G-Tune XN-Atop


当記事では、G-Tune XN-Aの評判とレビューをまとめている。RTX 3080は、2021年3月時点では入手困難だったが、今は比較的入手が容易になった。ただし、G-Tune XN-Aを含めてプレミアム価格で高めになっている。CPUにはRyzen 7 3700Xを搭載していてやや物足りなさがある。CPUクーラーはパフォーマンスの安定化に貢献してくれる。基本的には比較対象モデルを確認しておこう。

G-Tune HN-Zのスペック

gtunenextgearcase

ブランド名G-Tune
製品名HN-Z
価格Windows 10 / 285,780円(税込)
CPURyzen 7 3700X(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★☆☆☆6.8

>>G-Tune XN-Aを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XN-Aのゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、Ampere世代におけるハイエンドクラスのグラフィックボードだ。2021年3月時点で品薄状況が深刻でこのRTX 3080搭載モデル自体ほとんど見かけない。それだけでG-Tune XN-Aを選択する価値があるぐらいだ。前世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiよりも20%以上パフォーマンスが高い。

ゲーミング性能は高く4K解像度でのゲームプレイに楽々対応することができる。逆に4K解像度を想定しないのであれば明らかにオーバースペックとなる。レイトレーシングやDLSS機能もそれぞれ進化していてパフォーマンスは高い。ハイクラス以上のCPUと合わせるとバランスがとりやすい。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinou

Ryzen 7 3700Xは、第3世代Ryzenシリーズのハイパフォーマンスモデルとなっている。8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。動画編集や画像編集などのクリエイター作業を得意としている。Intel製CPUに大きな影響を与えたモデルだと言える。ここからCore i7シリーズが6コアから8コアへとコア数を引き上げたからだ。RTX 3080に合わせるCPUとしては最低限必要な性能はクリアしていると言える。

総合性能

G-Tune XN-Aseinou

G-Tune XN-AはRyzen 7 3700XとRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。非常に強力なGPU性能を有しているのが特徴だ。グラフを見ても分かる通り、CPUとはあまりバランスが取れていない。CPUがボトルネックになる場面はそれなりにある。高解像度ではRyzenの性能が発揮されやすいのか、CPUが足を引っ張りにくくなる。

G-Tune XN-Aは高解像度を前提としたゲームプレイにおすすめだ。もちろんフルHDでも高リフレッシュレートでなら性能を無駄にしにくい。Apex Legendsやフォートナイトであれば240Hz以上を目指せる。本格的なゲームプレイにも適した少し特殊なモデルである。

>>G-Tune XN-Aを購入<<

G-Tune XN-Aの特徴

少しクセのあるハイエンドクラス

G-Tune XN-Aは、RTX 3080×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。誰にでもおすすめできるハイエンドクラスではない。CPU性能にクセがありやや足を引っ張ることが選ぶことを難しくさせている。これは何も悪いことだけではない。価格を抑える効果がある。RTX 3080搭載で30万円を下回っているなら、多少の弱点も飲み込めるはずだ。それくらい今のハイエンドクラスは価格が高騰している。

Core i9やRyzen 9などのCPUと組み合わせると35万円を超えることも珍しくない。G-Tune XN-Aは価格を抑えることに関してはトップクラスのモデルである。実用性には多少難があっても、選びやすさというメリットは何にも代え難い。その一方で、ハイエンドクラスは選びやすさよりも性能を重視すべきという声もある。

最上位クラスのモデルが性能を妥協することにネガティブな印象を抱くユーザーも少なくない。実際にハイエンドクラスはコストパフォーマンスよりも性能を重視して選択される傾向にある。多少価格が高くても、それに見合った性能があるなら何の問題もないというものだ。ゲームを快適にプレイできてこそのハイエンドモデルというのは間違いない。

その点でG-Tune XN-Aは大きなマイナス要素を抱えているとも言える。少しクセのある性能というのは、ハイエンドクラスにとっては致命的かもしれない。製品自体は悪くない。ただ、ハイエンドクラスに何を求めているかだ。性能を求めての選択としては微妙である。G-Tune XN-Aは予算の上限である場合に限り選択肢に入りそうだ。選び方にも少しクセがあるモデルだ。

構成が中途半端さを生む

G-Tune XN-Aの評価がいまいち定まらないのは、価格が抑えきられているわけではないことも要因だ。SSD 1TBにHDD 2TBのデュアルストレージ採用ではコストを削る気があるとは言えない。この充実した構成により、価格が抑えきれていない。方向性的に性能よりも価格を選んだはずだ。この中途半端さが評価を高められない要因となっている。

いっそHDDを削り、SSD容量も半減にすればもう少し価格を抑えられたはずだ。今の状況下では価格を抑える以外にG-Tune XN-Aが生き残る道はない。少しでも価格が上がれば上位の存在と比較されるようになる。それなればおすすめできる余地はない。今はいかにして上位モデルと価格差を広げられるかが課題である。ハイエンドクラスのゲーミングPCは30万円が一つのボーダーになる。

しかし、前述の通りこの性能帯は価格よりも性能が優先される傾向にある。比較対象となるモデルがハイエンドクラスなら、2万円~3万円の差は安全圏ではない。そういった意味でも、G-Tune XN-Aはもっと価格に特化したモデルであるべきだった。なんとか26万円台にまで下がれば性能に特化したモデルと差別化を図ることができる。キャンペーンが豊富なG-Tune製品は値引きのタイミングは様々だ。

ハイエンドクラスの値引き額は比較的大きくなるため、26万円台にまで下がっていればようやくおすすめできるようになる。予算に余裕があるなら上位モデルを、少しでも抑えたいなG-Tune XN-Aが候補に入る。それこそ、RTX 3070搭載モデルなどのハイクラスを候補に入れているユーザーでも狙いやすいモデルになる。そんな値引きがくるまではおすすめしにくい。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

>>G-Tune XN-Aを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名G-TuneG-Tune
イメージnextgearnextgear
製品名XN-ATD-P
価格285,780円(税込)318,780円(税込)
CPURyzen 7 3700XCore i9-11900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源800W TITANIUM800W TITANIUM
チップセットX570Z590
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Pだ。価格差は33,000円ほどで、性能は圧倒的にG-Tune TD-Pが上回る。ゲーム最強クラスのCore i9-11900Kを搭載し、メモリ容量は32GBだ。性能を重視するなら少し高くてもG-Tune TD-Pをおすすめする。一方で、ストレージ構成と価格ではG-Tune XN-Aがリードする。

はっきり言ってこれだけではおすすめできるほどの要素とは言えない。ここからキャンペーンで大幅な値引きが適用され、5万円以上の差がつけばチャンスがある程度だ。タイミングによってはG-Tune XN-Aも悪くはない。しかし、高い性能を有してこそのハイエンドクラスだ。基本的にはG-Tune TD-Pをおすすめしたい。

管理人による総評(G-Tune XN-A)

nextgear

G-Tune XN-Aは、非常に希少性の高いRTX 3080搭載モデルだ。入手が困難でRTX 3080を搭載しているというだけで評価できるぐらいだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方や長く使用できるゲーミングPCを探している方におすすめだ。レイトレーシングも第2世代になってポテンシャルが高い。

CPUにはRyzen 7 3700Xを搭載している。第10世代Intel製CPUに比べるとゲーム適性はやや劣るものの必要最低限の性能を兼ね備えている。CPUクーラーを搭載していて熱対策もばっちりだ。ミドルタワーケース採用で安心感がある。メモリ16GB、SSD 512GB・HDD 2TB、電源ユニット800W 80PLUS PLATINUMと圧巻の構成だ。

価格CPUグラボ
285,780円(税込)Ryzen 7 3700XRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!