NEXTGEAR i690PA2-SP2の評判とレビュー | RTX2080Ti×i9-9900K搭載のハイエンドPC、4K解像度で快適にゲームプレイができる!

NEXTGEAR i690PA2-SP2

当記事では、NEXTGEAR i690PA2-SP2の評判とレビューをまとめている。RTX2080Ti×Core i9-9900Kを搭載したハイエンドゲーミングPCだ。このモデルの購入を検討している方は少ないかもしれないが、予算が合う方はぜひ参考にして欲しい。

NEXTGEAR i690PA2-SP2のスペック

ブランド名NEXTGEAR
製品名i690PA2-SP2
価格Windows 10 / 319,800円
(送料・税込348,624円)
CPUCore i9-9900K
GPUGeForce RTX 2080Ti
メモリDDR4-2400 16GB
SSDNVMe 256GB(Samsung PM981)
HDD2TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ390
コスパ★★★★★★★★☆☆7.8
G-TuneのミドルタワーであるNEXTGEARのフラグシップモデルだ。「PA2-SP2」というこの型番はプラチナカスタムと名付けられている。CPUにはi9-9900K、グラフィックボードにはRTX2080Tiを搭載し圧倒的な性能を持つ。もはや多くの方にはオーバースペックとなるだろう。この組み合わせで性能不足を感じたらそれはゲーム側の問題だと言えるほどだ。

構成面もずば抜けていてメモリ16GB、SSD 256GB(NVMe対応)、HDD 2TB、電源800W PLATINUMとなっている。SSDにはNVMe対応M.2を採用しお金が掛かっていることがわかる。電源はハイエンドのCPU及びGPUに安定した電源を供給するためにPLATINUMを採用。電源効率が高く発熱を抑えることもできる。

NEXTGEAR i690PA2-SP2の概要

NEXTGEARの最上位モデル

当該モデルは下位モデルである「NEXTGEAR i690PA1-SP2」のCPUをi9-9900Kに変更し、HDD容量を増量させている。これにより最新のCPUとグラフィックボードの最上位モデルを搭載したモデルとなった。i9-9900KとRTX2080Tiによる超高性能モデルはワンランク上どころではなく、一歩先の時代を覗き見ているようだ。

それだけに、現在のゲーム事情とはミスマッチな性能を持っている。事前に用途をはっきりさせた上で選択する必要がある。数年先を見据えつつ4K解像度でかつ最高設定にこだわりたいというユーザーにぴったりだ。FULL HDやWQHDならRTX2080でも十分対応できる。この高すぎる性能こそが最大の魅力であり、最大の強みである。

圧倒的なパフォーマンスはオーバースペック

この構成ならオーバースペックになりやすいことを理解しておく必要がある。既存のゲームを快適にプレイするためにこの性能が必要ということはまず無い。そして今後もしばらくの間そういったことは無いだろう。

既存のゲームを4K解像度でプレイするにしてもオーバースペックとなりやすい。4K以上の解像度やMoDなどの影響で負荷が大きくなった時の対応策と言ったところか。最強の性能ではあるが、最善の選択肢ではないので注意したい。

魅力的な構成と絶望的な価格

高い性能は長く最前線で戦うことが可能で、買い替えを検討する期間も長くなる。ミドルスペックであれば2回買い替えなければならなかったところを1回で済むかもしれない。長いスパンで見ると、実際はミドルスペックを購入するよりもコストパフォーマンスは良い。

しかし、一回で支払う金額が大きく、予算があるならばまず選択肢に入らないだろう。構成も充実しており、何より長期的に見れば優秀なコストパフォーマンスは魅力的だ。ただそのすぐ後ろに絶望的な金額が見え隠れしていることが問題なだけである。

>>>NEXTGEAR i690PA2-SP2を購入する<<<

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase
当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。時代にあったスタイリッシュなデザインは多くのユーザーに支持されている。

管理人による総評

NEXTGEAR i690PA2-SP2の性能の高さについてはすでに理解していただけただろう。予算が合うなら最良の選択肢となり得るモデルだということだ。現時点でグラフィックボードとCPUが最新モデルである。ほぼ同時期にCPUとグラフィックボードが新規登場することは珍しい。

このタイミングこそが何年かに一度に登場する本当の意味での最新モデルだ。これさえあれば最低3年はトップを走れ、最低5年はハイエンドを名乗れるだろう。それ以降も一線でゲームプレイに勤しむことが可能である。予算が合うなら間違いなく最良の選択肢となるが、多くの場合はオーバースペックとなるため、中級者以上にのみ適用される。

>>>NEXTGEAR i690PA2-SP2を購入する<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ