G-Tune XN-Z-ACtop


当記事では、G-Tune XN-Zの評判とレビューをまとめている。RTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。2021年8月時点でRTX 3080を搭載したゲーミングPCを見る機会は徐々に増えてきている。今グラフィックボードの品薄状態が続き、グラフィックボードの購入が難しく特にこのRTX 3080は希少性が高い。

そのような状況を鑑みれば在庫があるだけで強みになるのだが、このモデルは従来と価格を据え置きで販売している。元々の価格が高いということはあっても今となっては魅力的なモデルであることに違いない。おそらく多少入荷の見込みが経ったということだろう。キャンペーンでの割引を期待しておこう。

G-Tune XN-Zのスペック

gtunenextgearcase

ブランド名G-Tune
製品名XN-Z
価格Windows 10 / 307,780円(税込)
CPUCore i7-11700K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512B
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ590
コスパ★★★★★★★★★☆8.6

>>G-Tune XN-Zを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XN-Zのゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードとなっている。RTX 2080 Tiを超える性能を持ち幅広い用途で使用することが可能だ。レイトレーシングやDLSSといった機能も世代を重ねて進化している。より高みを目指したいゲーマーの方はぜひチェックしておこう。2021年3月時点で品薄状態が続きなかなか購入できなくなっている。もし、在庫があるのであれば急いで決断した方がよいかもしれない。今後いつ購入できるか先が見えないからだ。

Core i7-11700K(CPU)

i711700k-seinou

Core i7-11700Kは、Intel第11世代のハイパフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム適性も高い。オーバークロックにも対応していてより高いクロック周波数を実現できる。前世代のCore i7-10700Kからの性能向上は魅力的だ。RTX 3080と合わせるにも適している。ゲーム実況や動画編集・RAW現像といったクリエイター作業にも対応できる。

総合性能

G-Tune XN-Zseinou

G-Tune XN-Zは最新の性能を持つハイエンドクラスのゲーミングPCだ。Core i7-11700KとRTX 3080の組み合わせでゲームと作業への対応力がずば抜けて高い。特にゲーム性能は4K環境を前提とするほど高い。最新のタイトルでも4Kで快適にプレイできる性能がある。それはCore i7-11700Kの処理性能も影響している。

ハイエンドクラスに求められる性能をしっかり持ったモデルだ。もちろんフルHDでも有用な性能だ。Apex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを240Hz以上でプレイすることが可能だ。最新のタイトルを最高設定で144Hz以上で楽しむこともできる。性能の高さを求めるなら、G-Tune XN-Zを基準に考えてもいいくらいだ。

>>G-Tune XN-Zを購入<<

G-Tune XN-Zの特徴

完成度の高いハイエンドクラス

G-Tune XN-Zは、RTX 3080×Core i7-11700K搭載のゲーミングPCで構成をリニューアルしての復活となった。厳密に言えばRTX 3080の供給不足により一時的にラインナップから消えていただけだ。復活後の構成と価格はハイエンドクラスの中でもよくまとまっているように思う。このくらいの性能帯から価格が安いことに対するメリットはなくなってくる。

もちろん、価格が安くて優れていることに越したことはないが、いかにハイエンドクラスとして優れているかが求められてくる。G-Tune XN-Zはその要件をしっかり満たしている。優秀な処理性能を持つCPU、非常に高い性能を持つGPU。ハイエンドクラスはこの2つが備わっていることが特徴だ。特に第11世代のCore i7は第10世代のCore i9に匹敵する。

価格を抑えながらRTX 3080の性能を引き出せるCPUとして重要な役割を担っている。あとはメモリ容量が32GBあれば言うことなしだ。あと一歩足りないものはある。それでも、現状からすれば非常に完成度の高いモデルだと言える。特にハイエンドクラスは価格を抑えたモデルか、充実したモデルの2極化が進んでいる。バランスに優れた総合力に長けたモデルというのは少ない。

性能・構成・価格のバランスがよいのは優れたモデルの条件とも言える。それを満たしたモデルがG-Tuneの通常ラインナップにあるのは珍しい。ハイエンドクラスのゲーミングPCを探しているなら一度チェックしてみてほしい。特に、メモリを流用したり、自分で増設したりできるユーザーは要チェックだ。決して安いわけではないが、ハイエンドクラスとしては選びやすい価格なはずだ。

キャンペーンに期待が掛かるモデル

G-Tune XN-Zは非常に優れたモデルであることは間違いない。しかし、まだ真の姿を見せていない。G-Tuneの製品はキャンペーンありきの価格設定になっていてまだまだ下がる余地がある。通常時の価格でこれだけ評価が高ければ、キャンペーンの値引きで一気にトップクラスのモデルになれる可能性がある。ハイエンドクラスなどの高価なモデルでは割引額も大きくなる。28万円を下回る価格も期待できるのではないだろうか。

現状のRTX 3080搭載モデルでは、28万円を下回ればトップモデルになれる。G-Tune製品はキャンペーンを前提としていることで、価格設定がなかなか厳しいモデルが多い。言い換えれば、妥当な価格設定のモデルは大きく化ける可能性があるということだ。G-Tune XN-Zは間違いなく化けるモデルである。ただ、注意したいのは値引き額が1万円程度ではあまり評価は変わらないということだ。

あくまでも大幅な値引きがあってこそだ。それでも30万円を切ると選びやすくはなる。キャンペーンのタイミングと合えばラッキー程度に考えたい。G-Tuneのキャンペーンはタイミングが分かりにくい。長期休暇前後は分かりやすいが、それ以外のタイミングでも行われている。また、G-Tune XN-Zが確実にキャンペーン対象になるとは限らない。

そのため、キャンペーンを待つというのはあまり得策ではない。選びタイミングがキャンペーンに近そうなら待つ程度に留めたい。キャンペーンが適用されていなければ比較対象のモデルをチェックしてほしい。非常に強力な性能が持ち味のモデルだ。G-Tune XN-Zを候補に加えたなら気に入るはずだ。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

>>G-Tune XN-Zを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランドG-TuneG-Tune
イメージnextgearnextgear
製品名XN-ZTD-P
ケースミドルミドル
価格307,780円(税込)311,080円(税込)
CPUCore i7-11700K(水冷)Core i9-11900K(水冷)
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 32GB
SSD1NVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源800W TITANIUM800W TITANIUM
マザボZ590Z590
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションG-Tune TD-Pだ。RTX 3080搭載最強モデルに君臨するG-Tune TD-Pは圧倒的な性能とコストパフォーマンスでハイエンドモデルを牽引している。G-Tune XN-ZのHDD 2TBをカットし、CPU性能を3ランクアップ、メモリ容量倍増で3,000円ほど高くなる。これだけ性能が向上して3,000円なら間違いなくG-Tune TD-Pをおすすめする。

ハイエンドクラスを求めているなら、G-Tune TD-Pのよさが伝わるはずだ。Core i9-11900Kとメモリ32GBの時点でハイエンドの最上位クラスの安定感を得られる。RTX 3080の性能を最大限引き出せる構成である。価格帯最強のゲーム性能を持つG-Tune TD-Pは全てのハイエンドクラスを求めるユーザーにおすすめだ。

管理人による総評(G-Tune XN-Z)

nextgear

G-Tune XN-Zは、RTX 3080×i7-11700K搭載のゲーミングPCだ。現在非常に入手が困難なRTX 3080を搭載した貴重なモデルとなっている。メモリ16GB、SSD 512B、HDD 2TBとハイエンドにふさわしい構成を持つ。将来性も高く長く使用することができる一台となるだろう。キャンペーンで価格が下がればより選びやすくなることは間違いない。

価格CPUグラボ
307,780円(税込)Core i7-11700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!