gtunepmztop


当記事では、G-Tune PM-Z-Oの評判とレビューをまとめている。GTX 1660搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。GTX 1660 SUPERの供給不足の影響でGTX 1660に換装されている。他のモデルと比べても明らかに割高でセール対象にならない限り厳しい状況だ。

G-Tune PM-Zのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-Z
価格Windows 10 / 175,780円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットZ490
コスパ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆0.6

>>G-Tune PM-Zを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PM-Zのゲーミング性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GeForce GTX 1660は、ローエンドクラスのグラフィックボードだ。後継モデルであるGTX 1660 SUPERがリリースされていたが、半導体不足の影響で品薄状態になり旧モデルのGTX 1660が復活している。レイトレーシングやDLSSといった機能は搭載されていないが、フルHD環境でのゲームプレイをターゲットにしている方に最適だ。初心者の方でも扱いやすい性能でおすすめだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、第10世代のCPUでかつて人気を博したCPUだ。8コア16スレッドとマルチコア性能も高い。現行モデルのCore i7-11700と比べてもそれほど見劣りしない。価格が安い分だけ有利だと言えるだろう。動画編集や画像編集などのクリエイター作業にも対応しやすい。ある程度の負荷までは対応でkりうと考えてよいだろう。ローエンドクラスのGTX 1660との相性も良好だ。

総合性能

G-Tune PM-Zseinou

G-Tune PM-ZはGTX 1660を搭載したローエンドクラスのゲーミングPCだ。あまり性能は高くないものの、設定次第でゲームの快適性を調整することができる。WQHDや4Kのような高解像度は苦手なのでフルHDが前提なので注意してほしい。

フルHDであればApex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを快適にプレイできる。少し設定を落とせば144Hzを目指せる。本格的なゲームプレイも可能である。ただ、性能自体はあまり高くない。最新のゲームタイトルでは推奨環境を満たせないものもある。本格的にゲームをプレイするためのエントリークラスという位置付けだ。

>>G-Tune PM-Zを購入<<

G-Tune PM-Zの特徴&強み

絶対に選んではいけないゲーミングPC

G-Tune PM-Zは絶対に選んではいけないゲーミングPCにカテゴライズされるモデルだ。コストパフォーマンスの評価が著しく低いことからも分かるはずだ。元々G-Tune PM-ZはGTX 1660 SUPERを搭載していた。そのGTX 1660 SUPERの供給不足でGTX 1660へ置き換えられた。その上で値上げされているので、性能ダウンと値上げのダブルパンチで評価を下げた。

RTX 3060搭載モデルに迫る価格である。ロークラスでありながらミドルクラス並の価格は苦しい。現状おすすめできる要素が何ひとつないモデルである。G-Tune PM-Zの適正価格は税込14万円台がいいところだ。それでもおすすめできるかどうかは分からないが、今よりはまだ選択するメリットがある。GTX 1660はGTX 1660 SUPERの代替というよりもGTX 1650の代替に近い。

しかしながら、それぞれの悪いところを引き継いでしまっている。理想はGTX 1650の価格で展開することだ。現実はGTX 1660 SUPERの価格で展開している。これにより、性能に見合わない価格設定となり、コストパフォーマンスの評価が暴落した。現在のGTX 1660はできるだけ選択を避けたいGPUだ。

一世代前のGPUの中でも早々にお役御免となっていた。性能や価格からしても需要が見込めない。今は代替として再登場しているに過ぎない。ただ、急遽の登場だったせいか代替製品より性能が低く価格が高いという異常事態だ。構成と価格が元に戻るまでは選択はおすすめしない。

G-Tune自慢のキャンペーンに期待

G-Tune PM-Zは一切おすすめできないが、キャンペーンによる変化には期待したい。G-Tuneの多くのモデルは値引きを前提とした価格設定である。そのため、値引きされていない状態では評価は低い。それはそれでデメリットになっている気もする。ある程度適正価格にまで近づいてしまえば、G-Tune製ミニタワーの強みでカバーできる。評価が著しく低いG-Tune PM-Zにも魅力はある。

それはWi-FiとBluetoothを標準搭載していることだ。これにより受信機を別途用意しなくても無線環境を構築できる。ただし、これらはそれぞれ1,000円程度でUSBの受信が販売されている。これだけでは価格の高さを補える要素とはならない。適正価格に近づいて初めてG-Tune PM-Zの魅力の一つになれる。

他ショップの製品でも標準でWi-FiとBluetoothが搭載されているモデルは少ない。この強みを活かすためにも値下げは急務だ。価格の高騰で相場が崩れているとは言え、流石に3ランク以上上のモデルと並ぶ価格は厳しい。こんな状況でもキャンペーンを展開できるのがG-Tuneの強みだ。ただ、相場となる価格までは3万円ほどの値引きが必要で、評価を高めるには4万円以上の値引きが求められる。

キャンペーンには期待できても、一気に人気モデルになることはない。今よりマシに留まる可能性が高いので、別のモデルを検討する方がいいかもしれない。比較対象に優れたモデルをピックアップしているのでチェックしておいたほしい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ゲーマーの声を反映して生まれたケースだ。最近の流行として光学ドライブが非搭載となっているのが特徴となっている。必要ならオプションで追加可能だ。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>G-Tune PM-Zを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランドG-TuneG-Tune
画像NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDNEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD
製品名PM-ZEM-B-KK
ケースミニミニ
価格175,780円(税込)174,900円(税込)
CPUCore i7-10700Core i7-10700
GPUGTX 1660RTX 3060
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD1TB2TB
電源500W BRONZE700W BRONZE
マザボZ490B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じG-TuneのG-Tune EM-B-KKだ。価格.comとのコラボレーションモデルで、性能と構成で大きく上回る。GPUは4ランク上のRTX 3060、HDDとSSDの容量がそれぞれ倍増している。チップセットは下がるものの、Core i7-10700にとっては価格を抑えられる分だけB460の方にメリットがある。これだけ差をつけていながら、価格はG-Tune EM-B-KKの方が安い。この時点でG-Tune PM-Zを選択する理由はなくなる。G-Tune EM-B-KKを強く推奨する。

管理人による総評(G-Tune PM-Z)

nextgear-micro

G-Tune PM-Z-Oは、GTX 1660 SUPER×Core i7-10700搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスのモデルで税込17万円台というのは厳しい。基本的には比較対象モデルをチェックして欲しい。当該モデルについてゲーミング性能については申し分ない。

フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。タイトルによっては設定を調整することで快適にゲームをプレイできる。さらに、CPU性能が高いので、動画配信や動画編集などの作業にも対応しやすい。全体的に完成度は高いが、もう少し価格を下げて欲しいというのが本音だろう。

価格CPUグラボ
175,780円(税込)Core i7-10700GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB256GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!