G-Tune XN-Ztop


当記事では、G-Tune XN-Zの評判とレビューをまとめている。RTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。発売されてからずっと価格が変わらない珍しいモデルだ。元々の価格は割高だったが、それは今でも変わらない。それでも電源ユニットのアップグレードとメモリ容量の増設があって評価は標準的だ。比較対象モデルと合わせて確認しておくとよい。

秋売り尽くしセール第2弾で40,100円OFF

mouseakiuritsukushi2022/09/14 11:00~2022/09/28 10:59の期間中は秋売り尽くしセール第2弾実施中だ。40,100円の値引きは大きいが元々の価格が高くそれほどコスパが優れているわけではない。

G-Tune XN-Zのスペック

gtunenextgearcase

ブランド名G-Tune
製品名XN-Z
価格通常 / 339,900円(税込)
セール / 299,800円
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512B
HDD2TB
電源700W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ・通常時
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 1.9

・セール時
★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3.3
おすすめ度Dランク

>>G-Tune XN-Zを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XN-Zseinou

G-Tune XN-ZはCore i7-12700FとRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。Intel第12世代になり、無印のCore i7でもRTX 3080とバランスが取れるようになった。少し前までCore i7と組み合わせたハイエンドクラスは価格を重視した微妙なモデルばかりだった。この組み合わせが成立している今、時代の進歩を感じさせる。
高解像度はやや苦手ながらも対応は可能だ。フルHDやWQHDでの高リフレッシュレートにも対応できる。FortniteやApex Legendsのような人気タイトルを中心とするユーザーにも扱いやすい性能である。

G-Tune XN-Zのゲーミング性能

Core i7-12700F(CPU)

Core i7-13700K37,895
Core i9-12900K34,518
Ryzen 9 5950X32,967
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 9 5900X28,457
Ryzen 7 7700X27,183
Core i9-11900K25,944
Core i5-12600K25,507
Ryzen 7 5800X24,001
Core i5-1240022,546
Core i7-1170020,009
Core i7-1070015,038

Core i7-12700Fは、Intel第12世代のハイパフォーマンスモデルだ。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム適性も高い。前世代のCore i7-11700Kからの性能向上は魅力的だ。フラグシップモデルであるCore i9-11900Kでさえも上回る性能を持つ。ゲーム実況や動画編集・RAW現像といったクリエイター作業にも対応できる。RTX 3080とのバランスはまずまずと言える。本来であればCore i7-12700Kを選択したいところだが、許容範囲だろう。

GeForce RTX 3080(GPU)

RTX 3090 Ti39,024
RTX 309037,896
RX 6950 XT37,226
RTX 3080 Ti36,380
RTX 3080 12GB36,037
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 6800 XT32,220
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213

GeForce RTX 3080は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードとなっている。RTX 2080 Tiを超える性能を持ち幅広い用途で使用することが可能だ。4K環境でのゲームプレイも視野に入る。レイトレーシングやDLSSといった機能も世代を重ねて進化している。より高みを目指したいゲーマーの方はぜひチェックしておこう。

>>G-Tune XN-Zを購入<<

G-Tune XN-Zの特徴

微妙過ぎておすすめできないモデル

G-Tune XN-Zはリニューアルされて、現行のハイエンドクラスのゲーミングPCとなった。本来最新モデルへの切り替えであれば、構成は引き継がれて価格が少しアップとなるはずだ。ところが、G-Tune XN-Zは完全なリニューアルで、構成も大きく異なっている。端的に言えば、構成を削っているにも関わらず値上げされたのが現行モデルだ。

従来モデルのCore i7-11700K+水冷から、Core i7-12700F+標準ファンにへの切り替えに大きなコストが掛かっているとは思えない。メモリは半減、電源容量も下げられて32,000円ほどの値上げだ。ここまで相場を無視したようなモデルはおすすめできるわけがない。G-Tune XN-Zには特徴と言えるものがデュアルストレージ採用モデルということしかない。

価格を下げるはずのCore i7-12700F採用で価格が上がり、構成はダウンしていれば褒められる箇所がないのも仕方がない。ほぼ絶対に選んではいけないゲーミングPCである。また、チップセットでモデル分けをしていることもあり、Core i7-12700F採用でZ690を搭載している。もう少し柔軟に対応できないものだろうか。

構成を引き継ぐならせめてCore i7-12700KF搭載であってほしいものだ。それなら今の33万円台という価格にもある程度納得はできた。現在のG-Tune XN-Zはとりあえず現行に置き換えただけの数合わせのような存在だ。胸を張っておすすめできるようなモデルではない。できる限り避けた方が無難である。

これからに期待しづらい

G-Tuneにはセールを前提とした価格のモデルと、セールを前提としていない優れたモデルの2種類がある。G-Tune XN-Zは間違いなく前者である。おそらく、セール対象となれば大きく価格が下げられるはずだ。それこそ3万円~4万円程度の値引きには期待できるだろう。ただし、G-Tune XN-Zは4万円値引きされたところでおすすめできるモデルにはならない。

この構成であるなら、28万円台を下回ってようやく評価が標準を超えてくる。つまり、5万円の値引きが最低条件となる。少し前のG-Tuneであればその程度の値引きは期待できた。残念ながら、現在のG-Tuneは大幅な値引きに積極的ではないように見える。少し割高の他製品と同等程度に下がるくらいで魅力的とは言えない。強力なモデルが登場していることを思えば、G-Tune XN-Zを選択するメリットはユーザー側にあるのだろうか。

お得な変化を待つほどのモデルでもない。比較対象に強力なRTX 3080搭載モデルをピックアップしている。G-Tune XN-Zをチェックしていたなら、そちらのモデルをチェックしておいてほしい。Core i7-12700FとRTX 3080を搭載していて価格が29万円を切っていないモデルはコストパフォーマンスの面で厳しい。

特殊な構成や機能があったとしても、あまりおすすめしにくいモデルとなる。セールでも30万円切りがギリギリであるなら、これからにも期待できない。G-Tune XN-Zより優れたモデルは多いので、少し別のモデルにも目を向けてみることをおすすめする。

>>G-Tune XN-Zを購入<<

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

>>G-Tune XN-Zを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランドG-TuneOMEN by HP
イメージnextgearOMEN by HP 40L Desktop
製品名G-Tune XN-Z40L Desktop GT21-0780jp
価格.com限定
ハイパフォーマンスエクストラモデル
ケースミドルミドル
価格通常 339,900円(税込)
セール 299,800円(税込)
290,400円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3733 32GB
SSD1NVMe 512GBNVMe 1TB Gen4
HDD2TB非搭載
電源700W GOLD800W GOLD
マザボZ690Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はHPの価格.com限定モデルだ。CPU性能・メモリ規格・メモリ容量・SSD容量・SSD規格・電源容量で上回り、価格はセール時で9,000円安く通常時で49,000円ほど安くなる。現時点でRTX 3080搭載モデルとしては最強クラスのモデルである。性能、構成、価格でリードしているため、圧倒的な差が開いていると言える。

CPU性能はゲームプレイにおいて非常に重要となるので、Core i7-12700KとRTX 3080の組み合わせは人気が高い。しかし、その多くが30万円を超えており、30万円を切っているのは価格.com限定モデルくらいだ。G-Tune XN-Zを候補に入れているなら価格.com限定モデルをおすすめしたい。

管理人による総評(G-Tune XN-Z)

nextgear

G-Tune XN-Zは、Core i7-12700F×RTX 3080搭載のゲーミングPCだ。4K環境でのゲームプレイにも対応できる高い性能を持つ。メモリ32GB、SSD 512B、HDD 2TBとハイエンドにふさわしい構成を持つ。将来性も高く長く使用することができる一台となるだろう。比較対象モデルならワンランク上のCPU性能が手に入る。今はG-Tune XN-Zを購入する理由は見当たらない。セール時でもそれは変わらない。

価格CPUグラボ
299,800円(税込)Core i7-12700FRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 32GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya