NEXTGEAR-i690PA4-SP2


当記事では、NEXTGEAR i690PA4-SP2の評判とレビューをまとめている。最高の性能を持つRTX 2080 Tiを搭載していて、G-tuneのラインナップの中でも上位に位置するモデルだ。

しかし、構成は乏しく価格が高いことでコストパフォーマンスは非常に低くなっている。RTX 2080 Tiが新登場した時ならいざ知らず、今となってはとてもおすすめできる製品ではない。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
kurosabakutop
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ゲームに対して抜群の対応力を持ち、フルHDだけでなく4K解像度にも対応可能だ。その要因は最上位のグラフィックボードRTX 2080 Tiを搭載しているからだ。CPUは非常に優秀な性能ながら、RTX 2080 Tiを支えるには少しバランスが悪い。高すぎる性能は扱いづらく、初心者にはおすすめしにくい。

NEXTGEAR i690PA4-SP2のスペック

nextgearnew

ブランド名NEXTGEAR
製品名i690PA4-SP2
価格Windows 10 / 319,800円
CPUCore i7-9700K
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-2400 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD1TB
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ390
コスパ★★☆☆☆☆☆☆☆☆2.4

>>>NEXTGEAR i690PA4-SP2を購入する<<<

NEXTGEAR i690PA4-SP2の性能まとめ

GeForce RTX 2080 Ti(グラフィックボード)

rtx2080tisougou

圧倒的なパフォーマンスを持つRTX 2080 Tiは、5年以上買い替えを検討しなくても良いレベルの性能だ。RTX 2080 Superよりも高いパフォーマンスを発揮する。別枠のグラフィックボードというわけだ。

次世代、更に時代を変えるようなグラフィックボードが登場しても、第一線で使用することができる。ただ、長く使えるのであれば結果的に安価で済む。グラフィックボードは文句なく歴代最高の性能を持っていると言えるだろう。

Core i7-9700K(CPU)

i690PA4-SP2-i7-9700

優秀な性能を持つCPU i7-9700Kを搭載。8コア8スレッドと前モデルよりもパワーアップしている。ただし、これだけ性能が高くとも、RTX 2080 Tiに対しては良いバランスとは言えない。

どうせなら最高のグラフィックボードにはゲームに対して最高の性能を持つi9-9900Kのほうが良いと感じてしまう。ボトルネックになるようなことはないため、問題があるわけではない。

総合性能

i690PA4-SP2-seinou

非常に高性能でフルHD環境であれば最高設定で144hzも当たり前のように出せる。WQHDにも強く、4K解像度であれば60fpsを安定して出せるようになるだろう。

ゲーミングPCの中でもこのモデルより性能が高いものは限られている。最高峰のゲーミングPCの一つと言っても過言ではないだろう。

NEXTGEAR i690PA4-SP2の特徴&強み

見せかけのセール準備か!?登場時の価格に戻ったG-tuneのモデル

グラフィックボードは登場から時間が経つにつれて値段が下がってくる。ASK税の関係があるため発売当初は割高になる。RTX 2080 Ti搭載モデルも登場時は税抜30万円オーバーが珍しくなかった。しかし、今は税抜25万円前後に設定するショップも増えてきている。その中で登場時と同じ319,800円はただただ困惑する。

恐らく、最近頻繁に行っているセールの準備なのだろう。大幅な値引きを演出するために、わざと価格を高く設定しているのではないかと疑いたくなるほどだ。このモデルを購入するとするなら、税抜259,800円くらいだろうか。6万円引きが来たら選択を考慮する時だ。売り方はいただけないが…

コストパフォーマンスは最悪も製品はまずまず

価格を考慮しなければ十分に優秀なモデルと言える。そんなことを言い出せば大体の製品がそうなるため、フォローとしては適切ではないかもしれない。仮に価格が適正だった場合、RTX 2080 Ti搭載モデルを身近に感じられるモデルとなっていたはず。

正直、少しフォローしようと考えていた。だが無理だ。価格が高すぎてどんな言葉も徒労に終わるほど評価が低い。製品はまずまずであとは価格だけがしっかり釣り合えばというところ。比較対象にそんな理想的なモデルが存在するためG-tuneの変化を待つ必要もなさそうだ。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase
当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。

デザインもシンプルで評価できる。時代にあったスタイリッシュなデザインは多くのユーザーに支持されている。

>>>NEXTGEAR i690PA4-SP2を購入する<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名NEXTGEARGALLERIA
製品名i690PA4-SP2ZZ
価格319,800円279,980円(269,980円)
CPUi7-9700Ki9-9900K
GPURTX2080TiRTX2080Ti
メモリDDR4-2400 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD1TB3TB
電源800W TITANIUM750W PLATINUM
マザーボードZ390Z390
公式公式公式
詳細当ページ詳細

比較対象はGALLERIA ZZで価格差が全てを物語っている。CPU、HDD、価格で大幅に上回るGALLERIA ZZ。しかし、これはGALLERIA ZZが特別安価なわけではなく、i690PA4-SP2が高すぎるだけである。なぜG-tuneは突然こんなにも価格が見合わなくなったのだろう。

CPUとストレージで劣っている以上、i690PA4-SP2がGALLERIA ZZに並ぶためには6~7万円の値引きが必要となるだろう。ハッキリと言えば、素直にGALLERIA ZZを選択するほうが遥かに賢明である。それ以上の言葉は必要無いだろう。

管理人による総評

当該モデルは、RTX 2080 Ti×Core i7-9700Kを搭載したゲーミングPCだ。非常に高価なモデルで、その価格に全く見合わない構成なのでおすすめできない。RTX 2080 Tiにi9-9900Kではなくi7-9700Kを採用するモデルは少なく、価格を下げたり差別化のために搭載する程度だ。このモデルも価格を下げる意図があったのだろうか。

i7-9700Kはi9-9900Kに比べて総合性能では劣る。ただしゲームに関しては非常に優秀な性能とコストパフォーマンスを発揮するCPUであるため、悪い選択肢というわけではない。税抜31万円台にまでなるとi9-9900Kが当たり前の中であえてi7-9700Kを採用していることが驚きだ。利益を出すための構成なのか、セールで大幅な値引きを画策しているのか分からない。G-tuneブランドに対する不信感が高まりそうだ。

一つだけフォローしておくと、G-tuneの値上げが自体は珍しくない。為替などの影響も受けるのだろう。今年の値上げは期間が長いだけの可能性もあるので選択は控えつつ様子を見たい。

>>>NEXTGEAR i690PA4-SP2を購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

NEXTGEAR i690PA4-SP2を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る