NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TV


当記事では、NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVの評判とレビューをまとめている。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ミドルクラスの王道とも言える性能であるため、ゲームに対するパフォーマンスは標準的だ。ある程度重いゲームも設定次第で快適にプレイすることが可能だ。MoD等を適用するには少し心許ないが、基本無料系等のMMORPGには幅広く対応することができる。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVのスペック解説

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im610SA1-TV
(シルバーカスタム)
価格Windows 10/129,800円

キャンペーン時
99,800円
CPUCore i7-9700F
GPUGeForce GTX1060 3GB
メモリDDR4-2400 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB360
備考光学ドライブ非搭載
(オプション選択可)
コストパフォーマンス・通常時
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1.3

・キャンペーン時
★★★★★★★☆☆☆7.1

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVの特徴

GTX1060×i7-9700F搭載の廉価モデル

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVは、GTX1060×Core i7-9700F搭載したゲーミングPCだ。標準的な評価に近く、目新しさや新鮮さは無いが王道なモデル。i7-9700Fを採用したことにより、下位モデルと比べてCPU性能が高いことが特徴。安定しやすいパフォーマンスでゲームを含めたパソコン作業により適したモデルだ。i7-9700FとGTX1060 3GB搭載モデルとしては価格が安い以外に魅力は薄い。

その価格も特別安いというわけでもないため、どうしても他製品に見劣りする部分もある。ゲームを快適にプレイできるパフォーマンスと高めのコストパフォーマンス。それだけで十分評価できるものの、税抜き129,800円は微妙なライン。この構成を考慮すればまずまずだが、もう少し予算を増やすだけで上位モデルに手が届く。あともう一歩というのが正直なところだ。

もう少し深く見ていくと扱いやすい性能と扱いにくい構成を持ったゲーミングPCだと言える。i7-9700FとGTX1060 3GBはオールラウンドな性能で、価格を抑えつつ多くのことに対応したモデルである。しかし価格がしっかり抑えきれていないため、その性質も上手く活かされていない。より優れた製品がもう少し予算を上げるだけで手に入ってしまうことも影響している。

価格据え置きで最新CPU搭載は評価し辛い

i7-8700から第9世代最新のi7-9700Fへ換装された。これまで2度の値上げにより1万円アップとなったモデルは、価格据え置きでの展開となっている。i7-9700F搭載は素直に喜ばしいことだ。しかし、構成等は変わっていないことからコストパフォーマンスも据え置き。全くダメなわけではない、良いところと悪いところが混在しているためおすすめしにくいのが現状だ。

Z390を採用するには勿体無い構成のモデルもあるが、これはB360を採用してまで存在させて良いモデルなのだろうか。モンスターハンター フロンティアZ High推奨モデルに選択されていることも関係しているかもしれない。何にしても、今は選ぶべきモデルではなく候補から外すべきだろう。

理想とかけ離れたアンバランスなモデル

最新のCPU、一世代前のグラフィックボード、一世代前主流だったメモリ規格、ストレージはHDD 1TBのみ。この最新と旧式の混在、構成の乏しさが価格とのバランスを崩している。悪いところも目立つが良いところもある。

GTX1660が登場して以降はGTX1060 3GB搭載モデルの多くはラインナップから消えていった。その中にあって、最新のCPUとの組み合わせが成されているのはとても選びやすいのではないだろうか。もちろん、価格が釣り合っていればの話であって、このモデルはとても選びにくい製品である。

期間限定3万円引きキャンペーン開催!グラフィックボードがネック

ようやく適正価格に近づくキャンペーンが展開され、選びやすくコストパフォーマンスも十分だ。CPUは最新の第9世代i7-9700F搭載、気になるのはグラフィックボードがGTX1060 3GBであるところだ。

GTX1660搭載モデルが出始めた頃であれば十分選択に値したが、今率先して選ぶべきモデルであるかは疑問が残る。それでもi7-9700F+GTX1060 3GBはミドルクラスとしては安価ではある。旧世代搭載モデルは多くのショップでは大幅な値引き、あるいはラインナップから姿を消している。

真っ向から比較できる製品は無いことを考えると選ぶというのも悪くないかもしれない。新製品の価格も落ち着き始めた今、少し後手に回ってしまった感は否めないが選んではいけないというわけではない。

ゲーム対応表

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVtitle
CPUとグラフィックボードは優秀であるため、ゲームプレイには何の支障も無いだろう。むしろ優れた組み合わせの一つであり、多くのユーザーを満足させるほどだ。これい価格の釣り合いが取れていれば、また違った結果になったのかもしれない。もっとも、比較対象に圧倒的なモデルが君臨しているため、同じような結果だろうか。

GTX1060 3GBを採用しているため、ゲームに必要な性能は概ねクリアしている。標準設定に合わせてのゲームプレイであれば、性能をあまり気にしなくても良い。新作ゲームやCPU負荷の高いゲームであっても十分対応できる。ただしゲーム以外の用途では多少適応力が落ちてしまう。ゲーミングPCとしてのパフォーマンスは合格点であるが、それ以外の用途にも検討しているのであれば注意したい。

似ているモデルとの比較

ブランド名NEXTGEAR-MNEXTGEAR-MGALLERIA
イメージim620im620galleriaxg
製品名im610SA1-TVim610SA1-TDXT
価格129,800円
(99,800円)
119,800円129,980円
CPUi7-9700Fi7-9700i7-8700
GPUGTX1060 3GBGTX1660GTX1660Ti
メモリDDR4-2400 8GBDDR4-2400 8GBDDR4-2666 8GB (16GB)
SSD非搭載NVMe 256GB500GB
(NVMe 512GB)
HDD1TB1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB360B360B365
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
ここをチェック!!

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデル「im610SA1-TD」と比較していこう。価格差は2万円と少し開きがあるため少し選びにくい。ただ、性能と構成の両面で上回り、最新の性能を手にすることができる。

同じく性能と構成で上回るGALLERIA XT。こちらは3万円と更に開き、選びにくい上に比較対象として適切ではないかもしれない。ミドルクラスを代表する製品であるためピックアップ。GTX1060 3GBの性能は現行で言えばGTX1650と同等程度だ。im610SA1-TVの魅力はi7-9700Fを採用してこの価格であること。

これでグラフィックボードをカスタマイズできれば一気に化けたが…。BTOとしてカスタマイズの幅が狭いG-tuneのデメリットが大きく足を引っ張っている。コストパフォーマンスとCPUに重点を置けば悪くない選択肢で、半年前にこのキャンペーンとこの性能に相当するモデルが出ていれば文句なくおすすめできた。今はどうにもおすすめできないのはなぜだろう。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVを購入する<<<

管理人による総評

性能は良いが価格を考えるとイマイチ

性能面は申し分無い。価格に関しても、この性能であれば許容内でもある。問題は従来モデルからのマイナス点もあるが、何より構成が乏しすぎる。ストレージは1TBのHDDのみ、メモリは最新ではないDDR4-2400、マザーボードは廉価モデルのB360。

これだけ削りに削って価格が高くなっているとなれば、コストパフォーマンスは当然だが評価も落ちる。これまでのG-tuneでは考えにくい変更だが、何かあるとしか思えない。今後の動きに注目したいが、他ショップも同様に変化をつけてくる時期だろう。

新ケース採用で評価は見直された

新ケース採用モデルであり、評価自体はある程度挽回できている。それは構成的に拡張性の低下が大きく影響しないと判断してのことだ。CPU性能は優秀でグラフィックボードとの相性も良い。しかしながら、現状それだけである。優先して選択したい理由もなく、おすすめというわけでもない。

G-tuneのGTX1060 3GB搭載モデルは種類が多く迷いやすいが、このモデルは除外しても良いだろう。このモデルを基準に考える分には便利である。構成と価格を考慮しても、おすすめできないとは言えないため「選んではいけないモデル」ではない。ただ扱いとしては似たようなものである。「悪くはないが他に優れた製品がある」状態なのででそちらを選ぼう。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVを購入する<<<

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVで採用されているケースはG-Tune自慢のミニタワーとなっている。光学ドライブは非搭載でオプションでの対応となるものの拡張性及び機能性の高さに定評がある。また、メンテナンス性も高く非常に使い勝手が良い。長らくゲーミングPCを購入していない方はその進化に驚くことだろう。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TVを販売しているG-Tuneの評判をまとめている。プロゲーマーとのコラボモデルや当サイトとのコラボモデルは注目だ!性能の高いモデルをオトクな価格で購入できる。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る