G-Tune PL-B-1050Titop


当記事では、G-Tune PL-B-1050Tiの評判とレビューをまとめている。旧世代のGTX 1050 Tiとこれまた旧世代のCore i5-10400を搭載したゲーミングPCだ。ゲーミング性能はお世辞にも高いとは言えず妥協の連続となる。設定などにこだわらない方ならよいかのしれない。最近あまり見かけなくなったキューブ型のPCケースを採用している。

G-Tune PL-B-1050Tiのスペック解説

littlegear

ブランド名G-Tune
製品名PL-B-1050Ti
価格Windows 10 / 109,780円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1050 Ti
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆2.8

>>>G-Tune PL-Bを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
fortnite
★★☆☆☆
fortnite
★★★★☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PL-Bの性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1050 Ti(GPU)

gtx1050tiseinou

GeForce GTX 1050 Tiは、Pascal世代におけるエントリークラスのグラフィックボードだ。2016年10月に発売されたモデルでなんと5年の月日が流れて再度販売されている。さすがにゲーミング性能は低く快適なゲームプレイとは程遠い。設定や解像度などかなり妥協しなければいけないことは押さえておく必要がある。搭載モデルの価格がもう少し安ければ購入しやすいのだが…現行モデルのエントリークラスであるGTX 1650との差は30%以上と大きい。ゲーマー向けというよりもクリエイター向けと考えた方がよいかもしれない。

Core i5-10400(CPU)

corei5-10400seinou

Core i5-10400は、Intel第10世代の高コスパCPUとなっている。すでに後継モデルのCore i5-11400がリリースされているが、今でも旧モデルという扱いで販売されている。価格が抑えられていて非常に選びやすいのがメリットだ。6コア12スレッドとマルチスレッド性能はそこそこ高い。動画編集や画像編集にも対応することができる。一般ユーザーが考える用途であれば問題はないはずだ。また、ゲームプレイにおいて必要最低限の性能を持っている。GTX 1050 Tiとの組み合わせを考えると悪くない。

総合性能

G-Tune PL-B-1050Tiseinou

G-Tune PL-B-1050 Tiは非常にスペックの低いゲーミングPCだ。2世代前のGTX 1050 Tiは最新のゲームをプレイするにはかなり心許ない。もちろん、ゲームが全くプレイできないわけではない。設定を大幅に下げればApex Legendsでも快適にプレイできる。

さらに、安定させるためには設定だけでなく、解像度も下げる必要がある。ゲームが快適にプレイできるなら描写を犠牲にしてもよいというユーザー向けだ。今GTX 1050 Ti搭載モデルを販売しているショップはG-Tuneくらいではないだろうか。性能を求めての選択であるなら、あえて選択するメリットはない。

>>>G-Tune PL-B-1050Tiを購入<<<

G-Tune PL-Bの特徴

パーツの供給不足に対応したモデル

G-Tune PL-B-1050 Tiは、GTX 1050 Ti×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。Turing世代のGTX 1650の供給が不足したこともあって臨時で採用したモデルだ。あえて2世代前の古いGPUを採用することで、ロークラスのゲーミングPCを支えようとしたのだろう。たとえロークラスであっても、GTX 1650と比べるにはGTX 1050 Tiの性能は低すぎる。2019年以降のゲームタイトルでは快適性を確保することも難しい。

現時点では特別な理由がない限り選択するメリットはない。GTX 1650搭載モデルが品切れになって、急遽登場したGTX 1050 Ti搭載モデルを見た時は目玉が飛び出すほど驚いた。まさか今更GTX 1050 Ti搭載モデルを再販するとは思いもしなかったからだ。これだけでも驚きだが、一番は価格がほぼ据え置きであったことだ。性能が大幅に下がる2世代前のGPUを搭載して価格が安くならない。

この時点で地雷と呼べそうなモデルになった。ただ、その当時はこれでも選択肢があるだけまだマシという状況であったことも否めない。GTX 1650とGTX 1660 SUPERが品切れとなり、選べるのは微妙な価格のGTX 1660搭載モデルだけだった。おすすめこそできないが、選択肢が増えたことはユーザーにとってはありがたいことではないだろうか。

価格の高騰で値段は跳ね上がり、その上に選択肢も絞られていた。不満点を解消するのにベストとは言えなくても最低限の対応だったかもしれない。その点で言えば、必ずしも最悪なモデルというわけではない。もっとも、それがおすすめ度に繋がるわけではないので避けるべきなのは変わらない。

価格が暴落すれば選ぶ余地あり!?

前述のように、今G-Tune PL-B-1050 Tiを選択するメリットは何一つない。一時的にラインナップを拡充する以外に登場した意味はなさそうだ。ただ、GTX 1050 Ti搭載モデルは完全な旧型モデルであるため、価格が下がる可能性は十分にある。他製品に対抗する意味でも7万円台を下回ることがあれば選択肢に入るかもしれない。そこまで下がれば、価格が安いことを何よりも重視する場合にメリットになる。

そういう期待がないわけではないが、G-Tuneは低価格帯に強いショップではない。また、価格の高騰が続いている状態で値下げをすることはほとんどない。キャンペーンの適用も低価格帯のモデルでは値引き額はそこまで期待できない。理想はゲーミングPC最安値クラスにまで下がることだが、現実的に見て10万円を切るくらいだろう。

価格が暴落するようなことがない限りおすすめできない。そして価格が暴落するとは考えにくいのでおすすめできないモデルである。本来であればGTX 1050 Ti搭載モデルは価格的に比較対象が存在しないモデルになるはずだ。価格を抑えきれていないため、上位モデルが比較対象に登場する。これがG-Tune PL-B-1050 Tiに追い打ちをかけている。

コンパクトケース採用であることだけが唯一の強みになってしまった。おそらく、G-Tune PL-B-1050 Tiは近いうちにラインナップから消失する。間違っても急いで選択しないようにしてほしい。このモデルはどう考えてもおすすめしにくいモデルだ。比較対象のモデルをおすすめする。

>>>G-Tune PL-B-1050Tiを購入<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名G-TuneMagnate
イメージlittlegearMagnate XJ
製品名PL-B-1050 TiMH
価格109,780円(税込)94,980円(税込)
CPUi5-10400i5-10400
GPUGTX 1050 TiGTX 1650
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 256GB
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE450W BRONZE
マザーボードB460H510
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はドスパラのMagnate MHだ。低価格のモデルで、圧倒的に優れたモデルというわけではない。10万円を切る価格が魅力で、構成や性能はそこまで優秀ではない。それでもG-Tune PL-B-1050 Tiと比べるとGPU性能、メモリ容量で優れている。ゲーム性能に関してはワンランク以上高い。その上で価格も安いのでG-Tune PL-B-1050 Tiを候補に加えているならMagnate MHは魅力的に見えるはずだ。価格が安くならない限りはMagnate MHをおすすめする。

>>>G-Tune PL-B-1050Tiを購入<<<

パソコンケースレビュー

littlegearcase

ここで紹介しているは今や希少なコンパクト型のケースを採用している。一世を風靡したこともあるが、今となってはほとんど見かけなくなった。標準では光学ドライブ非搭載モデルとなっていてオプションで取り付けることが可能だ。スタイリッシュでデザイン性が高い。

関連記事: コンパクトタワーケースのレビュー・考察

管理人による総評(G-Tune PL-B-1050Ti)

littlegear

G-Tune PL-B-1050Tiは、2世代前のGTX 1050 Tiを搭載したゲーミングPCだ。昨今の半導体不足の影響で旧モデルが復活した異例の形となっている。さすがに2世代前ともなるとゲーミング性能は物足りない。フルHD環境でも設定を下げる必要がある。場合によっては解像度を下げなければいけないだろう。キャンペーンなどで価格が下がらない限り選択しない方がよい。今は比較対象モデルを確認しておくことを推奨する。

価格CPUグラボ
109,780円(税込)Core i5-10400GTX1050Ti
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!