G-Tune XN-Atop


当記事では、G-Tune XN-Aの評判とレビューをまとめている。希少なRTX 3080を搭載したゲーミングPC。2021年3月時点で入手することが難しいので、それだけで価値のあるモデルだと言える。CPUにはRyzen 7 3800XTが選択されている。CPUクーラーはパフォーマンスの安定化に貢献してくれる。

G-Tune HN-Zのスペック

gtunenextgearcase

ブランド名G-Tune
製品名HN-Z
価格Windows 10 / 219,800円
(税込241,780円)
CPURyzen 7 3800XT(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットX570
コスパ★★★★★★★★☆☆8.0

>>G-Tune XN-Aを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XN-Aのゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、Ampere世代におけるハイエンドクラスのグラフィックボードだ。2021年3月時点で品薄状況が深刻でこのRTX 3080搭載モデル自体ほとんど見かけない。それだけでG-Tune XN-Aを選択する価値があるぐらいだ。前世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiよりも20%以上パフォーマンスが高い。ゲーミング性能は高く4K解像度でのゲームプレイに楽々対応することができる。逆に4K解像度を想定しないのであれば明らかにオーバースペックとなる。レイトレーシングやDLSS機能もそれぞれ進化していてパフォーマンスは高い。

Ryzen 7 3800XT(CPU)

ryzen73800xtseinou

Ryzen 7 3800XTは、第3世代Ryzenシリーズの後発モデルとなっている。Ryzen 7 3800Xの強化モデルとして登場した。8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。Ryzen 7 3800Xよりもクロック周波数が引き上げられているもののゲーミング性能ではRyzen 7 3800Xとそれほど変わらない。RTX 3080に合わせるCPUとしては最低限必要な性能はクリアしていると言える。

総合性能

G-Tune XN-Aseinou

G-Tune XN-Aは突き抜けたGPU性能が魅力のゲーミングPCだ。RTX 3080の性能があればゲームで負荷を感じる場面はほとんどないだろう。ただ、CPUとのバランスはよいとは言えない。そのため、RTX 3080の本領である4K解像度でのゲームプレイは安定しにくいこともある。FF14であっても、CPU性能が推奨環境に少し届いていない。

誤差の範囲なので最高設定でもCPUの性能不足を体感することはない。これがFF14よりも負荷の高いタイトルになると厳しい場面も増える。フルHDでは確実にオーバースペックだ。Apex Legendsなら240Hz、フォートナイトなら360Hzを目指せる性能である。

これらのタイトルで本格的なプレイスタイルを目指すならおすすめだ。高リフレッシュレートの上限が360Hzに伸びたことで、フルHDでも性能が大きく無駄になることはない。スタイルや用途を選ばないことがハイエンドモデルの強みだ。

>>G-Tune XN-Aを購入<<

G-Tune XN-Aの特徴

消去法ながらRTX 3080搭載最強モデル

G-Tune XN-Aは。RTX 3080を搭載したモデルの中で最も高い評価を得ている。比較的価格が抑えられている点でコスパも高い。BTOパソコンの高騰でRTX 3070搭載モデルでさえ税抜20万円を超える状態だ。その中で、従来とあまり変わらない価格で展開できているからこその評価だ。

RTX 3080の供給不足により、RTX 3080搭載モデルのほとんどが売り切れ状態になっている現状も後押ししている。G-Tune XN-Aが最強モデルでいられる期間は、RTX 3080の供給が追いつくまでだ。それまでは比較対象となるモデルが存在しない独壇場である。RTX 3080を搭載したモデルは久しく見ていない。どのショップでも品切れ状態だ。

G-TuneでもG-Tune XN-Aを含めたXシリーズ2製品だけだ。供給が追いつくまではRTX 3080搭載モデルは存在しないと踏んでいた。G-Tune XN-Aの発見が遅れたのはそういった事情がある。高性能なモデルを探しているならG-Tune XN-Aは強力な選択肢だ。今やRTX 3070も品薄状態で、RTX 3060 Tiすら搭載モデルは減少している。

供給が安定しているのはRTX 3060くらいで、性能を重視することが難しい。それだけに、RTX 3080を搭載したモデルというだけで貴重だ。コストパフォーマンスも良好なので、消去法で最強モデルになったとは言ってもおすすめしやすい。予算がこの辺りなら間違いなくNo1のモデルだ。

注意したいのはG-Tune XN-Aも入荷待ちになる可能性が高いことだ。辛うじて存在するだけで、いつ売り切れになるか分からない。RTX 3080の供給が復活したのではなく、在庫があるだけだ。候補に入れているなら迷わず選択しておきたい。

充実した構成が最大の魅力となっている

G-Tune XN-Aはコストパフォーマンスの評価が高いゲーミングPCだ。これはG-Tune XN-Aの強みである充実した構成にある。Ryzen 7 3800XTという少しだけ話題になったCPUを搭載。CPUクーラーには水冷ファンを採用し、高冷却と安定したパフォーマンスが持ち味だ。最近では珍しいNVMe 512GBとHDD 2TBのデュアルストレージ、Ryzenシリーズに合わせたメモリ規格DDR4-3200を採用している。

さらに、電源ユニットは大容量800Wで80PLUS最上位の規格TITANIUMだ。当然チップセットはX570となっている。まさに、ハイエンドの名に恥じない圧倒的な構成である。この優れた構成と高騰している中抑えられた価格とが合わさり、コストパフォーマンスを高めている。消去法で最強モデルに選出されたモデルでも、実力で最強モデルに上り詰められるポテンシャルは秘めている。選んで損をする要素はどこにもない。

G-Tune XN-Aが注目を集めないくらいにRTX 3080搭載モデルは強力なモデルが多かったことも事実だ。充実した構成という強みは持っていても、CPUがゲームに対して最大限パフォーマンスを発揮できないという弱点もある。この弱点がハイエンドモデルでは受け入れられにくい。最高峰の性能帯であるハイエンドクラスでは、オールラウンドな性能と弱点のない構成が求められる。

Ryzen 5000シリーズの登場もあってG-Tune XN-Aは不遇なモデルだった。しかし、BTOパソコンが高騰するという逆境で羽ばたいた。ほぼ全てのモデルが評価を急落させ、コストパフォーマンスの評価が5.0を超えればおすすめという状態で8.0を記録。マイナスの状況をプラスに変えた唯一のモデルだ。こんな情勢だからこそ、G-Tune XN-Aは一気に最強まで駆け上った。消去法は消去法でも、ただの消去法ではない。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

>>G-Tune XN-Aを購入<<

似ているモデルとの比較

現在G-Tune XN-Aと比較できる製品は存在していない。RTX 3080搭載モデルのほとんどが売り切れ状態だからだ。RTX 3080の供給が復活するまではG-Tune XN-Aの独壇場である。ハイエンドなゲーミングPCを探しているなら選択肢は少ない。

消去法で残ったとも言えるG-Tune XN-Aは現在のRTX 3080搭載最強モデルだ。これを選んでおけば後悔はないはずだ。性能はアンバランスながら、用途の幅は広い。非常に充実した構成も相まって十分おすすめできるモデルだ。いつまで販売されるか分からないので、候補に入ったなら選択は早めにしておきたい。

管理人による総評(G-Tune XN-A)

nextgear

G-Tune XN-Aは、非常に希少性の高いRTX 3080搭載モデルだ。入手が困難でRTX 3080を搭載しているというだけで評価できるぐらいだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方や長く使用できるゲーミングPCを探している方におすすめだ。レイトレーシングも第2世代になってポテンシャルが高い。

CPUにはRyzen 7 3800XTを搭載している。第10世代Intel製CPUに比べるとゲーム適性はやや劣るものの必要最低限の性能を兼ね備えている。CPUクーラーを搭載していて熱対策もばっちりだ。ミドルタワーケース採用で安心感がある。メモリ16GB、SSD 512GB・HDD 2TB、電源ユニット800W 80PLUS PLATINUMと圧巻の構成だ。

価格CPUグラボ
219,800円Ryzen 7 3800XTRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tune HN-Zを販売しているショップの評判を解説している。当サイトとのコラボモデルやプロゲーマープロデュースのモデルなど様々なモデルが販売されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。