NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cの評判とレビュー | GTX1060×i7-8700搭載、リニューアルされて改悪となった悲しいモデル!

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-C

当記事では、NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cの評判とレビューをまとめている。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im610SA1-SP-C
(シルバーカスタム)
価格Windows 10/139,800円
(送料・税込154,224円)
CPUCore i7-8700
GPUGeForce GTX1060 3GB
メモリDDR4 8GB
SSD240GB
HDD1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB360
備考光学ドライブ非搭載
(オプション選択可)
コストパフォーマンス★★★☆☆☆☆☆☆☆3.5

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cスペック解説

GTX1060×i7-8700搭載モデル

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cは、GTX1060 3GB×i7-8700搭載のゲーミングPCだ。CPUとのバランスは上々だと言える。珍しいメモリ16GB搭載ながら、同価格帯に強力な製品が存在することで相対的に評価が低い。製品自体は悪くない。ただ、GTX1060 3GB搭載モデルで税抜き139,800円は少し高め。

それほど充実した構成というわけでもないため、おすすめしにくいのが現状だ。ゲーミングPCとしては優秀ながら、コストパフォーマンスが微妙。もう少し価格を抑えるか、構成が充実していればというところ。

性能面では不安もなく、バランスに優れたモデルだ。ただ、率先して選ぶべきモデルではないこともあり、様子を見ておきたい。

コストパフォーマンスは良くない

コストパフォーマンスは普通であるが、他製品の影響で少し低めになっている。それだけにおすすめしにくく、比較で登場するモデルを推奨したい。バランスは良いがコストパフォーマンスに上手く反映されていない。価格が少し違うだけで、差はでてくと思うが…。

ただ、コスパが低下しているim610シリーズの中では、まだ見れるコストパフォーマンスだ。まとまった構成と性能、あとはもう少し価格が下がれば一気に地位を確立できる。それだけに惜しいモデルだが、今後に期待するには十分だろう。現状のコストパフォーマンスを重視するのであれば、選択肢から外すことを推奨する。

5,000円ダウンがあれば、コストパフォーマンスの問題は一気に解消に向かう。実際にそれくらいは期待できそうなものだ。もしくは構成が更にパワーアップすれば、評価自体も大きく向上するだろう。G-tuneはキャンペーン頻度が高くないため、期待値は低いものの実現すれば或いは。ただ、比較対象に優れた製品が存在しているため、現時点ではマイナスだ。

ゲーム対応表

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Ctitle

i7-8700とGTX1060 3GBの組み合わせであれば、多くのゲームを快適にプレイすることが可能だ。SSDも搭載されており、利便性も高く優秀なモデル。

構成だけ見れば理想的である。高解像度のゲームに対してはほぼ対応できないが、フルHD環境でのゲームプレイを想定しているならばベストなパフォーマンスだ。

似ているモデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im611SA1-TD

  • CPU…i7-8700K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4-2400 8GB
  • HDD…3TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W GOLD
  • Windows10 139,800円

メモリ容量は半分となるが、CPU性能がワンランクアップ。更に、HDD容量は3倍、電源はBRONZEからGOLDへ、マザーボードもZ370を採用。価格は同じであるため、性能を見ると間違いなく上位互換となるモデルだ。高い性能と高い水準のバランスが調和した素晴らしいモデル。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cを購入する<<<

管理人による総評

デュアルストレージは扱いやすく利便性が高い、構成や性能は十分選択に値するものだろう。扱いやすい構成と性能を持つゲーミングPC。コストパフォーマンスさえ見なければ、まずまずの構成バランスを持っている。価格との釣り合いが取れていないわけではないが、もう一声欲しい。

価格に関してはほんの少し高いぐらいだが、GTX1060 3GB搭載モデルとしては税抜き139,800円は高い。それに見合った構成でもなく、妥当の範疇であることも要因か。コストパフォーマンスが下がったことで、比較対象に登場するNEXTGEAR-MICRO im611SA1-TDの価値が向上した。現時点では少し物足りないモデルだというのが正直な感想だ。比較対象の存在もあって選択するメリットは無い。

旧モデルは魅力はそれなりにあったものの改変された今のモデルは凡庸なモデルから抜け出せていない。頭一つ抜けるものがあっただけに勿体無く、そして惜しいとすら感じてしまう。今後巻き返しが成ることはまずないが、こういった選択肢を充実させるモデルの存在は大きかった。B360採用をもっと活かした構成と価格であれば、別方向からのアプローチとしてありだったようにも思う。

この構成にこの価格を出すのであれば、性能か構成のどちらかに特化したモデルのほうが恩恵は大きそうだ。様々な要素の良いとこ取りをした結果、それぞれが中途半端なことになっている。個人的には選択する価値は低く、これからの変化に期待するほうが良いと考えている。今現在G-tuneのミニタワーには5つのGTX1060 3GB搭載モデルが存在するが、おそらくは今後減少していくだろう。数が減り、良さを凝縮したようなモデルの登場を期待したい。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cを購入する<<<

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610SA1-SP-Cで採用されているケースは、ミニタワーとなっている。G-tuneのミニタワーはこれまでのミニタワーに対するイメージを払拭した。高い排熱性能、拡張性、機能性とミドルタワーとくらべても遜色ない仕上がりになっている。それでいて省スペースなのだから文句はないだろう。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ