NEXTGEAR i690PA2-SPの評判とレビュー | RTX2080×i9-9900K搭載のゲーミングPC、RTX2080Ti搭載モデルに近い価格がネックだがコスパは良好

NEXTGEAR i690PA2-SP

当記事では、NEXTGEAR i690PA2-SPの評判とレビューをまとめている。RTX2080搭載のゲーミングPCだ。30万円を超える価格は購入する人を選ぶが、もし予算が合うのであれば選択肢に入れても良いだろう。

NEXTGEAR i690PA2-SPのスペック

ブランド名NEXTGEAR
製品名i690PA2-SP
価格Windows 10 / 269,800円
(送料・税込294,624円)
CPUCore i9-9900K
GPUGeForce RTX 2080
メモリDDR4-2400 16GB
SSDNVMe 256GB(Samsung PM981)
HDD3TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ390
コスパ★★★★★★★★☆☆8.0
まず目に飛び込むのはその価格だろう。税抜き269,800円、送料・税込みなら294,624円となっている。当然価格に見合う構成だ。ゲームプレイにおいて要となるグラフィックボードにはRTX2080を搭載。4K解像度でもさくさくゲームプレイが可能だ。CPUには第九世代フラグシップモデルのi9-9900Kを搭載。今世代からi9はメインストリームに入っている。8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を持つ。ゲームだけではなく動画編集などでも強みを発揮する。

SSDには高性能なNVMe対応M.2 256GB、HDD 3TBと余裕のストレージも嬉しい。ゲーム動画をたくさん保存する方必見。電源ユニットはグラフィックボードとCPUを支える800W TITANIUMを搭載。電源効率がよく発熱を抑える効果もある。なお、マザーボードのチップセットは新しいZ390となっている。オーバークロックにも対応。

NEXTGEAR i690PA2-SPの概要

RTX2080と最上位のCPUを搭載した最新モデル

ゲーミングPCのベースとなるグラフィックボードにはハイクラスのRTX2080を搭載。レイトレーシングなど最新技術を活用してゲームをプレイできる。性能的にはGTX1080Tiを超える高い性能を発揮し4K解像度でのゲームプレイを得意としている。ワンランク上のRTX2080Tiよりも扱いやすいちょうど良い性能だと言える。

また、CPUには最上位のi9-9900Kを搭載。第八世代のi7を超えた性能を持ち、従来と違ってしっかりゲーム用途にも最適化されている。これにより、これまでゲームにはi7が最適という評価からi9が躍り出た。しかしながら非常に高価なCPUであるため、総合的に見ればi7がまだ優勢か。総額で税込30万円に届きそうな価格ではあるが、その価格に見合ったパフォーマンスを持っている。

NEXTGEAR i690PA1-SPのカスタムモデル

NEXTGEAR i690PA1-SPをパワーアップさせたのが当モデルだ。i690PA1-SPよりもコストパフォーマンスは大幅に向上している。CPUの価格差はおおよそで2万5000円だが、HDD容量のアップと電源のパワーアップを含めても価格差は約3万円。

その点からコストパフォーマンスが大きく伸びているといえる。もっともこのくらいの性能と価格帯にくると、コストパフォーマンス自体にそこまで大きな意味は無さそうだが。

電源ユニットやストレージも充実、安定動作こそが最大の魅力

構成面を見ても充実している。800W TITANIUMの電源と16GBのメモリは土台としては上出来だ。そこに高性能なRTX2080を支えるi9-9900K、ストレージも高速のNVMeと大容量3TBのHDD。

充実した構成はそのまま安定感につながる。高い負荷がかかる中、安定した動作を実現できるの最新モデル最大の強みだろう。

>>>NEXTGEAR i690PA2-SPを購入する<<<

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase
当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。時代にあったスタイリッシュなデザインは多くのユーザーに支持されている。

管理人による総評

RTX2080Ti搭載モデルに追いつきそうな価格

これはマイナスポイントというわけではない、ただ、税込み30万円近くRTX2080Ti搭載モデルに近づく価格は気になる。確かに優秀なモデルではあるが、グラフィックボードで言えばRTX2080Tiとは大きな差がある。

同等の価格であるならRTX2080Ti搭載モデルを選択したい気持ちが無いと言えば嘘になる。そうは言ってもRTX2080Ti搭載モデルの価格は税抜き30万円前後が多いため、遠いと言えば遠いか…。

第9世代搭載モデルに少ないライバル

他ショップの動向にもよるが、現時点ではi9-9900KとRTX2080の組み合わせは非常に少ない。むしろ今ならこの製品に並び立つモデルは存在しないのではないだろうか。

今後ゲーミングPCは第9世代に移り往くだろう。そう考えると今が一番輝いている時なのかもしれない。Intel製CPUの供給不足も懸念されるため、購入は早いほうが良さそうだ。

>>>NEXTGEAR i690PA2-SPを購入する<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ