NEXTGEAR i690SA2-SP

当記事では、NEXTGEAR i690SA2-SPの評判とレビューをまとめている。G-TuneからRTX SUPERシリーズ搭載のゲーミングPCが登場した。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
fortnite
★★★★★(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ゲームに対するパフォーマンスは優秀。i7-9700K+RTX 2060 Super+16GBの組み合わせが標準なのは大きい。変更を加えにくい性能を活かすための構成が最初からしっかりしている。WQHDには対応できても4K解像度への対応力は低いので高解像度でのゲームプレイは苦手な部類だ。

NEXTGEAR i690SA2-SPのスペック

gtunenextgearcase

ブランド名NEXTGEAR
製品名i690SA2-SP
価格Windows 10 / 199,800円
CPUCore i7-9700K
グラフィックボードGeForce RTX 2060 Super
メモリDDR4-2400 16GB
SSDNVMe 256GB
HDD1TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットZ390
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆4.6

NEXTGEAR i690SA2-SPの性能まとめ

GeForce RTX 2060 Super(グラフィックボード)

RTX 2070に迫る性能を持つRTX 2060 Superは最新のグラフィックボードだ。他のRTX SUPERシリーズにRTX 2070 Super、RTX 2080 Superとある。これらの製品はRTX 2070、RTX 2080の後継機的な位置づけで置き換えられる。しかし、RTX 2060 SuperとRTX 2060はそのまま残るため、RTX 2060 Tiのような扱いになる。コストパフォーマンスにも優れる今最も熱いグラフィックボードの一つだ。

Intel Core i7-9700K(CPU)

i7-9700k-galleriazf

CPUには、i7-9700Kを採用。RTX 2060 superとのバランスが良く使い勝手が良い。チップセットもZ390を採用しているため、オーバークロックにも対応可能。総合的に見て完成度の高い性能を持ち、優秀なゲーミングPCと言えるだろう。CPUの性能の高さも相まって、多くのことを無難にこなすことができる。

総合性能

NEXTGEAR i690SA2-SP-seinou

フルHDではほぼ全てのゲームを最高設定で快適にプレイすることができる。CPU、GPU、メモリがしっかりしていることで、高い水準でバランスが取れている。今後登場してくるであろう負荷の高い最新のゲームにも余裕を持って対応できるだろう。

ただし、高解像度への対応力は高くないため、フルHDで余裕であってもWQHD辺りから雲行きが怪しくなる。設定を落とすことである程度のfpsは期待できるがおすすめはしない。

NEXTGEAR i690SA2-SPの特徴&強み

新グラフィックボードRTX2060 Super搭載モデル登場も価格のバランスがおかしい

RTX 2060 Super搭載モデルとして新登場したi690SA2-SP。価格は税抜199,800円と非常に価格が高くなっている。他ショップのRTX 2070搭載モデル以上の価格設定であり、この価格設定は値上げ後のRTX 2060搭載モデルと同じである。

これまでG-tuneはキャンペーンやセールを行ってこなかった。しかし、最近は定期的に期間限定の値引きを行うようになってきている。この価格設定は値引きを前提としているのではないだろうか。

G-tuneのラインナップから見て、2万円ほどの値引きが行われると見ている。3万円引きで適正価格、4万円引きでお得なモデルになるため、選択するのであれば値引きを待ちたい。

出遅れたRTX 2060 Super搭載モデル

RTX 2060 Super搭載モデルは7月17日に登場していた。そこから2週間近く経っての登場で、この強気な価格設定は厳しい。最速の登場であればまだ選択の余地は残っていたが…。

他ショップでは既に値引きが開始されていることもあり、出遅れた感は否めない。そしてそれはG-tuneにとって恒例となりつつある。ストレージがこの価格では考えにくいほど削られているのが気になる。

急な方向転換とも取れるセールの開始は、まだまだG-tuneにとって手探りなのかもしれない。今現在のG-tune製品は割高に設定される傾向にあるため様子を見るのが無難だろう。

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase
当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。

デザインもシンプルで評価できる。時代にあったスタイリッシュなデザインは多くのユーザーに支持されている。

>>>NEXTGEAR i690SA2-SPを購入する<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名NEXTGEARGALLERIA
製品名i690SA2-SPZV 2060 super
画像nextgeartopgalleriaxg
ケースミドルミドル
価格199,800円165,980円
(155,980円)
CPUi7-9700Ki7-9700K
GPURTX 2060 SuperRTX 2060 Super
メモリDDR4-2400 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD1TB2TB
電源700W BRONZE650W BRONZE
マザボZ390Z390
公式公式公式
詳細当ページ詳細
ここをチェック!!

比較対象はいち早く登場したGALLERIA ZVのRTX 2060 Super搭載モデルだ。性能面は同じでもストレージに大きな違いがあり、GALLERIA ZVのほうが優れている。その上でキャンペーン時は価格の開きが44,000円もある。GALLERIA ZVが異常に安いのはではなく、i690SA2-SPが異常に高いのだ。これは期間限定で4万円の値引きが来るかもしれない。

G-tuneの目指す方向が未だ見えない。品質の高いパーツに変更したわけでもなく、メモリの規格も以前のままである。やはり値引き前提の価格になっているように感じる。少なくとも、そうでなければ他ショップに対抗することは難しい。

言い換えれば、このままのi690SA2-SPが本領ではない。恐らくセールやキャンペーンで本当の姿を見せることになるだろう。それまでは選択を控えて見守るくらいがちょうど良さそうだ。このままでは下手をすれば他ショップのRTX 2070 Super搭載モデルよりも高価になる可能性がある。

管理人による総評

G-TuneからもRTX 2060 Super搭載のゲーミングPCが登場となった。CPUには、8コア8スレッドのCore i7-9700Kを採用し性能面でも不安はない。FULL HD環境ならどのタイトルでも最高設定で快適にプレイすることができる。WQHD環境についてはタイトルによると言える。それでも多くのユーザーがFULL HD環境でゲームをプレイしていることを考えると良いだろう。

問題は、RTX 2060 Super搭載モデルとして異様に価格が高いことだ。他のBTOメーカーと比べてリリースが遅かったのも痛い。RTX 2070搭載モデルよりも価格が高いため積極的におすすめするのは難しい。コストパフォーマンスの指標が伸びていないのもそれが要因だ。今後ラインナップの見直しやキャンペーンなどで何らかの動きがないと表に出ることはないと言える。

>>>NEXTGEAR i690SA2-SPを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る