G-Tune PM-B-KKtop


当記事では、G-Tune PM-B-KKの評判とレビューをまとめている。価格.com限定モデルのミドルクラスゲーミングPCだ。GeForce GTX 1660 SUPERは、旧モデルながら価格が抑えられているため今でも人気が高い。後継モデルのGeForce RTX 3060はまだまだ価格が高く同じ価格帯にはなっていない。しばらくGTX 1660 SUPERの優位性は続くはずだ。

G-Tune PM-B-KKのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-B-KK
価格Windows 10 / 118,000円
(税込129,800円)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードAMD B460
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.1

>>G-Tune PM-B-KKを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PM-B-KKのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GeForce GTX 1660 SUPERは、Turing世代で人気を博したミドルクラスのグラフィックボードだ。フルHD環境でのゲームプレイに適している。性能が高いわけではなく設定を落とす必要があることも頭に入れておく必要がある。後継モデルであるGeForce RTX 3060が登場しても価格的な優位性があり今でも選ばれているグラフィックボードだと言える。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、Intel第10世代のハイパフォーマンスCPUだ。おそらくゲーミングPCに搭載されることの最も多いCPUとなっている。8コア16スレッドと1つのコアで2つのスレッドを有効化できるハイパースレッディングに対応したことで性能が向上した。ゲーム実況や動画編集にも対応できる性能の高さは魅力的だ。総合性能ではRyzen 7 3700Xに劣るもののゲーム性能だけならトップクラスだ。安定感もあって初心者の方にこそ選んでほしいCPUだと思う。

総合性能

G-Tune PM-B-KKseinou

当該モデルは、最新のRTX 30シリーズが登場するまでは標準的なミドルクラスだったモデルだ。GTX 1660 SUPERとCore i7-10700は最も人気のある組み合わせの一つだ。ゲーミングPCを探すならまずはミドルクラスを基準に考える。G-Tune PM-B-KKと同等のモデルが多くのショップで標準的なモデルとして取り扱われていた。

少し前のゲーミングPCの基本とも言えるモデルだ。今でも用途を少し限定すれば現役で通用する性能だ。例えばFF14を4Kでプレイするようなことはできない。GTX 1660 SUPERはフルHDを超える解像度への対応力は著しく低い。そのため、フルHD+高リフレッシュレートが基本的な運用となる。

Apex Legendsやフォートナイトのような対人系のタイトルをプレイするには十分なスペックである。人気のタイトルを中心にプレイするなら今でも十分な性能である。フルHDに絞ったプレイスタイルならG-Tune PM-B-KKでも満足できるはずだ。

>>G-Tune PM-B-KKを購入<<

G-Tune PM-B-KKの特徴&強み

標準的のモデルで安心感を与えてくれる

G-Tune PM-B-KKは、GTX 1660 SUPER×i7-10700搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。突出した性能や構成を持ったモデルではない。特別弱点を持たない選びやすいモデルだ。BTOパソコンの価格が高騰している今なら弱点のなさがそのまま強みになる。GTX 1660 SUPER搭載モデルはRTX 3060が登場してから一気に影が薄くなった。

RTX 3060搭載モデルの価格が思ったより抑えられていなかったことで選択するメリットは少し残ったと言える。G-Tune PM-B-KKは価格が高騰した今でもGTX 1660 SUPER搭載モデルの中心的なモデルである。G-Tune PM-B-KKより優れたモデルも劣るモデルもある。率先して選ぶべきモデルではないかもしれない。ただ、選んで失敗するようなモデルでもない。予算がこの辺りで、モデル選びに迷った時には選択するのも悪くない。

今の状況を考えれば非常にリーズナブルな価格設定だ。予算を抑えたい初心者向けのエントリークラスとしては十分な性能を有している。性能や構成にクセがないのも扱いやすい。標準構成でそのまま使用することを前提にしているのか、カスタマイズの必要性が薄いモデルだ。オーソドックスで標準的であるということはカスタマイズの必要性も薄く、それだけ選びやすいということでもある。

性能に関しても標準的であることは理解しておきたい。少しお得なモデルになると何かが削られることになる。初めてのゲーミングPCならバランスの取れたオーソドックスなモデルがおすすめだ。G-Tune PM-B-KKは誰が選んでも失敗しない、まさにそんなモデルだ。

非常に抑えられた価格が魅力

G-Tune PM-B-KKの価格は税抜118,000円で、価格の高騰が続く現在でも実は値上げされていない貴重なモデルとなっている。キャンペーンで税抜115,273円になったことはあっても、登場時から税抜118,000円という価格が上限に設定されている。登場から価格が変わっていないことはあまり評価できることではないが、今の状況を考えれば価格が据え置きであることは価格を抑えているということだ。

そういった特徴がありながらなぜ評価が上がらないのか。それはGTX 1660 SUPERの評価が下がっているからだ。GTX 1660 SUPERの価格は2020年12月頃から急落し、RTX 3060が登場する段階では暴落と言えるほど下がっていた。しかし、BTOパソコンの高騰によりGTX 1660 SUPER搭載モデルも値上げが敢行された。GTX 1660 SUPER搭載モデルは評価と反比例して高騰したことで評価が下がり続けている。

G-Tune PM-B-KKもこの高騰の影響で評価を上げきれなかったモデルだ。値上げが適用されていなくても、この高騰がなければ値引きされていたはずだ。もしかすると税抜10万円台も目指せたかもしれない。値上げを行わず踏みとどまったことで標準的な評価だが、本来ならトップクラスのモデルになれた可能性がある。

そのため、GTX 1660 SUPER搭載モデルは総じて評価が低くなっている。ただ、選びやすさと扱いやすさでは人気の性能帯なので、良し悪しを見極めて選択してもらいたい。価格が抑えられているG-Tune PM-B-KKはもちろんおすすめしやすいモデルだ。比較対象と吟味して選択してほしい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>G-Tune PM-B-KKを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名G-TuneG-Tune
イメージnextgear-micronextgear-micro
製品名PM-B-KKTD-S
価格118,800円124,800円
CPUCore i7-10700Core i7-10700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD1NVMe 512GBNVMe 256GB
SSD2非搭載SATA 512GB
HDD1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB460B460
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。この2製品は同じモデルをベースにしているため、構成がよく似ている。G-Tune TD-Sはトリプルストレージ採用という特徴的な構成が持ち味だ。G-Tune PM-B-KKはG-Tune TD-Sよりストレージ構成は落ちるものの、価格は6,000円ほど安い。どちらも一長一短あるので迷うかもしれない。

ストレージが充実しているのはそれだけ利便性が高いということだ。利便性の高さならG-Tune TD-S、選びやすさならG-Tune PM-B-KKだろうか。G-Tune TD-Sも値上げ対象とならず踏みとどまっているので、両製品ともに似た評価を得ている。少しでも長く使うなら、ストレージ構成に優れるG-Tune TD-Sが上だ。ストレージに魅力を感じないならG-Tune PM-B-KKを選んでしまいたい。

管理人による総評(G-Tune PM-B-KK)

nextgear-micro

G-Tune PM-B-KKは、価格.com限定モデルの一つだ。グラフィックボードにはミドルクラスのGTX 1660 SUPERを、CPUにはハイパフォーマンスのCore i7-10700を搭載している。人気の組み合わせの一つだと言える。フルHD環境でのゲームプレイを想定している方におすすめだ。SSD 512GB、HDD 1TBのダブルストレージも魅力的だろう。動画や画像の保存をたくさんしたい方は必見だ。ゲーミングPCの価格が高騰している今でも価格が上がっていないのは強みだ。比較対象と合わせてじっくり吟味してほしい。

価格CPUグラボ
118,800円Core i7-10700GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune PM-B-KKを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。