i7-10700K搭載の最新ゲーミングPCだ。他のショップに遅れたもののついにG-Tuneから第10世代CPU搭載モデルがリリースされた。ゲーム適性は高くFULL HD環境あるいはそれ以上にも対応できるポテンシャルを持つ。価格が引き下げられ19万円台になったのは嬉しい。

RTX 2070 SUPER搭載モデルは各BTOメーカーが力を入れるので今後のキャンペーンに期待したい。RTX 3080の登場もあってRTX 2070 SUPER搭載モデルの価格が引き下げられた。その上で今はキャンペーンも実施中でコストパフォーマンスは高い。意外と狙い目のモデルと言えるかもしれない。

価格CPUグラボ
174,800円Core i7-10700KRTX2070Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

G-Tune HN-Zを販売しているショップの評判を解説している。当サイトとのコラボモデルやプロゲーマープロデュースのモデルなど様々なモデルが販売されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。